シュピールヴァーレンメッセ 2015開催。タミヤはメルセデスベンツ300SL、ハセガワはダイオウイカ&ダイオウグソクムシ付きしんかい6500など発表

世界最大の国際玩具見本市であるシュピールヴァーレンメッセ(旧名:ニュルンベルク・トイフェア)が今年も昨日1月28日から開催されています。




そしてタミヤはtwitterで新製品の目玉を同時に発表。







タミヤが会場発表した新製品一覧はこちら


他の模型メーカーについては、今年もPrime Portalが会場内のミリタリーモデルの画像を更新しています。
IPMSドイツは現状新製品リストのみの掲載。

Prime Portalの画像を見て個人的に気になった新製品はこの辺でした。

《ハセガワ》

1/72 しんかい6500スーパーディテール ダイオウイカ、ダイオウグソクムシ付き
1/700 護衛艦いずも
1/700 軽巡天龍 龍田
1/350 戦艦三笠 東郷平八郎&秋山真之フィギュア付き
1/200 ANA ボーイング 787-9
http://data3.primeportal.net/models/thomas_voigt9/hasegawa/images/hasegawa_25_of_25.jpg


《造形村》

1/32 ドルニエ Do335 プファイル
http://data3.primeportal.net/models/thomas_voigt9/zozkei-mura/images/zozkei-mura_09_of_15.jpg


《HK Model》

1/32 DH.98 モスキート
http://data6.primeportal.net/models/thomas_voigt9/hk_models/images/hk_models_15_of_17.jpg


《トランペッター》

1/200 戦艦フッド
http://data3.primeportal.net/models/thomas_voigt9/trumpeter_hobby_boss/images/trumpeter_hobby_boss_57_of_77.jpg

1/700 戦艦ドレッドノート 1915
http://data3.primeportal.net/models/thomas_voigt9/trumpeter_hobby_boss/images/trumpeter_hobby_boss_58_of_77.jpg


《エアフィックス》

1/72 九七式艦上攻撃機
http://data6.primeportal.net/models/thomas_voigt9/airfix/images/airfix_20_of_82.jpg
http://data6.primeportal.net/models/thomas_voigt9/airfix/images/airfix_23_of_82.jpg
http://data6.primeportal.net/models/thomas_voigt9/airfix/images/airfix_28_of_82.jpg

1/72 ブリストル ボーファイター Mk.X
http://data6.primeportal.net/models/thomas_voigt9/airfix/images/airfix_71_of_82.jpg

1/72 アブロ シャクルトン MR2
http://data6.primeportal.net/models/thomas_voigt9/airfix/images/airfix_79_of_82.jpg


《ドラゴン》

1/35 パトリオット地対空ミサイル M983重高機動戦術トラック
http://data4.primeportal.net/models/thomas_voigt9/dragon/images/dragon_01_of_51.jpg



んータミヤの300SL以外「何これ、すごっ!」と思わせる製品が例年に比べて少ないような。
ハセガワがアオシマみたいな商品展開したのにはちょっと笑いましたが~^^ それとエアフィックスの97艦攻はちょっと注目ですね。

開催期間内に追加情報が出てくるようであれば随時更新いたします。


《外部リンク》
シュピールヴァーレンメッセ ウェブサイト
Prime Portal
IPMS ドイツ
タミヤ ウェブサイト

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

隔週刊 世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 レビュー

1月27日発売予定の世界の軍艦コレクション 2015年2/17号(第54号)戦艦山城のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 01

これにて日本戦艦は12隻すべて出た事になりました。



《冊子》

書かれてる内容はニュアンスは違えど扶桑と大体同じで、改装を繰り返しながらも戦時下においては旧式化していてほとんど内地にとどまっていた事。そして戦局の悪化に伴い勝ち目のない作戦に駆り出されて最期を迎えた事が述べられています。

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 02 世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 03 世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 04

前から思ってたのですが第1号から購読してる者の意見としては、後に出た同型艦の冊子には艦形の差異について踏み込んだ図説と解説を載せて欲しいところです。そうした資料としての価値がより高まれば、模型と併せ商品的魅力も増すと思うんですけどね。



《1/1100ダイキャストモデル》

姉妹艦扶桑が最終時である1944年仕様だったのに対して、山城は開戦時の1941年仕様。まだ対空機銃の増設で針山のようになっていない頃の姿です。

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 05

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 05

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 06

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 07

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 08

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 09

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 10

《製品の感想》
  • 組み立て品質は良い部類。部品のずれ、隙間、接着剤のはみ出し、汚れ特に見られず。
  • 塗装品質もかすれ、はみ出しなしで許容レベル。強いて言えばシェルター甲板に木甲板モールドがなくデッキ色に塗られていない。船体色が最近のに比べてやや明るい。
  • 艦橋中層部(下部見張り所 - 観測所)が左右分割になっており、結果組み立てのずれがない。
  • その代わり縦に合わせ目が来る。また正面と背面ディテールが犠牲になっている。
  • 特に背面は筋交い支持構造がバッサリ省略されている。
  • 羅針艦橋前フラットの連装機銃2基は、山城には開戦時になかった説が有力。
  • 逆に煙突両舷の連装機銃は、この当時まだあったはず。
  • 副砲が真横を向いている。実際戦闘時にはそのようにもなるが模型的には見映え良くない。
  • 高角砲が押しつぶしたような造形。
  • 菊花紋章がのモールドが突出しているため、艦首ラインが変わって見える。
  • ボートダビットが上甲板に付いてるが、正しくはシェルター甲板側面に付いている。
  • 水上機はフル積載の3基付いていて、航空甲板が賑やか。
  • 舵2枚あるはずが1枚しかない。


総合的にどうかと問われると、回答に困る出来でした。
というのは、当初は副砲の砲身が真横を向いてるのと艦橋の目立つ合わせ目のせいでオモチャぽく見えて「ナニコレ?」的な印象だったんですが、よく見ると上部構造物の形状把握はそこそこ良く出来たレベルで、考証ミスもいくつかあれど疑問を呈したくなる程の物は自分が見る限りは見当たらず、結果としてそんなに悪くないと思い直したものですから。
ただ艦橋の左右分割は見映え悪いのでやっぱりやめて欲しいですね。今回はあの違法建築を簡単に組むための策だったんでしょうけど。

そしてディテールアップは今回発売日までに間に合わない気がしますので、また追って載せさせていただきます。

※追記: できました。 
さて次回55号は軽巡夕張です。

世界の軍艦コレクション 第55号 軽巡夕張 予告

平賀譲の出世作で、小さな船体に重武装を載せた傑作艦です。




世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 12
世界の軍艦コレクション全国版 2015年 2/17 号 [雑誌] 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミも1/350駆逐艦島風を発表!マックスファクトリーとバッティング

フジミのウェブサイトのトップページに、1/350駆逐艦島風が2015年夏発売と発表がありました。


フジミウェブサイト 20140114
フジミ模型ウェブサイト http://www.fujimimokei.com/



( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?



見間違いじゃないかと何度もアクセスしてしまいました!

1/350島風と言えば、先日マックスファクトリーから初のスケールモデルとしてアナウンスがあったばっかり。





島風はアオシマかフジミ、ピットロードあたりでも水面下で企画中だったらヤですねえと冗談半分で話してたんですが、まさか本当にそうなるとは・・・しかも発売時期までガチンコで、かつての1/350金剛の悲劇再びです。

競合による品質の向上や値下げ合戦というユーザーからすれば良い面もありますが、メーカー側からすれば駆逐艦とはいえ1/350は開発費がかかる上に、島風には同型艦がありませんのでコストの回収が厳しい商品のはずです。

模型メーカーはほとんどが中小零細企業なのでこれはキツいでしょうね。こうなったらなんとか共倒れにならないよう祈るばかり。

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

隔週刊 世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 レビュー

更新が発売日当日になってしまいましたが、1月13日発売予定の世界の軍艦コレクション 2015年2/3号(第53号)重巡衣笠のレビューです。

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 01

古鷹型とその改良型である青葉型重巡はこれで4隻全てコンプリート。



《冊子》

他の古鷹型、青葉型と同じく竣工時は世界最強レベルだったけど、戦時下では連合国の同クラス新型に追い越されていたと書かれています。ただ戦歴は、サボ沖海戦で艦隊の姉妹艦達が相次いでやられていく中、衣笠のみが初雪と共に獅子奮迅の働きを見せ、戦いを立て直した武功が強調されていました。

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 02 世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 03 世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 04




《1/1100ダイキャストモデル》

近代化改装を受けた後期の姿。衣笠は戦争序盤で没したフネなので、設定の1942年が戦時下全ての時期。

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 05

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 06

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 07

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 08

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 09

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 10


《製品の感想》
  • 魚雷調整所周辺のディテールは、姉妹艦4隻中最も細かくシャープに出来ている。
  • 艦橋もわりと細かく出来ていて加古と良い勝負。艦橋甲板がリノリウム色で塗られていない点が劣る。
  • 今まで1機だった水上機が2機付いており、艦上がより賑やかになった。
  • 煙突側面の配管の再現がえらく簡素。さらに垂直方向に謎の溝がある。
  • 古鷹型・青葉型の特徴である波型上甲板の表現が弱くてほとんどわからない。
  • カタパルト先端に旋回盤が付いてるという凡ミス。
  • 二番煙突まわりの25mm連装機銃が小さい。
  • 羅針艦橋前の25mm三連装機銃1基は、戦時下修理改修された青葉のみの装備。衣笠はその前に戦没したので、13.2mm連装機銃2基のまま。
  • 組み立ては雑なのに当たった。観測所、後檣、高射装置が曲がって付いていた。
  • 塗装は、塗り分け境界に関してはボケておらずマスキングもれなし。しかしここもハズレを当てたようで、一か所大きな気泡があったり、内火艇の塗りが雑だった。


出来としては、このシリーズ中秀作ではありませんが悪くない方だと思います。組立塗装の良い個体に当たっていたら、もう1ランク評価が上がってたでしょう。

搭載装置と火器類のデザインが共通化されていないのは何度も語り尽くしているのでそこは置いといて、それ以外で毎回残念だなーと感じるのが船体シルエットの捉え方。シアーやフレアの反り返り具合、バルジの膨らみ、今回なら波型上甲板という特徴をもうちょっと誇張したら模型的な見映が良くなるのに、なんでやらないのかなと思います。ダイキャスト成型の限界なんでしょうかね?



《ディテールアップ》

時期がアオシマのガチャとカブったため、完成が発売日当日になってしまいました。

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 13

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 14

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 15

手を入れた個所
  • 艦橋、後檣など組み立て塗装が雑だった部品を分解修正。
  • カタパルト先端修正。
  • 艦橋前面の25mm三連装機銃1基を13.2mm連装機銃2基に修正。
  • 艦橋甲板をリノリウム色塗装。他細部追加塗装。
  • ボート類、水上機をリペイント。
  • スミ入れ、ハイライト入れ。
  • つや消しコートで質感統一。
  • スクリュー、機銃、菊花紋章、錨鎖といったメタリック塗装部をリペイント。
  • 軍艦旗掲揚。
  • 自作艦これホログラムステッカーをディスプレイベースに貼る。(作り方はこちら)

13.2mm連装機銃は、25mm連装機銃をおゆまるで型取りして複製しました。ご覧のとおりこっちなら適正サイズなんですよね。


そしてせっかくなのでコンプリートした古鷹型、青葉型4隻を並べてみました。第6戦隊揃い踏みの壮観な眺めです。

世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 16

青葉だけえらく色が濃い!
考証の正確さは平行線ですが、模型としての見映は新しい号のほうが良くなってます。


さて次回54号は戦艦山城です。

世界の軍艦コレクション 第54号 戦艦山城 予告

これで日本戦艦12隻すべて出る事になります。姉妹艦扶桑はそれらの中で私の見る限りトップの品質だったので、この山城で有終の美を飾って欲しいものです。



世界の軍艦コレクション 第53号 重巡衣笠 12
世界の軍艦コレクション全国版 2015年 2/3 号 [雑誌] 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

アオシマ・デフォルメ連合艦隊のサンプル届いた!(3)  高雄・愛宕 レビュー

今月下旬稼働予定のアオシマ製ガチャ「デフォルメ連合艦隊」の3回目、重巡高雄、愛宕のサンプルレビューです。


《これまでのレビュー》



今回も大きさ比較で500円玉と撮影。

《高雄》

高雄は高角砲が連装タイプに交換された近代化改装後の姿です。
大きさを計ってみると大和型、翔鶴型より短い約58cmmmでした。

デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 01

デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 02

このちっさいサイズで魚雷発射管甲板の中空構造が再現されていて、舷側の開口部から魚雷4基16門が顔を覗かせています。対して艦橋と煙突の間にある前檣はバッサリ省略。



デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 03

艦首側にある主砲は船体長の制約で、三番主砲が左舷を向いています。リノリウム甲板は成型色かと思ったら塗装でした。一番、四番主砲、魚雷発射菅が甲板にグレーで一体成型されていて、甲板のみが塗装されています。ファンネルキャップも別パーツでなく塗装による物。


デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 04

艦橋は末広がりの高雄型重巡独特の形状がものすごい誇張されてます。



デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 05

船底を外した洋上模型状態。



デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 06

船底パーツ。
高雄型は底が大和や翔鶴のように平べったくなく丸みが付いており、バルジとビルジキールも再現されています。



《愛宕》

愛宕は近代化改装前の高角砲が単装砲時代の姿。
ただ艦橋は高雄と共通部品で、形から見て改装後の転覆対策で小型化された物かと。

デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 08

デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 09

愛宕の高雄との差別化は高角砲以外に、高角砲甲板と航空甲板の間に搭載艇甲板のモールドが付いてます。そんなわけで中の3つの三角径凸モールドはボートを表してるぽいですね。



デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 10

開発中CAD図や削り出し試作と比べると、高雄型は特に部品設計の変更が多いのに気付きました。その中でも艦橋は別パーツだった下部、中部艦橋正面を他面との一体成型に変更しており、目立つ合わせ目がなくなって見映えが大きく改善されています。



デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 11

上部構造物はABS製で、後檣は大和同様ある程度柔軟に出来ています。



《付属品》

デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 07

またもや逆さまに印刷されたネームプレート(笑)。
製品版では直るそうです。



デフォルメ連合艦隊 高雄・愛宕 13

高雄、愛宕に付属の説明書。


重巡はデフォルメが難しく、狭い甲板上にどれだけ構造物を特有の特徴をおさえて再現出来るかが難しかったと中の人から伺いました。確かに高雄型が最もディテールを詰め込んでいます。
姉妹艦の差異点や考証の反映は他の艦と同じく甘い部分はありますが、前提として300円という価格設定の制限の中では、これもまたよく作られてると思いました。



《艦隊で飾ってみた》

今まで各艦ばらばらにレビューしてきましたので、それぞれの大きさ対比を兼ねてタミヤ海面プレートAの上に洋上状態で、陣形組んで飾ってみました。

デフォルメ連合艦隊 ディスプレイ例 01

複縦陣で飾ってみました。ネームプレートは無理やり逆さまに置いたので角度が急になってます。



デフォルメ連合艦隊 ディスプレイ例 02

複縦陣をあおり効かせて撮影。 (〆・ω・´)



デフォルメ連合艦隊 ディスプレイ例 03

単縦陣ぽく見える梯形陣。いいねぇ~シビれるねぇ~♪

物が小さいのでA4~A5程度のスペースがあれば、6隻を艦隊で並べられます。



あと今後の展開ですが、次が作れたら赤城や加賀のように単艦の多い空母勢をどうコストに収めるかが課題と仰られていました。しかし売れなかったら次回どころか今製品の2次ロットすら危ういそうです。アオシマに限らずどこも同じだけどシビアな話だ・・・(´ε`;)

デフォルメ連合艦隊が市場に出回るのは1月25日頃で1回300円、主に電気屋さんに設置されるとの事です。



デフォルメ連合艦隊 全6種セット 【Amazon】
【Kids Room】 【TOYSHOP SIDE-3】

Amazonが売り切れ状態になったので、そこそこ捌けるような気がしますけどねー。
気に入った人達みんなで回せば全員幸せになれるかもしれません(笑)。

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】