MGマガジンキットF-14用の武装パーツはスケールアヴィエーション7月号に付く模様

モデルグラフィックス7月号から三か月連続で始まるマガジンキットの1/72 F-14ですが、それ用の武装パーツはスケールアヴィエーション7月号に付いてくるとの続報がありました。




流通向けの解説文が、武装パーツだけでなくデカールもスケビに付いてくると誤解を与えかない内容であったため、それは武装パーツ用のデカールであって機体用はモデグラに付くとの釈明が公式アカウントからありました。




















つまりこのF-14をコンプリートしようとすると、

モデルグラフィックス 2,300 円(税込) X 3(7、8、9月号) + スケールアヴィエーション7月号 2,700 円(税込) = 合計 8,100 9,600 円(計算間違いしてました)

のお金が要ると・・・


マガジンキットに対しては以前から賛否両論ありますが、この公式アカウントの説明に私自身は概ね納得してます。
ただそれなら最初から3冊ではなく4冊ですと発表した方が読者の心象良かったのにとは思います。大抵の人は戦闘機を武装なしで作る事はしないでしょうから、今回の件で追い金がかかるというネガティブなイメージが先行しない事を祈るばかり。






スケールアヴィエーション Vol.104 2015年7月号 (付録:F-14 トムキャット用武装パーツ) 【ホビーサーチ】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

隔週刊 世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 レビュー

4月21日に発売される世界の軍艦コレクション2015年5/12 号(第60号)空母蒼龍のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 01

ミッドウェー海戦で沈んだ四空母の最後の一隻。
今回がシリーズ全80号中60号ということで、これで3/4を消化した事になります。日本の大型艦艇もこの蒼龍以降は瑞鶴を残すのみ。


《冊子》

蒼龍は設計が大変優れており、その後の日本の正規空母は皆この蒼龍を雛形に作られたのは有名な話ですが、この本ではその高性能の代償として装甲が極めて脆弱だったことに言及し、長所と同じくらい短所についても尺を割いています。この辺はこの手の資料本ではわりとサラッと程度にしか触れられていないところなので印象的でした。

また戦歴に関しても通常は機動部隊一括りで解説される事が多い中、蒼龍航空隊が数々の戦いにおいて何機出撃し、どんな戦果を挙げてどの位の犠牲が出たかまで具体的な数値を挙げて解説されており、ここまで蒼龍のみに的を絞っているのも他誌にあまり見ないところです。


世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 02 世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 03 世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 04



《1/1100ダイキャストモデル》

竣工時の1938年仕様。
なので付いてる艦載機は真珠湾トリオと呼ばれる零戦、99艦爆、97艦攻でなく、いずれも複翼機です。ただ戦闘機は最初から単翼の96式艦戦だったとする本もあります。

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 05

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 06

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 07

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 08

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 09

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 10

《製品の感想》
  • 組み立て品質は艦橋の組み立てがやや雑。そしてアンテナやマストに傾きが見られた(個体差の可能性あり。修正済み)。
  • 塗装は木甲板部の塗装の厚みに差があり、色の乗りが均一でなかった(個体差の可能性あり)。
  • 右舷艦橋下の船体形状が間違っている。艦橋のアウトラインから続くように船体が張り出していない。
  • 船体が細すぎるため機銃・高角砲スポンソンを下から見ると奥行きがありすぎ、支柱と三角ビームの位置も奥まっていてデザインが破たんしている。
  • 高角砲と機銃のデザインが適当。高角砲はすべて10cmシールド付のような形で、機銃は逆にシールドなしに見える。正しくは煙突より後ろの右舷高角砲・機銃のみ防煙シールド付でそれ以外はシールドなし。
  • カッターがボートダビットに吊るされてなく飛行甲板に設置されている。
  • 飛行甲板裏の梁は省略されている。また甲板支柱の形は前後とも間違ってる。
  • 艦首は大きく反ったシアーとダブル・カーブド・バウの形状が上手く再現されており良い印象。ただフレア表現がほとんどない。
  • 拡張前の防空指揮所の形は先端右端の小さな張り出しがないが、概ね良く再現されている。甲板マーキングも同じ。
  • 艦載機は機首がちゃんと持ち上がっていて胴体着陸にはなっていない。並びは、艦戦、艦攻、艦爆の順になっており、艦攻と艦爆の順番が逆。


良く出て来てるところはなかなか良く出来てるんですが、適当なところは本当に適当というのが率直な感想です。その最たるものが船体の形で、飛行甲板に比べてアンバランスなほど細いです。蒼龍は現存資料が少なく担当デザイナーも苦労したでしょうから少々のリサーチミスは目をつむるにしても、基本形状は間違えないで欲しかったですね。空母なので飛行甲板に隠れてそれが比較的目立ちにくいのが救いです。
遼艦飛龍がそこそこ良く出来ていただけに残念。



《ディテールアップ》

いつもの感じでやっつけてみました。

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 13

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 14

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 15

手を入れた個所
  • 艦橋を分解して組み直しとリペイント。羅針艦橋下の三角支柱モールドは精度が足りないので埋め。
  • 木甲板部の色ムラ修正。ウェザリングマスターでボカシ入れ。
  • 全体にスミ入れ。
  • 艦載機、ボート類を細かくリペイント。艦爆、艦攻の順番を入れ替える。
  • つや消しコート。
  • 探照灯にミラーフィニッシュ貼り付け。
  • 自作艦これホログラムステッカーをディスプレイベースに貼る。(作り方はこちら)


艦橋窓の精度がまだ足りないので再修正したかったけど時間切れ。
なんにせよこれで一航戦に続き二航戦もコンプリートとなりました!

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 16

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 17


さて次回61号は戦艦ボロジノです。

世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 11

日本海海戦で連合艦隊と戦ったバルチック艦隊主力艦の一隻です。
そしてシリーズ初のロシア艦艇。


世界の軍艦コレクション 第60号 空母 蒼龍 12
世界の軍艦コレクション全国版(60) 2015年 5/12 号 [雑誌] 【Amazon】
【7.net】

Amazon売り切れてるよ…

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

第54回静岡ホビーショー2015の各社新製品情報が解禁

今年の静岡ホビーショー開催まであと1ヶ月となり、参加各社の新製品情報があらかた出揃ったようです。
主だったものをリストアップしました。

リンク先: でじたみんホビーサーチ

《タミヤ》

1/32 デ・ハビランド モスキート FB Mk.VI

1/24 トヨダ AA型
1/24 Honda S600
1/24 トヨタ ランドクルーザー 80 スポーツオプション
1/12 ホンダ RA273 エッチングパーツ付き
1/12 チームロータスタイプ49B 1968 エッチングパーツ付き

1/35 ドイツ中戦車 パンサーD型
1/35 パンサーD メタル砲身セット
1/35 パンサーD 連結式履帯セット
1/35 パンサーD エッチングパーツ

1/700 アメリカ海軍 航空母艦 CV-3 サラトガ (ポントスモデル社製ディテールアップパーツセット付き)
1/700 スリガオ海峡海戦セット (静岡模型教材協同組合)

曲線用マスキングテープ 5mm
曲線用マスキングテープ 3mm
曲線用マスキングテープ 2mm
モデリングブラシPROII 面相筆 小
モデリングブラシPROII 面相筆 細
モデリングブラシPROII 面相筆 極細
クラフトバサミ (プラスチック/軟金属用)

曲面用マスキングテープは紙製で表面にシワが織られている物が既存品であり、そのためラインに微妙にギザが入ったりしたのでこの新製品は注目しています。
あと未確定情報ですが、1/32デ・ハビランド モスキートが出るという噂がTwitterで流れています。
※追記 2014/04/15: モスキート他新製品確認できたので書き加えました。


《ハセガワ》

1/700 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 いずも
1/700 護衛艦 いずも ディテールアップエッチングパーツ
1/700 海上自衛隊 艦載機セット
1/700 日本海軍 航空母艦 赤城 フルハルバージョン
1/700 航空母艦 赤城 ディテールアップパーツセット
1/72 有人潜水調査船 しんかい6500 “ディテールアップバージョン”w/深海生物】

1/24 ニッサン サニー トラック(GB120) ロングボデーデラックス“前期型”
1/12 Honda NSR500 “HBホンダ”(1989 WGP500)

1/35 メカトロ ウィーゴ No.01“あか&きいろ”
1/35 メカトロ ウィーゴ No.02 “ミルク&カカオ”
1/35 メカトロ ウィーゴ No.03 “みずいろ&ももいろ”
1/20 ロボットバトルV 44型月面用重装甲戦闘服 MK44 アンモナイツ(スマートガン装備)
1/72 VF-1S/A ストライク/スーパー ガウォーク バルキリー
1/48 「紫電改のマキ」 中島 キ44 二式単座戦闘機 鍾馗II型
1/48 「紫電改のマキ」 スピットファイア Mk.9
1/72 F-15C イーグル “エースコンバット ガルム1”
1/72 F-15C イーグル “エースコンバット ガルム2”

リノリウムフィニッシュ 350
リノリウムフィニッシュ 700

ハセガワの目玉製品は、シュピールヴァーレンメッセなどのイベントで発表済みだったので今さら驚きはありませんが、個人的にはリノリウムフィニッシュがフジミ特EASYのホイルシール的なアプローチで興味深いです。



《アオシマ》

1/20 マクラーレン MP4/2 ’84 イギリスグランプリ仕様
1/20 マクラーレン MP4/2用ディテールアップパーツ
1/24 ランボルギーニ カウンタック 5000QV ’88
1/24 ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 50アニバサリオ エディション
1/24 EF3 シビック Gr.A
1/24 EF3 シビック Gr.A仕様用ディテールアップパーツ
1/24 TA64 セリカ ’85 サファリラリー仕様
1/24 TA64 セリカ ラリー仕様用ディテールアップパーツ
1/24 ニッサン 240RS '83 ニュージーランドラリー仕様
1/24 ニッサン 240RS ラリー仕様用ディテールアップパーツ
1/24 シボレー クルーズ(1.6T)’12 WTCC ワールドチャンピオン仕様
1/24 シボレークルーズ WTCC仕様用ディテールアップパーツ

1/350 日本海軍潜水艦 海大6型a伊168
1/350 日本海軍潜水艦 海大6型用エッチングパーツ
1/350 日本海軍潜水艦 伊522
1/350 日本海軍戦艦 霧島リテイク
1/700 航空母艦 千歳
1/700 給糧艦 間宮
1/700 水上機母艦 君川丸

1/350 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 潜水艦 蒼き鋼イ401

1/45 ディーゼル機関車 DD51 北斗星

1/72 陸上自衛隊 3 1/2t トラック装甲強化型(隊員6体セット)
1/72 陸上自衛隊 73式大型トラック 3t半(乗車隊員20体セット)

北斗星やアルペジオが目玉製品なんですが、自分としてはBEEMAXブランドを含みながらも今のご時世にこんだけカーモデルの新金型を投入してきた事に驚きです!しかも80年代の旧車が多く、中でもグランドシビックはありそうななかった隙間アイテムかと。



《プラッツ》

1/72 航空自衛隊 F-15J
1/72 航空自衛隊 F-15J用 エッチングパーツ
1/72 航空自衛隊 超音速高等練習機 T-2 前期型

1/35 ガールズ&パンツァー IV号戦車D型 プチあんこうチーム付き限定版です!
1/35 ガールズ&パンツァー CV33 カルロ・ベローチェ アンツィオ高校

完全新金型の1/72 F-15が3800円とお安い!新生Ⅳ号戦車も自社による9割新設計部品で、点数も減らして作りやすいとの謳い文句なのでこれは期待できるかもしれません。



《ファインモールド》

1/35 ガールズ&パンツァー 劇場版 アヒルさんチーム 八九式中戦車甲型
1/35 ガールズ&パンツァー 劇場版 アリクイさんチーム 三式中戦車(チヌ)&フィギュアセット
1/35 ガールズ&パンツァー アヒルさんチーム フィギュアセット

1/35 ワールド・オブ・タンクス 一式中戦車
1/35 ワールド・オブ・タンクス 四式中戦車
1/35 ワールド・オブ・タンクス 五式中戦車

完全新金型製品の発表なし・・・モデグラとのマガジンキットのF-14の開発もあるので仕方なしかなあと思っていたら、アヒルさんチームフィギュアセットがプラスチック製の新金型でした(笑)。チヌ車の同梱フィギュアも同じで、レジン製にしなかったのは偉い!



《GSIクレオス》

Mr.フデピカリキッド 110ml

Mr.ウェザリングカラー ホワイト(仮)
Mr.ウェザリングカラー グレー(仮)
Mr.ウェザリングカラー グレイッシュブラウン

新水性カラー アクリジョン 新色各種(30色)

大人の事情が解消したのか今年からクレオスも静岡ホビーショーに復帰となります。
Mr.フデピカリキッドというのが気になるところ。ブラシエイドみたいな筆メンテ液なのかな?


追加情報が出たら随時書き足していきます。
第54回静岡ホビーショー2015は、5/14~5/17に開催予定です。


《外部リンク》
第54回静岡ホビーショー公式サイト
ハセガワ 第54回 静岡ホビーショー 出展予告!
第54回 静岡ホビーショー アオシマ出展情報公開!
プラッツ 2015 静岡ホビーショー新製品 パンフ画像
タミヤ 第54回 静岡ホビーショー 発表新製品リスト

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ春の加賀まつり!1/350加賀とちび丸艦隊加賀は共に5月発売

昨春に開発が発表されたフジミ1/350空母加賀の正式発売が5月と決まり、予約の受注が始まりました。

リンク先:でじたみん

フジミ 1/350 日本海軍航空母艦 加賀 初回特典付き 【5月発売】


加賀は当初去年の年末商戦に出すつもりが延期になっており、結果丸1年かかっての発売になりました。開発スピードの速いフジミとしては長かった感があり、そんだけ心血注いだという事なのかもしれません。

初回特典にある乗組員フィギュア(1)350体付きというのは、既存の「1/350 GUP3 旧日本海軍艦艇乗組員 1 」の事かと思われます。


1/350 GUP3 旧日本海軍艦艇乗組員 1


また専用のディテールアップパーツもエッチング2種と木甲板シールも同時発売。


エッチングSP1:手摺、ラッタルなどの基本パーツ。低価格
エッチングSP2:手摺、甲板下トラスを含むエッチングシート4枚セット。 高価格

フジミの1/350エッチングで、基本と上級を明確に振り分けた製品構成は多分初めてだと思います。
あと木甲板シールには甲板標識のドライデカールが付いてるのかどうかが気になるところですが、過去の事例と価格を考えると別売ぽい気がします。


そしてちび丸艦隊の加賀も同じく5月発売のアナウンスがありました。


フジミは去年9月にも三段空母の加賀を出しているので、この1年で3種類の完全新金型の加賀を出す事になります。どんだけ加賀好きやねん!
ですが遼艦の人気に隠れて影の薄かった加賀と蒼龍贔屓の私としては嬉しい限りで、さらにフジミ信仰をこじらせそうです。なので次は蒼龍にスポットを!

その他には特EASYの新作も発表されており、当初はどうなるかと思いましたが、こちらもちび丸同様定番商品として根付いたようですね。

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

隔週刊 世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 レビュー

4月7日に発売される世界の軍艦コレクション2015年4/28号(第59号)軽巡川内のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 01

5500トン級軽巡は第33号の長良以来二隻目ですが、その最終モデルである川内型は他の同級艦と煙突の数が1本多く差異が比較的わかりやすいのが特徴。これは石油だけでなく石炭も使えるようにしたため。



《冊子》

これを読むと出番がなく温存され続けた戦艦群と対照的に、川内とその配下の水雷戦隊がいかに働き詰めだったかが良くわかります。しかも虎の子の空母と違ってほとんど消耗品扱いで、もうどんだけこき使っとんねんと。

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 02 世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 04 世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 03

あと気になったのは、誌面に載っている平面と側面図、3DCG図が1929年となっており、模型の設定である1933年と統一してないところ。これは今回に限ってではなく今までにもたびたびあった話でして、入門層にとってまぎらわしいので、ぜひ改善していただきたいところです。



《1/1100ダイキャストモデル》

初期の艦形である1933年仕様。
ただ冊子によると川内は1929年を皮切りに毎年のように改修を受けて姿が随時変化しており、初期の姿をモデル化するのならこういう考証的に面倒な時期でなく、もっと竣工時に近い時期に設定すれば良かったのにと思います。
アオシマWLにならったのかな?

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 05

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 06

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 08

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 07

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 09

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 10

《製品の感想》
  • 組み立て品質は良。塗装品質は可。(ボート類に塗り分けが甘い部分が見受けられたため)
  • 後部の魚雷発射口がいつもの黒ベタではなく舷側がちゃんと抜けている。
  • 単装高角砲はこのシリーズにしてはきちんとした作りになっている。
  • 前部発射管のディテールがつるんつるんで長良に劣る。
  • 船体色は長良と同じ色ではなく少し明るい。
  • この時期の川内の艦橋は、天幕を張った切妻屋根だったのにそのようになっていない。
  • 艦橋屋根とマストの探照灯台座が、解釈ミスで一体成型の同一面になっている。
  • 艦橋正面の航空機格納庫扉のモールドが省略されている。
  • 滑走台に滑り止めモールドがあるが、実際そうなっていたかは疑問。
  • 航空兵装の試行錯誤期を象徴する滑走台時のモデルなんだから、偵察機も付けて欲しかった。


今回は考証ミスが艦橋まわりに集中していましたが、いずれも目立つ部分ではないので個人的には目をつむれるレベルでした。またディテールはシリーズ平均よりあっさりしていていながらも組立塗装品質には問題なかったので、価格なりの模型としての体裁は保ってるように思います。

そんなわけで他に見落としポイントがなければギリ及第点というところでしょうか。



《ディテールアップ》

今回は分解の必要がなかったので発売日までに間に合いました。

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 13

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 14

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 15

《手を入れた個所》
  • 艦橋正面の航空機格納庫扉を汎用エッチングで再現。
  • 艦橋屋根とマストの探照灯台座は、黒ベタ塗りで別部品を表現。
  • 艦橋屋根をリペイントして天幕張り表現。
  • 艦橋側面にディテール追加。
  • ボート類、魚雷発射管の塗り分けを細かくリペイント。
  • 主砲、手すりの防水キャンバスをリペイント。
  • モールド各部にスミ入れとハイライト入れ。
  • スクリューをリペイント。
  • 菊花紋章作り直し。
  • 探照灯にミラーフィニッシュ貼り付け。
  • 自作艦これホログラムステッカーをディスプレイベースに貼る。(作り方はこちら)

これで5500トン級は中期グループの長良型、後期グループの川内型がモデル化され、残すは68号の初期グループの球磨のみとなりました。シリーズ残り1/4となって同型艦のコンプリートが増えてきましたね。



さて次回60号は空母蒼龍です。

世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 11

日本艦の残り少ない大物のひとつ。
蒼龍は、かつてアオシマの旧1/700を苦労して完成させた個人的に思い入れの強い艦なのでとても楽しみです♪


世界の軍艦コレクション 第59号 軽巡 川内 12
世界の軍艦コレクション全国版 59 2015年 4/28 号 [雑誌] 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】