スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー

一昨日13日発売されたスケールアヴィエーション2016年3月号買ってきました。

スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー 01

スケビ買うのマガジンキットF-14の武装パーツ付いた時以来ですねー。
今回は「Harrier Maniacs!」と銘打ったハリアー特集になっています。


もくじ

スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー 02

特集なので当然ですが、見事にハリアーばっかでいつもに増して作例の多い気がします。
中には一人で1/72を6機も作っている人までいるし!(@_@;)


さて正直言うと私、ハリアーは好きな部類の飛行機ですが特別好きという訳ではありません。
ではなぜ今回スケビ買ったかと言うと、その特集に敬愛する藤田幸久先生のイラストコラムが載ると事前に聞いていたからでした。ハッキリ言ってこれだけのために購入決定したと言って良いです(笑)。


スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー 03

「藤田幸久的ハリアーのココロ」と銘打った、エアフィックス、ハセガワ、フジミ各社1/72ハリアーの比較レビューになっています。誌面にも書かれていますが藤田先生はハリアーが昔から大好きでして、それが縁で今回の特集にお声がかかったのだとか。他にもF-14、F-104、F80が大好物だそうです。

これまんま以前モデグラに連載していた「雑多えんたあていめんと。」ですね。超好きだったので連載再開してくれないかなあ。

《関連ページ》


目的は藤田先生でも無論雑誌はちゃんと読みましたよ!
特集の内容をかいつまむとこんな感じ。


スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー 04
  1. 表紙にもなっているトランペッター1/32ハリアーIIプラス。迷彩色の色ムラや退色を表現するのにヘアスプレーと食塩を使うという凝ったウェザリングが施してあり、編隊灯に蓄光フィニッシュを使って暗いところで発光するようになっている力作。
  2. 改造しちゃアカン!の松本州平氏作・タミヤ1/48シーハリアーFRS.1。とはいえ、モールド全部彫り直し、リベット打ち、インテークやファンブレド等抜けてる箇所を片っ端から抜いたりなど超絶改造…もといフルディテールアップが施されています。
  3. 白迷彩のエアフイックス1/48ハリアーGR.3。元キットが古いので凸モールドをすべて凹に彫り直し細部をディテールアップ、映画プロップ的なハードウェザリング仕様。
  4. MAX渡辺氏によるエアフックス1/24ハリアーFRS.1。ネオジム磁石により差し替えパーツを取り外し可能。暗色下地にグレーを叩くように塗ってテクスチャーを付け、アクリルのバフをアルコール落としを施すなどで深みのある色合いを表現。
  5. 漫画家・藤島康介氏によるハセガワ1/72ハリアーIIプラス。2015年度SAコン参加作品で、模型に造旨が深い漫画家さんとして有名。
  6. フォークランド紛争でシーハリアーの存在が一躍有名になったのを受け、当時タミヤが紛争終結からたった3ヶ月でシーハリアーのプラモを世に出せたのには大英断があったからというその顛末を解説したコラム。当時を知る私には懐かしくとしてとても面白い記事でした。ここかしこにあさの節炸裂してます(笑)。





スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー 05
各社から出てる1/72でハリアー一族を揃えましたという作例で、なんとライターさん一人で6機ものハリアーを作られています。しかも各社バラバラの細密度を揃えるためディテールアップが施されており、これをたった2ヶ月で作ったとの事!使用キットはエアフイックスP.1127試作機、エッシーAV-8A、イタレリFAS.1、エアフイックスFA.2、スウォードT.Mk.4、ハセガワハリアーIIプラス。



全体的な感想としては、ハリアーのイメージなのかディープに迷彩塗装とウェザリングを決めた作例が多く、ちょっと読んだくらいでは真似できないレベルの塗装術の応酬でプロ技を堪能させていただきました。スケビ見るたびに畑違いの自分は思うのですが、ここ何年かで飛行機模型の塗装術は急速に進歩したような気がします(AFVも)。

ただせっかくのハリアー特集、垂直離陸機という超個性のおかげで映画とかの創作物にもしばしば登場する大人気の飛行機ですから、シュワちゃんやラムちゃんが乗ってるような遊び心ある作例も見てみたかったですね個人的には。^^;



それと話は変わって、今年のSAコンのレギュレーションとテーマが発表されていました。

スケールアヴィエーション2016年3月号 レビュー 06

F-14のキットを使ったものなら制限なしとありますが、これはやはり「みんなマガジンキット買ってくれたのはいいけど作ってないだろ。積まないで作れよ!」と売り手から催促されてるような気がするんですが思い過ごしかな?
かくいう自分も積んでますし、話題性も一段落した事もあってこの3年以内に作らなかったらもうそのままずっと作らないかも・・・
アクション起こすのに動機付けが必要な人には良い機会ですね。


スケールアヴィエーション2016年3月号
Scale Aviation 2016年 03 月号 [雑誌] 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】