スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊モデルグラフィックス 2017年1月号 レビュー

昨日発売されたモデルグラフィックス2017年1月号です。
早くも来年の雑誌が出る時期になりました。もう今年もそろそろ終わりなんですね~。

モデルグラフィックス2017年1月号 01 

巻頭特集は、今話題の新製品タミヤ1/48 F-14Aトムキャットです。
もくじ。
モデルグラフィックス2017年1月号 02 

40ページにわたって特集が組まれています。
その内容をざっくりお伝えすると・・・
モデルグラフィックス2017年1月号 03 
  1. タミヤ1/48F-14の設計のスゴさ解説。単にディテールが精密なだけでなく、いかに作りやすく、そして強度を確保するために各部にさまざまな工夫が凝らされてる事が解説されています。可変翼の作りにくくガタの出やすい構造を解決してるのは立派。
  2. 表紙にも使われていて今回の特集の目玉であるイラン空軍カラーの作例。F-14のキットはこれだけ世にたくさんあるのに、通常版で最初からイラン空軍デカールが付いてるのは今回のタミヤ製品が初なんだとか。知らなかった!
  3. イラン空軍版F-14の製作記事。新製品の特集なので過度なディテールアップは行わずに塗装で魅せる作例で、デザート迷彩に使い込まれた退色感を表現する技が解説されています。
  4. モデルカステンのF-14用アイテムの紹介ページ。モデグラは去年3か月に渡ってマガジンキットで1/72 F-14を販売していた時にそれ用アイテムをいっぱい出しており、さらに今回タミヤに合わせてイラン空軍用カラーを新発売。併せて自社の資料本紹介。


モデルグラフィックス2017年1月号 04
 
  1. F-14の一番人気であるジョリーロジャース機にする場合のステップ・バイ・ステップ記事。最初は全行程の把握と必要な道具の紹介から。
  2. 組み立て段階でのコツ紹介。今回のタミヤ製品向けの対策として書かれているけど、どの飛行機モデルにも言えるわりと古典的な内容でした。そして次のページは塗装のコツ編。
  3. エアブラシとクレオスのMr.ウェザリングカラーを併用したウェザリング術。中でも年末発売予定の新色「フィルタ・リキッド」を使ってるのが目新しいです。可変翼付け根のこすれ汚れも解説。
  4. 完成したジョリーロジャース機。ウェザリングも含めた組み立て塗装指南用の作例なので、ハイビジ機だけどピカピカ系ではなく、ある程度使用感を表現した物になってます。

他にも岡部いさく氏によるイラン空軍とそこで運用されていたF-14のコラムや、旅行会社に取材したイランの観光記事だったりと、今回のF-14特集は米海軍でなくイランに傾倒した内容になっています。これは他誌もタミヤF-14を大きく扱わないはずがないので、バッティングを避けるために王道とは違った観点で差別化を目論んだものと思われ、実際本日発売のモデルアートがタミヤF-14の特集を組んでいます。それと同時に自社ブランドのモデルカステンからイラン空軍機カラーを新発売したり、既刊でイラン空軍のF-14のムックがあるので、そちらの宣伝を目的とした部分も大きいのではと思います。

その辺商売気がキツイと言えばその通りなのかもしれませんが、我々ユーザー側としても二つの模型誌の内容がモロカブリじゃないほうがありがたいので、良いのではないかと。


その他の作例や記事を抜粋。
モデルグラフィックス2017年1月号 05 
  1. バンダイ1/72ドラケンIII。変形による塗膜の剥がれを避けるため、該当部分を少しずつ削ってクリアランス調整、連結固定箇所には磁石を使用。
  2. バンダイ・フイギュアライズバストを、成型色を生かしてよりキレイに仕上げる簡単フィニッシュ術。瞳に研ぎ出しをかけたり、瞬間カラーパテを使って合わせ目を消したり、服の裾に薄々攻撃かけたりとさまざまな工夫が。
  3. タミヤ1/24ホンダNSXと、モンモデル1/35 M1A2 SEP TUSK I/TUSK II。NSXは実車カラーの「ヌーベルブルーパール」を再現するため6回もドボンして塗り直したという苦心作。M1A2は、ゴテゴテな市街地装備に荷物を追加搭載して、さらにゴテゴテに改造。
  4. 1/35ガルパンフィギュアの塗り方講座。フルスクラッチのオレンジ・ペコを使用しており、これを含む聖グロ女生徒フィギュアを商品化予定だそうです。
  5. フジミ1/700艦NEXT空母赤城。Takumi明春氏による素組みレビュー作例。軽めウェザリングだけでもこれくらいまでキマるんですね。
  6. 年末発売予定のウェーブ製USB充電式コードレス丸ノコの紹介記事。真鍮パイプやプラ棒が簡単に水平カットできるとの謳い文句で、いつも切り口が微妙にずれてしまい修正に手間取るので、すごく欲しいです。予価税別7,500円か・・・う~ん


F-14は正直去年のマガジンキット騒動でお腹いっぱいだったのに、今回の表紙見ただけで買っちゃうとは、やはりタミヤの神通力は偉大です。実際それに見合う品質なのを読んでみて理解できました。
以上、月刊モデルグラフィックス2017年1月号のレビューでした。


 
モデルグラフィックス 2017年 01 月号 [雑誌] 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

去年F-14特集を組んでいるのでさすがに新鮮味は少なかったですね。でもそれを言うとモデルアートなんか去年 本誌で海賊旗特集にF-14特集、今年ヒコスペでグラマン特集までやってますからどうするんだろう(笑)
1/350大和のリニューアルのときは模型3誌揃って表紙&特集してましたが(ホビージャパンは1号遅れ)今回はどうなんでしょうね。
キットの方、72メインなので1つだけ買いましたがきれいな表面仕上げと繊細なスジ彫りを久しぶりに見て安心しました(笑)

え?

>通常版で最初からイラン空軍デカールが付いてるのは今回のタミヤ製品が初なんだとか。知らなかった!


タミヤ32のF-14
最初はイラン空軍付いてましたけど?
他に
VF-84/AJ200と
VF-211/NG100 箱絵がこれでした

ってことマーキングに関してだけで言えば
3種のうち2種が32発売時と同じなので
あくまで個人的には32を作った事もあり
今ひとつ新鮮味に掛ける印象です

No title

>vandy1さん
モデグラの中の人もモデルアートの中の人も、まさかタミヤが今年F-14出すとは思ってもみなかったでしょうから、内心頭抱えてたかもしれません(笑)。


>クルナスさん
私タミヤ1/32をトップガンが流行った年に作ったんですが、言われてみれば組み立て図の塗装指定にイラン空軍ありましたね。という事はデカールも付いてたはず…中の人も忘れてたのかも?^^;

No title

私も初版とおぼしきタミヤ1/32F-14Aを1980年代初めに買ってつくってまして、最初からイラン空軍のデカール・塗装解説は付いていました。帝国イランIIAF仕様でした。今回のタミヤ1/48版はIRIAF仕様ですね。当時イラン空軍仕様にする度胸は無く、普通にジョリロジャ仕様にして今も持っています。今回のIRIAFなら、最近のイラン空軍制空迷彩(っぽい?)のトムキャットが作れそうです。
ともかく、タミヤ1/48トムキャットは作るのが楽しいです。

No title

忘れていたというより
知らない人たちが編集している印象ですけど・・
もうこの10年くらい?の模型誌って

知らないのは仕方ないですけど
調べろよ!!って思います

イラン空軍自体、けして悪くはないですが
マーキングが3種類しか付かないのに
その1つがイランになるのは、なんか釈然としません。
現在も稼働中という意味では良いですけど。
やはり古き良きハイビジを1つでも多く付けて欲しいです。

デカール面積が増える というなら
フェリス迷彩なら凄く少なくて済むのに(笑)
2個3個飛行隊くらい余裕で付けられるでしょうに


欲しと思いつつ、ぐっとこらえて
まだタミヤ48は購入してませんけど(汗

No title

私が作ったタミヤ初期1/32もジョリーロジャース機でしたね。当時がんばって凸のパネルラインを凹に彫り直しました。デカールの劣化などあちこち痛んでホコリをかぶってますが、今も屋根裏にひっそりと保管してあります。

F-14は人気機種なのでサードパーティ製デカールの種類がある方の部類ですし、早くも1/48タミヤ用として発売予定の物も出てきて今後さらに充実してくるのではと予想されますので、思うところはあるでしょうがその辺を落としどころに考えられてはと思います。^^;
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。