アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セットを作ってみた

艦船モデラーのR工廠さんを通じて、アドラーズネストの1/50三式弾の見本品を去年の末頃にいただいてました。


アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 01

製品版ではないので組立図なしの簡易包装です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 02

前作の九一式徹甲弾と同じく砲弾はアルミ製で弾帯は真鍮製。デカールは中央の黒い帯マークに加え、今回は先端部分の塗り分け箇所も付いています。


そしてもう一つの見本で砲弾キーホルダー改造セット。

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 03

弾帯から下の砲弾底部分をこれに差し替えることでキーホルダーになる仕組みで、徹甲弾と三式弾どちらにも使えます。

この改造セット、以前このブログで九一式徹甲弾を取り上げたときに、私がキーホルダー仕様をがお遊びで作ったところ、アドラーズネストの中の人に気に入られて製品化されました(笑)。


いずれもいただいた当時に紹介するつもりが、その直後に父の持病の圧迫骨折が悪化して介護のため模型製作の時間が取れなくなり、棚上げになっていた代物です。今頃ですがそれを作ります。


《関連外部リンク》




《製作》

金属なので塗料の食いつきを良くするため最初にメタルプライマーを塗布しますが、今回はかつての物とは性能が雲泥の差と聞く、ここ最近の新世代プライマーのうちの一つであるガイアノーツのガイアマルチプライマーを初めて使いました。


G-primer シリーズ P-01 ガイアマルチプライマー 【Amazon】

初期の製品はガラス瓶でしたが今はより気密性の高い金属瓶に変更されており、エアブラシでの使用の場合洗浄に強力なツールウォッシュを使うよう指示されているなど、普通じゃない感じが伝わってきます。


このマルチプライマーはダブルコートで薄く1~2回、そして瓶には書いてませんが希釈せずにそのまま使うとの事。乾燥後もちょっとベタベタする感じなので、さっさと上から本塗装してしまわないとホコリが付きやすくなります。

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 04 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 05

プライマー塗布後は、赤の発色を良くするため隠ぺい力の強いガイアカラーのアルティメットホワイトを塗装、そして三式弾はやや朱色がかった赤色のイメージとのアドラーズネスト公式の見解なので、クレオスのGXハーマンレッドで塗装しました。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 06

塗装完了。
実は乾燥中にうっかり落としてしまったので片方は塗りなおす事になったのですが、ついでにマルチプライマーがどれくらい強いのか試してみようとガムテを引っ付けたりツメで引っかいたりしたのですが歯が立ちませんでして、塗料撹拌用の金属棒で強く引っかいてやっと剥がれるといった具合でした。すごいわこれ!

金属やレジンだけでなくABSやPVCにも強じんな食いつきを見せると聞いてるので、機会があれば試してみたいと思います。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 07 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 08

次に砲弾にデカールを貼るのですが、砲弾先端のような強い曲面に貼るのはだいぶ骨が折れました。マークソフターやセッターとの相性が悪くバラバラにちぎれてしまったので、代わりに蒸しタオルを使用。
もう片方の砲弾は、見た目どれくらい違うか見るためマスキング塗装しましたが、そっちのほうが確実に上手く塗れるし楽でした。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 09

左が塗装で右がデカール。
中央の黒帯部分は、徹甲弾からの改善策でガイド溝が彫られたので位置決めがしやすくなりました。そしてここは先端部分とは逆で、塗装よりデカールのほうが簡単です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 10

デカールの上からクリアーでオーバーコート。以前作った九一式徹甲弾と質感を合わせるため、少々扱いが面倒だけど今回も光沢が強くて塗膜が強じんなウレタンクリアーを使いました。こないだの艦船模型用飾り脚の時にも使ったフィニッシャーズのGP1です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 19 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 20

ウレタンクリアーは吹きっ放しではテロテロ系の光沢なので、スポンジ研磨材とコンパウンドで研ぎ出してカッチリとした光沢にしてやり、真鍮製の弾帯も同じく研磨します。そして組立ですが、徹甲弾と同じくこの三式弾も砲弾側の差込口と弾帯側の受け口のクリアランスがほとんどないので、そこの塗装は削り落とさないとハマりません。



《完成》

金属製なので小さくてもずっしりした質感で、これはもう完璧に主砲弾の超合金です(笑)!

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 11

ビビッド系の赤色とウレタンクリアーの強い光沢膜の合わせ技でイイ感じになりました。キーホルダーも私が以前自作したのと違って底に金属製の回転軸が付いてるので、動きが滑らかなだけでなくグッと高級感あります。
私は綺麗なアクセサリーのイメージで光沢仕様にしましたが、以前大和ミュージアムで見た実物は艶消しもしくは半光沢だったので、リアル志向のイメージのそちらで塗ってもカッコ良いと思います。



《追加工作》

せっかくなので、九一式徹甲弾とペアで飾れる置台を作ります。

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 12

金をかけずにありあわせの材料を使いました。透明板はアクリルサンデー板2.0mm、ベースは1.2mmプラ板、支柱はWAVEの4.0mmプラ丸棒です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 13

プラ棒はアルティメットニッパーで切りました。切れ味が鋭く片刃のため切断面がキレイで、さらに真っ直ぐ垂直に切れるので、素人がカミソリノコで切ったみたいに微妙に斜めになりにくいです。ただしこのニッパーの性能保証範囲は3.0mmまでなので、そこは自己責任という事に。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 14 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 15

支柱はメッキシルバーNEXTで塗装。メッキ調塗料は黒下地面がどれだけ滑らかであるかにかかってますので、黒塗装の上からEx.クリアーでコートし研ぎ出しを行いました。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 16

こんな風になりました。
支柱とベース、透明アクリル板との接合は、強度確保のため0.3mm真鍮線を通してます。
また透明アクリル板は、表面はもとより断面をキッチリ研磨してどれだけ透明度を高めるかが見映え良くするポイント。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 17

あとは上げ底構造が間延びして見えないよう、そこに立てるネームプレートを作ります。PCで版下を作ってインクジェットプリンター用メタルステッカーに印刷。これは表面を触ると指紋の付く素材なのでクリアコートしました。見た目良い方を使おうとシルバーとゴールドの二種類製作。



《完成》

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 18

結局シルバーにしました。プラ板で作ったネームプレートにステッカーを貼って完成です。
そのまま飾るより見栄え大幅アップ!


さらにこれを艦NEXT 1/700大和と合わせて、WAVEのT.CASEに入れて飾ってみました。

WAVE T CASE WL
WAVE T・ケース (WL) TC101 【Amazon】

大和やアイオワのような超大型艦には「WL」というサイズの物を使用します。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 21

先日作った川合木工所の木製台座とアドラーズネストの金属製飾り台との組み合わせで飾ってみました。

T・CASEのベース底には15cm間隔の飾り脚用ネジ穴のガイドがモールドされてますので、木製ベースも大和の船底もそれに合わせて穴を開けています。なおこの場合飾り脚付属のネジでは長さが足りなくなるので、あと5~10mmほど長いネジと交換する必要があります。


アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 22

今度は木製ベースは省いて金属製飾り脚のみの場合。
木目のゴージャス感はありませんが、ベースが黒で統一されるので見た目スッキリ。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 23

ご覧の通りWLサイズのベースは、大和の傍らに1/50主砲弾を置くスペースがゆったりあって狭苦しい感じはありません。そして木製ベースを付けない場合は、金属飾り脚を付けるのに付属のネジで十分足ります。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 24

このケース、木製ベースごとでもフタをちゃんとかぶせられるだけの高さはあります。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 25

その場合の艦橋トップとケース天面のクリアランスはこれくらい。木製ベースなしならあと1cmくらい下がります。



この主砲弾、単品で飾っても十分なクオリティなんですが、元々が大和の模型と組み合わせて飾る事を見越して開発された製品なので、やはり一緒に飾ると相乗効果でお互い引き立ちます。価格的にも1500円程度と安くて作るのも簡単なので、これは実に良いものだったというのが個人的感想ですね。

そして出来るならバラバラでなく徹甲弾と三式弾のセット販売もしてほしいところ。やはりこうして両方ペアで飾りたいという人は多いでしょうから。



    
アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 2発 【Amazon】
アドラーズネスト 1/50 46cm砲弾 キーホルダー改造セット 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】