FC2ブログ

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その1

艦橋、中央構造、中央構造外郭と作り続けてきたフジミの大和1/200装備品シリーズですが、ついに残りの1つの主砲塔となりました。考えたらこの1年、コトブキヤの初音ミクを間に挟んでずっとこのシリーズにかかりきりでした。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 01

今回はテストショットでなく製品版で、後から追加発売された増設機銃付きタイプです。

で、まずはどんな具合のキットなのか、3基入りですがそのうちの1基をパチ組みしてみました。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 02

甲板より上の外から見える部分に関しては、ご覧の通り文句なしの出来です!

けどそれより下の船体に埋もれてる部分に関しては、給弾室と砲弾が一体成型なので、塗り分けは死ぬほど大変そう!コストの面はわかるけど、色分け済みプラモを名乗るなら、なんでここを別パーツにしなかったのかと思います。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 03

砲塔内は白とグレーの2色成型。ここも尾栓を別パーツにしてゴールド成型してるのだから、砲尾も一緒にゴールド成型にして欲しかったですね。見た目が随分変わったと思います。


一方スナップ式の堅さとしては、1/700のように極端に小さい部品がないので大体問題なくパチンと収まります。ただ砲身のような負荷のかかる可動部品もあるので、その周辺は念のため接着剤を使った方が良さそうです。


そんなわけで仮組みも終わったので、本組みを始めます。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 04

まずはパーツをすべて切り取って、ゲート跡、パーティングラインを処理します。面倒ですが、やるとやらないとでは完成後にそれなりの差が出ます。具体的には、パッと見は変わらないけどアップに耐えられるかどうかですね。いくら丁寧に塗装しても、パーティングラインがそのままだったら興ざめしますから。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 05

砲身基部の砲鞍と測距儀裏には合わせ目が出来るので、パテ埋めして消してやります。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 06

突き出しピン跡はほとんどが上に他のパーツが被さって見えなくなる巧みな設計がされていますが、それでも中には見えるところにあるので、これもパテ埋め処理します。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 08

パテ埋めした箇所は、そのままでは塗装後に質感の差がモロにわかりますので、溶きパテを吹いた上からサンディングし、さらにその上からサーフェイサーを吹き、完全に消してやります。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 07

砲身は特に視点の集まる箇所なので、真円度が狂わないようスポンジヤスリで巻いて、回しながらパーティングラインを消しました。おかげで指先が真っ赤っか!><


砲鞍後部と砲尾が一体成型なので塗り分けます。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 09
  1. 全体をガイアカラーのEx-ブラックで下地塗装
  2. 上からEx-シルバーをメタリックマスターで希釈して塗装
  3. さらに上からスターブライトブラスをメタリックマスターで希釈して塗装
  4. 尾栓をマスキングして、後で白色塗装予定



こうして下地処理が終わり、下地色のジャーマングレーを全パーツに塗装しました。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 10

主砲3基分となると部品の多さは無論の事、内部構造が見える模型のため表裏両面に塗る部品がほとんどで、そのためこれだけで10日近く掛かりました。使った塗料はなんとMr.カラー2瓶分!


次回からようやく本塗りです。



フジミ模型 1/200 装備品シリーズ No.3 戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き) 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

着々と進められていますね

こんにちは。乾燥ブースいいですね。これで二瓶も使うんですか!?我流でいつも適当希釈なんでよく分かりません…

No title

>tkinfoさん
写真に写りきらなかっただけで、
実はこれら以外にまだ部品は結構あるんですよ。

塗料の希釈は、粘性がなくなって撹拌棒からポタポタ流れ落ちる程度ですかね。
濃いと柚肌になりますし、薄いと流れてムラになりやすいので
大抵1度塗った後に調整しています。
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】