月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 巻頭特集「模型部屋を作ろう」 レビュー

先週末は私用で取り込んでいたので今頃になりましたが、25日に発売されたモデルグラフィックス2015年9月号です。3か月連続企画の1/144 F-14のマガジンキットは今回で最終回となります。

月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 01

そして今回の巻頭特集は「模型部屋を作ろう」となっており、模型製作を快適に行うには環境をどう整えたらよいのかを、グッズの解説やプロモデラーの模型部屋を紹介しながら提案する内容となっています。

進行役は今回がデビューとなるMG新キャラカス子と、今やすっかり有名になったゴッドハンド社のニパ子のペアなんですが、ニパ子がわらわキャラじゃないので誕生当時から知っている者としては違和感ありまくり。そしてカス子て名前ひどすぎ(笑)!



月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 02

このプロローグが特集内のもくじを兼ねています。
塗料の臭い、そして増え続けるキットや用具の整理整頓などなど、ここに書かれている諸問題に悩んだ事のないモデラーはおそらく誰一人としていないはず。そして自分も模型に出戻った頃は漫画のニパ子のように、ダンボール箱くらいのサイズの小さな安物のちゃぶ台でわびしく模型作っていました(懐)。



月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 03

  1. 家庭環境に配慮した各社の水性塗料を紹介するページ。けどそれよりは「子供が生まれたばかりのモデラーは模型が作れるかどうか聞いてみた」という直球な質問コーナーに震えました。
  2. 限られたスペースを有効活用する「収納ケースのススメ」のページ。模型メーカーから出ている純正収納箱からメタルラックを使った机上収納棚、また完成品を飾るコレクションケースの紹介と、そこにテープLEDを使って電飾ケースに改造する方法が載っています。
  3. 各社の模型用ルーペを紹介するページも載っているけどこっちのほうが衝撃的!ついに模型雑誌で老眼鏡がフィーチャーされる時代がやってきました!モデラー世代の高齢化はもう活字媒体でも見て見ぬふりできない状況になってるんですね。('A`)。模型作業に向いた老眼鏡について眼鏡専門店や眼科医がインタビューに答えてるので説得力あります。
  4. リフォームのプロに聞く模型部屋作りのコツ。パナホームリフォームの社員さんによる収納と換気を中心に考えた模型部屋の作り方のアドバイスでして、用具や家具のレイアウトを具体的な例を示して解説しており、自分の部屋も考え直してみようかなあと本気で思わせられるものがありました。



月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 04

あと各コーナーの間にはプロモデラー諸氏の模型部屋がいくつも紹介されており、完全オーダーメイドの機能美に優れた部屋から生活感滲み出てる部屋、意外とシンプルな部屋までバラエティ豊かで、あの傑作はここで生まれているのか、こういう工夫がされているのかと見ていて楽しいのですが、そんな中これら2つは正反対の方向を向いており吹いてしまいました。;`ゞ(≧ε≦ )



この10年ほどで模型用ツールは大変な進化を遂げ、大量の製品が世に出て以前とは比較にならないほど便利になりました。しかしその代わり部屋が物で溢れてキットどころか道具まで積んでいたり、置き場所を確保できずにかえって作業が煩雑になってしまったという人も少なくないのではと思います。使えるスペースが限られている以上、それらを効率良く配置したり整理整頓できなければ、せっかくの便利な道具も宝の持ち腐れに終わります。

一方、以前なら塗料など臭いの問題から家族の理解が得らず模型趣味を諦めざるを得なかったケースなどは、近年水性塗料の性能向上により、排気用具や乾燥用具をうまく使いこなして換気をとりさえすれば、折り合いの付くレベルになりつつあります。

今回の特集はそうした問題に切り込んだ「模型趣味のために部屋の環境を見直してみましょう」という提案で、模型用具を特集した記事は過去にあっても、それを使う模型部屋まで範囲を広めて総合的にアドバイスした特集は例がなかったと思います。

個人的な感想としては、常日頃気になっていた問題によくここまで踏み込んでくれましたと感じでどストライクでした!近年のMGにおいて最もためになる内容でして、1月号の電飾特集を抜いてダントツで面白かったです♪ネガティブなイメージから扱いにくいであろう老眼鏡について真正面から向き合ってるのも良かった!



特集以外の内容の一部です。

月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 05

  1. WF情報に載ってたマガジンキットF-14のオプションパーツ情報。Jolly Rogers & Vandy-oneデカールのデザインや、B型コンバージョンセットのレジンパーツなどを掲載。
  2. 蒼き鋼のアルペジオの重巡ナチ。アオシマ1/350那智の改造で、新たな試みとしてバイナルを筆塗したのが特徴。またその手順も写真付きで解説。
  3. バンダイ1/72Yウイング。キットの元になってるゴールドリーダー機だけでなく、改造してゴールド2、ゴールド3の3機を製作。それらの差異と改造点を詳細に解説。
  4. 童友社1/500プレミアム姫路城。このスケールでは再現不可能な屋根瓦と漆喰の塗り分けを自作デカールを貼って再現したり(平成改修を受けた部分のみ)、超硬スクレーパーをルーターに付けて彫り直したリアルな石垣が特徴。

今月号の作例はキャラ物がほとんどで、スケールモデルはわずかという感じでした。



そしてマガジンキット 1/144 F-14D。
最終回である今回の部品は、主翼、尾翼、キャノピー、パイロン関連です。

月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 06

月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 07

月刊モデルグラフィックス 2015年9月号 08

どれも大きな部品なのでパッと見では繊細さは感じませんが、よく目を凝らしてみるとそれぞれに細かいパネルラインやリベットといった精密ディテールが入っています。キャノピーは中央にパーティングラインがあるので、気になる人は研いで消しましょう。やり方は前号に載っています。


なお第2特集のマガジンキットF-14は前号と同じ構成でして、別のライターさんが作った完成見本的な素組み作例、残りの組立図と製作マニュアル、穴埋めウンチク記事が載ってるだけでがっかりしました。前号のレビューで述べたとおり、せっかく3号連続の思い切った一大企画なのだから、キットだけでなく本にも3冊揃えたらF-14のムック一冊出来上がるくらいのバリューを望んでたのですが、蓋を開けてみると大々的に取り上げたのは初回だけで、どうも勝手に過度な期待しすぎていたようです。

ただ持論ですが、マガジンキットの期間の特集はそれに関する内容(今回ならF-14)に一貫すべきと思います。模型部屋特集が斬新な切り口ですごくためになっただけに、本心言えばそれは来月以降に載せて欲しかったですね。キット不要で買い控えている読者で読みたいと感じてる人もたくさんいるでしょうから。



モデルグラフィックス 2015年 09 月号 [雑誌] 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

隔週間 世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ レビュー

7月28日に発売予定の世界の軍艦コレクション2015年8/18号(第67号)空母ハーミーズのレビューです。

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 01

シリーズ最初で最後のイギリス空母。
個人的には大きくて近代的なアークロイヤル出して欲しかったですが、ハーミーズもイギリス最初の純粋空母だけあって洗練されていないアンバランスな艦容が大きな魅力です。



《冊子》

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 02 世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 03 世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 04

日本の鳳翔もそうですが、ハーミーズもやはり空母黎明期の実験艦的な色が強かったフネなので試行錯誤の設計なため実戦向きでなく、第二次大戦下ではすでに二戦級の戦力にしかならなかった事が解説されています。
ただ自分自身はハーミーズを日本の機動部隊に沈められた古参艦くらいにしか知らなかったので、それよりもっと前にリシュリューとやり合ってたなんて初耳でして、戦歴を興味深く読みました。



《1/1100ダイキャストモデル》

模型は1942年仕様なので戦没した年である晩年の迷彩塗装された姿です。

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 05

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 06

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 07

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 08

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 09

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 10

《製品の感想》
  • 飛行甲板が木張り表現になってるがハーミーズは鉄張りのはず。冊子にも25mmの装甲が貼られていたと解説されている。
  • 艦橋左側面のディテールが救命ボート以外ほとんど何もない。ここの部品は左右分割設計なんだから、丸窓や羅針艦橋と下部艦橋の段差くらいは再現して欲しかった。
  • 迷彩塗装の品質は良い。艦橋側面と煙突の迷彩は過去製品と同じく省略されているが、それでもマストとそのトップの射撃指揮所はちゃんと塗装されている。
  • 飛行甲板の塗装はエレベーターだけ普通のグレーになっているが、ここもまわりと同じくダークグレイのはず。
  • 船体は、エンクローズドバウと密閉式格納庫のため、きついフレアが付いている艦首や艦尾まで大きく逆ハの字になってるハーミズ独特の舷側形状を良く再現してると思う。
  • このシリーズの空母は艦載機の数が少なく飛行甲板が寂しいモデルが多い中、ソードフィッシュが7機+艦尾甲板に1機と小型空母としては十分な数が付いている。


飛行甲板の木張り表現ミスさえなければ、あっさりディテールながらシルエットがハーミーズの特徴捉えてるし、迷彩塗装の船体もカラフルで見映えするので良作だったと思います。惜しい。
ただ自分もこのフネに関してそんなに詳しくないもので、見落としや間違いがあったらすみません。

あと今週末は予定が立て込んでるので簡易ディテールアップはまた見送らせていただきます。


さて次回68号は軽巡球磨です。

世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 11

天龍型の次に開発された初の5500トン級軽巡の一番艦。
同級でも発売済みの長良、川内とは艦橋が全く違っていて天龍の面影を残しているのが魅力です。



世界の軍艦コレクション 第67号 空母ハーミーズ 12
世界の軍艦コレクション全国版(67) 2015年 8/18 号 [雑誌] 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

アドラーズネスト 1/50 九一式46cm徹甲弾 レビュー

今月下旬に発売予定のアドラーズネスト製1/50九一式46cm徹甲弾の見本いただきました。

1/50なので模型と同じスケールではなく、横に並べたりするアクセサリーとしての用途でして、この製品が発表になったとき、これは同社の今までの製品とは目先が変わっていて面白いなーと思ってました。


1/50 九一式46cm徹甲弾 01

本体がアルミ製、弾帯部が真鍮製になっており、大体鉛筆キャップくらいの大きさです。ピッカピカなので塗装せずにこのまま組み立ててもそれはそれで良さげ。
見本なので1つだけですが、製品は2つ入りです。



1/50 九一式46cm徹甲弾 02

先端には緑色帯の溝が彫られているので塗り分けがしやすくなっています。



で実際に塗ってみました。

組み立てガイドがアドラーズネストのサイトに載っているので基本それを真似ました。アルミ本体中央のランナーをワニ口クリップで挟むのが塗りやすいとの事で、そのためのこの形のようです。


1/50 九一式46cm徹甲弾 03

メタルプライマーを下地に吹いてから、隠ぺい力が強くて好評のMr.カラーGXクールホワイトで塗装しました。



1/50 九一式46cm徹甲弾 04

先端の緑と赤の帯をマスキング塗装。公式の組み立てガイドでは、赤の下地に白を省いたので発色が悪くなったとあるので、ちゃんと白下地を吹いてから赤色塗装しました。



1/50 九一式46cm徹甲弾 05

風帽に付いてるパネルラインは大変繊細で、クリアコート後では溝が埋まってスミが流れなさそうなので、この段階でスミ入れしました。タミヤスミ入れ塗料のグレイを使用。白地に黒だと目立ちすぎるのでグレイ位が良いです。



1/50 九一式46cm徹甲弾 06

弾体中央の赤色帯は、付属のデカールだと端部分の張り重ねムラが出来るので塗装しました。しかしここはデカールを使うにしても塗装するにしてもその位置が全く分からず目分量になってしまうので難しい・・・この製品は作りやすさもウリの一つのはずなので、先端部分みたいに薄いガイド溝を入れて欲しかったです。

「九一」のデカールを貼り、今回は金属塗装という事もあって丈夫な塗膜にしたかったのでウレタンクリアーでコートしました。



1/50 九一式46cm徹甲弾 07

乾燥後、そのままではウレタンクリアー独特のヌメヌメ光沢になりますので、カチッとした仕上がりにするためデカールや塗装の段差消しも兼ねて研ぎ出し。ここで2000番ペーパーで終わらすとつや消しに、荒目コンパウンドを使うと半光沢に、細目や極細コンパウンドで仕上げると光沢になります。どれにするかは好みですが、今回はアクセサリー的な見た目重視で光沢にする事に。



1/50 九一式46cm徹甲弾 08

弾帯の真鍮部もそのままより、ひと手間かけてコンパウンドで磨けばもっとピカピカに輝きます。ルーター持っていれば綿棒差して使うと楽。



1/50 九一式46cm徹甲弾 09

本体のランナーを切り離し、真鍮の弾帯を挟み込んで約4cmの九一式徹甲弾の完成です。ご覧のとおり見た目はかなり良い!

弾帯への差し込み部は塗膜のクリアランスがほぼない設計なので塗料を削り落としました。
またランナーはアルミとはいえ測ってみたら太さが1.4mmもあったので、プラ用ニッパーでは刃が痛みます。切断には金属用ニッパーかペンチ根元の刃部の使用を推奨。自分はメタルロッドニッパーで切りました。


《ツールレビュー》



1/50 九一式46cm徹甲弾 10

1/700戦艦大和(旧タミヤ)と並べると大きさはこんな具合。ディスプレイ台を工夫して一緒に並べると良い感じになりそうです。1/350ならバランス考えて3個位は並べたいかな?



1/50 九一式46cm徹甲弾 11

あとちょっとした工作ですが、材質がアルミなので金属加工用ドリルならそんなに苦労せずに穴を開けられますので・・・



1/50 九一式46cm徹甲弾 12

こんな風にキーホルダーやストラップにする事も出来ます。アルミは軽いですしね。
実は今回ウレタンクリアーを使ったのはキーホルダーにした場合の実用耐久性を考慮しての事で、観賞用なら普通のクリアーで十分です。


アドラーズネストの製品というと、苦行レベル難易度の超精密パーツというイメージがありますが、これはプラモ作った事ある人だったら簡単に作れるレベルの製品なので気軽に楽しめるでしょう。

注意点は金属なので塗料が剥がれないようメタルプライマーをしっかり塗る事ですが、今はプライマーZとかMr.メタルプライマー改のような食付きの良い下地材があるので、あまり神経質にならなくても以前に比べてだいぶプラに近い感覚で塗れるのではと思います。




アドラーズネスト 1/50 九一式46cm徹甲弾 (2発) 【Amazon】
【ホビーサーチ】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

隔週刊 世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 レビュー

7月14日に発売予定の世界の軍艦コレクション 2015年8/4号(第66号)重巡 鈴谷のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 01

最上型は20号の最上、32号の三隈に続いて三隻目。けど鈴谷と熊野は改最上型、鈴谷型とも呼ばれるくらいの変更が加えられてるフネになります。




《冊子》

最上型重巡の三番艦として建造されたものの、先の二艦が軍縮条約の関係で無理矢理軽巡として作ったため船体強度が不足した復元性の悪い欠陥を持っていたのを見据え、竣工するや否やいきなり改装が加えられ真の重巡として生まれ変わった特殊な経緯が細かく解説されています。

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 02 世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 03 世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 04



《1/1100ダイキャストモデル》

1940年仕様なので竣工してすぐに改装された後の姿です。

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 05

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 06

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 07

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 08

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 09

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 10

《製品の感想》
  • ディテールの細かさ、モールドのシャープさは32号の三隈より劣る。けどシリーズ全体としては平均レベル。
  • 塗装はリノリウム色とバーベットの塗り分けにやや甘いところがある。それ以外はOK。
  • マストは相変わらず組み立てが雑でパーツ同士がきちんと合っていないまま甲板に接着している。特に後部マストは後ろにのけぞってた。
  • 船体形状はセルター甲板の幅が喫水線付近より広く、そのため舷側が曲折している表現がある。対して三隈は垂直に切り立っている。鈴谷は三隈より細いのでこれらの表現は逆なのではと思う。
  • しかし冊子には「機関室を縮小して重量を軽減でき、その分だけ船体の幅が広げられた」とあり、どちらが本当なのかよくわからない。
  • 二番砲塔の砲身に仰角が付いてない。ここは15.5cm砲から20cm砲に載せ替えた際スペースが足りずそうなってる。
  • 艦橋や誘導煙突の最上、三隈との形状差は再現されている。ただ煙突はジャッキステーを強調したためジャバラのような印象を受けるのが残念。
  • 羅針艦橋天蓋が平らでなく、なぜか盛り上がった形状になっている。
  • 高角砲は連装砲身が一体化されていたり、面の出ていないシールドの造形を含めてかなり残念なレベル。
  • カッターは、オールまで再現されていたりと今までになくとても細かく造形されている。
  • 魚雷発射口は三隈のように黒ベタ処理でなく抜けており、中にもちゃんと発射管ぽいのが再現されている。
  • 艦尾の高角砲装填演習砲は砲身ぽいのが四番主砲に向いてるので向きが逆。ただわざわざ別パーツで再現した心意気は認める(この時期演習砲があったかどうかは不明)。


色々書きましたが、良くも悪くもこのシリーズなりの鈴谷の形になっていると思います。甘めかもしれないけど平均点。(ただし最近の品質低下で平均点下がっています)
あとこれは今回に限らず初期からずっとの問題なんですが、とにかくゲートの切り離しが雑で痕が目立つ!特に今回はそれが羅針艦橋正面に来てるため見映えを大きく損ねてしまっています。そこまで品質をチェックできないなら、もっと見えにくい位置にゲートが来るよう設計すべきですね。もしくはアルティメットニッパー導入すべし(笑)。



《簡易ディテールアップ》

十分ではありませんが、少しだけ手を入れました。

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 13

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 14

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 15

手を入れた個所
  • 二番主砲に仰角を付けて砲塔の取付位置を少し前に移動。
  • 羅針艦橋正面のゲート跡を消すついでにモールドの甘い艦橋窓を埋めてエッジ出し、リペイント。
  • 艦橋窓は自作デカールに置き換えて正面と側面での窓の大きさ違いを再現。
  • 組み立ての雑な前部、後部マストを分解して再組み立て。
  • 内火艇、カッター、主砲、高角砲防水キャンバス、機銃リペイント。
  • 探照灯台座、カタパルトの吹き抜け部を黒ベタ処理。
  • 探照灯、信号灯にミラーコートを貼り付け。
  • 高角砲装填演習砲の向きを修正。
  • 各部スミ入れ、一部ハイライト入れ。
  • スクリューガードに印刷されている舷窓は塗りつぶした。
  • 自作艦これステッカーをディスプレイベースに貼る。(作り方はこちら)

羅針艦橋天蓋の形も修正したかったけど、キリがないのでこのくらいにしておきました。


さて次回67号は空母ハーミーズです。

世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 11

イギリス初の純空母という事で世界の軍艦史的に価値の高いフネです。
でもこのシリーズ英空母はこれが最初で最後なので、自分としてはアークロイヤル出して欲しかったところ。



世界の軍艦コレクション 第66号 重巡 鈴谷 12
世界の軍艦コレクション全国版(66) 2015年 8/4 号 [雑誌] 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

アドラーズネスト 1/700 20cm2号砲砲身、長10cm高角砲砲身、9cm径索絡車リール レビュー

この間のアドラーズネストの1/700航空魚雷のレビューの時に載せ切れなかった同社他製品のレビューです。


挽き物砲身2つとリール軸の計3つの見本いただいてました。


《1/700 50口径三年式二号20cm砲砲身》



画像:ホビーサーチ

日本重巡の主砲用砲身ですね。空母でも赤城と加賀に使えます。
見本は2本だったけど製品版は10本入りなので大体1隻分。


アドラーズネスト 1/700 20cm2号砲砲身 01

アドラーズネスト 1/700 20cm2号砲砲身 02

真鍮製。長さは6.65mm(砲身部のみ)、先端部の直径0.47mm、なかなか微妙なライン出てます。


なお20cm砲はすべての重巡に使える汎用性の高いパーツなので、当然ながら他社からすでに発売されています。
検索したらこんなにありました。


ハセガワ 1/700 20.3cm 主砲身セット 3S-40 【HOBBY BOX】



MASTER 1/700日本海軍重巡用20cm砲砲身セット10本入り【ウイングアンドレイルモデルズネット】



クリッパーモデル 1/700 日本海軍20センチ砲セット(10本入り)【フリートネット】




アベール 1/700 20cm主砲身10本 (重巡愛宕・熊野・妙高級用) 【ホビーサーチ】




FUKIYA 1/700 日本海軍 重巡用 20cm砲身 10本セット 【ホビーサーチ】


これだけ既存品がひしめく中、後出しのこの製品のウリは何なのか聞いたところ、今までのは幾分オーバースケールだったり形状精度が甘めだったりしているので、これはそこを突き詰めた代物なのだそうです。

あと他社はみんな段差のある滑動部まで再現していますが、その部分は実際にはキャンバスで覆われているので、アドラーズネスト製はそれより前の砲身のみとなっています。そのため取り付けの位置決めや穴開けが容易になっており、これはわかりやすいメリットだと思います。特に砲身が可動するフジミの重巡シリーズにはキャンバス部に与える負担が少なく相性良さげですね。

実際にフジミ1/700鳥海の主砲に付けてみました。


アドラーズネスト 1/700 20cm2号砲砲身 03

挽き物砲身(左)、キット純正プラ砲身(右)
こうして見るとプラ砲身がいかに太めになっているかよくわかります。測距儀付けるの忘れた(苦笑)。
挽き物砲身のダボは0.3mmなので、キャンバス側はクリアランスを稼いで0.4mm程度の穴を開けておくと中心合わせやすいです。このサイズだとほんのわずかのズレでも目立ちますから。



アドラーズネスト 1/700 20cm2号砲砲身 04

彩色すると挽き物砲身の効果がより引き立ちます。砲身の穴は結構深く彫られているのでスミ入れ必要なし。
なおフジミの高雄型の砲身はなぜか鳥海だけが穴開いてません。他の3艦は浅いながらもスライド金型でちゃんと穴開いてます。



《1/700 長10cm高角砲砲身》



画像:ホビーサーチ

秋月型防空駆逐艦に付いてる最新式の対空砲。他には大淀や大鳳にも付いてます。


アドラーズネスト 1/700 長10cm高角砲砲身 01

ほっそ!!もはや注射針。



アドラーズネスト 1/700 長10cm高角砲砲身 02

先端部の直径はたった0.2mmで、その先に穴が開いてます。老眼にはもう見えないレベル!


そしてこの超10cm砲も先程の20cm砲ほどではありませんが、やはりメーカー純正だったり他社から発売済みです。


フジミ 1/700 グレードアップシリーズ 秋月 専用エッチング/真鍮製砲身16本セット (1/700 1/700Gup15) 【Amazon】



フライホーク 1/700 日本海軍10cm 真鍮砲身 【Amazon】


そしてこちらも先発他社製品と比べてどこが良いのかお聞きしたところ、
  • 滑動部の段差を初めて再現した。
  • 長10cm砲は先端にテーパーがかかっていないのに他社製はかかっている。

の2点で、初めて正確な形の出た長10cm砲なのがウリだそうです。



随分前にフジミにもらった1/700秋月のテストショットに付けてみました。

アドラーズネスト 1/700 長10cm高角砲砲身 03

ご覧のとおり右砲が挽き物で左砲が純正パーツ。一目瞭然ですわな。



アドラーズネスト 1/700 長10cm高角砲砲身 04

彩色しました。今のプラパーツは精度が随分向上しましたが、それでもまだこれくらいオーバースケールなわけです。


挽き物砲身のメリットは、
  • 断面がより真円に近い。
  • シャープさが強調される。
  • 砲身穴が正確に真ん中に開いている。

といったところなんですが、艦載砲は1/700では小口径砲どころか重巡の主砲クラスの中口砲でもオーバースケールなのが実情ですので、今回使ってみたここの製品2点は、それらに加えてより正しいスケールと形状を再現できるのがアドバンテージですね。
そこを突き詰めたい人には合った商品でしょう。

なお長10cm砲は、初動が同社の艦船系製品で過去トップだそうです。



《1/700 9cm径索絡車リール部》



画像:ホビーサーチ

艦船模型の絡車はディテールアップでエッチングに代える場合、巻き取り軸の部分は伸ばしランナーに導線を巻いたりスプリングを切って使っていましたが、1/700駆逐艦などに搭載される極小の物となると再現が極めて難しいという問題がありました。
それを挽き物で作ったのがこの製品で、今のところ競合のないアイデア製品です。



アドラーズネスト 1/700 9cm径索絡車リール部 01

ひとつのランナーに5つ付いていて2本入りの合計10個入り。ものすごい小さなイモネジといった感じです。直径0.75mm、長さ1.2mm、ねじ切りのピッチ0.13mm。これが9mロープの1/700相当なんだとか。


実際に組み立てみました。
手元にあったホーサーリールのエッチングがハセガワの絡車セットAと・・・


1/700 絡車セットA ( 3S-05) 【Amazon】


ヤマシタホビーの巡洋艦・駆逐艦主要リールセットなのでそれらを使いました。

1/700 エッチングパーツシリーズ 巡洋艦・駆逐艦主要リールセット 【Amazon】



ヤマシタホビー、ハセガワ絡車セット 説明書

説明書にはどちらも最小の絡車の軸幅は1.2mmとなっていて、アドラーズネストのリール軸に合ったデザインになっています。



アドラーズネスト 1/700 9cm径索絡車リール部 02
左: ヤマシタホビー製 右: ハセガワ製
ヤマシタホビー製はピッタリ!ハセガワ製は幅は同じでも絡車直径がひとまわり大きく、巻き数が足りない印象を受けます。

作ってみた感想は、とにかく小さくネジ切り溝が繊細なのに加え、材質が金属なので下地にメタルプライマーなどの目止剤を塗ってから塗装する必要があるため、筆塗りでは溝が埋まるのでエアブラシ必須。しかも極薄吹きでないと溝が浅くなってスミ入れのスミが乗りません。それくらいの難易度です。



アドラーズネスト 1/700 9cm径索絡車リール部 03

ヤマシタホビー製と組み合わせた方を秋月に取り付けてみました。艦橋基部の3つ並んでるうち向かって左のリールがそれで、同じサイズのキットのままのが右端になります。丁度良いサイズ♪



アドラーズネスト 1/700 9cm径索絡車リール部 04

1/700の絡車は大抵が甲板と一体成型なので横から見るとカマボコ型になっており、それゆえディテールアップの定番ポイントでして、特に今回の製品は別次元の代物です!

ネジ切りピッチをもっと荒くすれば溝も深く太くできて塗装しやすくなると思うんですが、より正確精密を求めるアドラーズネストなので、度が過ぎて製品として破たんしなければまあ良いかなあと・・・(苦笑)。それでも従来の軸に0.1mmの導線をコイル状に巻く難しさと比べると随分楽になって同時に精度も上がっていますので、高みを目指す艦船モデラーにはありがたいアイテムです。

ただ一番小さい絡車だけ超リアルになっても浮いてしまうので、ぜひ他のサイズ用も出して欲しいところ。そして軸だけでなく絡車本体のエッチングもセットにして販売してくれないものかと思います。これだけの精度の物となると0.1mm以下のレベルの誤差でも合わなくなりますので、汎用品として売るにはちょっと無理ある気が。せめて対応製品の記載は欲しいところです。


そして今回のレビューを執筆した感想ですが、いずれもモノが極めて小さく精密なので撮影はホント苦労しました。標準レンズで写せるのはこの解像度が限界ぽく、これ以上はマクロレンズが要るレベル。艦船模型の精密化インフレもここまで来たかという驚きとともに、最近の「日本すげえ!」の自画自賛風潮はなんだかなーと思いながらも「日本製品すげえ!」と思いました(笑)。
※アドラーズネストは純国産にこだわる社風だそうです。


《外部リンク》
株式会社アドラーズネスト

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】