FC2ブログ

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 その4

コトブキヤの初音ミクの製作記、今回が最後となります。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-01
髪の毛など浅葱色のパーツにスミ入れしました。
クレオスのMr.ウェザリングカラー・フィルターリッキッドのシェードブルーを使いますが、そのままでは色が暗すぎるので、同ウェザリングカラーのマルチホワイトで適度に明るく調色してから使います。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-02
そして顔のお化粧ですが、眉と目が印刷済みのため、その上からエアブラシを使ったボカシ塗装はマスキングが難しいので、ここはタミヤ・ウェザリングマスター・フィギュア用I(G)とII(H)を使います。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-03
顔パーツの側面には合わせ目があります。こめかみの部分は髪の毛で隠れますが、頬から顎の部分は見えてしまうので、ペーパーがけをしてきちんと処理します。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-04
ABS表面に直接ウェザリングマスターは色が乗りにくいので、ガイアカラーのEx-フラットクリアーを下地に軽く吹きます。
しかしそのクリアーもまたABSに直接は乗りにくいので、さらにその下地にガイアマルチプライマーを吹きます。
つまり、「ガイアマルチプライマー」→「Ex-フラットクリアー」→「ウェザリングマスター」の順。
手間だけど急がば回れ。


こうして下地を整えてようやくメイクです。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-05
Gセットの「マロン」や「キャラメル」で、顔の端や前髪のかかるおでこの影を描き込んで、顔の立体感を強調します。ファンデーションみたいにスポンジを使って叩くか擦る感じ。
次に「サーモン」で頬紅を軽めに入れ紅潮を付けます。

どちらも入れすぎると顔自体が暗くなってしまうので、全体を見ながら適度に入れるのがコツ。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-06
面相筆を使って鼻柱にも「マロン」で軽く影を付け、さらにHセットの「ピーチ」で頬の紅潮の強調し、唇にも薄く塗って口紅を入れます。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-07
紅潮を入れた事でハイライトの印刷が薄くなりましたので、フラットホワイトをつまようじでスタンプして入れなおしました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-08
ウェザリングマスターは粘性のある粉が乗ってるだけなので、触ってるとだんだん落ちてきてしまいます。その対策としてさらに上からEx-フラットクリアーでコートします。
しかしドバッと吹き付けると色が流れたり滲んだりしてやはり落ちてしまいますので、クリアーを塗るというよりまぶすように薄く吹き、乾いたらまた薄く吹くという作業を根気よく繰り返します。デカールを溶かさないようにクリアーコートするのと同じ要領ですね。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-09
メイク完了。
ウェザリングマスターが滲まずにそのままキレイにクリア層にサンドされました。触っても擦っても色落ちしません。
クリアーコートは多少慣れが要りますが、ウェザリングマスターは作業が簡単で、しかもエアブラシによるボカシ塗装に引けを取らないこれくらいの仕上がりになりますのでお勧めです!



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-10
手首パーツには、クレオスのMr.ウェザリングカラーのラストオレンジに少量のシェードブラウンを溶いてスミ入れしました。
そしてやはりその上からEx-フラットクリアーでコートです。影が入るだけで指に生気が宿ります。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-11
髪パーツと肌パーツすべてにEx-フラットクリアーでコートしました。
このガイアカラーのEx-フラットクリアーは、キメが細かくほどほどの艶消し具合で、厚塗りしてもほとんど白くカブらないのが特徴。なのでガビガビの艶消し再現には向きませんが、人の肌地には丁度良いです。


肌が出来たので今度はメカです。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-12
腰に背負うスピーカーユニットにはメカニカルな演出として、鋲頭ぽいモールドをつまようじを使ってゴールドで塗ったり、スリットにシルバーなどのメタリック色でスミ入れしてアクセントとしました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-16
スピーカーのコーン部分も公式見本ではセンターキャップとエッジが黒ですが、ここも色数を増やしたかったのでガイアカラーのスターブライトブラスで塗装してみました。全体的によりメリハリが付いたと思います。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-13
アクセサリーのスピーカードローンも、脚にせっかくダンパーのようなメカディテールが詰まってるので細かく塗り分けました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-14
ローターも公式見本の黒単色では野暮ったいので、羽根をシルバーで塗り分けました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-15
こちらのセンターキャップとエッジ部分も、さっきのスピーカーと色を合わせてスターブライトブラスで塗装。細部をメタリックカラーで塗り分けた事により、メカニカル感が増したと思います。


こうしてすべてのパーツの塗装が終わり、いよいよバラバラの各部を組み立てて完成と思ってると予期せぬハプニングが・・・

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-17

ギャー!

この製品、可動軸が塗膜の厚み分の余裕すらないほどギチギチに設計されているようでして、差し込みが硬いなー外して調整しようと思ったらこんな事に・・・・(´;ω;`)

ツインテール側にめり込んだ軸は取り出し不可能なので、仕方なくルーターで粉砕して除去しました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-18
動軸と髪パーツのランナーが測ってみたらなんと同じ径だったので、これを代用して補強で中に0.5mm真鍮線を2本通し、修復しました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-19
修復したパーツを差し込んで動かしてみたところ、強度と保持力は問題ないようなのでこれでしばらく様子を見ます。耐久性が足りないようならやはり部品発注ですね。ううっ・・・



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-19-2
そんなわけでこの製品、可動軸に塗装すると破損の恐れがあるほどきつくなるというのがわかったので、ここからはサンドペーパーやナイフで片っ端から軸の塗料を削り落とす作業となりました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-20
塗料を落とした可動軸を一か所ずつハメてみて固さ調整しながら組み立てていきます。こうなるとわかっていれば可動軸はマスキングしておくんだった・・・



そしてそんなトラブルも経て、ようやくフレームミュージック・ガール 初音ミク完成しました。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 4-21

初FAG、色を塗ると思ったより手ごわかったですね~。
詳細な画像と感想は次回の更新にて。



   
フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク 【Amazon】
タミヤ ウェザリングマスター・フィギュア用I(G) 【Amazon】
タミヤ ウェザリングマスター・フィギュア用II(H) 【Amazon】
ガイアノーツ Ex-フラットクリアー 50ml 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

検索フォーム
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】