スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦鳥海 レビュー

6月4日に発売予定の、世界の軍艦コレクション2013年6/25号(第11号)重巡洋艦鳥海のサンプル届きました。

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像01

同シリーズは今まで戦艦と空母の大型艦ばかり出していましたが、今回は初の中型艦で日本海軍重巡洋艦中最も人気の高雄型、その四番艦鳥海です。



《冊子》

高雄型の設計思想とその政治背景、その中でも艦隊旗艦だった鳥海の武勲が解説されています。

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像02 世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像03 世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像04



《1/1100ダイキャストモデル》

対空火器が増設される前の戦前1940年の姿です。といっても鳥海は他の高雄型のように大幅な改装を受けなかったので竣工から晩年まであまり変わってません。

実は今回の鳥海に関しては、内心全然期待してませんでした。というのは公式サイトに掲載されてる見本のカラーリングがまたしてもアレでしたから…

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像05
http://www.gunkan-collection.jp/collection/



で実際に送られてきた製品版は、船体色とリノリウム色が正しく修正されていて、良い意味で予想を裏切られました。
パッケージ裏面の写真も公式サイトと同じものが使われてるので、中身が見えないからあれを見てスルーされるとしたらもったいない話です。サイトの写真だけでも差し替えたらいいのに損してるなあ。

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像06

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像07

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像08

世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像09


《製品の感想》
  • 見本では明るすぎる船体色と甲板のリノリウム色が正しく修正されている
  • 前後マストは部品の合いが微妙ながらキチンとトラス構造が抜けている
  • モールドのシャープさ、ディテールの細かさはシリーズ中トップクラス
  • 下部艦橋正面の円形大窓に色が入った。艦橋に窓表現がされたのはシリーズ初めて
  • 艦首の錨がない
  • なぜか塗装が完全つや消しではなく微妙に半光沢(中性洗剤で洗ったらつや落ちました。加賀と同じく謎の油?)
  • 戦前の平時の姿とはいえ、艦載機がないのは模型的に寂しい

《提供個体の感想》
  • 接着剤のはみ出しほとんどなし
  • 部品同士の隙間が目立つが、水平・垂直が正しく取り付けてられており、ゆがみ曲がりなし
  • 部品の切り取りゲート跡が探さないとわからないくらいに処理されている
  • 甲板と上構物境界の塗り分けは艦橋基部や主砲基部がマスキング不良だが、それ以外は良い
  • 接着剤塗布量不足で前部主砲あたりの甲板がやや浮いている


期待してなかった分だけ余計にプラスへのバイアスがかかってるのかもしれませんが、この鳥海は良く出来てます。
そして組み立てと塗装の品質は牛歩ながら確実に向上しています。最初からこのレベルだったら叩かれまくったり客離れも少なかったろうに・・・

しかし80号完結までの長い道のりの1/8でここまでリカバリーできたのですから、残りの7/8も気を抜かずに今回の品質を保ち、さらに上へ改善していって欲しいものです


世界の軍艦コレクション 第11号 重巡洋艦 鳥海 画像10 
世界の軍艦コレクション 2013年 6/25号 [分冊百科] 【Amazon】


《参考外部リンク》
桜と錨の気ままなブログ : モデル・アドバイザーの独り言 (21) 第11巻「鳥海」
同シリーズ監修の一人である桜と錨様のブログです。
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

徒然に眺めてたんですが、80隻も出る予定なんですね、このシリーズ。
発売元のHPを見たら、今んとこ20号までしか予定が出てませんけど、80アイテムも間が持つんでしょうか。
まあ既にビスマルクが入ってますし、アイオワとか確実にでるでしょうしね…。

しかし、青葉みたいな小さなフネをこのスケールでだしたら怒られそうな気もしますが(笑)。

No title

>Phantomさん
80号までの予定は一応載ってますよ。
艦名の欄の上にある「61-80号」とか書いてあるタブをクリックしてみて下さい。
アイオワ級は「21-40号」の間にニュージャージーが予定されているようです。

駆逐艦は2隻セットにでもしないとねえ…

No title

記事を拝見させて頂いてふと思ったのですが、この箱写真の艦は姉妹艦の「愛宕」ではないでしょうか・・・?
「鳥海」にも魅力的な写真は残されているのに勿体ないことです。

No title

うーん、確かにこのパッケージ写真は1932年全力公試の愛宕といわれる写真ですね。
捨管取り回しも違いますし。何でこの写真使うかなー。

No title

>最初からこのレベルだったら叩かれまくったり客離れも少なかったろうに・・・
>しかし80号完結までの長い道のりの1/8でここまでリカバリーできたのですから、残りの7/8も気を抜かずに今回の品質を保ち、さらに上へ改善していって欲しいものです。
10号も行ったら「ここまで買い続けたんだから最後まで買い続けよう」という層がほとんどになってるのでは…ぶっちゃけ多少クオリティが上がろうが下がろうが…売り上げ的には…
もちろんブラッシュアップをしていくのはメーカーの誠意だと思いますし、そうした志がこれからもっとクオリティの高いものを生み出していくわけでいいことではあるんですが…(それに十分なクオリティじゃないからって現場が止められるものでもないでしょうし、その中で頑張ってるのかもしれません)
が、まあもったいないなー、と。買わない外野が言うのもアレですけどね。

>駆逐艦は2隻セットにでもしないとねえ…
1隻+工具パーツを3回くらいやって、デザインナイフ、ピンセット、接着剤を揃えさせて、次の号からは小物の接着は自分でできるようにすれば!
接着剤のハミ出しに悩むこともないし、組立のコストが下がる分パーツクオリティは上がるし、やってて楽しいし、いいことずくめ! …まあモデラーの空論なんでしょうねえ。

No title

>「愛宕」ではないでしょうか・・・?
中の写真に姉妹艦が使われていたのは何度かありましたが表紙は初めですね。文章は日本人の監修者が付いてると聞きますが、編集は英国本国で行われてるのかも?

>ぶっちゃけ多少クオリティが上がろうが下がろうが…売り上げ的には…
この分冊百科は「作る」系でなくコレクションですから途中から買ったりやめたり、また欲しいのだけ選ぶことが出来ますので、これからも品質を上げていく事には大きな意味があると私は思います。
部品状態での販売は、いっそのこと別ブランドを立ち上げて模型玩具流通でやってみるといいかもしれませんね。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。