月刊モデルアート 2015年5月号 レビュー

本日発売の月刊モデルアート2015年5月号です。昨日に続いて模型誌レビュー。

モデルアート 2015年5月号 01

今回の特集は「スカル&ボーンの翼」と銘打ったドクロマーキングの飛行機の特集です。

松本零士漫画に、映画ファイナルカウントダウン、アニメのマクロスを多感な青少年期に経験した我々おっさん世代にとって、あの黒と黄色のコントラストの強いマーキングとコワモテな海賊旗との派手な組み合わは、もはや刷り込みと言っても過言ではないかと思います。実際表紙見ただけで反射的に買っちゃいましたから。


モデルアート 2015年5月号 02
  1. 特集の前説。黒バックに細かい白文字テキストと大きな煽り文・・・モデグラに乗っ取られたのかと思いました。ライターがあさのまさひこ氏だったら完璧だった!
  2. スカル&クロスボーンマーキングの一番人気F-14AトムキャットVF-84機(ハセガワ1/48)。他には現役のF/A-18FスーパーホーネットVFA-103機(ハセガワ1/48)、初代ジョリーロジャースF4U-1AコルセアVF-17機(タミヤ1/32)、 初めて垂直尾翼にあのマーキングを掲げたF-4JファントムVF-84機(アカデミー1/48)が作例として載っています。
  3. そしてそれらの中に「バルキリーですが何か?」と言わんばかりにVF-1S(ハセガワ1/72)がしれっと載せてあるのがポイント(笑)。今さらながら混ざってても違和感ない。
  4. ジョリーロジャース隊の歴史を解説したページ。最初からあのデザインが確立されていたわけでなく、その変貌が分かる歴代マーキングのイラストやジョリーロジャース仕様プラモ製品の一覧ページ付き。


ジョリーロジャース隊は大戦機だったりハイビジカラーの戦闘機なので、どの作例もウェザリングを抑えて小奇麗にそつなくまとめてありまして、先月号の退色をハードに再現した大胆な作例とは対照的でした。個人的にはもうちょっと踏み込んだほうが新鮮で面白いのではと思ったりもしますが、あの鮮やかなマーキングが映える塗装法としては正攻法だと思います。

そしてF-14担当のライターさんが平成生まれと書いてあるのを読んで軽くショック!そりゃ平成も27年だから当然そうなるわなー数日前にTwitterで飛行機模型は若い人の流入がなくて危機という話が出たばっかだけど、育つところではちゃんと育ってるんじゃないの?とか思いました。^^;



特集以外の作例を一部抜粋するとこんな感じ。

モデルアート 2015年5月号 03
  1. 巻頭に7ページに渡って掲載されているタミヤ1/16 10式戦車。ディテールアップを施し油彩で丹念に塗装されています。それに加えてこのサイズともなると精密感だけでなく重量感もあるので、車のカタログのような撮り方と相まって本物だと言われれば本物と信じてしまう質感。
  2. モデグラとネタかぶりでドラゴン1/35ティガーI初期生産型ミハエル・ビットマン仕様。土居雅弘氏の製作だけあってモデグラ版に引けを取らない出来。そしてやはりこのキットがどんなにすごいかを解説してベタ褒め。唯一の弱点がフィギュアで、その修正ポイントも載っています。
  3. ハセガワ1/700天龍・龍田が早くも作例として登場。天龍はアフターパーツなどを使ったディテールアップモデルで、龍田はほぼストレート組み。また模型を使って両艦の違いを検証しており、艦名符字まで解説してるので細部にこだわる人には良記事。
  4. これもモデグラとネタかぶりでフジミ1/700瑞鳳昭和19年。キット同梱の実物大迷彩パターン図を使ってマスキング塗装をする手順を指南しているのも同じですが、さらにリノリウム用マスクの原寸図が載ってる辺りは実用書色の強いモデルアートらしい気遣い。


またその他に、先日発見された戦艦武蔵の映像を現存写真と比較して検証する記事が早速載っていました。さすがにとり急ぎ的な内容でしたが、多分モデルアートならこれを精査して、模型的な視点に変換した特集なりムックなりを後日改めて形にするのではと期待します。



モデルアート 2015年 05 月号 [雑誌] 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

「これVF-1Sは載らないんですかねぇ」と冗談コメントしようとしたら実際に掲載されてましたか(笑 
 ストライクバルキリーじゃないのは流石にそこまでやると脱線が酷過ぎるという判断でしょうか。

No title

名前入力忘れたので連投。
因みに私はマクロスではなくエリア88です。
副主人公のミッキーが米海軍時代VF-84所属だったという設定でしたね。

しかし、今思い返すと全然「海軍機乗り」と言うイメージが無かったり(笑。

No title

うちも1機、ハセガワの1/72ファントムのVF-84があります(袋も開けてないので、だから…なんですが)。
で、やっぱり店頭でこの号、手にとりました。
ハセガワの1/72ファントムの作例がなかったので購入しませんでした。
やっぱり今手に入るキットじゃないからだっのかな。

No title

途中でとまっているドラゴンの1/144のF-14ジョリーロジャースもあった。
やっぱり好きなんでしょうね。
(1/144の作例もなかったですね)

No title

私も先月号の予告を見てから待ち遠しくてそそくさと発売日に買ってきましたw

>モデグラに乗っ取られたのかと
同じく(笑) ロケ撮影とかモデルアートとは思えないです。
にしてもモデルアートの紙面もここ数年で急激に垢抜けましたよね。

>混ざってても違和感ない
以前、大和特集の時にも“干上がった海底で赤錆びている大和”が
載っていたことがありましたね(笑)
作例ではなく、なんの説明もなくトビラ写真に。

>F-14担当のライターさんが平成生まれ
私もビックリしました。実機についても相当詳しそうですよね。

作例が1/48ばかりなのは残念ですが
どのスケールも既出のキットばかりなので仕方ないですね。
(飛行機模型スペシャルでも72はいつも十把ひとからげ(T_T))

No title

バルキリーはともかく、最近出たクロスボーンガンダムが入っていたら「ホビージャパン化」と言われたかも(笑)。

No title

エリア88読んでましたねえ。タカラ(だったかな?)のミッキー機プラモも作りました。
初めて読んだ時に二人乗りなのに一人で飛ばせるんかいとか思いましたが、
そのあと地上空母が出てきてそんな事言うのはヤボだとわかりました(笑)。


モデルアートは誌面作りも作例も昔より洗練されましたが、
それでも他誌に比べるとほとんど変わらないと思います。無論良い意味で。

HJは昔愛読してた頃比べると自分の趣味とは違う方向に行ってしまいましたし、
モデグラがエキセントリックな誌面作りでたまに付いていけない時があったりしますので、
そういうときにモデルアートは帰る家みたいな安心感を感じるんですよ。
年とったせいもあるのかも?

そういえばモデルアートにガンダム出た事あるんですかね?
今月号はバルキリーだけでなくマクロスも載ってしましたけど。
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】