キットレビュー: フジミ 1/700 空母鳳翔1944

25日に発売になったフジミ1/700鳳翔1944です。
鳳翔はこれで1939年版、1942年版に続いて3つ目のバリエーションモデルの発売。まだ就役時と復員船時代の改装もあるのであと2回出せるな~(笑)

フジミ 1/700 空母鳳翔1944 パッケージ


さて今回の鳳翔は、飛行甲板を延長、幅も拡大された練習空母時代の姿でして、そのための新パーツは飛行甲板を含めるエッチング3枚と1944年版デカール、天山艦攻2機、増設用に機銃パーツが1枚増えて計2枚となっており、デカール替え程度の1942年版と違ってビッグマイナーチェンジとなっています。そのため価格は1000円ほど高くなりました。

1/700 空母鳳翔1944 エッチング、デカール一覧

ベースとなっている1939年版の詳細は、以下の過去ログをご覧下さい。

※ブログ内参考記事: キットレビュー:フジミ 1/700 空母鳳翔 1939(2011-08-1)


そしてこれがその新規エッチングパーツ。
飛行甲板は強度の高いステンレス製で、甲板裏の桁や舷外消磁電路などは加工しやすい真鍮製になっています。

フジミ 1/700 空母鳳翔1944 飛行甲板&エッチング 表面

フジミ 1/700 空母鳳翔1944 飛行甲板&エッチング 裏面

ご覧のとおりこのエッチング飛行甲板の表面には、1939のプラ製飛行甲板のように木張表現がありません。しかし眼環は全体にびっしりモールドされているので入れ忘れとかいうミスではなさそうで、改修時に大戦晩期に完成した空母のようにラテックス甲板に変更されたという解釈なのでしょうか?それについては手持ちの資料に記載されていませんでしたので私にも分かりません。

説明図は1939年のをほぼそのまま使っており、飛行甲板などの改造箇所の組立については、新たに用意されたエッチング用組立図を見るように指示されてます。

フジミ 1/700 空母鳳翔1944 組立図1 フジミ 1/700 空母鳳翔1944 組立図2

1939の組立図と違うのは、2ページ目の部品図とマーキング図、それと最終ページの天山艦攻の項目のみです。なので所々に、「この説明書は飛行甲板延長前のもの」との注意書きが記載されています。

そしてこれが新規エッチング用の組立図。

フジミ 1/700 空母鳳翔1944 エッチング組立図1 フジミ 1/700 空母鳳翔1944 エッチング組立図2

甲板裏の桁がびっしり再現されてるので、労力は要りますが丁寧に組み立てたらすごい精密な模型になりそうです! ただこの新規エッチングには手すりとか1939と共通のパーツは付いてませんので、そこは発売済みの1939用別売エッチングが必要となるみたいです。

1/700 空母鳳翔1944 オプションパーツ一覧


あとやはり迷彩塗装の指定図は入れて欲しかった!
塗装指定には、「昭和19年当時の鳳翔の甲板ラインについての資料はありません。また、昭和20年当時には迷彩塗装がされていたようです。デカールの貼付図はあくまで一参考例です。ご自由にお楽しみください。」とだけ書かれています。

最近のフジミの艦船模型にはこうしたリサーチ不明の注釈が入っていることがよくあります。
おそらくこれは考証に細かく、ミスを見つけると鬼の首を取ったかのように騒ぐ声の大きいユーザーへの予防線と思われ、フジミが彼らに対して腫れ物を触るかのように神経質になってるのがわかります。なので今回の迷彩図のようなツッコミが入ると思われるところはあえて触れずにユーザー側に丸投げする姿勢なのかと。

確かにフジミは「やっちゃった」がよくあるメーカーでして、それ故何かにつけて叩かれやすいのですが、これだけハイペースで品質の高い艦船模型をどんどんリリースしてくれるメーカーがフジミだけなのもまた事実。
意見が過ぎてメーカーが萎縮してしまっては元も子もありません。もちろんミスを減らす企業努力は必要ですが、ユーザー側にも言い方とか多少は寛容な姿勢が要るのではと自分は思います。

すいません、最後はちょっと話がずれてしまいました。


 
特シリーズ No.63 1/700 日本海軍航空母艦 鳳翔(昭和19年) 【あみあみ】
1/700 日本海軍航空母艦 鳳翔 1939年 専用エッチングパーツ[ 【あみあみ】

関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【キットレビュー: フジミ 1/700 空母鳳翔1944】

25日に発売になったフジミ1/700鳳翔1944です。 鳳翔はこれで1939年版、1942年版に続いて3つ目のバリエーションモデルの発売。まだ就役時と復員船時代の改装もあるのであと2回出せるな~(笑) さて今回の鳳翔は、飛行甲板を延長、幅も拡大された練習空母時代の姿でして、...

⇒comment

Secret

No title

ん~昨日模型屋に寄ったのですが、箱絵を見ただけでテンション下がったので中身までは確認してなかったです。

ん~読んで基本的に製作してみたいラインナップですね!
私はここまで暴走してくれるフジミさんを応援しています。

あぁ~次回、模型屋に寄ったら買うな(笑)
しかし、箱絵はなんとかならないものですかねぇ・・・(汗)

No title

>依頼者さん
あの箱絵は、内海で天山がタッチアンドゴーの練習をしている光景のようですね。
加賀も箱絵が不評で刷り直したりしてますのでやっぱりイメージは大事なんですね。

私はそれよりフジミの箱絵は1/350と1/700を共用してる事が気になります。
絵がどうこうより手抜きぽく感じてしまうもので・・・

No title

おまみさま
連休いかがお過ごしですか?

フジミさんはやってくれます。
サードパーティーの高価で細かい楽しみを
パッケージで楽しませてくれる、心から感謝。

模型メーカーは今の時代、
やりくりかなり大変なはずです。
お金を使いたい、と思います。
趣味の中では比較的安価で、隙間に答えてくれるありがたい環境。
プラモできる喜びをポジティブに表現したいです。

ご無沙汰しております^^;

フジミのキット開発意欲には頭が下がる想いです。
新製品をドンドンリリースしていこうという姿勢は
ホントに感心しておりますけど、その分苦言を聞くことも
多いのだろうと思います。

なので、ユーザー側のそういった辛口な意見に萎縮しないで
欲しいのはまったくの同感です^^

ただ、キットメーカーとしての基本部分
製品自体を丁寧に・・・という国産メーカーのすばらしい特徴
これは大切にして欲しいですよね~

シリーズで途中脱退の逆転劇!
いよいよタミヤの牙城を崩すか?
個人的には期待しています。

No title

>mottさん ガク@大磯海軍工廠さん

完全新金型の製品同士を比べると、フジミの特シリーズはWLより安い!
前にフジミさんから直接聞いた話ですが、あの価格で利益はほとんど出ていないそうです。
ではなぜこんなに積極的に展開しているかというと、
自社で艦船模型を揃えるのが先代である創始者のかつてからの夢なのだそうです。

もちろんそんな美談だけではなく打算的な事情もあるのでしょうが、
それが今できる状況にあるのでやっているとの話でした。

ただ精査できてないのは事実なので、
それがちきんとできる体制に変わっていって欲しいですね。
頑張ってるのにそういう部分で腐されてるのは残念です。

凄い内容で驚き

おまみさんはじめまして、ウォーターラインモデルを楽しんでいます、わかまるといいます。

鳳翔1944のキットレビューよませていただきました。

キットの内容は凄いですね。飛行甲板など、出来てから見えなくなる部分を作る手間はちょっと頭がくらくらしそうなくらい精密で驚きました。

この内容で3990円はちょっと安すぎるのではないかと思ってしまいました。ちゃんと上級者とまで書かれているあたり、当方ではちょっと無理かも・・・

でもメーカーさんの気合の入った製品!完成できなくとも購入します!

No title

わかまるさんはじめまして。

飛行甲板の裏側は見えなさそうで案外見えますので、
ここの桁を精密に再現するのが空母模型の見どころのひとつだったりします。

かつて金属製飛行甲板はOPで他社から4~5千円ほどで売られてましたから、
その事を思うとおっしゃるとおり随分安い価格設定ですね。

艦船のエッチングは小さく華奢な部品ばかりなので
馴れないうちはクシャッとやってしまいますが、
場数を踏めば出来るようになりますのでトライしてみてください。

購入

おまみさん!鳳翔かってきました!コンパクトな箱だけどずしりとくる重みと宝箱のように箱をあけるとたっぷりの部品!これだけでも至福の時間です。フジミさんありがとう!
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
Yahoo!オークション・プラモデル
新着商品1 【Amazon】
BD/DVD/CD 【Amazon】
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
スポンサードリンク
模型雑誌 【Amazon】
模型・資料・関連書籍 【Amazon】
新着商品2 【Amazon】
新製品3 【Amazon】