1/700秋津洲 、はいふり晴風最終形態など、アオシマとフジミ来年1月の新製品

10月も下旬に入り、2017年1月の新製品がアオシマとフジミからいくつか発表されました。来年の話が出るようになるとは、もう今年も残り少なくなってきたんだなあと実感します。早いですねえ。




アオシマ 艦隊これくしょん -艦これ- 1/700水上機母艦 秋津洲 【ホビーサーチ】

アオシマはこの手のWLで担当が明確化されていない地味艦を、艦これブランドを使って確実に製品化していってますね。間宮、速吸、あきつ丸と来て、今度は秋津洲 と、これまた地味にすごいです(笑)。

ピットロードからも同スケールのキットが発売されていますが、アオシマのは二式大艇と九七式飛行艇以外に魚雷艇も付いてるのが今のところわかってる差別点。そしてまた数カ月遅れで通常のWLシリーズの秋津洲も出るんでしょうね。


一方フジミからは、はいふり晴風の最終型が発表。やっぱり出てきたかー♪ ^^



艦NEXTハイスクール・フリート No.3 1/700 陽炎型 航洋直接教育艦 晴風(最終形態)+陽炎型(浜風or舞風)セット 【Amazon】


水色の部分が新金型という事なので、艦載砲と射撃指揮所の差し替えだけでなく前後甲板も変わっているのがわかります。なお最終回に使った墳進弾が付いてるかどうかはこの図ではちょっとハッキリしないので、続報に期待。

ただ二隻セットにするならもう1隻をまたしてもモブの同型艦でなく(一応モブ同士カブらないようにはなってます)、新規部品に長10cm砲も追加して晴風中期型とのセットにして欲しかったところです。その辺気付いてないわけないので、この仕様はビジネス的な理由でしょうね。


フジミからは完全新金型で、ちび丸のタイガー戦車も出ます。



ちび丸ミリタリーシリーズ No.6 ティーガーI ミハエル・ヴィットマン 【Amazon】

デフォルメ戦車プラモはフジミだけでなくピットロードとエブロもガルパン関連でやっていますが、意外にも鉄板のタイガー戦車がまだなかったんですね。


これら以外の新製品では、アオシマは自動車が多いのに対してフジミは艦船が多めで、上手い事カブってない印象です。
※リンク先: Amazon

《アオシマ》

1/700 軽巡洋艦北上限定(重雷換装時)
1/700 重雷装艦大井/北上専用エッチングセット
1/24 ニッサン KPGC10 スカイラインHT2000GT-R ’71
1/24 ミツビシ P35W デリカスターワゴン ’91
1/24 ニッサン HC33 ローレルメダリストCLUB・S ’91
1/24 スバル GRB インプレッサWRX STI ’10
1/24 トップシークレット BNR34スカイラインGT-R’ 02
1/24 Kunny’z JZX100 チェイサー ツアラーV ’98
1/32 ヤンキーメイト(4t可動ウイング)
1/12 ホンダ CBX400F トリコロール
1/12 カワサキ 750RS(Z2) カスタムパーツ付き



《フジミ》

1/3000 第一航空戦隊 空母赤城・加賀/吹雪型(曙・潮・漣・朧)セット
1/3000 連合艦隊旗艦 長門・陸奥・大和・武蔵・大淀セット
1/3000 第五航空戦隊 空母翔鶴・瑞鶴/吹雪型駆逐艦(朧)/陽炎型駆逐艦(秋雲)セット
ちび丸艦隊 第一航空戦隊1944 大鳳・翔鶴・瑞鶴
1/24 ダイハツ ミゼットII 郵便自動車
1/24 よろしくメカドック セリカXX(再販)
1/24 よろしくメカドック ハイギヤード ピアッツァ<(再販)

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

ルンバに保護フィルムとバンパーガード付けてみた

無料メンテから帰ってきてコンディションが購入時並みに戻ったルンバ。今後も大事に使うためにちょい手を加えました。

この885は高級感を出すためカラーリングがピアノブラックになってるのは良いんですが、代わりにちょっとしたキズでもものすごく目立ちます。ルンバ自体が壁や障害物に積極的に当たっていくスタイルのロボット掃除機なので傷付くなという方が無理な話なんですが、この機会にモデラーの腕を生かして耐水ペーパーでキズを落とし、コンパウンドで研ぎ出しをかけました。


ルンバを小改造 01

ご覧の通りピカピカに!新品時の光沢が復活♪



けどこのまま使うとまたすぐにキズだらけになるのは目に見えてるので、スマホの保護シールみたいなのを貼れないものかと探したところ、行きついたのがこの製品。


ルンバの表面はスマホ画面のように全くの平面でなく曲面もあるのでそれに馴染む伸縮性がある事、そして必要な寸法や価格面を考えると自動車用の保護フィルムになりました。



ルンバを小改造 02

送られてきた保護フィルムはこのようにロール状態なので、これをルンバのガワと同じ寸法に切り出します。



ルンバを小改造 03

そしてこのためにわざわざサークルカッターを買いました。やはり機械で切ったようなヨレのないカットラインが欲しいもので。細長いのはより大きな円を切るための延長アームで、これがないと直径17cm以上の円が切れません。



ルンバを小改造 05

まるでプロッターで出力したようにキレイに切れました!ちょっと感動モノです♪
右の細長いのはバンパー正面の赤外線センサー用で、見落としがちだけど実はここが最も傷付くんです。ペーパーがけしてキズ取るのすごい大変でした。
このフィルム一巻きから4セット分切り出すことができました。年一ペースで貼りなおしたとしても4年分のストックで、実際は多分壊れるまで事足りるでしょう。



そしてボディ保護以外にもうひとつ気になる部分がこの貧弱なバンパー。

ルンバを小改造 06

ルンバ800シリーズのバンパーは、赤外線センサーより下が少しテーパーのかかったゴム貼りになっているので、衝突時に家具などを傷付けない設計には一応なってるんですが、そのゴム自体が結構薄くて硬いので心許ないです。特に細いタイプの椅子やテーブルの脚なんかは、センサーが拾い切れない事がよくあって減速機能が働かず、結構な勢いでズドンとぶつかりますから。



で、対策として買ったのがバンパーガードという製品。


ルンバ 用 衝撃ガードくん キズ防止 保護材 500 600 700 800 各シリーズ 共通 【Amazon】

調べたらルンバにバンパーガード貼るのは定番みたいですね。600シリーズなんかは薄っぺらいけど純正品が付いてます。



ルンバを小改造 07

Amazonから届いたの見ると、ゴムでなくウレタンフォーム的な材質で5mmほどの厚みがあります。表面がサラサラしているので壁や家具に当たって旋回するときにも引っ掛かったりせずルンバの動きを邪魔しないので良い感じでした。裏に使われてるテープも3M製で、今のところはがれたりしていません。



ルンバを小改造 08

ただしこのバンパーガードだけではまだ十分とは言えませんでして、というのは家具には上げ底になっていたり、床と接する部分が奥まってるデザインの物が結構あり、そういう場所ではバンパーのゴム部分でなく赤外線センサーやその上のC面(角を斜めにカットした面)に当たるのです。


ルンバを小改造 17

この部分はプラ製なので家具にもルンバにも傷が付きやすいですし、特に黒い色の家具は赤外線を反射しにくいのでルンバが障害物があると判断できずに減速機能が働かず、思い切りぶち当たります。

そこでまたネットで調べた結果、杉田エースの天然ゴムシート板というのをセンサー上のC面に貼るのが良いというのを見つけたのでポチりました。


杉田エース 天然ゴムシート板(粘着付) NR-65 30mm×300mm×厚3mm 【Amazon】



ルンバを小改造 09

上がバンパーガードで、下が天然ゴムシート板。
ゴムシート版も表面がスベスベな処理がしてあって引っかかりません。これをC面の幅に合わせて細長く切って使います。


ルンバを小改造 10

保護フィルム、バンパーガード、ゴムシート板を貼りました。

赤外線センサー部の保護フィルムとC面のゴムシート板は、継ぎ目が正面に来ないように3分割して貼っています。
保護フィルムは多少の曲面にもなじみますが、どうしても気泡や貼り跡が多少残りますね。これをなくすにはガワを外して水貼りするしかないでしょう。なのでリング型の化粧板は外して水貼りしました。中央の基盤部分は外し方がわからなかったので仕方なし。いっその事デコルンバにしたほうが透けない分簡単ですね(苦笑)。



ルンバを小改造 11

ゴムシートとバンパーガードの厚みはこれくらいです。ルンバはその動作上、バンパー以外障害物には滅多に接触しませんので、後ろ半分はクッション材を特に貼らなくてもまあ大丈夫です。一応貼ったけどな(笑)。



ルンバを小改造 12

床に面した部分が奥まってる家具にはバンパー上部C面のゴムシートに当たって、赤外線センサーと家具を守ります。

ただこのゴムシートのシールは品質があまり良くなく、斜めからぶつかるという事もあって経過と共にだんだんずれてきたので、手持ちの強力両面テープで貼り直しました。



ルンバを小改造 13

充電スタンドであるホームベースに収まった状態はこんな具合で、バンパーガードの厚みでドッキング出来ない、充電出来ないというトラブルは発生しませんでした。



ルンバを小改造 14

代わりに出てきたデメリットは、バンパーガードの厚みの分だけ掻き出しブラシが角面に数ミリ届きにくくなったこと。あんまり変わらないと言えば変わりませんが、こうして比べてみるとわずかに踏み込みが浅くなっています。


ルンバも家具も消耗品なので少々傷付いても気にならないという人には無用ですが、私のようにそうではない人にとってはこれらを付けるだけで随分安心できます。特にバンパーガードは簡単で効果も大きいのでお勧め。

ルンバを小改造 16

こうして簡単に傷付く事もなくなったので、狭いところや奥まったところにも心置きなくルンバを突撃させられる様になりました(笑)。これからも末永く大事に使っていきたいと思います。

【theme : AV機器・家電製品
【genre : ライフ

ルンバを無料メンテサービス「バリュープラン」に出してみた

ルンバを購入してそろそろ1年。
iRobot社から「バリュープラン」という885もしくは875の機種に付いてる無料メンテの案内がちょっと前に届いていました。

ルンバ、無料メンテに出す 01

ちょうど1年のメーカー保証が切れる寸前という事もあるので、購入当時と比べて微妙になってきたところをいくつか伝え、そのサービスに出してました。


その4日ほど後で同社のサービスセンターから症状の対処法の説明とその同意を求める連絡があり、さらにそれから2日ほどでルンバが送り返されてきました。

ルンバ、無料メンテに出す 03

めっちゃキレイにクリーニングされてました。



ルンバ、無料メンテに出す 04

分解清掃メンテだけでなく、左端のエッジかき出し用ブラシと真ん中の吸引用ゴムブラシ2本のうち1本は新品に交換されてました。



ルンバ、無料メンテに出す 05

ダストボックス上部のフィルターカバーのラッチにひびが入った旨も伝えたところ、ダストボックスごと新品に交換されてました。ネットで調べるとここには吸引用モーターのユニットと一体になってるため約1万円以上もする高い部品なんですよね。そして最も汚れやすい部品でもあるので、ここが真っ新になったのは実に嬉しい♪



ルンバ、無料メンテに出す 02


無料のメンテナンスなのであんまり期待してませんでしたが、明細書見ると消耗パーツはほぼ交換されており、不具合の対処にしても事前に承諾の電話を入れてきたりと、ここのアフターサービスは予想以上に丁寧でした。実際戻ってきたルンバを動かしてみると、多少出るようになってた機械的な雑音が全く消えてまして、一部ずれが生じていた動作パターンも元の精度に直っていたりと、ほぼ新品時の状態に戻ってました。単純に分解清掃する程度のものではないという事です。


ルンバ、無料メンテに出す 07
「アイロボットケア ルンバオフィシャルメンテナンス」のページ


ちなみにメーカーの有償メンテナンスはこの800シリーズの場合22,500円もします。そしてバリュープランの付いてない同性能機種(876)との価格差は大体1万円なので、それも込みで考えるのなら割安という事になります。

ただこのバリュープラン対象機種の885と875は2015年モデルで、発売から1年経ったこないだの5月でカタログ落ちしてまして、後継の2016年モデルにはそのサービスが付いてませんので、ビジネス的に無料メンテが割に合わなかったのか、もしくはユーザーからそこに価値を見出してもらいにくかったのではと思います。

そんな事もあって現在885と875は7万~6万円台程度の在庫処分価格になっています。


 
iRobot ロボット掃除機アイロボット Roomba885 ルンバ885 【Amazon】
iRobot ロボット掃除機アイロボット Roomba875 ルンバ875 【Amazon】



ルンバ使ってほぼ1年。どっかのテレビショッピングみたいですが「もう手放せません!」というのが率直な感想です(笑)。この便利さ、ありがたさを一度授受してしまうとなくなるのは正直かなりしんどいですね。

特に夏場は汗だくになりながら掃除機かけて、終わったらぐったりで数時間何もする気が起きなかったのに、今夏はそれから解放されました。楽だからそれまで週一かトイチだった掃除が2回3回と出来るようになり、結果我が家の床からホコリが消えました。

ルンバ、無料メンテに出す 06

オーナーさんのブログを見ると中には使わなくなったという人もいらっしゃいますが、上手い具合にウチには合っていたようで、もうどれだけ助けられてる事か・・・安い買い物ではないので購入時はかなり躊躇しましたが、日々価格以上の働きをしてくれておりこの1年間ではぶっちぎりでベストの買い物でした。

【theme : AV機器・家電製品
【genre : ライフ

ふじたゆきひさ先生の2016夏コミ本「みいな下描き集・夏」

ふじたゆきひさ先生が20年ぶりに参加された前回の冬コミに続いてこないだの夏コミにも参加されていまして、販売していた新作コピー本をいただいてました。

今回も先生ご本人から快く転載許可をいただけたので紹介します。

ふじたゆきひさ先生コピー本 夏コミ2016 01

「みいな下描き集・夏」というタイトルでして、月刊モデルグラフィックスに2002年から2009年まで連載していたイラストコラム「雑多えんたあていめんと。」のマスコットキャラ木ノ枝美衣奈ちゃんの下書き原稿を寄せ集めた内容になっています。



ふじたゆきひさ先生コピー本 夏コミ2016 02

モデグラでの連載終了後もこの美衣奈ちゃんは、ワンフェスに出展しているふじた先生のディラーブースのアイテムや、その他イラストに今なおずっと描かれ続けていまして、プラモのモ子ちゃんと並ぶふじた先生のイメージキャラとして定着してます。実は私も先生のキャラの中ではこの女の子が最も好きなんですよ。(*´ω`)



ふじたゆきひさ先生コピー本 夏コミ2016 03

美衣奈ちゃんの設定画とその下描き。
今回の本はページのところどころにデフォルメ美衣奈ちゃんによるキャプションが入るスタイルになっていて、読みやすくなりました。

もしかしてこれ前回の冬コミ本のとき、当ブログで紹介するのに各ページのイラストについていちいち細かく質問攻めにしてしまったので、そのせい?(しかも全ページ載せるわけにはいかないから、せっかくいただいた回答だいぶカットしてしまった・・・) (((°°;)



ふじたゆきひさ先生コピー本 夏コミ2016 04

夏コミだから夏ぽいものを集めたという事で、薄着のイラスト中心の嬉しい仕様♪ まあ美衣奈ちゃんはデフォのコスチュームからしてキャンギャル風の薄着なんですけどね。そして意外にも連載中水着回がなかった!?



ふじたゆきひさ先生コピー本 夏コミ2016 05

夏服だけでなくしっかり着込んだミリタリー系コスプレもあります。それでもミニスカ&ブーツ姿で太ももあらわなのはふじたキャラの定番。
各イラストですが、実際にはトリミングして使われている場合がよくあるので、こうして全体像が見れるのは貴重。



ふじたゆきひさ先生コピー本 夏コミ2016 06

最後のページにはおまけの新作画でガルパンイラストが!そしておくづけの絵は艦これ長門!


雑多えんたていめんと。の連載当時はこれ目当てにモデグラ買っていた時期もあり、結構読み込んでいたのでどのイラストがどの回の物かほとんどわかりました。我ながらどんだけ好きやねん。
みいな下書き集・夏、B5コピー本全16ページ(表紙・裏表紙含む)。ファン垂涎の一冊です。「夏」というからには「冬」もあるのでは?と今から期待せずにいられません。

ここに載っている下描きの完成イラストは、ボツ絵以外は連載時の物をまとめたムック本「雑多えんたあていめんと。」に収録されています。



藤田幸久式モデリングマニュアル―雑多えんたあていめんと。 【Amazon】


《関連記事》

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セットを作ってみた

艦船モデラーのR工廠さんを通じて、アドラーズネストの1/50三式弾の見本品を去年の末頃にいただいてました。


アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 01

製品版ではないので組立図なしの簡易包装です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 02

前作の九一式徹甲弾と同じく砲弾はアルミ製で弾帯は真鍮製。デカールは中央の黒い帯マークに加え、今回は先端部分の塗り分け箇所も付いています。


そしてもう一つの見本で砲弾キーホルダー改造セット。

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 03

弾帯から下の砲弾底部分をこれに差し替えることでキーホルダーになる仕組みで、徹甲弾と三式弾どちらにも使えます。

この改造セット、以前このブログで九一式徹甲弾を取り上げたときに、私がキーホルダー仕様をがお遊びで作ったところ、アドラーズネストの中の人に気に入られて製品化されました(笑)。


いずれもいただいた当時に紹介するつもりが、その直後に父の持病の圧迫骨折が悪化して介護のため模型製作の時間が取れなくなり、棚上げになっていた代物です。今頃ですがそれを作ります。


《関連外部リンク》




《製作》

金属なので塗料の食いつきを良くするため最初にメタルプライマーを塗布しますが、今回はかつての物とは性能が雲泥の差と聞く、ここ最近の新世代プライマーのうちの一つであるガイアノーツのガイアマルチプライマーを初めて使いました。


G-primer シリーズ P-01 ガイアマルチプライマー 【Amazon】

初期の製品はガラス瓶でしたが今はより気密性の高い金属瓶に変更されており、エアブラシでの使用の場合洗浄に強力なツールウォッシュを使うよう指示されているなど、普通じゃない感じが伝わってきます。


このマルチプライマーはダブルコートで薄く1~2回、そして瓶には書いてませんが希釈せずにそのまま使うとの事。乾燥後もちょっとベタベタする感じなので、さっさと上から本塗装してしまわないとホコリが付きやすくなります。

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 04 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 05

プライマー塗布後は、赤の発色を良くするため隠ぺい力の強いガイアカラーのアルティメットホワイトを塗装、そして三式弾はやや朱色がかった赤色のイメージとのアドラーズネスト公式の見解なので、クレオスのGXハーマンレッドで塗装しました。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 06

塗装完了。
実は乾燥中にうっかり落としてしまったので片方は塗りなおす事になったのですが、ついでにマルチプライマーがどれくらい強いのか試してみようとガムテを引っ付けたりツメで引っかいたりしたのですが歯が立ちませんでして、塗料撹拌用の金属棒で強く引っかいてやっと剥がれるといった具合でした。すごいわこれ!

金属やレジンだけでなくABSやPVCにも強じんな食いつきを見せると聞いてるので、機会があれば試してみたいと思います。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 07 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 08

次に砲弾にデカールを貼るのですが、砲弾先端のような強い曲面に貼るのはだいぶ骨が折れました。マークソフターやセッターとの相性が悪くバラバラにちぎれてしまったので、代わりに蒸しタオルを使用。
もう片方の砲弾は、見た目どれくらい違うか見るためマスキング塗装しましたが、そっちのほうが確実に上手く塗れるし楽でした。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 09

左が塗装で右がデカール。
中央の黒帯部分は、徹甲弾からの改善策でガイド溝が彫られたので位置決めがしやすくなりました。そしてここは先端部分とは逆で、塗装よりデカールのほうが簡単です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 10

デカールの上からクリアーでオーバーコート。以前作った九一式徹甲弾と質感を合わせるため、少々扱いが面倒だけど今回も光沢が強くて塗膜が強じんなウレタンクリアーを使いました。こないだの艦船模型用飾り脚の時にも使ったフィニッシャーズのGP1です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 19 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 20

ウレタンクリアーは吹きっ放しではテロテロ系の光沢なので、スポンジ研磨材とコンパウンドで研ぎ出してカッチリとした光沢にしてやり、真鍮製の弾帯も同じく研磨します。そして組立ですが、徹甲弾と同じくこの三式弾も砲弾側の差込口と弾帯側の受け口のクリアランスがほとんどないので、そこの塗装は削り落とさないとハマりません。



《完成》

金属製なので小さくてもずっしりした質感で、これはもう完璧に主砲弾の超合金です(笑)!

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 11

ビビッド系の赤色とウレタンクリアーの強い光沢膜の合わせ技でイイ感じになりました。キーホルダーも私が以前自作したのと違って底に金属製の回転軸が付いてるので、動きが滑らかなだけでなくグッと高級感あります。
私は綺麗なアクセサリーのイメージで光沢仕様にしましたが、以前大和ミュージアムで見た実物は艶消しもしくは半光沢だったので、リアル志向のイメージのそちらで塗ってもカッコ良いと思います。



《追加工作》

せっかくなので、九一式徹甲弾とペアで飾れる置台を作ります。

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 12

金をかけずにありあわせの材料を使いました。透明板はアクリルサンデー板2.0mm、ベースは1.2mmプラ板、支柱はWAVEの4.0mmプラ丸棒です。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 13

プラ棒はアルティメットニッパーで切りました。切れ味が鋭く片刃のため切断面がキレイで、さらに真っ直ぐ垂直に切れるので、素人がカミソリノコで切ったみたいに微妙に斜めになりにくいです。ただしこのニッパーの性能保証範囲は3.0mmまでなので、そこは自己責任という事に。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 14 アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 15

支柱はメッキシルバーNEXTで塗装。メッキ調塗料は黒下地面がどれだけ滑らかであるかにかかってますので、黒塗装の上からEx.クリアーでコートし研ぎ出しを行いました。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 16

こんな風になりました。
支柱とベース、透明アクリル板との接合は、強度確保のため0.3mm真鍮線を通してます。
また透明アクリル板は、表面はもとより断面をキッチリ研磨してどれだけ透明度を高めるかが見映え良くするポイント。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 17

あとは上げ底構造が間延びして見えないよう、そこに立てるネームプレートを作ります。PCで版下を作ってインクジェットプリンター用メタルステッカーに印刷。これは表面を触ると指紋の付く素材なのでクリアコートしました。見た目良い方を使おうとシルバーとゴールドの二種類製作。



《完成》

アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 18

結局シルバーにしました。プラ板で作ったネームプレートにステッカーを貼って完成です。
そのまま飾るより見栄え大幅アップ!


さらにこれを艦NEXT 1/700大和と合わせて、WAVEのT.CASEに入れて飾ってみました。

WAVE T CASE WL
WAVE T・ケース (WL) TC101 【Amazon】

大和やアイオワのような超大型艦には「WL」というサイズの物を使用します。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 21

先日作った川合木工所の木製台座とアドラーズネストの金属製飾り台との組み合わせで飾ってみました。

T・CASEのベース底には15cm間隔の飾り脚用ネジ穴のガイドがモールドされてますので、木製ベースも大和の船底もそれに合わせて穴を開けています。なおこの場合飾り脚付属のネジでは長さが足りなくなるので、あと5~10mmほど長いネジと交換する必要があります。


アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 22

今度は木製ベースは省いて金属製飾り脚のみの場合。
木目のゴージャス感はありませんが、ベースが黒で統一されるので見た目スッキリ。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 23

ご覧の通りWLサイズのベースは、大和の傍らに1/50主砲弾を置くスペースがゆったりあって狭苦しい感じはありません。そして木製ベースを付けない場合は、金属飾り脚を付けるのに付属のネジで十分足ります。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 24

このケース、木製ベースごとでもフタをちゃんとかぶせられるだけの高さはあります。



アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 & 砲弾キーホルダー改造セット 25

その場合の艦橋トップとケース天面のクリアランスはこれくらい。木製ベースなしならあと1cmくらい下がります。



この主砲弾、単品で飾っても十分なクオリティなんですが、元々が大和の模型と組み合わせて飾る事を見越して開発された製品なので、やはり一緒に飾ると相乗効果でお互い引き立ちます。価格的にも1500円程度と安くて作るのも簡単なので、これは実に良いものだったというのが個人的感想ですね。

そして出来るならバラバラでなく徹甲弾と三式弾のセット販売もしてほしいところ。やはりこうして両方ペアで飾りたいという人は多いでしょうから。



    
アドラーズネスト 1/50 46cm三式弾 2発 【Amazon】
アドラーズネスト 1/50 46cm砲弾 キーホルダー改造セット 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】