スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隔週刊 世界の軍艦コレクション 第45号 戦艦薩摩 レビュー

明日9月23日発売予定の世界の軍艦コレクション 2014年 10/14号(第45号)戦艦薩摩です。

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 01

前回の鳳翔の記事で、私この戦艦の事を「前弩級」と書きましたが、その後調べてみると、正しくはそれより大口径の中間砲を持つ「準弩級」でした。前弩級から弩級が登場するまでの過渡期に生まれたレアなクラスで、そんな呼び名があったとは知りませんでした。

日本の戦艦で準弩級はこの薩摩と姉妹艦安芸のみでして、それと同時に悲願だった初の戦艦純国産化という偉業を見事成し遂げ、欧米列強に日本の造船技術が見過ごせない存在になったと認識させた記念的軍艦です。



《冊子》

前記のとおり戦艦の進化が最も激しかった過渡期に作られたフネなので、当時の国際情勢とそれを背景とした戦艦設計の移り変わり、発明されたばかりの最新技術であるタービン機関、無線といった新鋭装備について。そしてそのすぐ後に登場して世界の戦艦に革命を起こしたドレッドノートとの性能差を中心に解説されています。 日本にとって記念すべき軍艦ながらあまり知られていない薩摩の事を知るのに良い機会でした。

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 02 世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 03 世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 04



《1/1100ダイキャストモデル》

1910年(明治43年)仕様なので就役時の姿です。

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 05

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 06

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 07

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 08

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 09

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 10

《製品の感想》
  • 組立塗装の品質は、最近のこのシリーズの平均レベル。部分的に粗さがある。
  • 木甲板のモールドがない。
  • この時代の戦艦の外観的特徴である防雷網展張竿が省略されている。
  • 主砲塔天蓋上の単装砲がない。
  • 左舷艦首錨は1丁なのに錨鎖が2つある。
  • 最も艦首と艦尾寄りの12cm速射砲が、砲身まで船体と一体成形のため貧相。
  • 地味な個所だがフェアリーダーの造形はとても良い!シリーズトップレベル!

 
うーん、一言で言えば模型を精密に見せるディテールが不足しています。
少なくとも冊子に載ってる側面図や3DCG図程度のディテールまでは調べ上げてるのだから(リサーチミスの可能性もあるけど・・・)、そこは最低再現して欲しかった。また舷側の12cm速射砲のチープさや防雷網展張竿の省略は、このモデルのコンセプトである小さくても重量感を得るためのダイキャスト船体が逆に足かせになってしまったのだろうか?と推します。(ダイキャスト成型は複雑なモールド表現が難しい)

そんなわけで私の感想としては、今回の薩摩は残念ながらほめられた出来とはちょっと言い難い・・・ただ、日本の造船史に残るフネながらレジンキットしか存在しないレアアイテムを、またしても模型化してくれた功績は認めてあげたいです。



《ディテールアップ》

今回は手を入れた個所が多かったので手間取りました。


世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 13

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 14

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 15


ディテールアップ箇所は、
  • 舷側の防雷網展張竿を0.3mm真鍮線で再現。
  • 12cm速射砲を0.4mm真鍮線に置き換え。
  • 上記2点の改造に伴い船体をリペイント。
  • 船体リペイントにつき、舷窓を自作デカールで再現。 省略箇所にも追加。
  • 木甲板に陰影を入れる。
  • マスキングもれしてるデッキ色と船体色の境界を修正。
  • 装載艇リペイント。
  • 通風口をベタ塗りして穴あき表現。
  • 後部マストに斜めヤードを追加して軍艦旗掲揚。
  • 各部スミ入れ。
  • リペイント箇所が多くなったので、全体の質感を統一するためつや消しクリアーでコート。
  • 主砲塔天蓋上の単装砲を0.2mm真鍮線で自作。
  • 探照灯にミラーフィニッシュを貼る。
  • WL用菊花紋章を複製して取り付け。

 


さて次回46号は戦艦プリンス・オブ・ウェールズです。

世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 11

外国艦は今までほぼハズレなしなので、次回は期待しています。


世界の軍艦コレクション 戦艦薩摩 12
世界の軍艦コレクション 2014年 10/14号 [分冊百科] 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

敷島に続いて…

先の戦艦敷島に続いて、また考証ディテールミスが目立つモデルになってしまっているようですね。

折角レアな艦のモデルなのだから、戦艦三笠並みの出来であって欲しかったなぁ…(泣)

No title

ここのところの日本艦は、
加古を除いてリサーチ的には何かしら目立つ疑問点がありますねえ。
薩摩はレアな模型だけにそこのところを抑えてほしかったです。

なので今回のディテールアップには、そういう思いをいつもより入れてあります。

甲板の木目

HPのプリンスオブウェールズを見てみると、こちらも甲板の木目無しに見えます…

なんだか嫌な予感がしますが、何卒そんなことありませんように。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。