第10回大阪モーターショーに行ってきました

アップが遅くなってしまいましたが、12月8日からインテックス大阪で開催されていた第10回大阪モーターショーを最終日に見に行ってきました。
自動車関連のイベントは久しぶりですが、平日にもかかわらず会場はそれなりに混んでました。

まずは入場ゲートから最も近い展示棟にあったホンダから。

大阪モーターショー 2017 02
「Urban EV Concept」いうEV車のコンセプトカー。
デザインは初代シビックをオマージュしてるそうですが、どっちかというと初代ゴルフぽいです。



大阪モーターショー 2017 03
こちらはスポーツタイプの「Sports EV Concep」。
二台ともフロントグリルがディスプレイになっていて、そこにメッセージや顔文字が表示されるようになってます。



大阪モーターショー 2017 04
佐藤琢磨インディ500優勝マシンのアンドレッティ・オートスポーツDW12。
イベント2日目にはご本人ゲスト出演していたとか。


大阪モーターショー 2017 62

大阪モーターショー 2017 05
FF世界最速を誇る新型シビック・タイプR。カッコ良かったです♪
話題のクルマだけあってやはり注目度が高く大人気で、運転席乗る順番で長蛇の列でした。



大阪モーターショー 2017 06
新型NSX。こちらは値段が値段だけに運転席に座れるサービスはなく、一段高い展示台に置かれてて触れるのも禁止でした。

隣の棟に移動して日産のブースへ。

大阪モーターショー 2017 08

大阪モーターショー 2017 09
EVコンセプトカーの「NISSAN IMx」。
完全自動運転で、内装は和の感性を取り入れてるのだそうです。



大阪モーターショー 2017 10
その隣に展示されていたリーフのNISMO仕様である「LEAF NISMO Concept」。



大阪モーターショー 2017 11
GT-R Premium edition 2017年モデル。
これもシビック・タイプR同様人気で、座る人で列が出来てました。子供がふざけてサイドシルをガンガン踏んでたのが気になりました。坊主値段わかっとんのかい。^ ^;


続いてスズキのブース。

大阪モーターショー 2017 07
「e-SURVIVOR」というコンパクトSUV。
ホイールまで電飾されていて一際鮮やかでした。スズキのコンセプトカーはこの1台だけ。


さらに展示棟を移動して今度はマツダのブース。

大阪モーターショー 2017 12

大阪モーターショー 2017 13

大阪モーターショー 2017 14
次期アクセラのプロトタイプと言われてる「魁(カイ) CONCEPT」。
ガソリンの走りの良さとディーゼルの燃費を両立した新世代エンジン「SKYACTIV-X」を載んでいるのが大きな特徴。



大阪モーターショー 2017 15

大阪モーターショー 2017 16
なるほど見た目はアクセラをCX-5、8系の顔つきに寄せてさらに未来的にした感じ。今回最も見たかったのがこのクルマでして、ターンテーブルで回ってる姿に10分くらい見惚れてました。超カッコええ♪

東京モーターショーにはもう1台「MAZDA VISION COUPE」と言うクルマも展示されてたんですが、大阪では残念ながら置いてなかったです。先日マイナーチェンジしたアテンザもありませんでした。見たかったなー(´・ω・`)


トヨタのブース。

大阪モーターショー 2017 18
人工知能(AI)と自動運転技術を組み合わせた安全装置を持つという「Concept-愛i」。
リヤの意匠が美しかったので、そちら側から撮ってみました。



大阪モーターショー 2017 17
こちらはコンパクトタイプの「Concept-愛i RIDE」。
フロントにメッセージの出るディスプレイがあったりと、なんかホンダのと似てるなあと思いました。



大阪モーターショー 2017 19
水素自動車の「FINE-Comfort Ride」。C-HRぽいというか、もうそのまま市販出来そうなデザイン。



大阪モーターショー 2017 20

大阪モーターショー 2017 21
スポーツタイプのコンセプトHV車「GR HV Sports Concept」。
若い頃に幕張のモーターショーで見た「トヨタ4500GT」に顔つきが似てましたね。こっちはほぼこのまま市販される話が出てるようです。



大阪モーターショー 2017 22
発表以来話題になっていたクラウンコンセプト。これも大人気でしたねえ。
いつかはクラウン世代高齢化のため今回は若者受けを狙ったそうですが、熱心に見てたのはやはり昭和のおじさん族でした。

次はダイハツのブース。

大阪モーターショー 2017 25
イベントブースに並ぶ二台のコンセプトカー。



大阪モーターショー 2017 26
軽トールワゴンのコンセプトカー「DN U-SPACE」。
前後スライドドアで低床設計のため、小さな子供やお年寄りでも乗り降りしやすそう。ガソリンエンジン車。



大阪モーターショー 2017 60
こっちはEV車で商用タイプの「DN Pro Cargo」。
ミゼットをイメージしてデザインされており、荷室に棚が備わってました。



大阪モーターショー 2017 28
そんなわけで比較用にミゼットも一緒に並んで展示。



大阪モーターショー 2017 29
昔ダイハツが作ってた小型乗用車「コンパーノ・ベルリーナ」と、それをイメージにしたコンセプトカーの「DNコンパーノ」。
ダイハツは地元大阪の企業のせいか、この展示会トヨタ並に気合入ってるように感じました。


三菱です。

大阪モーターショー 2017 30

大阪モーターショー 2017 31
SUVタイプのコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」。



大阪モーターショー 2017 32
エッジの効いたデザインに三菱らしさが。そしてコレも真ん中からガバッと開く。流行りなんでしょうか?


国産メーカー最後はスバル。

大阪モーターショー 2017 33

大阪モーターショー 2017 34
「VIZIV CONCEPT」というコンセプトカー。
お家芸の水平対向エンジンとAWDの組み合わせたハイパフォーマンスカーで、WRXを尖らせたようなデザインでした。


次に外車勢なんですが、コンセプトカーらしき出品はどこもなかったのが残念でした。
その中でも見た目的に最もそれっぽかったのがBMW i8。

大阪モーターショー 2017 35

大阪モーターショー 2017 36
しかもこれは「Protonic Frozen Yellow」という日本に4台しか割り当てられてない特別モデルでして、大人も子供もペタペタ触り放題で、いいのかなあと思いながら値段表見たら2,298万円と書かれていてビックリ!(゚〇゚;)



大阪モーターショー 2017 38
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410。こちらのお値段は約1,500万円ほど。



大阪モーターショー 2017 39

大阪モーターショー 2017 40
マクラーレン・570Sスパイダー(上)と720S(下)。
値段の話ばっかになりますが、こちらはさすがに2,500万と3,300万のクルマだけあって、常時係員付きっ切りで柵もしてあり近付けなかったです。



大阪モーターショー 2017 41
先月発売になったばっかの新型シボレー・カマロ・コンバーチブル。
トランスフォーマーと一緒に展示されていました。コレも乗り込み自由で、隣で写真撮ってる女の子が乗ってる人へ「正直邪魔なんだけど~」とボヤいてまいました。^^;



大阪モーターショー 2017 42
フィアットのホットモデルであるアバルト595コンペティツィオーネ。
こんなちっこいボディに180馬力もあって、運転席座ってみたかったけど人大杉であきらめ~。


他にもいっぱい魅力的なクルマあったけど、割愛してその他番外編です。

大阪モーターショー 2017 44
以前ネットで話題になっていた実物大ミニ四駆エアロアバンテ。
横にでっかい乾電池置いてありましたが、後ろからカウルの中のぞいてみるとモーターでなくエンジンが載せてありました。



大阪モーターショー 2017 45
チョロQみたいなハコスカ。実はバイクです(笑)。



大阪モーターショー 2017 56
カスタマイズカーを並べたブースにあったケンメリGT-R。

大阪モーターショー 2017 47
羨望の眼差しで見ていると、係員が親切にボンネット開けてくれて中にはL型エンジンが載っていました。('A`)



最後にモータショーの華であるコンパニオンのお姉さん達。

大阪モーターショー 2017 48
ホンダのブース。
第1期F1を連想させるナショナルカラー。



大阪モーターショー 2017 50
トヨタのブース。
なんかコンセプトカーだけでなく制服もホンダとカブッてる気が。


大阪モーターショー 2017 49
マツダのブース。
「黒マツダ」と呼ばれるモノトーン基調の新世代店舗のイメージカラーでした。



大阪モーターショー 2017 52
スバルは青と白の清楚な制服で、お嬢さんもいかにもモデル的な雰囲気ではなく今回最もお気に入りでした。^^



大阪モーターショー 2017 57
阪神高速の働くクルマとお姉さん。
実際こんな子が乗っていればおじさん助け呼んじゃうよ。



blog171215058.jpg
「CPCボディアーマー マキシム」というコーティングのデモカーF50と一緒にいたセクシー姉さん。
あの子色んなポーズや表情くれて他の子と一味違うと、カメコ軍団が絶賛してました。



大阪モーターショー 2017 61

そんなわけで約3時間ほどかけて全体をざっと見て回りました。
インテックスは広いので、これはじっくり見ようとしたら丸1日かかる内容でしたね。疲れましたが楽しかったです♪

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

アクセラにMAZDA SPEEDのエアロパーツを全部付け

せっかくブログ再開したのに、おおさかホビーフェス以降しばらく更新放置してました。すみません。

まだしばらくは本格的に模型製作を再開できなさそうなので、当面はここ半年ほどの休止中の出来事を中心に更新していこうと思います。

なので今回は久しぶりにクルマの話を。


アクセラ、エアロパーツ他 15

我が愛車のアクセラにはMAZDA SPEEDの純正エアロパーツのうち、フロントとリヤ、サイドのアンダースカートを新車購入時から付けてるのですが、乗ってるうちにやっぱりフル装備にしたくなったので、ディーラーの1年半点検だった6月頃に残りのパーツも取り付けてもらいました。


ひとつめはリアルーフスポイラー。

アクセラ、エアロパーツ他 01

ルーフの後端は、ノーマルでもこんな感じのちっちゃいスポイラーが付いてるデザインになっているのですが・・・



アクセラ、エアロパーツ他 02

その上にボルトオンでもうひとまわり大きいのが付く形になります。
色はボディ同色か黒か選べるのですが、装着済みのエアロの色が黒のみなので、それと合わせて黒にしました。ボディカラーも白だからコントラスト的にも相性良いですし。



アクセラ、エアロパーツ他 03

下から見るとノーマルがこんな感じ。



アクセラ、エアロパーツ他 04

MAZDA SPEEDはリップタイプのように見えて、実は中央に支柱があって少し上げ底になっているウィングタイプになっています。


もうひとつはドアミラーガーニッシュ。

アクセラ、エアロパーツ他 05

つまりはドアミラーのガワ交換でして、純正のボディ同色から黒色への変更です。
ちなみにこの部品は前期モデルと後期モデルでドアミラーウインカーの形状差でデザインが微妙に違ってて、これは前期モデル用で後期より少し値段が高いです。(-"-;


あと外観の変化としては純正品ではないですが、フロントのフォグランプカバーに加飾を付けました。

アクセラ、エアロパーツ他 06

ここは元々加飾が付くようなデザインになっていて、実際デミオ(左)やアテンザ(右)には装着車があるんですが、なぜかアクセラだけ設定されてないのです。厳密にはKENSTYLEというマツダディーラー専売の他社製品にはあるんですが、デイライト内蔵型で8万円位と高すぎ!

なのでネット通販で市販品を買いました。

アクセラ、エアロパーツ他 07

これがその加飾パーツ。色んなショップから違った商品名で発売されていますが、どれも値段は大体4000円前後で見た目も酷似してるので、辿って行けば製造元は同じなのかもしれません。

ただこれは前期用なので、アクセラの後期型が出て1年以上経った今では、もう製造を終了しているのかだいぶ品薄になってきてます。


アクセラ BM BY系 フォグカバー ライン状 ガーニッシュ アイブロー 【Amazon】



アクセラ、エアロパーツ他 08

この手の市販パーツは大抵中国かどっかのアジア製だと思いますが、クロームメッキの品質はとても良いです。



アクセラ、エアロパーツ他 10

裏の取付用テープは3M製ですが、貼ってある量がしっかり止めるにはやや心許ない気もするので、別途強力両面テープ買って付け足しました。場所が場所だけに走行中に外れたりすると危険なので、100均とかの安物でなくちゃんとしたメーカー物を使った方が良いです。


3M スコッチ 車輛用 両面テープ 10mm×10m PCA-10 【Amazon】


アクセラ、エアロパーツ他 14

これが取り付け前で・・・



アクセラ、エアロパーツ他 11

これが取り付け後。

ネットのユーザーレビューによく書かれれてる微妙に密着しないというのは本当に微妙な部分で、見た目ではわからなくてグッと押し込んだら「あっわずかに隙間あるな」というのが左側のみ感じました。モデラーなので当たり前のように借り組みしてからドライヤーで温めて補正しましたが(笑)、個体差もあるでしょうし、値段考えたらこんなものかなという気がします。


見た目はこんな具合になりました。

アクセラ、エアロパーツ他 12

アクセラ、エアロパーツ他 13

MAZDA SPEEDのエアロパーツは、フル装備でもこの位の控え目な渋いデザインなので気に入ってます。ただその代わり、同じアクセラオーナーかもしくは余程クルマ好きでないと付けてるの気付かないでしょうね(苦笑)。

にしても昔はドアミラーとかエアロパーツはボディ同色がセオリーで、そこが黒色なんて廉価グレードの装備というイメージだったんですが、今は一周してむしろコレが流行りになってるんですねえ。もちろん昔のは塗装じゃなくて樹脂の地の色でしたけど。


実は内装のアクセサリーもこの1年半の間にちまちま追加してるんですが、それはまた別の機会に。

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

成田山不動尊で車の祈祷してきました

アクセラ買って約1年。
大阪府寝屋川市の成田山不動尊へ交通安全祈祷へ行って来ました。

普通こういう願掛けは大抵新車購入時にやるもんなんですが、去年の今頃は家庭の事情でバタバタな状態だったので、時間的にも精神的にもそんな余裕はなく、そのままずるずると機会を失ってほったらかしていたのです。

そんな経緯があったので、新年を迎えたのを契機に改めて行く事に。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 01

角松でかっ!
松の内が過ぎたとはいえ、1月いっぱいは初詣期間なので高さ12メートルの巨大角松を飾ってあるのだとか。

ここは千葉の成田山新勝寺の大阪別院でして、関西で交通安全祈願の最も有名なところと言えばここになります。なんせ自動車祈祷専用のでっかいお堂があるくらいですから。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 02

ここにクルマをずらっと並べて拝んでいただきます。今回は空いてたけど、正月や交通安全週間とか混んでる時期にはショッピングモールの駐車場並にびっしり並び、なんと100台まで一気に祈祷可能だとか。

さてそんなわけでクルマを祈祷してもらいにまずは受付へ。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 04

祈祷料は四輪の場合で普通祈祷の5000円から特別祈祷の2万円以上までいくつかあるんですが、信仰心が強い人やお金に余裕のある人以外はみんな大抵5000円か7000円を選びます。

で私も例に漏れず5000円のにしようと申込用紙に必要事項を記入見本を見ながら書き込んでいくと、祈祷料1万円のところに丸がしてあるので、うっかりそこに丸するところでした。あぶねえ~

成田山不動尊で車の祈祷してきました 05

これ暗に誘導してないか?
フリーソフトのインストール時に、チェックボックスに勝手にチェックが入ってる抱き合わせソフトと同じにおいがします(苦笑)。


そんなわけで受付を済ませたら、祈祷の時間までしばらくあるので、境内を少し見て回る事に。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 13

ここは元々香里遊園地という施設の跡地に建てられた寺院なので、境内はかなり広いです。その遊園地はとなりの枚方市に移転して、今の「ひらパー」ことひらかたパークになりました。



成田山不動尊で車の祈祷してきました 14

本尊の不動明王を安置してあるという立派な本堂。せっかくなのでお参りしてきました。



成田山不動尊で車の祈祷してきました 18

本堂軒下の寺社装飾。鮮やかな朱塗りの垂木や向拝の彫刻が見事で、このままずっと眺めていたくなります。



成田山不動尊で車の祈祷してきました 15

豪華絢爛な本堂に比べて、その隣にあった大師堂は落ち着いた配色。


このお寺は交通安全で有名ながら、地理的に大阪の鬼門に位置するために元々は鬼除けとして建立されたという経緯があるので、毎年節分にはNHK朝ドラのタレントやお笑い芸人、人気力士が来て豆をまくイベントで有名です。今年はべっぴんさんの出演者と豪栄道が来るとの告知が貼ってありました。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 03

ちなみに豪栄道は寝屋川市出身でして去年も来てました。今やすっかり地元の星ですね。
当然ながらその日はこんなに人まばらでまったりとしておらず、テレビ中継もあって大変な人ごみでごった返します。



成田山不動尊で車の祈祷してきました 06

そんなこんなしているうちに祈祷の時間になったので、自分の車を駐車場から祈祷殿の前に持ってきました。



成田山不動尊で車の祈祷してきました 07

ドライバーは車から降りて、席に座って車と一緒に祈祷を受けます。
軒下とはいえ屋外なのでこの時期超寒いですが、大体15分くらいで祈祷は終わります。その後は運転免許の更新みたいに一人ずつ名前が呼ばれて交通安全のお札を受け取ります。



成田山不動尊で車の祈祷してきました 08

これが普通祈祷5000円のお札。一緒にステッカーとお守りも付いてきます。


成田山不動尊で車の祈祷してきました 09

裏には祈祷を受けた自動車の登録ナンバーが書いてあります。以前は紐にガラスに付けるための吸盤が付いていたんですが、今は道交法で窓ガラスに付けるのは禁止になってるそうで、代わりにサンバイザーにはさむフックが付いてました。

その事は成田山公式のホームページにも載ってます。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 12
http://www.osaka-naritasan.or.jp/gokitou/fee-gokitou/

これによると平成20年から禁止になったようですね。もう9年も前の話ですが、以前のクルマ13年も乗ってたので今まで知りませんでした。


しかしこのフック、アクセラのサンバイザーには幅が狭すぎて、見本写真のようにキレイに収まりません。

成田山不動尊で車の祈祷してきました 11

まあ昭和の時代と違ってこういうのをわかりやすい位置に付ける人も今は少ないし、フックは取り外し可能になっているので、ステッカー共々グローブボックスの中でお守りいただくとします。

1年遅れの祈祷でしたが、この車を手放すその日まで事故を起こさず巻き込まれず、なにとぞ安全な自動車ライフを送れますように。
特に前の車では当て逃げ二度もされたので、どうか今回はやられませんように。( ̄人 ̄)


《外部リンク》

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

アクセラのフロントアンダースカートにエアロガード2を貼ってみた

アクセラ購入から半年ほど経った頃、駐車場の出口のスロープを降りた時に軽くですが「ガリッ」という感触がありました。
帰宅して確認してみると、フロントアンダースカートの底に小さいスリ傷が!


エアロガード II 01

エアロガード II 02

まあほとんど見えない場所ですし、気に病む程でもない軽傷なんですが、スロープや踏切りなどの段差越えには相当注意を払ってきたつもりなんですが、やっぱり擦る事からは逃げられないもんなんですねえ。無傷状態維持できたのたったの半年か~。

という事は今後もまた擦るに決まってるので、本格的なガリキズを付けないためにも市販のエアロパーツ用クッション材付けてみました。選んだのはシルクブレイズというメーカーのエアロガード2という製品。一緒に脱脂剤のシリコンオフと位置決め用のマスキングテープも購入。

エアロガード II 03

こういうモールタイプのクッション材は、アマゾンで検索しただけでも数点見つかりまして、どれも長さが2.5~3.0mと若干違う以外幅と厚さはほぼ同じ、価格も大体3000円前後です。
そんな中何故このエアロガード2を選んだ理由はというと・・・



エアロガード II 05

取り付け向きに前後があって、前に来る方が角がなめらかになっているという一工夫があったからです。
他社製品でも同じ仕様がもう1社ありましたが、この製品がアマランのベストセラー1位でレビューも最も高評価が多く、そして長さが3mと最も余裕があったのが判断理由です。とはいえ両者ともとても良く似ているので、元は同じ物なのかもしれません。

取り付け方は公式の動画が公開されています。



VTRでは簡単そうに見えますが、それは車をリフトアップ出来るか、せめて前輪をウマに乗せられる環境がある事が前提の話であり、実際そんな人はほとんどおらず地面に寝そべりながらの作業になるので、結構大変なんじゃないかと思います。



エアロガード II 06

でアクセラへの取り付けなんですが、このマツダスピード製フロントアンダースカートは、最近の流行なのか昔のように直線的でなく中央が両端からやや上に持ち上がっており、さらに底部も平らでなく先端に向かって反り返っているという3次元的曲面デザインになっているので、こういう平面状のモールを付けようと思うと結構位置決めがしにくいです。



エアロガード II 07

まずは両面テープが剥がれないようシリコンオフで拭いて脱脂。
シリコンオフは今後早々使わないでしょうから、レギュラーサイズ缶はもったいないのでチビ缶を買いました。それでも思い切り余ります。



エアロガード II 08

一度貼ったらやり直しは効かないので、予めマスキングテープでガイドを設けて貼り付け作業を行いました。
極力正面から貼ってるの見えて欲しくないけど、奥に貼りすぎて先端をこすったのでは意味がありません。擦り傷は大体先端から大体2~3cmの位置に付いてたので、そこをちゃんとカバーできるよう先端から1.5cmくらいの箇所をキワにして貼っていきました。



エアロガード II 09

塩化ビニール製とはいえ幅3cmもあるモールですから、曲面へはドライヤーでよく温めてから貼っていきます。



エアロガード II 10

Rのキツいコーナー部分には、現場合わせで印を付け、くさび形の切れ目を入れます。ダーマトグラフが切れてたのでMr.ウエザリングライナーのスノーを代用しました(笑)。



エアロガード II 11

こうする事によってきついR面にも追従して貼れます。雑に切れ目入れた割にうまくいきました。



エアロガード II 12

作業完了。余った長さは80cmほどでした。このエアロガード2は前記のとおりこの手の製品の中で最も長い製品ですが、アクセラの場合はもっと短い競合他社品でも足りましたね。



エアロガード II 13

このフロントアンダースカートはピアノブラックの光沢仕様になっているので、マット仕様のクッション材は目立つかな?と思っていましたが、こうして見ると全然違和感ないので、これならもっと安全マージン設けて、先端キワに沿って貼っても良かったなと思いました。

そして取付難易度ですが、やってる事自体は簡単でも地面に寝そべりながらの作業はどうしても手際が鈍りますし、下にクッションでも敷かないと新聞紙だけでは肘や膝を痛めるし、ご近所の視線は痛いし、この暑さで汗だくになるわ蚊に咬まれるわで、そっちが大変でした。ただ暑さのせいなのかモールが結構柔軟性に富み、曲面に馴染みやすかったので、思ったよりは楽だったという感じ。

そんなわけで、これで段差通過時にこれまでほど神経質にならなくて良いと考えると、精神衛生的に付けて良かったと思います。
取り付けて早一月半、その後ガリッと擦った事は幸いにもないので、どれくらいの保護力があるのかはまだわかりませんが、この連日の猛暑の中剥がれる事なく強力にくっついてるので、粘着力の耐久性は問題なしと見て良さそうです。


 
SILKBLAZE エアロガード2 ブラック AEROGUARD2-BK 【Amazon】
ソフト99(SOFT99) 脱脂剤 シリコンオフ チビ缶 【Amazon】

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

新型アクセラ15XD 試乗記

Windows10のアップグレードに失敗し元の7をクリアインストールして以来、なぜかPCの調子がずっと悪くてしばらく更新できずにいました。すみません。


さて、こないだディラーでアクセラにドライブレコーダー付けてもらったんですが、配線を外から見えないよう裏取りしてもらう筈がそうなっていないミスがありました。なので日を改めてやり直す事になったんですが、他にも出てきた不具合を見てもらうとか作業に時間がかかるので、先月中旬にマイナーチェンジしたばっかの新型アクセラを1日試乗でお借りました。


新型アクセラ1日試乗 01

ホントはまたロードスター借りる予定だったんですが、客がガードレールにぶつけて大破してしまったそうです。

でも前期型オーナーとしてはこの後期型も結構気になっていたので、これはこれで渡りに船でした。2.0リッターガソリンエンジンモデルが廃止になった代わりに投入された新グレードで、1.5リッターディーゼルターボエンジンモデルの15XD PROACTIVE。ボディカラーはディープクリスタルブルーマイカです。


見た目で変わったところをチェック!
比較用の前期モデルは、自分のクルマはエアロを付けているため素の姿と少し違ってるので、購入時にボディカラーの検討用としてディラーで撮影した当時の展示車です。内装は自分のクルマ。


新型アクセラ1日試乗 02

フロントグリルは最も変更点多いですね。前期型はアテンザ寄りの顔つきだったけど、後期型はデミオ・CX-3寄りになった感じ。やっぱり「シグネチャーウィング」とマツダが名付けたフロントグリル下側から左右ヘッドランプに繋がるラインのデザインが変わったのが大きいかと。押し出し感が前よりちょっと強くなった感じかな。



新型アクセラ1日試乗 03

リヤはバンパー下部の黒い樹脂部分が小さくなり、欧州車ぽさが減って国産車的イメージに。それと前期型ではオプションだったリアコーナーセンサーが標準装備になっています。



新型アクセラ1日試乗 04

外装の変更点で他に気付いたところは、ドアミラウインカーの発光部が前期型では側面のみだったのが、後期型では正面にまでスリット状に大きく伸びているところですね。あと写真撮り忘れましたが、フロントガラス上部にあるセンサー類も、後期型からは歩行者も検知出来るようになったので、機器が赤外線レーザーからカメラに変わって見た目がスッキリになってました。それ以外は多分同じじゃないかと。



新型アクセラ1日試乗 05

インテリアは細かいところに変更点結構ありました。まずシート地が変わってるし、ダッシュボードに横一文字に埋め込まれてるデコレーションパネルの色が、サテンシルバーからガンメタ調の色になっています。



新型アクセラ1日試乗 06

ハンドルは北米で販売してる大型SUVのCX-9用とほぼ同じデザイン。国内モデルならロードスターのが似てますね。革の素材にも変更があり、前期モデルはよくある普通のスベスベ系の触感でしたが、今回のはウレタンフォームぽいザラつきのある滑りにくい触感で(スエードほどではない)、握った感じも断面の楕円形が強くなりやや細くなったような気がします。手汗の多い人はこっちの方が使いやすいかも?個人的には見た目は後期ですが、触り心地は前期のが革らしくて好みですね。

センタータコメーターは正直安っぽくなった感じ。よく言えばシンプルになりました。



新型アクセラ1日試乗 07

ドアスイッチは化粧パネルがカーボン調からピアノブラックに変更、ドアノブまわりのはピアノブラックからデコレーションパネルと同じガンメタ調に変更。そしてペッドボトルしか入らなかった筒型ドアポケットが、雑誌やチラシでも入りそうな間口の広いものに変わってます。

カーボン調パネルはドアスイッチ以外にも、メーターバイザーやセンターコンソールなどあちこちに施されていましたが、今回から廃止になってますね。



新型アクセラ1日試乗 08

マツダコネクトもモニター筐体が黒い台形がかったデザインになり画面解像度も上がって、さらにラジオの放送局名が表示されるようになっていました。逆に今まで表示されていなかったことの方がどうかしてる話でして、いつの時代のカーステだよ!と思います。次回のソフトウェアバージョンアップで既存のマツダコネクトにも対応して欲しいですね。


そんなわけで早速試乗してみたところ、1.5リッターディーゼルターボエンジンは普通に街中を流す分には既存の同排気量ガソリンモデルと左程変わりませんが、やはり中間加速は随分違っていて速いです。体感的にはガソリン車なら大体2.5リッター並のパワー感で、余程飛ばす人以外は大抵満足出来るレベル。

またディーゼル独自のカラカラ音を減少させる装置で従来のナチュラル・サウンド・スムーザーに加え、このアクセラでは新開発のナチュラル・サウンド・周波数コントロールというのが追加されているそうで、以前CX-3借りた時に感じた「抑えられてるけどやっぱこれディーゼルの音だなー」が、今回は遂に全くわからないレベルになっていて感動です。ただそれは車内のみの効果みたいで、外に出て聞くとやっぱりディーゼルの音ですね。



新型アクセラ1日試乗 09

マツダが「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」と呼んでるHUDも一新されていました。発色が良くなりカラー化されて制限速度や一旦停止とかの道路標識が出たり、ナビ連動機能も曲がる場所までの距離が数字だけでなく棒グラフまで出るようになっていたりと情報量が増えており、うらやましい限りです。



そしてこのマイチェンアクセラには最大の特徴として「G-ベクタリング・コントロール(以下GVC)」というマツダの新技術が搭載されていまして・・・



どんなものかというと、旋回時に発生する前後左右のゆれを、エンジン出力を制御する事で緩和するものらしいです。つまりは荒っぽい運転やヘタクソ運転の乗り心地の悪さを相殺してくれる装置という事かな?



新型アクセラ1日試乗 11

それを体感しようと府道2号大阪中央環状線をクルージングしたり、万博外周道路をぐるぐる回ってみたりしましたがよく分からず。正直このトシだからもう変な運転しないもんね。


それなら!と思って以前ロードスターでも走った北摂山系の峠にやってきたところ、今度はGVC効果ものすごくよく分かりました。
それなりのスピードで右へ左へのハンドル操作が連続して続くと普通はどこかで修正舵を細かく当てるものなんですが、このクルマでは不思議な事にそれがほとんど発生せず、姿勢が安定したままスイスイとコーナーを抜けていきます。オーバーに言うと、例のマンガに出てくるコップの水をこぼさずまわすようにして走るやつが実際に出来てる感じで、自分の運転が急にうまくなった気分♪


新型アクセラ1日試乗 10

この6ATは上り坂での3速からのキックダウンがややダルい印象を受けたのですが、MTモードに切り替えてやるとトルクバンドにバッチリ乗って一変し、パワフルなエンジンなので重さを感じさせず急勾配でもガンガン加速していきます。さらにパドルシフトを使うとハンドルから手を離さなくても良いので、GVCとの相乗効果で危なげなくサラリと峠を越えてしまい、全然疲れないので1時間くらいこの近辺を走り回って「おお~なるほどなあ~」と唸ってばかりいました。

ただGVC効果をここまでハッキリ体感できたのは私が前期型のオーナーだからというのがあるのかもしれず、初めて乗る人には「今のクルマは乗りやすいねえ」で気付かずに終わってしまうような気がします。日産が次期セレナに自動運転システム搭載というわかりやすい新技術を発表した同時期に、こうしたスゴイ事やってるのに地味で裏方な技術を世に出してくるあたりがマツダらしいといえばマツダらしいです(笑)。


新型アクセラ1日試乗 12


アクセラのキャラを考えるとベストバランスは2.0リッターのガソリンモデルだと私は思っていたんですが、実際は税金や燃費といった維持費の問題から苦戦していて、2.2ディーゼル、ハイブリッド、2.0、1.5の4種類のモデルの中で、1.5の売れ行きが全体の6割を超えていたと営業さんからお聞きしました。確かに一般論としてはファミリーカークラスのクルマに2リッター選ぶ人は少ないでしょうね。アクセラはファミリアの末裔ですから。

だからテコ入れ策として2.0の廃止の代わりに投入されたこの1.5ディーゼルは、2.0以上のパワー感を持ちながら低燃費で税金も一回り安いので、今後1.5ガソリンと並んでもう1本の柱になるのではと思います。



新型アクセラ1日試乗 14


あと8か月早く出してくれていれば私もこっち選んでたかも。帰り道に自分の前期型運転しながら、試乗した事を軽く後悔するほど魅力的でしたね15XD PROACTIVE。今更買い替えられるわけでもないのにカタログもらってきたし。^_^;


《関連リンク》
アクセラ - SKYACTIV TECHNOLOGY搭載車 【MAZDAウェブサイト】

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

京都の北野天満宮に古いランボルギーニ車が集まるイベントがあったので行ってきた

先日の日曜に牛の宮で有名な京都の北野天満宮で、牛つながりという事でランボルギーニのイベントが開かれてるとの話をTwitterのフォロワーさんからお聞きしまして、急遽見に行ってきました。




調べてみると、「ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016」という古いランボルギーニ車のオーナー達のミーティングという事です。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 01
NaviConアプリがなぜか今出川の上京区役所にナビしてくれまして(苦笑)、そこから北野天満宮に着いた時にはもう2時まわってました。イベントは3時終了なのでギリギリです。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 02
北野天満宮といっても広いので、どこでやっているのか探してウロウロ。大きな空ぶかし音の聞こえる方へ行ってみると・・・いっぱいいた!!



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 03
一番手前側には最新モデルのアヴェンタドールがオワタのポーズを。\(^o^)/


ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 04
カウンタックLP500R!今回これを見たいがために予定替えて来たようなものです!



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 05
大好きなカウンタックの中でも最も好きなカウンタック!子供の頃からの憧れのクルマをついにじかで見れて超感動。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 06
東京マルイ製、フジミ製、タミヤ1/12RCブラックカウンタック、LP500Rの模型どれだけ作った事か。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 07
なんとフロントガラスにヒビ発見!ΣΣ(゚д゚lll)



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 08
撮影中気付かなかったけど、リヤのNGYGのロゴの下に「Pray for KYUSYU」(九州のために祈ろう)て文字貼ってあります。なんかジーンとしました。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 09
アオシマ製カウンタックの取材車であるシーサイドモーター正規輸入3号車のオレンジLP400。オリジナルの状態に極めて近く、この界隈では超有名な個体。


ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 10
リヤに貼ってあるSSSA (Sea Side Sports Association) のエンブレムステッカーが目を引きます。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 11
我々スーパーカーブーム世代にとってカウンタックと言えば、やはりイエローのLP400!ピンクレディーも百恵ちゃんもコレと一緒に写ってました。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 13
なんとダッシュボードにフジミのエンスーアジアストカウンタックを装備(笑)。



ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 12
このLP400はドアミラーとか外観の特徴から、おそらく「スーパーカーコンプリートファイル」というカウンタックのフルレストア本になった取材車じゃないでしょうか。その本以前このブログでレビューしましたが、カウンタック大好きモデラーにとっては資料価値の極めて高い大当たり本でした!
  • ブックレビュー: スーパーカーコンプリートファイルVol.1 ランボルギーニ・カウンタック 【2012-04-14のブログ】



  • ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 14
    白の5000QV。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 19
    上とは別の個体の白5000QV。こちらはサイドにエアスクープの付いたエアロ付けてました。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 18
    LP500試作一号車を思わす珍しいテールライト形状の紺色5000QV。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 15
    リアバンパーレス仕様の黒いアニバーサリー。
    その前に白い(シルバー?)LP400が停まってますが、なぜか写すのを忘れていたという大失態・・・(´;ω;`)。LP500Rも合わせると希少車LP400が4台も揃うなんてすごい場だ!!



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 16
    赤のアニバーサリー。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 17
    黄色アニバーサリー。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 23
    カウンタック軍団の対面には四人乗りランボルギーニが並んでいて、これはイスレロ。


    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 24
    ランボルギーニ初の市販車350GT。初めて見た!(@o@;)



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 20
    ウラッコ。ボブ・ウラッコ仕様の改造車ではないかと別のフォロワーさんから教えていただきました。
    ソース→ 【海外】ボブ・ウラッコが500万!?真相は… 【moxiみんなの日記】



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 21
    ミウラは色違いで4台ほどいたらしいんですが、私が来るのが遅すぎたのと、一番出口付近に停まっていた事もあってか、他の車両はもう帰っちゃってました。惜しい事したー。


    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 22
    ぐわーイオタがいる!!オリジナルじゃなくてもものすごいオーラ出してました。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 25
    ディアブロ・ロードスター。お帰りになられるところでした。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 30
    他のクルマもぞくぞくと動き出して帰っていきます。すっげー爆音!そして辺り一面白煙とオイルの焼ける臭い。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 26
    黄色のアニバはサービス精神旺盛で、ドア開けっ放しで盛大に空ぶかししながら帰って行きました。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 27
    帰ろうにも囲みに遭うイオタ(笑)。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 28
    ほとんどのクルマは自走して帰りましたが、ウラッコはトランスポーター移動でした。
    後方視界が悪いのか載せるのに何度も切り替えしていて、そのたびにチンスポが地面とこすりそうになるので、ギャラリーみんなが「うわー!」「こするー!」と悲鳴をあげまくりでハラハラものでした(笑)。



    ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング2016 29
    夏草や つわものどもが夢のあと

    他にも駐車場にフェラーリやポルシェとかも結構停まっていて、あと1時間早く行ってればもっといっぱい見れたのにー!
    でも古いランボがこんだけたくさん揃ってるところ見たのは初めてで、特に本物のLP500R見れて大興奮の1日でした♪^^



    《関連ページ》

    フジミ 1/24 エンスージアストモデ改造 1/24 ランボルギーニカウンタック LP500R & LP400
    模型の花道: フジミ 1/24 エンスージアストモデル改造 1/24 ランボルギーニカウンタック LP500R & LP400

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】