世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 レビュー

21日に発売予定の世界の軍艦コレクション2013年6/11号(第10号)空母加賀のサンプル届きました。

世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像01

第2号の赤城より3か月ぶりにして2隻目の空母模型です。

赤城が戦時下の全通飛行甲板に改装された姿だったのに対し、今回の加賀は改装前の三段甲板だった時代を再現しています。赤城と並べて栄光の機動部隊一航戦を再現したかった所ですが、空母黎明期における実験艦な立ち位置であった異形な赤城・加賀もまた魅力的です。

宇宙戦艦ヤマトに登場するガミラス三段空母のアイデア元だったのは有名な話。



《冊子》

世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像02 世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像03 世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像04

加賀の下段発艦用飛行甲板は木甲板とされてきましたが、イラスト解説は装甲甲板(38mm厚)と解説されていてグレー塗装になっています。これは研究が進んで考証が書き換えられたのでしょうか?そのあたりは私も門外漢なのでよくわかりません。



《1/1100ダイキャストモデル》

1/1100ダイキャストモデルは小改装が行われる前年の1932年の姿です。
件の下段飛行甲板はこっちは木張り表現。どっち?


世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像05

世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像06

世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像07

世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像08

世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像09


《製品の感想》
  • 前回の榛名と違って船体色の色は正しい
  • 艦首錨の位置はもっと後ろのはず
  • 木甲板に木張りの継ぎ目が彫刻されていない。そしてニスを塗ったフローリングのような色
  • 舷窓はタンポ印刷ではなくモールド処理。ダイカスト成型のため穴が浅くダルい
  • 高角砲のやっつけ感が泣ける
  • 艦載機は尾輪がしりもちをつく姿が初めて正しく再現
  • ミクロな視点では色々残念だが不思議と全体像としては悪くない(主観)
  • 重量感はシリーズ中最も高い。大和型より重く見える(主観)

《提供個体の感想》
  • 接着剤のはみ出しはほとんどなし
  • 部品同士の隙間が目立つ
  • 何故か船体に機械油が付着していた(拭き取りました)

ここ何回かの傾向としては、多少なりともチェック体制が向上したのか、シリーズ初期の頃に言われてた接着剤はみ出しベッタリや工員の指紋付着というのはほとんど見受けられなくなりました。ただ塗装に関しては、軍艦色が統一されてない、塗り分け部分のマスキングの甘さ、筆塗りの適当さなど相変わらずです。

隔週刊というタイトな納期と売価2190円の決められたコストの中で出来る事が限られてるのは理解しますが、それでも造形に目の肥えた日本市場に食い込もうとするのなら、イーグルモス社には引き続き品質の改善に極限まで取り組んでいただきたいです。

さて次回はシリーズ初の重巡洋艦で鳥海登場。
戦艦・空母より一回り小さくても値段は同じなので、その分がんばって良い製品であることを期待します。


世界の軍艦コレクション 第10号 空母加賀 画像010
世界の軍艦コレクション 空母加賀 2013年 6/11号 [分冊百科] 【Amazon】
関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

なんか重心が後ろ寄りと言うか、海洋生物っぽいシルエットですね。
三段空母時代の赤城と加賀はあまり好きになれませんが、こうして見ると新鮮です。

それはそうと、加賀もあまりキットに恵まれてない印象ですが、1/350の加賀は何処が出してくれるんでしょうか。ハセガワさんが1/450大和で路線変更とも取れる発言をしたので気になる所です。

No title

>Phantomさん
去年のJMCで長谷川専務に直接訊いたところ、加賀は1/700リニュでも難しいと仰ってましたので、1/350は夢のまた夢という感じでしたねえ。
なんでも採算面だけでなく資料が全然足りないとの話でした。
まだフジミのほうが脈ありかもー

煙突

いつもレポート、楽しみにしています。
また、ディテールアップ、ここまで雰囲気が出るのかと、
毎回、感動させていただいてます。

今回の加賀ですが、初期の頃の形状で巨大な煙突が楽しみでしたが、今回のモデルではかなりスマートでどちらかといえば貧弱な印象になっています。眺めてみたのですが、どうしてあの迫力のある煙突が実船では収まっていたのかモデルからは想像がつきません。
モデル化は難しいものなのですね。

No title

>と さん
ご感想ありがとうございます。

ピットロードのレジン製加賀は煙突をうまく再現してましたね。
自分なんかは、どうして加賀だけあんな大きな煙突を付けたんだろうかと思います。
実際全通甲板改装後は赤城より小さな煙突になって、それで事足りてたわけですからね。
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】