第2回 おおさかホビーフェス レポート その2 アオシマ、ファインモールド、コトブキヤ、ウェーブ、インターアライド、その他アイテム

前回に続いて「第2回 おおさかホビーフェス レポート」 その2 です。


《アオシマ》

第2回おおさかホビーフェス 036

第2回おおさかホビーフェス 037

営業車のスタンダードであるプロボックスとサクシードの完全新金型製品。
部品見ると内装がバスタブ式一体成型でなく、ドア内貼りやシート座面がフロアと別パーツ化されていて、ボディは3Dスキャンを元に設計という本格派。しかしなんでこれを製品化しようと考えたアオシマ!?

青島文化教材社 1/24 トヨタ NCP160V プロボックス 2014 【12月発売・Amazon】
青島文化教材社 1/24 トヨタ NCP160V サクシード 2014 【12月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 038

第2回おおさかホビーフェス 039


塗装済みボディとスナップ化により塗装と接着剤不要。さらに価格を抑えるため1/32になっている「THE SNAP KITシリーズ」という簡単プラモの新シリーズです。
第1弾と2弾でハスラーと新型プリウスが発売予定。

青島文化教材社 1/32 ザ・スナップキットシリーズ スズキ ハスラー フェニックスレッドパール 【11月発売・Amazon】
青島文化教材社 1/32 ザ・スナップキットシリーズ トヨタ プリウス スーパーホワイト2 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 040

艦これの新製品アークロイヤル。
新規パーツで8連装ポンポン砲が付属。艦載機はソードフィッシュ、スクア、フルマーの三種類。

青島文化教材社 艦これプラモデルシリーズ No.38 艦娘 1/700 航空母艦 アークロイヤル 【12月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 041

第2回おおさかホビーフェス 042

2018年発売予定と書かれていたメカゴジラ3式機龍のプラモデル。
ホビージャパンとのコラボ企画で、バックユニットの付いてるモデルと付いてないモデルの2体が展示されていました。



第2回おおさかホビーフェス 043

第2回おおさかホビーフェス 044

第2回おおさかホビーフェス 045

マクロスモデラーズのV.F.G(VARIABLE FIGHTER GIRLS) VF-31 prtは、飛行機、ガウォーク、バトロイドの3モードを展示。
これ最初にお披露目になったのは確か去年の秋の全日本模型ホビーショーでもう1年以上前なので、わりとゆっくり開発してるなあという印象です。マクロスは来年映画化するらしいので、それに合わせてるのかも。



第2回おおさかホビーフェス 082

親子連れが凍りつくようなフィギュアも置いてあったりしてさすがアオシマ!他社にはできない事を平然とやってのけるッ!(以下略)

ファニーナイツ 1/8 セイレン 常木 耀 ワイシャツver. 塗装済み完成品 【2018年2月発売・Amazon】



《ファインモールド》

第2回おおさかホビーフェス 046

第2回おおさかホビーフェス 047

第2回おおさかホビーフェス 048

1/72 F-14Aトムキャット。
ううっモデグラのマガジンキットの時には、まさか金型追加してA型として市販化されるとは夢にも思いませんでした。しかも人気のジョリーロジャースとサンダウナーズ。さらにはスケビの付録だった武装パーツまでもこれに合わせて市販化とは・・・('A`)

ファインモールド 1/72 アメリカ海軍 F-14A トムキャット 【12月発売・Amazon】
ファインモールド 1/72 現用アメリカ軍 航空機用ミサイルセット 【12月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 049

そしてナノ・アヴィエーションのF-14用シートベルトと挽き物のアルファプルーブセットも再販。

ファインモールド 1/72 ナノ・アヴィエーションシリーズ 現用機用シートベルト1 F-14・F/A-18用 【Amazon】
ファインモールド 1/72 航空機用アクセサリー F-14アルファプルーブセット 2本入 【Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 050

もうひとつの新製品、八九式中戦車甲型。
西住戦車長って一瞬ガルパンの方と思ってしまいました!だいぶ毒されてます(苦笑)。

ファインモールド 1/35 帝国陸軍 八九式中戦車 甲型 【11月発売・Amazon】



《コトブキヤ》

第2回おおさかホビーフェス 051

人気のフレームアームズ・ガールの新製品で、白虎とスティレットの色違いバージョン。
これはファンタシースターオンライン2というゲームに登場するA.I.Sというロボのカラーリングなのだそうな。

フレームアームズ・ガール 白虎 【2018年2月発売・Amazon】
フレームアームズ・ガール スティレット A.I.Sカラー 【2018年1月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 053

アーキテクトのオフホワイトバージョン。
単なる色違いだけでなく、イノセンティアの新型肩関節を採用したり、新規金型の膝関節パーツが付くという追加措置が図られています。

フレームアームズ・ガール アーキテクト Off White Ver. 【2018年3月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 052

充電くんの轟雷カラーバージョン。
イベント先行販売品との事で、座ってるイノセンティアさんも何気に轟雷カラーですね。



第2回おおさかホビーフェス 054

こちらは完成品フィギュアで、来年発売予定のアニメ版轟雷と発売中の源内あおちゃん。
アニメはどのFAガールよりもあおちゃんがダントツかわいくて魅力的なキャラだったという・・・

フレームアームズ・ガール NONスケール 轟雷 -SESSION GO!!- 【2018年2月発売・Amazon】
コトブキヤ フレームアームズ・ガール 1/7 源内あお 【発売済・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 055

キューボッシュもFAガールいっぱい飾られていました。



第2回おおさかホビーフェス 056

メガミデバイスの新作、朱羅・弓兵と朱羅・忍者。

メガミデバイス 1/1 朱羅 弓兵 【2018年1月発売・Amazon】
メガミデバイス 1/1 朱羅 忍者 【12月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 057

次回作も発表されていました。

すみません、実はメガミデバイスよくわかってません。ついこないだまでFAガールとの区別もついてなかったし。^^;
にしてもコトブキヤは今勢いがあるのがわかりやすく、ブースのスペースが去年の倍ほど広くなっていましたね。



《ウェーブ》

第2回おおさかホビーフェス 058

1/72マットアロー2号。
プロップの再現を目指して余計なアレンジは加えない仕上がりになっているとの事。来年発売で価格未定。



第2回おおさかホビーフェス 059

マクロスモデラーズの1/72 VF-4。プロポーション優先で変形なしのスナップキット。

ウェーブ 超時空要塞マクロス 1/72 VF-4 ファイター形態 【12月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 060

Ma.k.の新作2点とボトムズのブラッドサッカー。
これらのうちニーゼは、来春発売とだけ書かれていて具体的な時期や価格は未定。

ウェーブ マシーネンクリーガー 1/20 S.A.F.S.Mk.3 TYPE R ラプーン 【11月発売・Amazon】
ウェーブ 装甲騎兵ボトムズ 1/35 ブラッドサッカー ST版 【12月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 061

1/350駆逐艦冬月。
発売済みの元モノクローム製1/350秋月をベースに新規金型部品を追加した物ではないかと思います。とは言っても艦首形状も変えているので、船体など大掛かりな追加になってるぽいですね。

ウェーブ 1/350 日本海軍 駆逐艦 冬月 1945 【12月発売・Amazon】



《インターアライド》

モデラーズブランドの1/24レジンキットに目が留まりました。

第2回おおさかホビーフェス 083

フェアレディZ NISMOの横に新型プリウスが説明パネルなしにポンと置かれていました。展示にギリで間に合った出来たてかな?



第2回おおさかホビーフェス 063

GT-R NISMOとPure editionの2017年仕様。
GT-Rの年次改良モデルのキット化はアオシマが頑張ってますが、さすがに今年のはまだ追えていません。



第2回おおさかホビーフェス 064

なんとNDロードスターRS!その隣はホンダS660。どちらもキット化されそうで今日までされていなかった車種。

モデラーズ マルチマテリアルレジンモデル 1/24 ホンダ S660 α 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 065

GLOBAL MX-5 CUP仕様車。



第2回おおさかホビーフェス 066

どれもプラモより割高だけど、それでも1万円位ならレジンキットとしては良心的価格かと思います。



《その他のアイテム》

第2回おおさかホビーフェス 067

カジカの1/700比叡竣工時。
日本の模型メーカーの製品に比べ、「強度的に問題ないのか?」と思うくらいパーツの薄い部分はより薄く、細い部分はより細い印象がありました。そして同時発売のオプションパーツの中でも、ディスプレイベースは専用業者製を思わせる高級感ですね。
見た目相応に高いけど・・・(;^_^

カジカ 1/700 日本海軍 超弩級巡洋戦艦 比叡 1915年 【11月発売・Amazon】
カジカ 1/700 日本海軍 超弩級巡洋戦艦 比叡 1915年 エッチングパーツ 【11月発売・Amazon】
カジカ 1/700 日本海軍 超弩級巡洋戦艦 比叡 1915年 デッキシート 【11月発売・Amazon】
カジカ 1/700 日本海軍 超弩級巡洋戦艦 比叡 1915年 ディスプレイベース 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 068

エブロ1/48ホンダジェット。
これ青と赤のボディパーツが両方用意されていて、そこから分割して内部が見える設計?翼やエンジンカウルの加飾も塗装じゃなくメッキパーツをハメ込むようになってるし・・・何気にすごい事をさらりとやっていらっしゃる!

エブロ 1/48 HondaJet 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 077

第2回おおさかホビーフェス 078

ホビージャパンのブースにあった1/18レジン製ミニカーのソアラとプレリュード。
バブル期の二大デートカーで当時からプラモはありましたが、この模型はそれらより実車の雰囲気を遥かによく掴んでいて、特にプレリュードは若い頃この前期型の白に乗っていたので、懐かしさからしばらくその前にくぎ付けになりました。
ただこの大きさならドア・ハッチ開閉して欲しかったところですが、それを踏まえてもこの精巧さと本物らしさは特筆モノです。

Hobby JAPAN 1/18 トヨタ ソアラ 3.0GT リミテッド MZ20 1990 クリスタルホワイトトーニングII 【2018年3月発売・Amazon】
Hobby JAPAN 1/18 ホンダ プレリュード Si BA5 Si 1989 フロストホワイト 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 076

ABC HOBBYというラジコンパーツの企業ブースに並べられていた電飾RCカー。
ヘッドライトどころかフォグ灯、スモール灯まで点灯し、さらにはワイパーが動いてるモデルもありました。今のRCはこんな事になってるのか!



第2回おおさかホビーフェス 084

さんけいブースに展示されていたみにちゅあーとキットのジブリシリーズの一部。
レーザーカットされているカラーペーパーを重ね張り貼りしていくペーパークラフトで、たくさんの製品が展示されていました。女子受け良さそう。

さらに千と千尋の神隠しの巨大ジオラマ。

第2回おおさかホビーフェス 080

第2回おおさかホビーフェス 085

さすがにこれは展示用のオリジナル作品かと思ったら、さんけいのネットショップ見たところなんと製品化されてる物でした。その代り油屋だけでも64,800円!(゚口゚;)

さんけい みにちゅあーとショップ



第2回おおさかホビーフェス 079

バンダイのフィギュアライズメカニクスという内部構造を再現したドラえもんとドラミちゃんのプラモ。
商品説明には、「ドラえもんの特徴的な内部メカパーツをくみ上げることで、まるで自分がドラえもんを1から組み立てるような新しいプラモデル遊びが楽しめる!」 とあるけど、人体模型みたいでなんか怖えーよ!

フィギュアライズメカニクス ドラえもん 【11月発売・Amazon】
フィギュアライズメカニクス ドラミ 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 074

トミーテックのブースに飾られてたfigmaニパ子さん。
アクセサリーにニッパーは付いてるけど銃は付いてません。もうじき発売ナリー!

figma 究極! ニパ子ちゃん ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 【11月発売・Amazon】



第2回おおさかホビーフェス 075

こっちはゴッドハンドのブースにいた1/1ニパ子さん。
写真お願いしたら、「ちょっと待ってくださいね~」とていねいに髪をとかしてからポーズ決めていただきました。手入れ大変みたい。^^



そんなわけでレポートは以上です。

なおこのおおさかホビーフェス、会場で配られていたパンフによるともう来年の開催も決まっていて、次回はインテックス大阪に場所を変えるとの事です。

第2回おおさかホビーフェス 086

マイドーム大阪に比べるとウチからは若干遠くなりますが、あそこならビッグサイトや幕張メッセに続く国際展示場で広々としてますので、今までより制限の少ない立派なイベントになるでしょうね。喜ばしい事です♪

主催された団体様、参加された各企業様、どうもお疲れ様でした。


≪関連外部リンク≫
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

モデラーズのロゴに懐かしい印象。最近、疎くなっていたので知りませんでしたが復活していたのですね。
また、シートベルトやメッシュホース、ブリザーパイプ、プラグケーブルなどの汎用的なディテールアップパーツを入手しやすい供給で出してほしいです。

メッシュホースについては、コレが手に入るから良いのですけど。
http://www.kustommodels.com/car/index.php#jp-sozai
1/12のバイクのブレーキホースに0.6mmを購入してみました。太さも豊富で、芯も入っていて使いやすく良いと思われます。

No title

>cobaさん

モデラーズはミスタークラフトの倒産後、
ブランド名をインターアライドが引き継いだり、
F-1など一部のキットはフジミが引き取って再販したりしてましたが、
権利関係の詳細が今どうなってるのか私もよくわかりません。

コード類は現在タミヤやフジミ、さかつうなどががんばって出してますが、
やはりかつてのモデラーズの充実ぶりからは程遠いですねえ。

No title

「しかしなんでこれを製品化しようと考えた」のツッコミがツボでしたw なんでしょう? トラックの延長のノリなんでしょうか?

ファインのF-14Aは予想通りで予約もしてるんですが、“マガジンキットだからできるコストを掛けた意欲的なキット”と大風呂敷を広げていたわりにあちこち改修が必要な代物だったというのがニントモカントモ… D型も2セットと1/3買いましたけどね(笑)
武器セットはデカールが魅力的なものの、出来が「う~ん」な感じだったのと、フェニックスのA型とC型、スパローのF型とM型の作り分けがなされていないようなので保留しています。

No title

金の亡者、ファインモールドの1/72 F-14。当たり前のように出してきましたね。

結局、「恐ろしく高額」以外はハセガワやフジミ製と大差無かったマガジンキット。
そしてハセガワ製武器セットより著しく劣る、各種ミサイル類。

まあ「儲かれば何をやってもいい」と考えてる企業ですから、”高額”以外は何の特徴も無いキットになりそうですね。


特に武器セットは1,800円もするのに
・偵察ポッド TARPSなし
・GBU-12やGBU-38などの爆弾類も一切なし
・AIM-7は1セットで最大搭載数の6発が揃わない
と、ファインモールドが如何にユーザを事をバカにしているかが良く分かる内容です。

No title

しばらく療養生活で模型関連の情報をすべてシャットダウンしてたため、
ファインモールドのF-14はどういう経緯でキット化の話となったのかわからないので、
そこの釈明が公式にされていたのであれば知りたいところですね。

人それぞれ思うところはあるでしょうが、
私的には真摯な経営をしてる企業さんというイメージなので。

No title

 ファインさんが色々言われてて、私が悪く言う所が無くなってしまった(おい)。
 個人的にはどうもF-14って相性の悪い飛行機なんですよねぇ。ライバル格のF-15は結構何機も作ってるのに、実は一個も完成させた事が無い。
 その割りに、ハセガワさんのヨンパチとか、最近のタミヤさんのヨンパチとか、時々猛烈に欲しくなるんですよねぇ・・・まあ戦闘機としてはF-15以上の巨体ですから旧宅事情に厳しい飛行機ですねぇ。

 ファインさんのF-14に関して率直に一言だけ言えば
「なぁんだ、やっぱ(市販で)出すんじゃん」
ですね。

長文失礼します

キット化の経緯というのは“A型の”ということでしょうか?
私も特にチェックしているわけではないので確かなことはいえませんが、特に触れられていないんじゃないでしょうか(マガジンキットでのF-14選定については当時のツイッターでMG,SAの強烈なプッシュがあったことが触れられています)。

A型の一般販売は、8/25~26発売のMG誌,MA誌の新製品情報に初掲載、28~29日頃に自社サイト公表・小売予約受付開始、9/13~9/19頃のツイッターでA型用パーツ新造以外にも金型改修をほのめかす、9/30~10/1のホビーショーの展示で改修部位をパネル解説、という流れだったと思います。

金型の改修部位についても特にグラブ上面はモデラーの総ダメ出しをくらった箇所ですが、ショーの展示では“より良くしました!”みたいに書いてありますし、一般販売についてモデラー向けの釈明?はなさそうな気がします。

アーマーモデリング誌のマガジンキット(八九式中戦車)を型式違いを通常製品化した前例もありましたし、F-14も当時ツイッターで型違いを出すようなことをほのめかしていました。配備数の少ないD型を選んでいる点、なによりパーツ割りが各種型式に対応できるようになっているので多くの方が型式違いの発売を予想していたと思います。

私もファインは「小さいけど技術で頑張っている会社」というイメージがあるので、慣れないジェット機ということもあり残念な部分は多少目をつむりますし、型式違いを出すこと自体は悪いことだとは思わないのですが、F-14の発表当時、マガジンキットへのモデラーの反発?に対してFMやSAのツイッターが「量産効果」について講釈を垂れ始めたり(モデラーは全員小学生ですか…(-_-;)、MG該当号の対談でFM社長の“モデラー達は箱入りじゃなくモノクロの組立図じゃないから不安になってる”という発言を目にして印象がだいぶ変わりました。

あと、すいません。“マガジンキットだからできるコストを掛けた意欲的なキット”の文言はSAのツイッターでした(同じ主旨のことはFMもつぶやいていますが)。

No title

>vandy1さん

なるほど今回のF-14Aはそういう流れだったんですね。
詳しく教えていただいてありがとうございます。

マガジンキットの企画はどうも最初の零戦のときの
キットとして再販しない宣言が強く印象に残っていてそれをずっと引っ張っていましたが、
今回の場合そこに明言していたわけではなかったんですね。

ただマガジンキットの後日別バージョンによるパッケージ販売が常態化されるのであれば、
このビジネスモデルは今後先細りしていくかもしれませんね。
いつだったかMGもしくはSA、FMいずれかのTwitterアカウントが
F-14Dでは相当叩かれたと呟いてたのを覚えてますし、
傍から見てても負のイメージの方がだんだん強くなってきたように感じます。


>Phantomさん
ウチの屋根裏にはタミヤ1/32がホコリをかぶって眠っています。^^;

No title

>なんでこれを製品化しようと考えたアオシマ!?
私が最近、そう思ったのはコレです
 ↓
http://www.aoshima-bk.co.jp/product/4905083055212/

No title

>cobaさん

その製品、早速展示されてないか期待してましたが
残念ながらなかったです。

そのうち各地の模型展で、これとマジックミラー号が並んで展示されたりするんでしょうね。^^;
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】