FC2ブログ

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5

気分転換に始めた旋回ローラーの塗装が完了したので、再び給弾室の塗装に戻りました。10日かかった砲弾のマスキングを終えてからの続きです。

弾倉の壁をつや消し白で塗りますが、真っ白ではオモチャぽく見えそうなのと、砲弾の色との差別化で、タミヤカラー・ラッカー系のインシグニアホワイトで塗りました。これも黒立ち上げ塗装をしたので、下地に再びジャーマングレーを塗ってからの塗装です。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 01

給弾室裏側は下の階の天井になりますので、ここもインシグニアホワイトで塗装。
暗い主砲内部の壁や天井は視認性を良くするために白く塗られていたと、塗装指定図に解説が載っています。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 02
今度は弾倉内部の影部分を黒ベタで塗るため、仕切りの側壁をマスキングします。ここは塗装指定図にはない塗装箇所です。
部位によっては断面の厚みのモールドがないので、0.15~0.2mm程度の厚み想定してマスキングしましたが、かなりの精密作業で骨が折れました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 03
主砲3基分、6枚仕上げるのに1週間近くかかりました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 04
そしてフラットブラックで黒ベタ塗装。一瞬ですw



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 05
マスキングテープとゾルを剥がします。
しかしさすがに砲弾を合わせると半月ほどかかったマスク量なので、6枚すべて剥がすのに2日も要しました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 06
こんな感じに仕上がりました。
フジミさんには失礼ですが、白とグレーのみで塗り分けられた公式の塗装見本品よりだいぶ見栄え良くなりました。やはり1/200スケールにはこのくらいのディテールが欲しい!



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 07
これが1枚ではなく6枚ですからね~我ながらよく頑張った!



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 08
今度は給薬室です。運薬盤を揚薬筒まで動かすレールをマスキング塗装しました。
ここは塗装指定図では白なのですが、レールが白く塗られてるのはどうも違和感があるので、自分的解釈でシルバー + ゴールド色で塗りました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 09
ところが塗り終わったのを見ていると、ゴールドが強くてこれも違和感しかない・・・



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 10
なので再塗装。
今度はスターブライトジュラルミンで塗ったところ、やや黄ばんだ感じのシルバーになり、やっとそれらしくなった気がしました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 11
あとこの外周付近にある謎の機器、当初は何かのモーターかな?と思って本体を白、シャフトをシルバーで塗ったんですが、調べてるうちに砲弾や火薬の運搬盤の外周ローラーとも思えてきて、どれとも解釈できるようにゴールドとシルバーに塗り替えました。まあ金属色は見栄えもするし。

何なんでしょうねコレ?


フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その5 12
給弾室と給薬室を仮組み。

いや本当に大変だった・・・花生けの剣山を塗り分けてるみたいな物ですもんね。でもおかげでほぼ自分の思い描いていた姿になりました。苦労が報われた瞬間!

これでこのキットの最大の難所をなんとか越える事が出来ました。
残りの作業も頑張るぞー!



フジミ模型 1/200 装備品シリーズ No.3 戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き) 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4

給弾室のマスキング地獄がつらくなってきたので、気分転換に旋回ローラーの塗装をしました。
公式の見本画像で言えば、金色の円がベルトのように並んだ部分です。ここがゴロゴロ転がって巨大な砲塔を動かすのです。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 11
画像元: Amazon

しかしここの塗装も見た目が1/200にしては単調というか、自分的にはしっくり来ないんですよね。
かといって実物の色味がどうなっていたのかはわかりませんので、ここはベアリングやチェーンなんかの色合いを参考にして、自分なりに塗装する事にしました。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 10
まずは全体をガイアカラーのスターブライトアイアンで塗装。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 01
そして旋回盤の部分にだけマスキングを行います。
ローラーの直径は3mmなので、同寸のポンチでマスキングテープをくり抜いて使いました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 02
やっと1基分マスキング完了。
これをあと2基やるのか・・・マスキング地獄が嫌で旋回ローラー作り始めたのに、なんと業の深きキットよ。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 03
3基分出来ました。これだけで3日かかりました。


そしてローラー部分の塗装です。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 04
下地色としてグロスブラックを吹きました。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 05
そしてEx-シルバーで本塗装。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 06
今度はローラーの枠部分だけを違う色で塗り分けるため、軸部分をマスキング。
軸断面は2mmなので同径のポンチでマスキングテープを打ち抜いて使用。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 07
Ex-シルバーとスターブライトゴールドを1:1で割った色で枠部分を塗装。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 08
塗装完了です。
こんだけ細かくマスキングすると、剥がすだけで1時間以上かかりますね。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その4 09
想定よりちょっとゴールドが強くなりましたが、手間暇かけた甲斐あって滑らかにゴロゴロ転がりそうな程良い金属感が出たと思います。なんだか機械油挿したくなってきますねw


そんなわけで、次回からはまた給弾室の塗装に戻ります。



フジミ模型 1/200 装備品シリーズ No.3 戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き) 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

桜の押し花のレジンクラフト作ってみた

新年あけましておめでとうございます。

令和二年初めての更新ですが、大和主砲の製作はまだ進捗が足りないので、今回は模型以外の去年の話を。

春先の話ですが、桜の押し花のレジンクラフトアクセサリーをいくつか作っておき、夏にドイツから帰省していた従姉と娘さん達にプレゼントしました。従姉は国際結婚してあっち在住でして、娘さんもハーフですからそういう日本的な物が好きなのです。

素材にしたのは、うちの前の広場の桜の木です。

桜の押し花アクセサリー 01

これを選んだのには理由がありまして、昔々従姉が学生時代に文通が流行っており、当時うちに遊びに来ていた彼女がこの桜の花を押し花にして、海外のペンフレンド(死語)に送ってるのを見てたので、それを懐かしんでもらおうと思ったのです。でも当の本人はそれを全く覚えてませんでした。^^;


とはいえ押し花なんて子供の頃以来です。ネットで方法を調べて見よう見まねでやってみました。

桜の押し花アクセサリー 02

ティッシュペーパーと新聞紙で花を挟みます。



桜の押し花アクセサリー 03

さらに段ボールで挟んで輪ゴムで固定。
これに重しを乗せて一週間ほど置いておきますが、新聞紙は水分を吸うので毎日取り替えます。



桜の押し花アクセサリー 04

押し花出来ました。

実際にやってみて思うのは、パッと見はきれいに出来てますが、よくよく見ると案外型崩れしてしたり花びらにキズが付いてしまったりしてるので、文句なくキレイなのは案外少ないという事。慣れなのか運なのか・・・

それと押し花というのはたとえレジンでコートしても必ず退色するそうで、それを防ぐためには人工的に着色するしかないんだそうな。

桜の押し花アクセサリー 05

そしてそのための押し花専用染料なんてものがありまして、今回それを使ってみました。
念のため薄め液も購入しましたが、こちらはほとんど出番なかったですね。

 
押し花染料【一瞬】ピンク(単品) 【Amazon】 
押し花染料【一瞬】専用うすめ液 【Amazon】

桜の押し花アクセサリー 06


型崩れしないように花の中心から外に向かって塗装します。ソメイヨシノにしては色が濃いけど退色するよりはいいや。


そしていよいよこれをレジンでコートしてアクセサリーに加工します。
調べてみると100均レジンはべたついたり変色しやすいそうで、評判の良さげな清原のUVレジン液を使いました。

KIYOHARA Craft Gallery UVクラフトレジン液 55g 【Amazon】


レジン液を表面に塗って、UVライトで硬化させます。

桜の押し花アクセサリー 07

硬化したらまたその上からレジンを塗って硬化を何度か繰り返して厚みを出し、裏も同様に行います。

ところがやっぱり初めての事は一発では上手くいかないもので、何度か試行錯誤を繰り返しようやく納得いくレベルになったのがこちら。

桜の押し花アクセサリー 08

ネットで調べた先人達の作品を参考にして、レジンに少しラメを混ぜ中心にカットガラスを置きました。
レジンの縮みによる花びらの適度な反りが良い味を出してると思います。



桜の押し花アクセサリー 09

花びらに丸カンを付け、チェーンとチャームを通してネックレスを作りました。


また花びらのキズやシミ等で出来がイマイチだった押し花も、生きてる花を採取したのを考えると捨てるのは忍びないので、もう一手間かけて使用する事に。

桜の押し花アクセサリー 10

模型用塗料を裏側から塗装してキズを目立たなくし、座金とピンを取り付けてバッジにしました。
花びらの透明感はなくなったけど、その分裏側の金具が透けなくて適材適所かも。


そしてここまでの作品の出来に気を良くして、今度はレジンコートではなく、型にレジンと押し花を流し込んでクリスタル的なアクセサリーを作ってみたところ・・・


大失敗しました。

桜の押し花アクセサリー 11

調べてみるとUVレジンは反りが出るので、小さなものじゃないと固めるとこうなるんだとか。ちなみにこの型の内径は5cm。
なので対策としては、収縮のほとんど起きない二液性レジンを使うのだとか。昔から模型のジオラマとかで使われてるやつですね。

中でもこの商品が気泡が少なく透明度も高くて評判良さげだったのでポチリ。


日新レジン クリスタルレジン 75gセット

二液性レジンは混ぜる割合をきっちり守らないと硬化不良を起こすので、キチンと計量します。

桜の押し花アクセサリー 12

ウレタンクリアーの時に使ってるクレオスのMr.デジタルスケールを使って計量。
攪拌時に発生する気泡はドライヤーで暖めて消しますが、エンボスヒーターという専用の物を使うと一瞬で消えて効率良いそうです。



桜の押し花アクセサリー 13

シリコン型にレジンを半分流し込み、押し花を乗せ24時間置いて完全硬化させます。



桜の押し花アクセサリー 14

硬化後残りの半分にレジンを流し込み、また24時間硬化させます。


硬化後、シリコン型から外すとこんな感じ。今度は成功で反りなし!そして透明度高い!

桜の押し花アクセサリー 15

しかし硬化を2回に分けたため、断面にうっすらと継ぎ目が出来てました。
なので2度目は完全硬化前にレジンを継ぎ足してみたところ、今度は押し花が変色するという事態に・・・やはり継ぎ目が出ても完全硬化させた方が無難なようです。


桜の押し花アクセサリー 16

このままでも十分澄んでてキレイですが、さらにキレイにするため、そして断面の継ぎ目を消すために耐水ペーパーで研磨します。
この辺はプラモで経験済みですから慣れてますし。



桜の押し花アクセサリー 17

そしてハセガワのコンパウンドで磨いて鏡面仕様に。

表面が平滑になった事で透明度を増し、カチッとした仕上がりになりました。

桜の押し花アクセサリー 18

ピンバイスで穴を開けて、キーホルダーの金具を付けて完成です。

こうしてネックレスとピンバッジ、キーホルダーの三点セットを三人分作り、従姉も娘さん二人も大変喜んでいただけました。
開口一番の言葉は「売れる!」でしたw


そして従姉がピアスも欲しいなーというので、調子に乗ってそれも作る事に。
でも季節は夏なので桜を新たに調達する事は出来ませんから、ネットで売ってた物を買いました。何でも売ってるな!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

K-61 押し花 サクラ 40枚
価格:770円(税込、送料無料) (2020/1/3時点)



届いたのはソメイヨシノより二回りほど小さな品種でした。まあピアスにする分にはこれくらいの大きさの方が良いので結果オーライ!

桜の押し花アクセサリー 19

けど花びらの形が案外整ってないのが多い・・・なので一度バラバラにし、使えそうな部分だけペーパーボンドでニコイチ、サンコイチして形の良いのをいくつか作りました。



桜の押し花アクセサリー 20

適当なピアス用のパーツを見繕って桜のピアス完成です。
これも従姉に大層喜んでもらえました♪


残りの花でキーホルダーも再び製作。

桜の押し花アクセサリー 22

小さいのでたくさんちりばめました。
これも先人の作品を参考にして、新たに金箔(風ホイル)をデコって和を強調してみる事に。

そしてさっきのピアスも再度作り、今度はこの正月に遊びに来た姪っ子達二人と義姉に、この二点セットをプレゼントしました。(ここで正月につながった!)

桜の押し花アクセサリー 21

姪っ子の妹の方に実際につけてもらいました。


彼女らもまた開口一番「売れる!」でしたw
女は現実的だなあ・・・けど喜んでもらえて良かったです♪

評判良かったので今年も春になったらまた作るかも?
女子力上がるなおっさんだけどw

【theme : ハンドメイド
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】