フジミ 彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー

今月は艦船模型で注目すべき新製品が多いのですが、そんな中で地味な存在ながら私が注目してたフジミの彩色済み1/350乗組員フィギュアが発売になりました。

彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 01

出たのは、
  • 1/350 旧日本海軍艦艇乗組員 (夏服)彩色済み
  • 1/350 旧日本海軍艦艇乗組員 (冬服)彩色済み
  • 1/350 旧日本海軍艦艇乗組員2 彩色済み
の三種類。

従来品の同社1/350乗組員フィギュア二種類に彩色したもので、 (夏服)と (夏服)は同じ製品の色違いです。

 
従来品の「1/350乗組員フィギュア」「1/350乗組員フィギュア2」 【Amazon】

艦船模型にフィギュアを載せる場合は大抵何十体何百体単位で要りますので、その塗装は細かい反復作業で相当キツイ物となります。それ以前にあの米粒サイズに色を塗る事自体無理という人もいますので、彩色済みフィギュアはそれはもう大変重宝するアイテムなのです。

既存品の代表格では、タミヤとかクレオスからエデュアルド製でカラーエッチング製品が出ていまして、造形的にアウトラインがしっかり出てメリハリがある事、彩色が細かく発色も鮮やかなのが長所ですが、短所である板状のペラペラ感に馴染めない人には今回の製品は朗報だと思います。
 
タミヤ 1/350 日本海軍 3Dフィギュア(塗装済み)【タミヤ・オンラインショップ】

でも結構以前からあった製品の彩色版をなぜ今頃?と思ったりしますが、2月と3月は1/350艦船模型のディテールアップパーツ同梱版がまとめて出たり、展示用アイテムの艦名プレートという新製品が発売になるので、それに合わせて企画されたんでしょうね。


前置きが長くなりましたが製品レビューです。大きさ比較として1円玉と一緒に写しました。

まずは1つ目、乗組員夏服バージョンから。

彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 02
全体。1円玉と比べてこんなに小さい。
これ1枚に
  • 士官 (直立ポーズ) ×1体
  • 水兵 (直立ポーズ) ×20体
  • 水兵 (歩行ポーズ) ×20体
  • 水兵 (敬礼ポーズ) ×28体
が付いており、1袋2枚セットです。


彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 03
士官と水兵直立ポーズ。士官は帽子の前章とつば、肩章、双眼鏡が塗り分けられており、水兵は襟のラインや、スカーフ、腕の階級章が描かれています。



彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 04
敬礼ポーズ(左)と歩行ポーズ(右)。歩行ポーズのみ襟の色が白と紺の2種類あり、紺のほうは驚くことに襟正面側の白ラインまで入っていています。

この夏服バージョンは出来がメチャメチャ良くて驚きました。顔に目のくぼみの陰影が表現されていたり、襟や腰の細いラインまで再現してたりとスゴイです!しかもそれがすべてのフィギュアに等しく施されており、この彩色はインクジェットプリンターによるものだそうです。印刷ならではの長所でして、こんなの手描きでは個体差が出てしまって無理。

ただその特性上、正面の印刷は強くても側面が弱いそうで、実際側面は塗料がまわり切れておらず塗り残しが散見されます。また塗料に微妙なツヤがあるんですが、元々米粒程度の大きさに持ってきて夏服は白色のためそれらがあまり目立ちません。


次に2つ目、乗組員冬服バージョン。

彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 05
全体。このくらいの大きさで見る分には夏服同様悪くないです。夏服の色違いなのでフィギュアの種類と数は同じ。



彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 06
士官&水兵直立ポーズ。夏服では目立たなかったツヤが、冬服は暗い色のせいか目立ちます。個人的にはこれならつや消しクリアーをサッと吹いてから使いたいですね。



彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 07
敬礼ポーズ(左)と前進ポーズ(右)。冬服は夏服みたいに襟の色のバージョン違いがありません。目立ちませんが、襟のスカーフは青、襟後ろの白ライン、腕の階級章は黄色で塗り分けられています。

切り離した断面に色違いが出ないよう配慮したのか成型色が黒になっており、塗装はどうやら白で下地を塗り、その上から各色を印刷したようです。ただそれでも成型色が少し透けてるようで、白や肌色の発色があまり良くありません。また白下地に冬服の紺色を印刷してるので側面の塗料まわり不足が目立ち、質感はアップで見ると夏服より劣る印象です。



最後に乗組員2

彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 08
全体。乗組員2は機銃や双眼望遠鏡といった装備と組み合わせて使う仕様で、軍服がセーラー服でなく事業服になっています。

これ1枚に、
  • 機銃員1(射撃手) ×13体
  • 機銃員2(旋回手) ×13体
  • 単装機銃員 ×10体
  • 弾薬箱運搬員 ×20体
  • 見張り員 ×10体
  • 高角砲砲弾装填員 ×5体
が付いており、1袋2枚入りです。



彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 10
機銃員(左&中央)は、ポーズ違いの機銃員1(射撃手)、2(旋回手)に加えて、略帽バージョンと水兵帽バージョンがあるので計4種類が存在します。水兵帽は乗組員1の紺色と違って白の日よけを付けたタイプ。
他に単層機銃員(右上)と双眼望遠鏡を覗く見張り員(右下)があり、これらは略帽のみ。


彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 09
弾薬箱を持ち上げる仕草の運搬員(左&中央)も略帽と水兵帽の2種類があり、双方の違いは黒いペナントが塗られてるかどうかですが、あまりに小さすぎて肉眼ではどっちも同じにしか見えません(苦笑)。
高角砲の砲弾装填員(右)は砲弾の塗装が荒いのが残念です。というか砲弾って真鍮色と思ってたので、装填員は数が少ないから、ここだけ塗り直してもあんまり手間かからないかと。

乗組員2は前記の直立や敬礼ポーズに比べて造形が複雑なせいか、全体的に印刷が眠たいというかボケてる印象です。

あとパッケージは袋入りなので、中の台紙はこんな風に艦船の図面とボックスアートが表裏に印刷されたカッコ良いものになってます。

彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 11 彩色済み1/350日本海軍艦艇乗組員 レビュー 12

ただその代り通常版の箱に描かれていた乗組員の図説と塗装図が付いてないので、特に乗組員2なんかはそれがないと、どこにどれを使えば良いのかわからない人もいるのではと思います。なので台紙はこれで良いけど中に説明図を1枚入れて欲しかったですね。

品質を総括すると、
  • 長所: 塗り分けは超絶細かい。しかも手塗りのように個体差が出ない。
  • 短所: 側面の印刷が弱い。拡大して見ると粒子の荒い部分がある。
肉眼で見る分には十分すぎるレベルですが、拡大するとそれなりにアラもあるので、そっちを重視する場合は人を選ぶかもという感じでしょうか。こなれた価格の量産品なので完璧とはいきませんから、どこかで折り合いをつけるしかありません。

そしてその価格についてですが、通常版定価1,080円(税込)に対して1,620円(税込)のアップ程度とはえらく安いなあと思ってたんですが、実際は1セットに入ってる部品枚数が変わっているのでそうではありませんでした。

乗組員(直立・敬礼等)は、通常版:5枚入 に対して 彩色版:2枚入 なので、
1枚あたりの価格 通常版:216円  彩色版:810円

乗組員2は、通常版:3枚入 に対して 彩色版:2枚入 なので、
1枚あたりの価格 通常版:360円 彩色版:810円
となります。

やっぱりそんなうまい話はないよなーと思いつつ、フィギュア1体当たりの価格を割り出すと約11円とカラーエッチング製よりちょい安なので(タミヤのなら約19円)、費用対効果考えたら適正価格かと。実際に塗った事ある人ならわかりますが、なんせ普通の部品に色を塗るのと訳が違ってこの枚数こなすだけでも軽く死ねます(笑)。

最後に昔作った大和ロケセットならぬ榛名ロケセットによる大「男たちの榛名」。

男たちの榛名 01

男たちの榛名 02

男たちの榛名 03

男たちの榛名 04

この1/350フィギュアは通常版の乗組員2を塗装した物で、使うとこんな風になるという見本です。1/350榛名用新規部品のテストショットを寄せ集めて組んだため、部品が揃わずこんな風に大和ロケセットみたく部分的な作りになりましたが、当時結構ウケました。^^
私の場合、手塗りではこの辺が限界です。なので一長一短かと。


  
1/350 旧日本海軍艦艇乗組員 (夏服) 彩色済み 【Amazon】
1/350 旧日本海軍艦艇乗組員 (冬服) 彩色済み 【Amazon】
1/350 旧日本海軍艦艇乗組員 2 彩色済み 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

話題の航行動画の影響か、Amazonランキングでフジミの1/3000集める軍艦シリーズが上位独占

スマホ画面に船の航行中の白波のCG動画を再生し、そこにフジミの1/3000 集める軍艦シリーズを載せて、まるでフネが海の上を航行してるように見せる展示法を公開したツイートが、先週くらいからTwitterの艦船模型クラスタ界隈で大きな反響になってます。




YouTubeに配信されているお試し動画。



このアイデア自体は、実は以前にもあって実際に楽しまれてる方から見聞きしていたんですが(これとか)、今回のこの人のすごいのはその航跡CGをご自身で作っている上に主砲発射の爆炎も追加したりして楽しみ方のバリエーションを増やしてる事、さらにはアプリ化も計画中で今後に新しい展開も考えており、本格的に取り組まれてる事です。


すぐにフジミ公式アカウントやネットニュースにも取り上げられ、さらに大きな話題に。











艦NEXT取説の少尉さんも驚いてます(笑)。




そして本日たまたまAmazonランキングの船・潜水艦のプラモデル・模型 部門をチェックしていたところ、こないだまで圏外だった1/3000 集める軍艦シリーズが軒並み上位に食い込んでいました。


blog170312001.jpg
船・潜水艦のプラモデル・模型 の 売れ筋ランキング(2017年3月12日昼現在)


ネットの力すげー!!


この1/300軍艦シリーズは「1/3000集める軍港シリーズ」の部品の軍艦を別売しただけのものなんですが、木端サイズゆえ端折られたディテールに満足できない人向けに専用エッチングが近々発売予定になっており、これは精密化が進んでもはやコレクションシリーズとは言い難い1/700に代わる代物になるかも?と個人的に注目していたシリーズでした。
思わぬ突風でこのシリーズのちょっとした追い風になるかもしれませんね。



1/3000 戦艦 金剛 比叡 榛名 霧島 / 駆逐艦 白露型 4隻セット 【Amazon】
1/3000 第一航空戦隊 空母赤城・加賀/吹雪型 曙・潮・漣・朧 セット 【Amazon】
1/3000 連合艦隊旗艦 長門・陸奥・大和・武蔵・大淀セット 【Amazon】
1/3000 第五航空戦隊 空母翔鶴・瑞鶴/吹雪型駆逐艦・朧/陽炎型駆逐艦・秋雲セット 【Amazon】


1/3000 集める軍艦シリーズ用純正エッチングパーツ1 【Amazon】
1/3000 集める軍艦シリーズ用純正エッチングパーツ2 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ1/200 大和46cm主砲塔と、ちび艦隊蒼龍の試作品写真入手

先々週のワンダーフェスティバル2017[冬] にて発表されたいくつかのフジミの新製品の中でも、1/200大和の主砲塔は個人的にすごいインパクトありました。



その試作品の写真をフジミの中の人からいただきまして、利用許可も貰ったので載せます。


1/200 46cm主砲塔 試作 01

1/200 46cm主砲塔 試作 02

1/200 46cm主砲塔 試作 03

1/200 46cm主砲塔 試作 04

内部構造にガワをかぶせる構造ぽいですね。1/200だから大きさは大体15~16cmくらい?砲弾と給弾室が一体成型なので塗り分けが大変そうですが、サイズを考えると妥当な線なのかも。艦載砲のしくみを理解するための原理模型的な一面もありそうで、カットモデルに改造したら面白そうとか、スケルトンバージョン出ないかとか、見てるだけで夢が広がります♪

発売は今秋予定なのでまだ随分先の話ですが、こういうのがガレージキットでなく、模型メーカーからプラモデルとして製品化されるのに驚きました。ニッチ化どんどん進んでるなあ。



それともう一点、4月発売予定のちび丸艦隊蒼龍のテストショット写真もいただきました。

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 03

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 04
この蒼龍は日米開戦時の姿を再現してるそうで、それはこの写真に写ってる艦橋トップの防空指揮所の形状から判断できます。

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 05

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 06
真ん中が膨らんだ飛龍に対して、直線寸胴基調の蒼龍ぽい飛行甲板。

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 08

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 07
飛龍と同じく新設計の格納庫一体成型スポンソン。これにより組立てが飛躍的に簡単に。

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 02
右は飛龍で1枚舵なのに対し、左の蒼龍用の船底には2枚舵を再現するため穴が2つ開いてるのが確認できます。

ちび丸艦隊 蒼龍 テストショット 01
このボックスアートは飛龍の物と関連付けしてるとの事で、奥の飛龍から艦載機が飛び立ってるので、飛龍の絵の続きシーンのようです。


こうしてラインナップに欠けてた二航戦があっという間に揃う事になるんですが、ちび丸艦隊はそれ以外にも今月下旬に山城、5月には扶桑が発売予定なので、これで人気大型艦は長門型戦艦と信濃以外あらかた出揃う事になります。勢いスゲー!

なお蒼龍のディテールアップパーツであるエッチングと木甲板シールは、キットと同日発売ではありませんが同月発売になっています(キットが中旬でパーツは下旬)。他のキットも同日発売が無理でもせめてこれくらいの差に収めてほしいところ。

  
フジミ模型 ちび丸艦隊 蒼龍 色分け済みプラモデル 【Amazon】
フジミ模型 ちび丸グレードアップパーツシリーズ No.28 ちび丸 蒼龍 純正エッチングパーツ 【Amazon】
フジミ模型 ちび丸グレードアップパーツシリーズ No.29 ちび丸 蒼龍 純正木甲板シール 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー

発売されたばっかの新製品、ちび丸艦隊飛龍です。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 01
この箱絵は、ミッドウェイ海戦での発艦作業中シーンをイメージしたものだとか。

ラインナップがものすごい速さで充実してきているこのシリーズ、空母はすでに赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴、大鳳、龍驤が発売済みで、なぜか二航戦がすっとばされてたんですが、その一角の飛龍が出ました。残りの蒼龍も4月発売予定で、これで開戦時の主要6空母がすべて揃う事になります。


中身です。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 02
成型色は、グレー、赤、灰緑色、濃緑色の四種類。部品数は、同じ空母で初期の赤城と比べると少なくなっており、作りやすさを意識した設計なのが伺えます。



フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 03
船体には飛龍と蒼龍の特徴である舷側の給気トランクが一体成型。



フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 05
作りやすさを目指してもディテールは容赦なしの飛行甲板。個人的意見ですが、艦尾側をもうちょっと絞ったほうが、より飛龍らしくなったような気がしないでもありません。



フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 06
格納庫と一体成型されたスポンソン&火器類。この部品がちび丸飛龍の最大のウリでして、これにより組立てが飛躍的に楽になってるそうです。うむ、見ただけでわかる。


フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 07
一体成型だけど、高角砲と機銃の防煙シールドの鋲とか細部の描写はさらに細かくなってますね。



フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 08
こんな風に船体の上からハメ込むだけでスポンソン一式が組めてしまいます。これ考えた人すごいな!


ちなみに今まではどうなっていたかというと・・・

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 09
この組立て図は加賀ですが、こんな風にスポンソンを各部バラバラに差し込む必要がありました。


その他の部品クローズアップ画像です。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 10
色々細くて素敵です。ただ湾曲煙突の排煙口が抜けているのはGoodですが、その裏側の中空部にフタがなくガラ空きなのはちょい残念ですな。飛行甲板裏側の桁やスポンソンの三角支柱など、空母は下から覗いた姿も魅力のひとつですから。



フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 11
シールには山口少将の将官旗が付いていたり、飛行甲板艦首側に日の丸を表す円形の識別標識がある事から、ミッドウェイ海戦仕様なのがわかります。なお、日の丸が赤く塗られていなかった設定を取り入れたのは、ここが赤いと他の空母と並べたときに浮いてしまうからなのだそうです。



フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 12

塗装派向けの水転写シール。艦尾着艦標識左右の張り出し部の紅白縞模様は、資料によりあったりなかったりなので選択できるよう分割したとの事。
別売のちび丸専用置台に貼るネームシール付き。



組立て図です。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 13 フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 14

「形が似ている部品は、一カ所毎に切り出しと組立てをしましょう」の説明はホントそれ!スクリューなんかは一見同じようでもピッチの向きが左右で違っており、艦船模型に多少覚えがある人でもしばしば間違えます。


公式の塗装組立て完成見本です。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 15

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 16
フルハル状態。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 18
船底を取り外したウォーターライン状態。

フジミ ちび丸艦隊 飛龍 レビュー 17
別売のちび丸艦隊用台座に置いた場合。艦名シールのみ飛龍に付属。


見本写真にはありませんが、艦載機も零戦、九九艦爆、九七艦攻がそれぞれ1機ずつ付いてます。これは既存の空母キットのと同じ物なので、パッケージイラストの艦載機のような胴体の青い識別帯までは付いてません。

組み立てやすさがわかりやすく進化してる今回の飛龍は、良キットの多いちび丸の中においてさらなる良キットだと思います。
このシリーズに今後望むのは、最近の艦NEXTシリーズと同じようにスクリューの金色成型化ですね。ちび丸はデフォルメによりスクリューが大きくて目立つので、ここに色が付くとパチ組みの見栄えUP度は艦NEXT以上になる事でしょう。

あとディテールアップ派向けのエッチングと木甲板シールは4月発売予定になってます。遅れて発売するのはフジミの定番ですが、他社では同時発売が普通なので、ここはぜひ改善願いたいところです。


   
フジミ模型 ちび丸艦隊 飛龍 【Amazon】
フジミ模型 ちび丸 飛龍 純正エッチングパーツ 【Amazon】
フジミ模型 ちび丸 飛龍純正木甲板シール 【Amazon】
フジミ模型 ちび丸艦隊用 台座 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

艦NEXT1/350雪風、ちび丸蒼龍など4月の艦船模型新製品

ここ数日で模型メーカー数社から4月の新製品がアナウンスされ、艦船模型ではまたもフジミがいくつかの注目アイテムを発表しています。

※画像・リンク元: あみあみ


艦NEXT 1/350 日本海軍陽炎型駆逐艦 雪風

1/350雪風はすでにハセガワ、タミヤから出てるので、これでなんと3社目。
にもかかわらず製品化したのは、接着剤と塗装不要の多色成型スナップキットという先行2社にないアドバンテージと、フジミはこれを使ってハイスクールフリートシリーズの晴風も出せるから、それなら採算取れると踏んだのでしょう。

艦NEXTシリーズは他にも3つのバリエーションアイテムが発表されています。

艦NEXT 1/350 日本海軍駆逐艦 島風 DX
艦NEXT 1/700 日本海軍戦艦 大和 木甲板シール付き
艦NEXT 1/700 日本海軍戦艦 武蔵 DX

DX(デラックス)というのはエッチング同梱版の商品名です。



そしてちび丸艦隊は、2月発売予定の飛龍の僚艦である蒼龍が受注開始。


ちび丸艦隊 蒼龍
ちび丸艦隊 蒼龍純正エッチングパーツ
ちび丸艦隊 蒼龍純正木甲板シール

フジミはエッチングとかのディテールアップパーツをキットの発売より遅れて出すのが常なのですが、今回の蒼龍は同時発売なのが嬉しいところ。とはいえ他社ではそれが当たり前なのでいつもこうあって欲しいです。

ちび丸は他にもエッチングやキットのセット販売が怒涛のラッシュ。

ちび丸艦隊 飛龍 純正エッチングパーツ
ちび丸艦隊 飛龍 純正木甲板シール
ちび丸艦隊 伊400型 潜水艦 純正エッチングパーツ & 木甲板シール
ちび丸艦隊 真珠湾攻撃 「赤城」「加賀」セット
ちび丸艦隊 ガ島砲撃 挺身隊 「比叡」「霧島」セット
ちび丸艦隊 捷一号作戦 「伊勢」「日向」「瑞鶴」セット


アクセサリーパーツでは、1/700飛鷹用パーツの中でひときわ注目を浴びた双眼望遠鏡の付いたランナーが別売されるようで、これは朗報です。


1/700 水平双眼望遠鏡・探照灯 セット
1/3000 呉 ガントリークレーン 純正エッチングパーツ


艦名プレートは、3月発売予定の空母用に続いて大和、長門型戦艦用と伊勢型航空戦艦用が出ます。

艦名プレート No.01 日本海軍戦艦 大和
艦名プレート No.02 日本海軍戦艦 武蔵
艦名プレート No.03 日本海軍戦艦 長門
艦名プレート No.04 日本海軍戦艦 陸奥
艦名プレート No.11 日本海軍航空戦艦 伊勢
艦名プレート No.12 日本海軍航空戦艦 日向

No.4からいきなりNo.11まで飛ぶので、残りの戦艦用より航空戦艦用を優先する理由は何なんでしょうね。


その他の新製品は、いつもの定番バリエーションという感じ。

1/700 菊水作戦 戦艦大和 軽巡洋艦矢矧 セット
1/700 日本海軍航空母艦 加賀 三段式飛行甲板時 フルハルモデル DX
1/700 日本海軍航空母艦 瑞鳳 フルハルモデル DX
特EASY 1/700 日本海軍航空母艦 飛龍 フルハルモデル
特EASY 1/700 日本海軍航空母艦 蒼龍 フルハルモデル



そしてアオシマですが、艦これシリーズで大淀が発売。
※画像・リンク元: Amazon


艦これプラモデルシリーズ No.34 1/700 軽巡洋艦 大淀

この艦これ版の特徴は、ウォーターライン版ではそれぞれが別バージョンとして売り出されていた偵察巡洋艦時代の1943年仕様と、連合艦隊旗艦時代の1944年仕様の両方の部品が付いており、どちらか選んで作れるコンバーチブルキットとなっているところ。
これはゲームの中で大淀を改装すると、1944年仕様になる設定を再現したのだろうと思われます。なかなか粋な計らいかと。

※追記(2017/01/27)
艦これ版大淀発売に合わせて、純正エッチングパーツも1943年と1944年用両方販売されていた物を、統合リニューアルするそうです。

日本海軍 軽巡洋艦 大淀 1943/1944 エッチングパーツセット 【ホビーサーチ】


価格は定価で2,430円で、以前のはそれぞれ1,620円でしたから、それらを両方購入するより810円安くなります。あとは部品のデザインがどうなっているかですが、それにしてもアオシマの細かいフォロー天晴です。

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー

年末に発売になったフジミ1/700空母隼鷹です。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 01

初のキット化となった姉妹艦の飛鷹が発売されたのが9月。輝かしい戦歴で商船改造空母中トップの人気を誇る隼鷹を本命としてその発売を心待ちにしていた人は多かったのではないでしょうか。飛鷹が昭和19年の最終時なのに対し、隼鷹は昭和17年の竣工時と差別化されています。


部品一覧。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 02

飛鷹型の二隻は元々外観上の差異が少ない空母なので、年式違いの隼鷹専用の新規パーツがいくつか入ってる以外は飛鷹と同じ部品が使われています。なので身も蓋もない事を言えば、製品の出来は飛鷹のレビュー記事を見ていただければそれでほぼわかります(笑)。

そういうわけで同じ部品を再び載せても仕方ないので、今回は隼鷹と飛鷹の違うところに絞ってレビューしていきます。


隼鷹の組立図です。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 12 フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 13 フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 14

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 15 フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 16


この組立図と実際の部品を、飛鷹の物と比較しながらチェックしていきました。
フジミの中の人にも聞いて確認とりましたので、まず合ってると思います。

まずは飛行甲板前部。
飛鷹の飛行甲板がわざわざ分割設計になっていたので、ここは必ず新規パーツで再現してくると踏んでました。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 03

飛鷹は先端の角が丸まってるのに対して、隼鷹は尖ってます。
それだけ?そんなん各自がヤスリとかで角を落とせば済む話じゃないのと普通思いますが、今の1/700空母模型は飛行甲板外周にある雨樋まで再現してますから、そこを削って同等のディテールをユーザーレベルで作り直すのは、実際のところまず無理です。

この差異点はパッケージ側面の商品説明やフジミの公式ブログでも触れているんですが、説明が簡潔過ぎてどこが違うのかわからなかった人も少なくないじゃないかと思います。

《参考外部リンク》

次に艦首錨甲板。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 04

よく見ると真ん中あたりのボラードの数が違ってます。飛鷹が1本なのに対して隼鷹は2本。
直径たった0.5mmの最も小さいボラード1本で、差し替え式にせず錨甲板全部作り直しとは実に贅沢な作りです。



そして隼鷹専用パーツ「J部品」。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 05

防空指揮所やマスト等のパーツが確認出来ますが、中の人に聞いたところ三基の右舷用高角砲スポンソンは飛鷹の物と全く同じ物だそうです。これは成型取りの都合によるもので、J部品が入った代わりになくなった飛鷹専用パーツ「Y部品」にそれらが付いていたから。


艦載機の種類も違います。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 06

零戦21型、九九式艦爆11型、九七式3号艦攻の組み合わせになっており、これは公式ブログによると隼鷹の初陣となった昭和17年5月のアリューシャン作戦時を再現した編成なのだとか。なので新規設計の艦載機が2種類あった飛鷹のマリアナ沖カルテットとは違って、他の空母にも付いてた以前からある物が同梱されています。
それぞれ2機ずつ付いていますが、いつも思うけど少ない・・・正直その倍の4機ずつは欲しい。



デカール。
甲板標識のマーキングパターンが竣工時なので、そこから2年後の飛鷹のものとは違っています。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 07

中の人の話では、識別標識の「じゅ」は確認できる写真が現存していないので、任意で使ってもらえるようボーナスデカール的に付けておいたそうです。また真ん中の白いラインが後部エレベーター付近で途切れてますが、これは不鮮明ながら途切れて見える写真があったので、今回考証として取り入れてみたとの事。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 17

デカールだけ見ててもピンときませんが、塗装図を見るとわかりやすいです。

そして隼鷹もまた完成見本の写真がネット上にはほとんどありませんので、今回もお願いしてパッケージ側面の写真の元データをいただきました。わかりやすいよう大き目のサイズで載せます。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 08

飛鷹の見本はスケジュール的に厳しかったのか、基本カラーのベタ塗りのみで単調な印象でしたが、隼鷹はだいぶ丁寧に塗られていまして、ディテールの細かさが伝わってきます。やはり見本はこうでないと。

で、この写真を使って、上で解説した艦首付近以外の差異点をピックアップしました。飛鷹の方は元の写真があまり大きくなかったので、拡大で荒くなってしまっており、細部がちょっとわかりにくいかも。


フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 09
  1. 艦橋の前面に増設された小屋のような構造物と測距儀の有無。
  2. 艦橋正面と防空指揮所に取り付けられた防弾版の有無。
  3. 増設単装機銃の有無。
  4. 防空指揮所のマスト三脚基部の上の見張り所の有無。
  5. 双眼望遠鏡の数の違い。



フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 10
  1. 信号マストの斜桁(ガフ)の有無。
  2. 煙突支柱に付いてる信号灯とそのフラットの有無。
  3. 艦橋前面と信号マスト基部に増設された三連装機銃とそのスポンソンの有無。



フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 11
  1. 艦尾増設三連装機銃とそのスポンソンの有無。(代わりに隼鷹には掲揚機とそれが載るフラットが、搭載艇甲板奥にあり)
  2. 艦尾信号灯の位置の違い。
  3. 応急舵の有無。(救命浮標は船体と一体モールドなので飛鷹にもあります)


ご覧のとおり、結構細かい部分まで差異点を再現してあります。

特に飛行甲板先端の尖りと碇甲板のボラードの違いに関しては、それをわざわざ新規金型起こしてまで再現するなんてデザイナーのただならぬ矜持を感じました。発売から3か月半経ち高評価を得ている飛鷹同様、この隼鷹も1/700の中で紛れもなく傑作の部類の一つで、年式仕様としてはカブッてませんが、名キットとして長らく君臨してきたタミヤ製隼鷹にも、遂に世代交代の時が来たのかと思うと感慨深いものがあります。


※追記(2016/01/16)
よく見ると船体の舷窓が、最終時の飛鷹は戦訓により塞がれてるのに対し、隼鷹は竣工時なのでまだ空いてるのに気付きました。

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 18

フジミ 1/700 空母隼鷹 昭和17年 レビュー 19

両方ともランナーのタグ表記が「1/700 Hiyo class」のA部品(右舷)、C部品(左舷)なので、てっきり共通部品で同じ物と思い込んでましたが、実際は違っていました。年代による舷窓の状態は艦船モデラーならこだわりたくなる定番改造ポイントの一つなので、ここもしっかり違いを再現したフジミの良い仕事振りに脱帽です。



フジミ模型 1/700 特シリーズ No.95 日本海軍航空母艦 隼鷹 昭和17年 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】