FC2ブログ

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3

フジミ1/200大和艦橋(テストショット)の製作、今回で最終回になります。
大まかな塗装は前回で終わったので、ウェザリングだったり小さな艤装パーツにひと手間加えてワンランク上の仕上がりを目指します。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-01
後部のラッタルを取り付けてみました。
模型では小さくて見逃し気味なパーツも元がこれだけ大きいと、何のためにあるのかどういう構造なのか非常に説得力があります。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-02
それゆえ裏側のモールドが省略されている所が目立って、これがどうにも気になります。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-03
なので自力で描く事にしました。またしてもマスキングです。フリーハンドでは艦橋窓枠同様ビシッとした線を引く自信がない物で・・・


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-04
エアブラシで黒ベタ塗り。筆塗りは楽だけど塗膜が厚くなるので、こうした細かいマスキングには剥がした時に境界線がビリビリになりやす、く不向きなのです。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-05
こうなりました。段のピッチも表側のモールドにほぼ合わせてあります。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-06
やはり裏から見てもちゃんとラッタルらしく見えるので良いですね。
というかこれくらい大きな模型ならエッチング製のを最初から付けて欲しかったところ。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-07
ウェザリングを行います。上から下方向に縦に雨だれ表現を入れていきます。クレオスのMr.ウェザリングライナー錆色セットのすす色で軽く線を入れ、それを専用うすめ液で湿らせた綿棒で軽めにこすってボカシながら伸ばしていきます。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-20
サビが出やすそうな所に同じくウェザリングライナーの錆色を点打ちし、うすめ液を付けた面相筆で滲ませ、それっぽく表現します。やりすぎないように注意。


GSIクレオス Mr.ウェザリングライナー 錆色セット PP201 【Amazon】
GSIクレオス WCT101 Mr.ウェザリングカラー専用うすめ液 110ml 【Amazon】


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-08
リベットのモールドを目立たせるため、タミヤウェザリングマスターBセットのSNOWでドライブラシ。
白色なのでどぎつくならないように軽めに入れます。


タミヤ メイクアップ材シリーズ No.80 ウェザリングマスター B 【Amazon】


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-09
ガイアカラーのEx.フラットクリアーでコート。このフラットクリアーは下地色が白くカブらず、さらにつや消し度合いも軽めでザラつかないので、軍艦の外板塗装の表現として丁度良い感じでして、以前世界の軍艦コレクションのレビュアーしているときも重宝していました。


ガイアノーツ Ex-04 Ex-フラットクリアー 50ml 【Amazon】

一気に厚吹きするとウェザリングマスターが流れてしまうので、最初の2層くらいはまぶす感じで乗せてやり、3層目から本吹きします。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-10
コート後に、グロスブラックで窓を塗装。筆を使うより、つまようじを使った方が塗りやすいです。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-11
探照灯は、
  1. 反射鏡部分を全体ごとグロスブラックで塗装。
  2. その上からメッキシルバーNEXTを吹いて反射鏡を再現してレンズパーツをはめ込みます。
  3. レンズにマスキンクゾルを塗り、呉海軍工廠グレイで塗装。
  4. マスキングゾルを剥がして完成。
メッキシルバーNEXTの上からマスキングゾルを塗ると、剥がすときにあの輝きが幾分もっていかれてしまうので、先にレンズをはめ込むという工程を踏みました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-12
探照灯より小さい30cm信号灯は、適当なアルミステッカーを1.5mmのポンチで打ち抜いて貼り付けました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-13
このキットには1/200なのにこんなに小さいパーツも存在します。小型望遠鏡でして、さすがにレンズはモールドされていないので、グロスブラックをつまようじでスタンプして再現しました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-14
取付場所は防空指揮所の後部です。こんなに小さいので組み立て中に外れて紛失しないよう一番最後に取り付けました。


そんなわけで完成です。
1/200というビッグスケールがどれほどの解像度を持つかお伝えするため、いつもより大きな画像を載せました。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-15

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-16

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-17

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-18

どうでしょうこの圧倒的な迫力、ディテール、そしてこの高さ!
フネというよりお城やビルの模型を作ってる気分でして、このサイズともなると戦艦の艦橋とはこんなに高い建造物だったのかと実感します。1/700や1/350では絶対に気付く事の出来ない世界がそこにありました。
露天の防空指揮所の人や、エレベーターを使わせてもらえず背面のラッタルで艦橋を上がらねばならなかった下士官の人たちは、下を見た時さぞやお尻がムズムズした事でしょうね(苦笑)。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その3-19
1/700と並べると大きさがこんなに違います。^^

もっと多くの詳細な画像は親サイトのModel Galleryに載せましたので、ぜひそちらもご覧ください。
そんなわけでこの1/200戦艦大和艦橋、このようにすばらしい出来ながら未塗装接着剤なしでもそれなりに見映えよく組めてしまう多色成形のスナップキットとあっては、大和ファンなら間違いなく買いです!1/200スケールの持つ大迫力を多くの人に感じてもらいたいと私は思いました。



フジミ模型 1/200 集める装備品シリーズ No.2 戦艦大和 艦橋 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋(テストショット)を作る その2

前回の続きで、他の主要パーツも黒立ち上げ塗装をしていきます。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-01
下部艦橋。下地色のジャーマングレイを塗りました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-02
その上から呉海軍工廠グレイを、エッジ部分をボカシながら残して吹きました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-03
同じく第二艦橋周辺です。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-04
そして第一艦橋周辺。こうやって濃淡が付くと迫力増しますねえ。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-05
細かいパーツも同様に塗っていきます。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-06
艦橋内の壁や天井は白ですが、真っ白ではどぎつい気がするので、やや色調を落とした感じで明灰白色で塗装する事に。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-07
内部の塗り分けはこんな感じになりました。まだこの後にスミ入れとハイライトが入ります。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-08
艦橋の窓枠は、フリーハンドではビシッと塗り分けられる自信がなかったので、エアブラシで塗装します。細かくマスキング。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-09
まず呉海軍工廠グレイを吹き、それから裏側には明灰白色を吹き重ねました。裏側の下地をわざわざ呉海軍工廠グレイを塗る理由は、クリアパーツなのでいきなり明灰白色で塗ってしまうと表から透けて見えてしまうからです。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-10
塗装した艦橋窓を天井にハメ込んでみました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-11
仮組みして細部をチェック。イイ感じになりました♪


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-12
94式高射装置の台座にある舷灯を筆塗りしたところ、ご覧のようにムラだらけで大失敗!即シンナー風呂行きです。><


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-13
塗り直しついでに、舷灯の隔板が灯火で照らされて反射してる風に見えるよう、キャンディ塗装する事にしました。黒で下地塗装した上からメッキシルバーNEXTで塗装。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-14
上からクリアーレッド(左舷)とクリアーグリーン(右舷)を吹きました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-15
舷灯と隔板部分をマスキングし、船体色を塗装してリカバリー完了!
艦橋窓と同じく「急がば回れ」をめんどくさがらずに実践すべきでした。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-16
塗装が一通り終わったので、Mr.ウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れ。
ふき取りは、綿ホコリが出ないガイアノーツのフィニッシュマスターを私は愛用しています。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-17
滑り止めパターンの面はスミが均等に乗らずにふき取るとムラだらけになるので、0.2mmシャーペンで書き込みます。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-18
シャープ芯はそのままでは黒鉛のテカリがあるのと、輪郭がハッキリしすぎて不自然に見えてしまうので、Mr.ウェザリングカラー専用うすめ液でサッと吹いてやると境界が適度にボケてテカリも薄くなります。
なおテカリは、最後の仕上げ時に艶消しクリアーでコートすると完全に消えます。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-19
こういう感じになりました。ここにも後でハイライトを入れてやり、モールドをさらに際立たせる予定です。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-20
通気口のスミ入れもやはりムラが目立って気に入らないので、ここもエアブラシでマスキング塗装する事にしました。ついでに側面の窓の防弾板の裏側も、見た目のアクセントとして白塗装。
このマスキングだけで丸1日かかりました・・・


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-21
通気口にニュートラルグレーを、防弾板裏に白サフを吹きました。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-22
マスクをはがすとこんな感じ。
通気口は中のメッシュモールドが目立つように、呉海軍工廠グレイをドライブラシしています。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その2-23
ジャッキステーやモンキーラッタルなどの側面モールドも、やはり通常のスミ入れではモールドが浅くてスミが残らないのでシャーペンで書き込みました。そして今度はうすめ液を使わず、乾いた綿棒で上から下へ擦る事で細かい雨だれを再現しました。


そしてまた次回に続きます。


あと延期になっていたこの製品の発売日、25日メーカー出荷に決まったので、早い所は翌日店頭に並びそうです。



ギリ年内に間に合いましたね。^^;



フジミ模型 1/200 集める装備品シリーズ No.2 戦艦大和 艦橋 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋(テストショット)を作る その1

フジミさんから提供していただいた今月下旬発売予定の1/200 戦艦大和艦橋のテストショットを作ります。
まずは塗装前の下地処理から。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-01
部品を見て最も気になったのが、テストショットのせいかパーティングラインの段差が大きいところ。特に下部艦橋前面のは目立ちます。
おそらくこの辺は製品版では修正されているのではと思います。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-02
パテで段差を埋め、サンディングして修正しました。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-03
同様に裏側のパーティングラインも修正します。


次は部品同士の合わせ目消しです。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-04
下部艦橋の上に取り付ける下部見張り所には合わせ目が出来るので、やはりパテ埋め+サンディングを行い消してやりました。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-05
防空指揮所のヤード裏側は別パーツになっていて、ここも合わせ目が出来ます。同様に処理しました。


パーティングラインと合わせ目を消したら、全体にサーフェイサーを吹いて修正跡をチェックします。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-06
下部艦橋前面はまだ修正が十分でなかったので、再度サンディングしてサフ吹きします。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-07
サンディングとサフ吹きを3回繰り返してだいぶ目立たなくなりました。これ以上やると周辺のモールドが消えてしまったりダルくなるので、この辺で妥協します(実際ジャッキステー一部消えてしまいました)。


下地処理が終わったところで、次に色を乗せていきます。
大和は基本グレー一色ですが、防空指揮所の床だけはリノリウムやグレーチング貼りで、特にリノリウム床は別パーツ化されていないので塗り分ける必要があります。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-08
まずはMr.カラー日本海軍日本船舶迷彩色のリノリウム色で、防空指揮所の床を塗装。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-09
次にリノリウム押さえを塗装するためマスキングします。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-10
ガイアカラーのスターブライトブラスを吹いて、マスクを剥がすとこんな風に。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-11
そして今度は船体色を塗るためリノリウム床をマスキングします。これが大変だったー!



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-12
黒立ち上げ塗装を行います。まずは下地色としてMr.カラーのジャーマングレーで全塗装し、その上からタミヤカラーラッカー塗料の呉海軍工廠グレイをフチを残してボカシ塗装します。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-13
エッジ部分を際立たせるためタミヤエナメルカラーで呉海軍工廠グレイより明るい色を作り、ドライブラシ塗装を行います。


次に別パーツ化されているグレーチング張り床を塗装します。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-14
この床、なぜか正方形のくぼみ部分が凸モールドで、骨組の格子部分が凹モールドという、本来の構造とは逆さまの処理が施されています。なので全体をMr.カラーのジャーマングレーで塗装後にタミヤエナメルカラーのダークイエローで塗装。そして凸モールド部のエナメルカラーをフィニッシュマスターでふき取り、格子モールドを際立たせます。



フジミ 1/200 戦艦大和艦橋を作る その1-15
グレーチング床パーツを防空指揮所にはめ込んで、防空指揮所の塗装完了。

以降他の個所もこれと同様に黒立ち上げで塗装していきます。

次回に続く。



フジミ模型 1/200 集める装備品シリーズ No.2 戦艦大和 艦橋 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット入手

12月に発売予定の1/200戦艦大和艦橋のテストショットをフジミさんから提供していただきました。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 01

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 02
これら二枚の写真で全部品。大きさが分かりやすいように100円ライターとか500円玉を並べて撮影。
1/200ってこんなに大きいのか!と思うくらいデカイですw


次に各部品のディテール。

フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 03
この下部艦橋だけで女性の握りこぶしくらいあります(笑)。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 04
羅針艦橋とその付近。トイレットペーパーの芯くらいの直径。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 05
15m測距儀(上)と二号一型電探(下)。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 06
防空指揮所(表・裏)と前部測距儀塔。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 07
昼戦艦橋(上)、測距儀中央部(左下)、主砲射撃指揮所(右下)。


フジミ 1/200 戦艦大和艦橋 テストショット 08
九四式高射装置(左上)、機銃射撃装置(右上)、連装&三連装機銃(左下)、艦橋窓(右下)


これらはT2(二度目の試験打ち)だそうですが、さすがにこのサイズともなると、鉄板の厚みやエッジの利き具合とかは文句なしです。ラッタルやジャッキステーのモールドがどうもあっさりに見えるのですが、それは大和を模型でしか知らないので、本来はこれくらいがリアルなサイズなのかもしれません。

せっかくなので実際に組んでみたいと思います。
それはまた後日という事で。



フジミ模型 1/200 集める装備品シリーズ No.2 戦艦大和 艦橋 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた

大阪日本橋でんでんタウンのジョーシン電機スーパーキッズランド本店に、7月のワンフェスで展示されていた島田拓身氏のフジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画が先週から展示されていると知って、見に行ってきました。

動く背景動画展示のご案内(ジョーシン電機スーパキッズランド本店様) 【fujimi-style 2018 9/5】


あったあった!

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 01

思ってたより大画面で大艦隊!
てか、現在発売されているシリーズの艦艇すべてがここに揃ってるそうです。

ディスプレイのデモ映像は単なる海面と白波の動画だけでなく、1/3000集める軍艦シリーズを使って日本海軍艦艇を解説するプロモーションビデオ仕立てになってます。

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 02

これ見て映画「連合艦隊」の冒頭の、

「海は日本を閉ざし 海は日本を開いた」

のテロップシーン思い出しました。


アバン的なのが終わると大海原を航行する連合艦隊の画面に切り替わり、デモ映像が始まります。

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 03

加賀と飛龍が重力に負けて脱落してるのが残念~。他にも取付位置がずれてしまっている艦艇も少し・・・その後店員さんが直してくれてると良いけど・・・>_<


第二次大戦時の軍艦だけでなく、海上自衛隊の護衛艦もいました。

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 04

上から、しらね、ひゅうが、いずも、その後ろにはるしお、そうりゅうの潜水艦隊。
分類的には護衛艦は駆逐艦クラスですが、その前列に並んでる戦時下の駆逐艦と比べると明らかに大きく、巡洋艦、空母並にゴツイのがわかります。


各艦のごとの解説では、それに合わせて該当艦が主砲を発射します。

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 05

こんだけよく出来てると砲塔が横を向いてないのが惜しくなる贅沢!


フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 09

空母の場合は艦載機が発艦します。艦首の先に見える黒い物体がそれで、加賀と飛龍は白波から発艦してました(苦笑)。
駆逐艦は主砲の代わりに魚雷を斉射していて、雷跡が発射管から放射線状に延びていくシーンが超カッコ良く、なんで撮影し忘れてしまったのか悔やまれます。


そしてディスプレイの手前には、島田拓身氏のもう一つの代表作であるレジンキューブも展示されていました。

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 06

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 07
こんなところに加賀と飛龍がw

フジミ1/3000集める軍艦シリーズの動く背景動画見に行ってきた 08

透明レジンで固める事により、立体的でドラマチックなシーンを切り取った斬新なアイデアのビネット作品で、オブジェとしても大変美しいです♪


デモ映像の一部の動画。



デモ映像は、各艦艇の紹介以外にもフジミの軍港シリーズのどの製品にどの艦艇が入っているかの説明もあったりと、上手い具合に製品の宣伝を兼ねた内容になっていて、あまりに良く出来ていたのでしばらくの間見入ってしまいました。というかもうここまで本格的な物だともう趣味の範囲超えていて、どう見てもプロのお仕事です。ありがとうございました。

ちょい残念だったのは、店内でのセッティングが音が小さい上にすぐそばで流れてた別のビデオの音声と混じってしまい(さらには店内放送BGMとも混じってしまい)、せっかくのナレーションやサウンドがハッキリ聞き取れない事でした(ナレーションもどう聞いても素人の声じゃなかったです)。
そんな事もあり、ショーウィンドウの一角で長時間聞き耳を立てて突っ立ってる不審者状態だったので、店員さんからはさぞかし怪しい奴だと思われた事でしょう(大汗)。

この作品、フジミのブログによると展示は12月頃まで予定してるようなので、興味を持たれた人はでんでんタウンに行ったときにスーパーキッズランドに立ち寄られてみてはいかがかと思います。


《関連外部リンク》

fujimi style
フジミ1/3000集める軍艦シリーズ 【Amazon】
スーパーキッズランドブログ
島田拓身 (@ngshimada) |【Twitter】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ艦NEXT1/350雪風 組み立てレビュー その4 完成品写真と総評

ちょっと体調がおもわしくなくて更新が遅くなりましたが完成した艦NEXT1/350雪風です。

組み立てレビューとして作ったので細部を塗り分けた以外は成型色のままで、その上からウェザリングとつや消しコートを施したのみの素組み。ボーナスパーツは全部付けました。


《全体》

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 01

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 02

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 03



《各部クローズアップ》

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 04

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 05

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 06

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 17

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 07

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 08

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 09

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 10

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 11

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 12

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 13

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 14

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 15

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 17



最後に手前から奥まで焦点距離を変えた写真を何枚か撮り、それを繋ぎ合わせて被写界深度合成したパンフォーカス写真です。Photoshop持ってないので手動による作業でして、えらい時間かかりました(笑)。

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 18

フジミ艦NEXT1/350駆逐艦雪風 完成画像 19


1/350なので1/700より部品強度に余裕があるため、本来細いはずの部分を無理に太くしてるようなところも少なく、完成した姿はご覧の通り他社製の1/350雪風と比べても遜色なく見事な精密感です。そして何より組み立てやすい!前後マストを甲板に差し込む所以外は(笑)。

また論点になるスナップフィットの固さですが、現時点において最も新しい艦NEXTシリーズだけに最初の大和と比べると結構改善されていました。固すぎて入らないという部品はゼロではありませんがほとんどなくなっており、逆に小さな部品は固さを加減して壊してしまわないよう配慮されているのもわかりました。
ただ壊れやすい極小パーツの集合体で、しかも部品数の多い艦船模型自体が元々スナップ式との相性が悪いジャンルであり、固さを加減すると形状的にどうしても微妙に強度が足りなさそうな箇所も多少出てきますので、既存の接着剤を使ったスケールモデルのカチッとした強度に慣れてる者としては少し不安に感じるところもあります。接着剤不要というのは臭いや安全面、手軽さで大きなセールスポイントなのはわかりますが、今回の雪風でもまだそれは完成の域の技術ではなくやはり併用するのがベストかと。

ここが今後どれくらい進化できるのかによって、このフジミの新たな挑戦が後々大きく評価されるか否か別れると思いますので、個人的には期待します。

 
フジミ模型 1/350 艦NEXTシリーズ No.3 日本海軍 陽炎型駆逐艦 雪風 【Amazon】
フジミ模型 1/350 艦NEXT 雪風 純正エッチングパーツ 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】