スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隔週間 世界の軍艦コレクション 第77号 重巡 熊野 レビュー

15日火曜発売予定の、世界の軍艦コレクション2016年1/5 号(第77号)重巡熊野のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 01

最上型重巡は他の3隻がすでに発売済みなので、今回の熊野でコンプリートとなります。

《参考記事》


《冊子》

熊野は後でいつでも20cm砲に換装して重巡になれるよう用意周到に作られた最上型軽巡の四番艦。
先に作られた最上、三隈、鈴谷が運用結果から大改修を施したのに対し、末っ子の熊野はまだ建造中だったため最初から強化された姿で生まれてきた事、その後他の姉妹艦と同じく戦争準備で重巡化改装した経歴などが解説されています。



世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 02 世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 03 世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 04



《1/1100ダイキャストモデル》

15.5cm三連装砲を搭載した軽巡時代の1938年仕様。熊野は1937年竣工なのでつまりはその時と同じ姿で、他の姉妹艦3艦は重巡もしくは航巡時代の姿だったので、製品としてうまく差別化出来てると思います。

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 06

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 07

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 08

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 09

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 10

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 11

製品の感想
  • 軽巡時代の姿なのに、置台に印刷されている「重巡洋艦 熊野」の表記はどうかと思う。
  • 考証においては大きなミスはないように思う。
  • 造形は平均レベル。可もなく不可もなくという感じ。
  • 同型艦でも毎度デザインが違うこのシリーズにおいて、この熊野は珍しく鈴谷に酷似してる。これほど似ているのは初期に発売された大和・武蔵と同等かそれ以上!
  • したがってデザインの長所・短所はだいたい鈴谷と同じと思って良い(船体形状など)。
  • 鈴谷の欠点のひとつだったジャバラみたいな煙突のジャッキステー表現は改善されている。
  • 高角砲も鈴谷のようなヒケまくり成形ではなくマトモになった。
  • 15.5cm三連装砲がやや大きい。大和型のと比べて半回りほど大柄で、重巡用20cm連装砲を三連装にしたくらいのサイズ。
  • よく見ると水上機はカタパルトに載っていない。となりの運搬軌条上の旋回盤に置いてあり、模型の表現としては珍しい。
  • 組み立ては、前部マストが前のめり気味で、横から見て直角三角形みたいになっていた。それ以外は各パーツ水平・垂直が正しく出てる。
  • 塗装は、リノリウム色と上部構造物の境界塗り分けに一部甘い部分があるが、これくらいなら上出来の部類。


この熊野、よく目を凝らして見ないと主砲以外は鈴谷と同じ部品を使ってるのじゃないかと思う位に似ており、これだけ似てるなら今までずっと言われてきた部品の共有化がようやく成された例と言っても過言ではないのではと思います。今さら言ってもだけど、最初からできていればどれだけ製品の全体評価が上がってた事か・・・。゚(゚ノД`゚)゚。



《簡易ディテールアップ》

そっくりなので鈴谷に準じたディテールアップですが、熊野は羅針艦橋や艦橋窓のモールドがしっかりしてたので、鈴谷のように自作デカールに置き換える必要はなかったです。

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 13

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 14

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 15

手を入れた個所
  • 羅針艦橋正面など目立つゲート跡とバリを処理。
  • 前部マストの前のめり修正(横から見て直角三角形を二等辺三角形に修正)。
  • 甲板と上部構造物の境目の塗装ズレを修正塗装。
  • 煙突の白帯追加。
  • 水上機、ボート、機銃、主砲防水キャンバス、錨鎖等をリペイント。
  • 90式水偵を旋回盤からカタパルト上に移設、旋回盤上の担架削除。
  • 探照灯台座とカタパルトのトラス構造部をベタ塗り。
  • 各部スミ入れ、つや消しクリアーコート。
  • 艦首菊花紋章作り直し。
  • 機銃、スクリューといったメタリック塗装部をリペイント。
  • 探照灯にミラーフィニッシュ貼り付け。
  • 自作艦これステッカーをディスプレイベースに貼る。(作り方はこちら)
今回の艦これステッカーは、素材を切らしてしまったのでホログラムタイプではなく、写真光沢用紙に印刷しています。


鈴谷と並べました。

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 16

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 17

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 18

主砲以外で両製品のわかりやすい違いは、航空甲板の運搬軌条の色と、再現されてる甲板上ハッチ類の数くらいでしょうか。姉妹艦で同じであるところは同じ、違うところは違うという当たり前の事がきちんと出来ているので、並べて飾ると楽しいです♪



さて、次回78号は軽巡大淀です。
最上型の15.5cm砲は、大和型以外ではこのフネに載せ替えられたんですねえ。

世界の軍艦コレクション 第77号 重巡熊野 05

今回の熊野がシリーズ最後の重巡でしたが、大淀は最後の軽巡となります。





セブンネットショッピングも在庫あり。Amazonは完売。(2015-12-16)
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

私も先週末一足先にゲットしてきました。
1・2点艦橋がものすごいお辞儀をしていたり取れているものがありましたが、それ以外は組み立て精度は良かったです。
鈴谷と並べると確かにソックリで、お前いつ20cm三連装砲にしたんだよって感じですね〜
ミネアポリスの主砲と比べても倍ぐらい大きく感じます。 いいのかこれで?

さて大淀は連合艦隊旗艦仕様ですか、WLシリーズでは偵察巡洋艦仕様しか見たことがなく、これはこれで楽しみです。

No title

すっかり忘れてましたがミネアポリスは20cm三連装でしたね。
それより大きいのかー15.5cm砲…

大淀の模型はちゃんと見た事なかったもので、
ぐぐってみたら1943年と1944年仕様の二種類がアオシマ、フジミから出てるようです。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。