スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号 ブックレビュー

先日発売された月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号の感想です。

今回の巻頭特集は“「アイマス戦闘機」の作り方、ゼロからきちんと教えます。”
1/72 F-16C真美機が作れるオリジナルデカールが付録で付いてくる特別号で、その分価格はいつもより600円高の1380円(税込み)。

月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号

この号には12月18日発売予定の城プラモ本「築城指南書」の宣伝として、私が担当したGSIクレオス1/144熊本城の作例がちょっとだけ載ったので、発売日からは数日遅れたけど編集社からサンプルとしていただきました。
ありがたや~!


月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号 アイマス機特集 画像3

デカールはこんな風に一番後ろのページに糊付けされています。
モデグラの紙質はペラペラなので、おかげで裏側のアオシマ1/350重巡那智の記事はヨレヨレでした。そして立ち読みとかで痛まないかやや不安・・・もう少し強度に余裕のある包装法を考えて欲しかったですね。 極力価格を抑えるためなのかな。

対応キットは「ハセガワ 1/72 F-16CJ(ブロック50)ファイティング ファルコン」ですが、本誌にキットは付いてませんので別途買う必要があります。
念のため。

検索してみたら、やっぱり条件の良いネット通販店はモデグラ効果で軒並み売り切れていますね。

 ・ハセガワ 1/72 F-16CJ(ブロック50)ファイティング ファルコン
  【楽天市場の検索結果】 【Yahoo!ショッピングの検索結果】


さて誌面ですが、

月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号 アイマス機特集 画像1

「アイマス機の作り方」は、前編の組立て編、後編の塗装&デカール貼り編に分かれており、製作のコツをステップバイステップ方式で解説しています。

今回アイマス機で初めて飛行機模型を購入した入門者にもわかりやすいように、痛機としてだけでなく飛行機模型の作り方のイロハから丁寧に解説されているのには好感が持てました。こういう機会にプラモデルの間口を広げて新規組を獲得しようとしている方向性がよくわかります。

ただ塗装はエアブラシを使っているので、ゲームから入ってきた全くのプラモ入門者はそこでつまずく人も結構いるかも・・・機体色の缶スプレーがあればなあ。


月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号 アイマス機特集 画像2

思わずおおっ唸ってしまったのは、アイマスF-14を作例としたデカールの上級者向テクニック集。
MDプリンターの特色インクを重ね合わせてオリジナルメタリックカラーのデカールを作ったり、インクジェットプリンターとMDプリンターとの併用法、オプティカルデカールを使ったマジョーラカラーの表現など、痛機とかジャンルを問わずデカールを自作する人にとってはためになる内容でした。


月刊モデルグラフィックス 2010年 01月号 アイマス機特集 画像4

また今回の特集はハセガワの専務さんへのインタビュー記事が大変面白く、“「オレたちのハセガワ」は萌えに頼らないと生き残れないのか!?”というショッキングなタイトルが付けられています。

デカールの品質でコストとの折り合いのつけどころ、F-22ラプターのアイマス機先行発売には外部だけでなく社内からも強い反対が出たこと、生き残るためにはプラモデルメーカーの変革が求められてる厳しい現状、自社にない機種はどうするのかを含めた今後の商品展開といったことが語られており、インタビュアーがかなりツッコんだ質問をしているので結構ぶっちゃけた内容になっています。

スケールプラモこそが王道でありキャラ物に無頓着だったご自身に、
「アイマスを知らなかったとかホイホイさんを知らなかったとかね。とんでもない田舎物でした。あぐらをかいていたら実はただの田舎物でしたと。」
のコメントが印象的でした。

(ううっ・・・俺も両方知らんわ・・・)


あと宮崎駿監督の連載漫画「風立ちぬ」は最終回。
全9話あっという間でしたね。最後はちょっと駆け足気味だったけど面白かった~!


・Model Graphix (モデルグラフィックス) 2010年 01月号 【Amazon】

  
スポンサーサイト

フジミ 1/700 妙高 DX. 新エッチングパーツ付 キットレビュー

先月の全日本模型ホビーショーで出品されていたエッチングパーツてんこ盛りの1/700妙高DXですが・・・


ホビーショーのフジミ1/700妙高DX. 1 ホビーショーのフジミ1/700妙高DX. 2


商品札によると10月中旬発売予定で定価2940円!
自社製品アピール用の利益度外視商品との事ですが、それにしても安すぎだろ!

と思ってました。


そしてこの妙高DX.はホビーショー終了後に発売延期になっていましたが、今月1/500大和の影に隠れてひっそりと発売されていたようです。
なのでちょっと遅れたけど確保しました。価格は予告どおり定価2940円です。やっすー!


フジミ1/700妙高DX. 中身


考証に関しては詳しい方にお任せするとして、金型技術的には現在の1/700艦船模型として極めて平均レベルかと。ひととおり確認したところ残念な部分は特に見当たらないけど、目を見開くようなスゴさもない感じ。

ただし目玉である新エッチングパーツに関しては、1/700用のメーカー純正パーツとしては突出したハイディテールと部品数です。純正エッチングは扱いやすさを優先するので、コレクションシリーズの1/700スケールでこんなに細かいのは今まで存在しませんでした。

ライオンロアとかサードパーティの精密エッチングと同等の品質で、これだけで3000円するんじゃないのという仕様です。キットはおまけで付いてるようなもんだな。


フジミ1/700妙高DX. パーツ一式 フジミ1/700妙高DX. エッチングパーツ


エッチング表面の起伏に富んだ処理やディテールの細かさが明らかに過去のフジミ製品と違うので、説明書みたら「KA-MODELs」との表記が。1/500大和と同じですね。

もしかしたら今後フジミの艦船用エッチングパーツは皆KA-MODELs社製になるのかもしれません。

フジミ1/700妙高DX. エッチングパーツ 2 フジミ1/700妙高DX. エッチングパーツ説明図 1 フジミ1/700妙高DX. エッチングパーツ説明図 2


説明書を見てると艦橋窓枠がないのに気付いたのですが、エッチングには番号のない汎用パーツや予備パーツがいくつかあり、その中に窓枠らしきパーツがあったので、再現したい人は恐らくこれを適当な長さに切って使ってくれという事なのでしょう。(左上画像の下段真ん中枠)

この妙高DX.が売れたらホビーショーでとなりに展示されていた黄金色に輝くスーパー金剛も出して欲しいですね。上級者向を超えて達人向なので需要を考えると通常販売はさすがに無理かな?

参考出品の1/700スーパー金剛

ただ金剛はともかく、もし次があるのならもうちょっと適正価格でも良いのではと個人的には思います。安いに越したことないけど度が過ぎるとさすがに心配になるわ。


・ フジミ 1/ 700 旧日本海軍重巡 妙高DX.エッチングパーツ付[SWM特SP3] 【Joshin web】
  

「週間戦艦大和を作る」がイギリスで発売に

現在はディアゴステーニ公式サイトからカタログ落ちしてしまいましたが、あの「週間 戦艦大和を作る」が、12月からイギリスで販売される事になったそうです。

   ディアゴステーニUKのサイト
   画像元: http://www.model-space.co.uk/news/yamato


ウィキペディアによると、ディアゴスティーニは各国の現地法人が独自にシリーズの立案、発刊をしているとの事で、今回は日本のシリーズがイギリスに輸出された形になります。

私がこのことを知ったのは、同社のインターナショナル本社であるディアゴスティーニUK・マーケティングディレクターのジェームス・フランク氏からメールをいただいたからでして、氏は自社サイトのフォーラムにウチへのURLが貼り付けてあったのを見つけ、私へメールを送ってきたのです。

もう少し詳しく説明すると、私のサイトのリンク集が直リンクされていて、その中に「週間戦艦大和を作る.net」様へのリンクがあったのが氏の目にとまったという事だそうです。

よかったら製品ページへのリンク貼ってもらえませんか?という用件だったので、それならせっかくなのでブログでも取り上げさせてくださいと答えると、ぜひやってくれとの返事。

フランク氏によるとイギリスに続いて現在アメリカでの販売も企画中だそうです。
また件のフォーラムによるとオランダでも発売してるみたいですし、やっぱり大和は海外でも知名度あるんだなあ。


しかし長くウェブサイトやっていて思いますが、ホント意外なところで意外な人に見られてるもんですね。

以前には「1/1 Photo Report」の「フリゲート艦バンデグリフト」のページで、バンデグリフトのスペルが間違ってるから直しといてください」と第七艦隊の広報から指摘が来たなんて事もあったし(苦笑)、たまに「ええっ!」と驚くところからメールをいただくことがあります。

でもまあそれもサイト運営の楽しみのひとつだったりして。

GSIクレオスの新製品「みるきぃぱすてるカラーセット レッドVer.」を使ってみた。

GSIクレオスの新色「みるきぃぱすてるカラーセット レッドVer.」がグリーンVer.とブルーVer.に引き続き、この週末に発売になりました。

みるきぃぱすてるカラーセット レッドVer.


そんなわけで以前のレビュー記事と同じように試し塗りしてみました。
左から、CP09 ミルキーストロベリー、CP10 チェリーレッド、CP11 ルビーオレンジ、CP12 ハニーオレンジ。

みるきぃぱすてるカラーセット レッドVer. 塗装サンプル


グリーンVer.とブルーVer.と同じく今回のも実に鮮やかな発色です。でやっぱりコンデジではその色彩が正しく写らない・・・
代表色はチェリーレッドのようですが、私はミルキーストロベリーとルビーオレンジが気に入りました。特にミルキーストロベリーはまんまいちごみるくな色で、思わず口に含んでしまいそう。(笑)

そして相変わらず無駄にクオリティの高いイメージキャラ設定図。

みるきぃぱすてるカラーセット レッドVer. キャラ設定図


これにてパステルカラーセット3種すべてを実際に使ってみました。

感想としてはどれも良い色が揃っていて魅力的ですし、下地の隠ぺい力も意外に強くて使いやすかったです。萌えパッケージに関しては賛否両論あると思うけど、とりあえず流行りモノに乗っかってみましたレベルではなく、製品の特徴と関連付けた手の込んだ物なので、そこは評価してあげたい。

ただ現状の販売形態では一色切れたときにまたセットで買いなおさなければならないので実用的ではなく、コレクションアイテムの域を出ないのが残念なところ。なので売れたら単品販売も考えて欲しいですね。萌え効果が欲しいならラベルにキャラ絵とか入れればいいんじゃね?


   

《ブログ内関連ページ》
  ・GSIクレオスの新製品「色ノ源」と「みるきぃぱすてるカラーセット」を使ってみた。


そしてクレオス新製品をもう一点ゲット。Mr. ラインチゼルです。
来月発売予定のハセガワのモデリングポンチと並んで、地味ながら私がこの冬注目していたツールです。

こいつはスジ彫り用ツールの新製品なのですが、説明によると先端が凸形状になっており、均等幅でバリの出ない綺麗なエッジを出すことが出来るそうな。

Mr. ラインチゼル&替刃

Pカッターとかタガネみたいなもんかな?と思っていたのですがビンゴでした。
まさに極小Pカッターです。

Mr. ラインチゼル 刃先アップ

焼入れ処理がしてあるので耐久性も考慮された製品のようです。
刃は取替え式で0.3mmと0.2mmを選べて使い勝手良さげなので、早速実戦投入してどの程度のものか確かめてみようと思います。

※追記:レビュー載せました。(2009/12/07)
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/j-tools_linechisel.htm


  

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

アオシマ フェイト痛車が届きました

アオシマのフェイト痛車が届きました。


フェイト痛車


元ネタのリリカルなのはの事はさっぱりわからないけど、今まで各社から発売された痛車模型の中で一番のお気に入り。派手で美しいグラフィックはもちろんですが、何より実車が存在しているという事が私の中で大きなウエイトを占めています。フジミのウマウマフェラーリのときもそうだったけどやっぱりスケールモデラーの性かなー。

中身はこんな感じ。

ボディ成型色はイエローで、ボンネットは従来の雨宮FDのエアスクープ付きのままではなく、フェイト痛車のノーマル形状がきちんと再現されています。
メッシュが同梱されていますが、説明書には使い方の記述が一切ありません。(おそらくフロントバンパーのインテーク用)この辺の大味さは相変わらずです。

フェイト痛車 内容物一覧 フェイト痛車 専用パーツその1


クリアパーツには雨宮仕様のヘッドライトとテールライトが付いています。ホイールはアルミ調メッキで、マフラーはクロームメッキ。実車のマフラーカッターは湾曲デュアルタイプですが、キットは大口径シングルタイプになっています。

フェイト痛車 専用パーツその2 フェイト痛車 専用パーツその3


デカールと組立説明書の指示図。
ボディは黄と黒に塗り分ける必要がありますが、右側面図が記載されていないのでそっち側の塗り分けラインがハッキリわからないのがちょっと不親切。フェイトのイラストを境に黄と黒が入れ替わる配色なので、事前にデカールとの位置関係をしっかり確認しておいたほうが良さそう。

フェイト痛車 デカール フェイト痛車 塗装&デカール指示図


ざっと見たところ実車との違いで目に付いた箇所は、

 ・ホイールの魔方陣のバイナルが省略されている。
 ・フロントバンパーのデカールの意匠が少し簡略化されている。
 ・前記のマフラーカッターの違い。

この辺りでしょうか。
それ以外にも色々ないわけでもないんですが、いずれも重箱の隅を突付くようなレベルですので許容範囲かと。

それよりも今回のような凝った企画を実現させたアオシマには心から敬意を表します。さすが痛車プラモ元祖の面目躍如といったところですね。


・ 1/24 痛車 魔法少女リリカルなのはStrikerS フェイト・T・ハラオウン FD3S RX-7 RE雨宮 feat ART FACTORY 【Amazon】
  

検索フォーム
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。