隔週間 世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦 秋月 レビュー

9月23日発売予定の世界の軍艦コレクション2015年10/13日号(第71号)駆逐艦秋月のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 01

今回は連休の関係で発売日が1日後ろ倒しの水曜日発売となります。
そして長らく続いてきたこのシリーズも残り10号となり、駆逐艦は今回の秋月で最後です。



《冊子》

秋月型はそれまでの艦隊型駆逐艦と違って防空任務という飛行機が台頭してきた時代の新戦術に合わせて作られた駆逐艦であり、その上対潜、水雷能力も持っていたため非常に優秀で使い勝手が良く、大変重宝されたとかなり高い評価に解説されていました。また私の母方の里であり秋月を建造した舞鶴海軍工廠のコラムなんかは個人的にも楽しく読めました。


世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 02 世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 03 世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 03



《1/1100ダイキャストモデル》

1942年仕様ですが、その年の後半に付けた大きな21号電探がないので竣工時の姿ですね。

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 05

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 06

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 07

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 08

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 09

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 10

製品の感想
  • ディテール再現性は平均レベル。いつもクドめの煙突側面は今回あっさり表現。
  • 艦橋のモールドは浅めで角がダルく、側面に合わせ目来るのが残念だが、造形のアウトライン自体は良い。またこのシリーズでは省略されがちな艦橋窓の側面と正面での高さの差も再現されている。
  • 毎度のミスポイントである艦首菊花紋章は、モールドはあるが色は付いていないのでセーフにしておく(笑)。
  • 秋月型最大の特徴である長10cm砲の造形は良く出来てる。砲身の細さと長さが同シリーズ駆逐艦の12.7cm砲と明確に差別化されている。
  • 煙突があまり似てない。秋月は排煙口の角度がもっと鋭角的。
  • 前部マストの斜めヤードは太すぎで主張が強いため、秋月のマストぽくなく見えない。
  • 爆雷投射機はぺったんこで造形的に手抜きと言わざるを得ない。黒く塗って目立たせる事でごまかした感じ。
  • 塗装は、第三砲塔甲板後端とリノリウム甲板の境界の塗り分けがやや雑で、それ以外は大した問題なし。組み立て精度は良くない個体で、マストの組み立てがずれているため左に傾いてた。


菊花紋章は、金型彫ってしまったけど塗装前にミスに気付いて押し留めたというところでしょうか。他にもこの製品でもう随分前から省略されて続けているボートダビットがやはりなかったり、艦首のフレア表現が弱かったりとその辺は今回も同じなんですが、反面運搬中の魚雷をわざわざ再現するような芸の細かい一面もあります。全体としては平均的な出来ではないかと思います。



《簡易ディテールアップ》

今回は日にちに少し余裕があったので、全分解した上構物のリペントを上塗りではなく、一度シンナーで落としてから行いました。そのほうが塗膜を薄く平滑に仕上げられるのでモールドを浮き立たせやすくなるのです。デフォ塗装はどうしても粒子の粗さが目立ったり浅いモールドが埋まったりしていますので。
そんなわけでいつもより少しだけ丁寧な作業が出来ました。

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 簡易ディテールアップ 01

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 簡易ディテールアップ 02

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 簡易ディテールアップ 15

手を入れた個所
  • 上構物全分解&塗料を一旦落としてリペイント。
  • 艦橋側面の合わせ目消し。下部艦橋に丸窓追加。
  • 艦首菊花紋章モールドを削り落とし、フェアリーダーを0.3mm真鍮線で再現。
  • 前部マスト組み直し。斜めヤードは太すぎるので0.2mmピアノ線で作り直し。
  • 長10cm砲は砲身基部の防水カバーなしのイメージが強いので、その表現に変更。
  • 運搬軌条上の魚雷を塗装。
  • リノリウム押さえ塗装。
  • 爆雷投射機はグレーにリペイント。ホーサーリール塗り分け。
  • 艦橋窓、後部マスト等の吹き抜け表現を黒ベタ処理。
  • スミ入れ&ハイライト入れ。全体をつや消しコート。
  • 機銃をガンメタル、スクリューをスターブライトブラスでリペイント。
  • 探照灯にミラーフィニッシュ貼り付け。
  • 自作艦これステッカーをディスプレイベースに貼る。(作り方はこちら

前記のとおり駆逐艦は今回で最後なので、艦首はこう造形して欲しかったという意味を込めてフェアリーダーを付けてみました。
また秋月型は最大の駆逐艦なのでパッと見でそれがわかるほど大きく、並べてみると吹雪型駆逐艦よりむしろ天龍型軽巡(模型は龍田)に近いサイズなのがわかります。

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 13
世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 14

なのでこのシリーズの駆逐艦を見た時に感じる「この大きさでこの価格!?」的な印象は比較的弱いかなーと思います。


さて、次回72号は重巡摩耶です。

世界の軍艦コレクション 第71号 駆逐艦秋月 11

高雄型重巡最後の一隻で対空装備を強化した晩年の姿。艦これでは防空巡洋艦と呼称してる改二バージョンですね。たまたま写真写りが良いのかもしくは模型の出来が良いのか、えらくカッコ良く見えますので期待しときます。



前回のプリンツ・オイゲンに続いてAmazonは既に売り切れ。駆逐艦で発売前に売り切れたの初めてです!
楽天ブックスセブンネットは9/22現在在庫有り。
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

やっぱり菊花紋章はやりかけてましたか。
吹雪の時に「塗装ミスですか?」と控えめに質問して途中でシカトされてからずっと駆逐艦に造形されていたのでやはりなぁ、というところですね。
結局直らないのはもうアレですか。
ボートダビッドも省略されてからどれも艦載艇の位置が不自然になってますね。

あと、秋月は天龍型よりも夕張と比較して欲しいところ。
史実でも秋月型は量産型夕張と連合軍側に認識されていましたから、定期購読受け取ったら自分でも比較してみようと思います。

…とまれ、結局このていたらくのまま最終号になだれ込みそうですね。
第2期というか延長はなさそうな感じですね。私も予定の80号でバインダー埋めたら終わりにする予定です。

No title

運搬軌条上のあれは魚雷でしたか!
この棒はなんだろう? と気にはなっていたんですが、言われて納得です。

さて後10冊、次の摩耶は予告の写真を見る限りなかなかカッコ良さげ、
少し期待が持てそう。

No title

菊花紋章の件は、ハイパーコーリンズの担当さんも
磯風の時イーグルモス側に意見されていましたし
(ただしスケジュール的に間に合わなかったそうな)、
今回もいち早く確認をとられていたので全くの放置という訳でもないんですよ。
ただ肝心のイーグルモス側がそこまでチェックする体制をとってないようですし、
そこにハイパーコーリンズが割って入るような関係ではないみたいなんです。
また夕張の話は参考になりました。そっちにすればよかった。

運搬軌条のアレは色が塗られていないので確かに魚雷て気付かない人多そうですね。
模型では遊就館所蔵の1/100モデルやモノクローム1/350、フジミ1/700でも再現されていますので、
担当デザイナーが多分その辺を参考にしたのではと思います。

摩耶が・・・

発売前にもかかわらず、AMAZONではもう完売状態になっています。
秋葉の書泉ブックタワーで先週末あたり、もう見本の模型が展示されていたのですが、写真通りになかなか精悍な顔つきでカッコよかったです。
ここんとこの完売続きは、ゲーム内での人気の影響でしょうかね。

No title

二日目に確認したときはまだありましたが今日はもう売り切れでしたか。
Amazonがどれくらい仕入れてるのか知りませんが、
なんかシリーズ終盤に近づいてからの方が売れてる気が…

摩耶は今私の机の上でバラバラです。
明後日までに間に合うかな?^^;
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】