FC2ブログ

アクセラ、パワーアンプ&サブウーファー増設計画

またクルマネタです。

春にアクセラのスピーカーを社外品に交換してから今度はサブウーファーが欲しくなりまして、以降いわゆる「弁当型」と呼ばれるシート下に設置可能な製品を物色していました。
カー用品店で話を聞く以外にも実物大の紙模型を作り実際に置いてみたりしたのですが、結果としては残念ながらどのメーカーの製品も正しく収まりきらないのがわかりました。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 01

一見収まってるように見えててもシートを動かすと底と筐体がすれてしまったり、後部座席用の空調吹き出し口を塞いでしまったりと、実用性が損なわれます。
カー用品店の店員さん曰く、最近の車は自動ブレーキのセンサーや配線の関係で、シート下に余裕のない車種が割と存在するのだとか。

なら後ろの荷室しか置き場がないのでそう割り切って、大きさは二の次にして実際の音をあちこちの店で聴いて回って、圧倒的に気に入ったのがケンウッドのこの機種。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 30




KENWOOD チューンアップサブウーファー KSC-SW30 【Amazon】

売れ筋である1万円台のエントリーモデルとは音の差が歴然でしたし、同価格帯ではカロッツェリアTS-WH500Aもなかなか良い音で、ドアスピーカーと同じブランドで揃えられる魅力もありましたが、これは音圧が弱いタイプなのでトランク設置では聞こえにくいかもという店員さんの助言もありまして、新製品でパワーにも余裕のあるKSC-SW30を選ぶ事に。

ただし荷室に置くといっても平置きでは結構なスペースを占拠するので縦置きにしたいと思い、また紙模型を作ってシュミレーションしました。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 02

こんな風にL字型のボードを作ってそこに固定する事にしました。重いウーファー本体をマジックテープでペコペコの樹脂製の側壁に貼り付けただけでは固定力不足で倒れてきそうですし、音自体もしっかりしたボードにネジで固定した方が良くなりますからね。

そして一緒に、サブウーファーと同じ位気になっていたパワーアンプも導入する事に。
今のマツダ車はマツダコネクトでカーオーディオを制御してるためヘッドユニットを交換出来ないので、スピーカー以外の所で音を良くしようと思うと、アンプ増設しか手段がないんですよ。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 31




カロッツェリア(パイオニア) 100W×4・ブリッジャブルパワーアンプ GM-D1400II【Amazon】

これも店頭のスイッチON/OFFである状態とない状態で聴き比べられるデモ機を試聴し、その差に惚れて導入決定しました。まあデモ機は誇張したセッティングに組んであるんでしょうけど、その半分でも出れば良しと思いまして・・・このカロッツェリアのGM-D1400IIというアンプは、置き場所を選ばないコンパクトさと1万円台のリーズナブルな価格で人気の定番商品みたいです。


そんなわけで以前にドアスピーカーを交換したオートバックスの店員さんに相談し、各メーカーにも聞き合わせてもらってこういう配線を施す事になりました。
グレーの個所が今回追加される機器です。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 28

バッ直とはバッテリーから直接電源を取る事の略語でして消費電力の大きい機器に推奨される接続方法で、今回サブウーファーはこの方法で配線します。エンジンルームまでケーブルを伸ばすために工賃はその分高くなります。

ハイ・ロー・コンバーターとは、純正オーディオにサブウーファーやアンプを繋ぐ場合にRCAという専用出力に変換する装置でして、今回のKSC-SW30とGM-D1400IIは別になくても接続可能ですが、付けた方がしっかりした音が出やすいのだとか。


オーディオテクニカ AT-HLC150 Hi-Loコンバーター 【Amazon】
オーディオテクニカ AT-HLC130 Hi-Loコンバーター 【Amazon】

特にサブウーファーに繋く方のAT-HLC150という機種は、ACC電源を遅延させる事で、電源立ち上げ時に発生する「ポッ」というポップノイズを抑えてくれるスグレモノです。

そんなわけで各機器を注文し、予約した取付日までの間に前記のサブウーファー固定ボードを作る事にしました。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 03

ホームセンターで材料を買い物。寸法通りに切ってもらったMDFボード、パンチカーペットなど。


まずはMDFボードを組みます。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 05

接合部に木工用ボンドを塗って皿頭タッピングネジで締めました。
ちなみにボードの厚みは15mmで、これはサブウーファーの駆動にビビリが生じないしっかりした厚みである事と、製品に付いてるブラケット取付ねじの長さが16mmなので、これにパンチカーペットの厚みを加えてギリ飛び出さない厚みを算出した結果です。


アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 07

切り出したパンチカーペットを合成ゴム系接着剤で貼っていきます。
角の部分は止型定規という定規を使うと、きっかり45度に切ることができます。


アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 08

接合部の側面は念のためL型金具で補強しておきました。


アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 09

完成!
パンチカーペットの質が思ったより良くなくて、工作中に多少毛羽立ってしまったのがちょい残念だけど、まあヨシとします。


そんなわけで取付日を迎えました。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 11

今回はエンジンルームから荷室まで配線を引くため結構大がかりに内貼りを剥がすそうでして、朝から車を預けて夕方までかかるとの事。


アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 12

インパネ見事にバラバラだー!


アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 13

ステップとキックパネルを外してここに配線を這わせていきます。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 14

ちょうどキックパネルの上にハイ・ロー・コンバーターを2つ並べて設置。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 15

エンジンルームからバッ直ケーブルを室内に引き込んでるところ。奥にある純正配線のジャバラホースの端に小さな穴を開けて、そこから通してるみたいです。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 16

これが新たに引かれたバッ直線。ちゃんとコルゲートチューブで保護してくれています。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 17

パワーアンプは小さいのでダッシュボードの中にも仕込めたそうですが、発熱量が結構あるという話も聞くので運転席の下に設置してもらいました。さすがプロだけあって配線がほとんどカーペット下に隠れていて見た目キレイです。昔と比べるとオートバックスも良い仕事するようになりました。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 21

サブウーファーは用意したボードに付属のブラケットでネジ止めしてもらいました。
しかし紙模型の時は気になりませんでしたが、実物を置いてみるとボードの角部分が思ったよりかさばって目障りです。う~ん・・・

白い線を引いて、そこからバッサリ角を切り取ってみました。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 22

角がなくなった事でより後部座席側に寄せて置けるようになりましたし、ジャッキが入ってるサイドパネルにも干渉しなくなって見た目スッキリしました。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 23

占拠する幅は、サブウーファーの厚み + ボードの厚みで10cmくらいです。



アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 24

裏面はこんな風にケーブルを這わせて、その厚みの分MDFボードを貼ってかさ上げ。この面と底面にマジックテープを貼って固定してます。


そんなわけで設置後の音ですが、「こんなに変わるのか!?」と驚くほど良くなりました!
高音から低音まですべての音域が澄み切っていて、特に低音は映画館で聴くあの「ダダン」とした歯切れ良いサウンドに大変身!純正カーステのボコボコ鳴る低音とは雲泥の差です。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 29

ちなみにパワーアンプだけではどれくらい変わるのだろうかと思って、サブウーファーの結線を外して聞いてみたところ、これだけでも結構な差で、先程の澄み切った音から「ダダン」だけなくなった感じ(笑)。カー用品店に置いてあるデモ機はまんざら嘘ではなかったという事ですね。

ただしマツダコネクトとGM-D1400IIの組み合わせに関しては、検索すると良くなったと言う感想とあんまり変わらないという感想の双方があり、個人の感覚差の他にアンプ以外にどんなシステムを組んでるかで相性があるのか幅があるみたいです。私の場合は幸運にも前者でした。

逆にデメリットですが、アンプ増設分だけ音量が大きくなるので小さな音の微調整がしにくくなりました。後から気づきましたが、このアンプ安いだけあってゲイン調整機能がないんです。
まあ公式の売り文句に「内蔵アンプの約2倍のハイパワー出力で躍動感あふれるサウンドへ」とあるので、こうなるのは当たり前なのかもしれませんが、具体的には今まで常用域だったボリューム8~20目盛程の音が3~8程度で出るようになったので、1目盛あたりの音の差が大きくなってしまいました。

アクセラにパワーアンプとサブウーファー追加 26

私はDQNのお兄ちゃんみたくズンドコ大音量で鳴らしたい人ではなく、逆に小さい音で良い音が欲しくてシステムアップしたので、そこはちょっと残念でした。なのでもし同じ要望でアンプ導入を考えてる人は、予算があればもう一回り上のクラスでゲイン調整出来るタイプを選んだ方が良いです。

例えばこういうのとか。


カロッツェリア(パイオニア) 200W×4・ブリッジャブルパワーアンプ GM-D7400 【Amazon】


そんなわけで前回と今回のシステムアップにかかった費用は工賃込みで合計13万円ほど。その甲斐もありメーカーオプションのBOSEサウンドシステムと互角以上に張り合える音になり大満足で、良い音は運転をこんなにも楽しくするのかとこの年になって再認識する日々でございます♪

しかし逆に言えばそれ位お金をぶち込まないとこのレベルに達する事が出来なかった訳で、そう考えると7~10万増しで自動車メーカー各社が用意しているプレミアムサウンドシステムは実にお買い得だと思います。なので多少音にこだわりのある人なら私みたいにケチらず、購入時に付けておいた方が良いですよ。^^;

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

アクセラにマフラーカッターを取り付け

アクセラの純正マフラーカッターはクルマの大きさから見ると小振りでして、そこへ持ってきてウチのはリヤアンダースカートを付けているためお尻がさらに大きくなってるせいか一層小振りに見えるのと、スカートが出っ張ってる分だけ奥まってしまってるのが残念だなあと以前から思ってました。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 01

でも今は超安全運転でマフラー変えたりするほど走りにこだわってないし、かといって後付けのマフラーカッターはあの後付け丸わかり感がどうも苦手で、アクセラ買ってから2年半ずっと見て見ぬふりをして今まで過ごしていました。



例えばこんな具合。(画像元:Amazon)
二重筒になってしまうので中の純正マフラーカッターがハッキリわかるのと、ホースバンドとその締め付けネジがバッチリ見えてるのが私はダメ。

そんな折、ネットサーフィンしていたらRIDERS HOUSEというメーカーの製品を見つけまして、これが後付け感わかりにくそうな感じだったので、物は試しにとぽちってみました。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 02

物は2日ぐらいで届きました。
中身は、マフラーカッター本体 x 1、ホースバンド x 1、脱落防止ワイヤー x 1、取扱説明書が入っています。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 03

マフラーカッターはSUS304ステンレス製で、見た目の良さを売りにしてるだけあって鏡面仕上げの映り込みがすごいです。

また最近の後付けマフラーは先端に青い焼き入れをしてあるタイプが流行りみたいで、ここのメーカーにもそういう製品があったのですが、もうおじさんなのでそんな尖がったのではなく普通のシルバータイプにしました。大きさも大口径の100mmもありましたが控えめの90mmで。^^;


そしてこのRIDERS HOUSE製マフラーカッターの最大の特徴はここ↓

アクセラにマフラーカッターを取り付け 04

筒内にドーナツ型内蓋があって、被せた純正のマフラー終端が見えなくなる仕掛けになっています。それだけなら他社製品でもあ見かけるんですが、これはさらに中を黒く塗装しているのでその構造がカモフラージュされており、純正マフラーと同化して見えるそうです。

そしてもう1点の特徴は、取り付け方に一工夫。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 06

ホースバンドの締め付ネジを見えにくい位置に動かせるんですよ。あれが見えてるとなんとも興醒めなので、これも買う動機になりました。

そんなわけで、実際に付けてみました。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 13

こんな風に純正マフラーカッターとの二重筒になっているのがわかりにくくなっています。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 07

ネジは内側のなるべく上の方に動かして、余程覗き込まないと見えないようにしました。脱落防止ワイヤーは、任意で各自適当に付けるよう書かれているので、バンド取付け部のスリットと、マフラー管の湾曲部分に巻きつけておきました。これで万一ネジが緩んでも脱落事故の心配なし。

あと、マフラーカッターには錆止めスプレーなるものを定期的に吹き付けておけば製品寿命が延びると取説に書いてあるんですが・・・

アクセラにマフラーカッターを取り付け 06
一体どんな物かと検索するとケミカル品でなく塗料が出てくるんですよね。つまりクリアーコートかい!?いやこんなの塗れとか普通言わんだろという事で、その次にそれっぽい製品である錆止めオイルをキムワイプに浸み込ませて塗布しておきました。


AZ(エーゼット) 長期防錆オイル 216h 50ml 塩水噴霧試験216時間A級〔防錆剤 防錆油〕【Amazon】

これです。
さらに光沢が出て良い感じ。かといって付けすぎるとゴミやホコリが付くので適度な量で。


装着前と装着後の比較です。

アクセラにマフラーカッターを取り付け 14
アクセラにマフラーカッターを取り付け 15



アクセラにマフラーカッターを取り付け 16
アクセラにマフラーカッターを取り付け 17



アクセラにマフラーカッターを取り付け 18
アクセラにマフラーカッターを取り付け 19

こんな感じで出っ張り方がリヤアンダースカートとほぼツライチ、大きすぎず小さすぎずで変に主張しておらず、良い感じになったと思います。根本のバンド取付けスリットも、リヤアンダースカートに隠れて外から見えないし。

マフラーカッターも探せば今は良い製品ありますねえ。


アクセラにマフラーカッターを取り付け 20
アクセラ BM/BY系 マフラーカッター 90mm シルバー 耐熱ブラック塗装 鏡面スラッシュカット 高純度SUS304ステンレス製 1本タイプ 【RIDERS HOUSE】

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

アクセラ、車内灯とナンバー灯LED化計画

この間のスピーカー交換に続いてクルマいじりのお話。
昔から自動車のルームランプはなぜこんなロウソクの灯りみたく薄暗いのか不満だったので、昨今の流行であるLED灯に交換してみました。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 01

LED灯はディーラーオプションの純正品でもあるんですが、値段が高いわりに光量も抑え気味なので、リーズナブルな価格でバシッと明るい市販品から探しました。いくつかの製品の中から今回は「アクシスパーツ」のLEDセットをネットで見つけてポチる事に。



ここの製品を選んだ理由は、
  • 車種ごとの形に合わせて作られているので寸法がピッタリ。
  • 本体への接点と基盤の間がコード接続でなく直付けなので、他社製のように両面テープ等を使わずに差し込むだけで固定できる。
  • LEDの色や明るさがいくつかあって好みのを選べる。
  • 取り付け後もリモコンで明るさを三段階に調整出来る。

中でもリモコンで明るさを変えられるのが決め手となりました。実際に取り付けた後に暗すぎたり明るすぎたり感じた時に、調整幅があるのは安心です。

商品は宅急便コンパクトで送られてきました。


アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 02


リヤルームランプ(左)とフロントルームランプ/マップランプ(右)です。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 03

リヤ用ランプについては電球形1灯の製品がよく見受けられる中、ここのはフロント用と同じく基盤にLEDチップを格子状に並べたタイプなので、面均一ぽく発光してキレイです。


裏側の画像。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 04

ご覧のとおり接点のアダプター部がコード接続でなく基盤直付なので、元々の電球同様に自動車側のソケットに差し込むだけで固定出来ます。


バニティミラーランプ(左)とラゲッジルームランプ(右)。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 05

こちらは元々の電球と同じくバルブ形状で極性あり。どっち側がプラス・マイナスか書かれていませんので、取り付けてみないとわかりません。


付属品のリモコンと工具。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 08

内張り剥がしも小型ドライバーも各部のカバーを外すときに使いますが、どちらも先が金属製でカバーを傷付けやすいので、先にテープを貼って使うようにします。


さらに今回は別売のナンバー灯もセットになった「Cセットプレミアムキット」にしまして、下はそちらのパーツです。


アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 06

工具は六角ドライバーが付いてますが、後述しますけどなんの役にも立ちませんでした。


ナンバー灯のユニット。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 07

ここもリアルームランプと同じく電球型1灯の製品が多い中、基盤にチップを並べたデザインで、面均一発光を考慮した製品になっています。


各部の交換の取説は付いてませんが、代わりに交換手順の動画が販売元のウェブサイトにアップされています。
交換方法動画まとめ 【アクシスパーツ・楽天市場店】


アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 09

またそれ以前にクルマの取扱説明書に載っているので、これを見ながら進めて行けば良いです。


まずはフロントリームランプから。これマップランプと兼用になっています。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 10

カバー外すときに傷つけると怖いので、マスキングテープで養生しました。
先にセロパンテープを貼ったマイナスドライバーでカバーの下部分をこじて外します。


アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 11

わりと簡単に外れました。中にヒューズみたいな形をした電球が入っており、点灯してるとヤケドするくらい熱いので必ず消した状態で取外します。
で、電球のソケットにLED基盤のアダプダー部を差し込むだけ。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 12

こんな風にピッタリ!ここの部品は基盤の形が左右で違うので、間違えると入りません。
カバーを閉じる前に左上のスイッチを入れて点灯テストします。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 13

めちゃめちゃ明るいです!隣のつぶつぶの灯りは、カメラレンズに反射した光が当たった物です。

カバーを元に戻したところ。左奥が交換前のノーマル電球、右手前が交換後のLED球です。色が蛍光灯ぽい白色になり、車内で本が読めるほど明るいです。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 14

写真ではカバー全体で面発光してるように見えますが、肉眼ではLEDチップ四角の粒が光ってる感が強いです。

次にリヤリームランプ。これがノーマル状態の明るさ。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 15

フロントと同じように周りを養生して、枠の切り欠き部分にドライバーを入れてこじ開けようとしますが、ここはメチャメチャ硬いです。
かなり気を配って作業したんですが、目立たないとはいえ切り欠き部が少し広がってささくれたようになってしまいました。検索したら皆軒並みそうなっており、これうまく外せる人いるんだろうか?(>_<)

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 16

仲にはフロントと同じヒューズ型の電球が入ってました。これを外し基盤を差し込みます。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 17

カバーを付けた状態でもこんなに明るい!

続いてバニティミラーの照明を取り替えます。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 18

引き戸式のフタを開けると、連動して照明が光る仕組みです。これがまた暗い・・・
ここのカバー下部分の枠に切り欠きがあるので、そこからこじ開けます。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 19

カバーを外すとここにはルームランプよりひとまわり小さい電球が入ってました。
点いた状態で外すと火傷するので、ミラーの引き戸をこれくらいまで閉めて消えた状態にして交換。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 20

ここのLED球は極性があるので、カバーをはめる前に一度点灯テストします。
点かなければプラス・マイナスが逆さまなので、向きを変えて差し込みなおします。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 21

こんなに明るくなってくっきり見えるようになりました。鏡の照明として十分なレベル。


次にラゲッジルームランプ。


アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 22

広さに対して照明が小さくて最も暗く、夜間での物の積み下ろしが不便だったので、最もLED化したかった箇所です。
取り付け部の材質がソフトな樹脂だったので楽勝で外せました。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 23

ここは透明カバー側に電球が付いてるのが他の箇所と違う特徴。


電球を外してLEDに交換しますが、他所と同じようにうっかりこの向きにして逆さまになってしまいました。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 24

下写真のようにLEDチップ面を裏向きに取り付けるのが正しいです。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 25

あとここも極性があるので、元に戻す前に一度点灯テストが必要です。
わかりやすいよう夜に撮影してみました。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 25-2

おー明るい!これで荷物の積み下ろしが便利になります。でももっと明るくても良いくらいかな。


で、残る最後はナンバー灯なんですが、カバーの形状が取説のイラストと違うし、さらには説明がざっくりすぎて外し方がわかりません。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 26

ぐぐってみたら、カバーの両端にある長方形の凹みの部分にマイナスドライバー入れて、内側に力を入れてこじれば良いのがわかりました。付属の六角ドライバー意味ねえ!

でやってみたんですがびくりとも動きません。かといってこれ以上力任せにやると壊してしまいそうなので、やはりここはモチはモチ屋という事で行き着けのマツダディーラーに外し方聞きに行きました。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 27

すると整備担当さん曰く、「外側から外す方法もあるんですが、カバーを破損する恐れがあるので我々は内側から取り付けます。」との事で、リヤゲート内張りの外し方教えていただきました。何箇所か付いてる丸いクリップを外し、えいと引っ張るとガワが外れます。こないだのスピーカー交換の時もそうだったけどバキバキ音が心臓に悪い・・・

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 28

あっさり引っこ抜けました。むしろ電球をソケットから外すほうが硬いです。
基盤を差し込んで元に戻しました。


アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 29

内張りは外すよりむしろ付ける方が大変で、ハッチバックのCピラーの部分は取り付け順を間違えるとちゃんとはまらなくなるみたいです。

そしてまた夜に発光テスト。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 30

おおーキレイだなー♪
明るいだけでなく、LED独特のくっきりした青白い光が今風でカッコ良い!!

室内もこんな感じで、読書も楽勝な明るさです。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 31

商品説明によると純正LEDの4倍の明るさとの事ですから、純正白熱球と比べると一体何倍になるのかしら・・・しかもこれで三段階のうちLowに設定した状態なので、Highにするとさらに明るくなります。付属リモコンで変更可能。

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 32

こんだけ明るいと外から丸見えですねw

アクセラ 室内灯、番号灯をLED化 34

良く解釈すれば点け忘れが大きく減りそうでして、私はそれをしばしばやってしまいバッテリーに負担を与えてるので、その抑止効果も期待できます。
唯一のネガポイントは、車に乗り込んでから車内灯がじわーっと消えるとき、微妙にちらつきがあるところでしょうか。それも条件によってちらついたりちらつかなかったりするみたいです。

この実用性向上とナンバー灯のカッコ良さで値段は8,600円程でして、これを純正品で揃えると工賃込みで16,200円にもなるのでコスパ高いです。良い買い物しました♪



【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

アクセラ、スピーカー交換計画

クルマ好きですがそこにお金をかけるような年でなくなって久しいので、今のアクセラも購入時にメーカーオプションのBOSEサウンドシステム車ではなく普通の6スピーカーのを選んでました。

しかしアクセラ乗り始めると思いのほか気に入りましてクルマ熱が再燃し、カーステの交換をわりと早い時期から検討するようになり、日頃からカタログとかネットで品定めしてました。といってもヘッドユニットのマツダコネクトは交換できないのでスピーカーのみです。

最初に候補に上がったのはディラーオプションのダイヤトーンスピーカー。

アクセラ・スピーカー交換 21

そこそこの値だけあってネットで調べると評判も良いようなんですが、コアキシャル型といってツイーターとウーファーが同軸上にある形式でして、純正はそれらが別々の場所にあるセパレート型なので、ダッシュボード上の純正ツイーターがハメ殺しになってしまうんですよね。それがどうも引っかかってこいつはボツに。

そしてたとえセパレート型でも、ツイーターがダッシュボードの上やAピラー根元から生えてるように見える後付け丸わかりデザインのは好みじゃないので、加工なしで純正品の位置にそのまますっぽりとハマるトレードインモデルを探しました。

唯一見つかったのがこれ。


カロッツェリア(パイオニア) 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-C1720A-2 【Amazon】
トゥイーター取付キット トヨタ車/マツダ車/スバル車用 UD-K211 【Amazon】

このオプションの取り付けキットを使えば適合するとの事ですが、それもよく調べてみると実際には取付金具の穴ピッチが車両側のネジ穴に届かないため、大き目のワッシャーをかましてつなぎ合わせるといった工夫が必要で、結局どうするか煮え切らないまま1年以上過ぎました。


で最近になって再びパイオニアから、今度は加工なしでアクセラにもきっちりハマる製品が2017年夏モデルとして発売されていたのを知り、地元のオートバックスで購入、取り付けてもらいました。

アクセラ・スピーカー交換 01

TS-C1736Sという製品で、型番から察するに前記のC1720A-2の後継機なのかな?ツイーターが4cmと一回り大きくなっており、ハイレゾ音源対応なのが新たな特徴。まあマツダコネクトがハイレゾ対応してないのでそこは意味ないんですが。



アクセラ・スピーカー交換 02

アクセラの純正ツイーター位置に、オプション金具も加工も不要で取り付けられるっていうのがキモ!音質的にも価格的にも中クラスで、こういう製品をずっと待っていた!



アクセラ・スピーカー交換 03

市販スピーカーを取り付けるには、ドア内部とスピーカーの間にインナーバッフルと呼ばれる取り付けスペーサーを噛ませる必要があり、またこれにより反響を制御する役割も兼ねています。3,000~4,000円代が主流のカロッツェリア製品の中で、マツダ車用はかなりごつい形で7,000円ほどしました。(>_<)



アクセラ・スピーカー交換 04

ドア内張りを自分で剥がすとか恐らくこれから先も怖くて出来ないので、この際簡易デッドニングを同時に施工してもらう事にしました。KENWOODのサウンドチューニングキットSKX-TK100を勧められて購入。



アクセラ・スピーカー交換 05

Amazonとかネットではほぼ同じ部品構成のエーモン製のセットがこの半額程度の値段で売られていますが、オートバックスではバラ売りになっていて合算すると逆に高くなる値段設定でしたし、KENWOODブランドはカロと並んでおっさんホイホイなのでこっちに食いついてしまいましたw



アクセラ・スピーカー交換 06

リヤのドアスピーカーは取り替えても劇的な変化は得られないというのが定説なので見送ろうと当初考えてましたが、一方でそれでも変えないよりはマシとも聞くので、ベーシックグレードのTS-F1730という製品を気休めに付ける事にしました。こっちはデッドニングのコストをかけるほどの音ではありませんよと言う店員さんのアドバイスでナシという事に。


そして取り付け作業ですが、安全のためピット内には確認以外基本立ち入らずという条件で見学させていただきました。だって取り付け後も外見全く変わんない製品だから、ここで見ておかないと二度と見る機会ないもんね。それに内張りを外す工程をいっぺん見たかったのもあります。

アクセラ・スピーカー交換 07

こんな風にドアエッジやステップ部分を養生してくれます。



アクセラ・スピーカー交換 08

先に簡単なリヤ側から交換です。これが純正のリヤスピーカーで、コーン紙とインナーバッフルが最初から一体化しています。内張りは結構力技で引っぺがすという感じで、「ボン!」とピンを外すデカい音にビビリました(苦笑)。



アクセラ・スピーカー交換 09

TS-F1730に交換。こっち側の製品はインナーバッフル付きで、いともあっさり取り付けられました。ベーシックグレードのスピーカーとはいえ、見た目だけでも質感が純正より全然違います!



アクセラ・スピーカー交換 10

次にフロントドアで、内張りを外してるところ。相変わらずピンの外れる音すごいですが、聞き慣れてくると自分でも出来そうな錯覚が・・・^^;



アクセラ・スピーカー交換 11

上の写真と反対側で申し訳ありませんがこれがフロントドアの中身。インナーバッフルがリヤよりかなり分厚く、やはりスピーカーと一体になっています。



アクセラ・スピーカー交換 13

純正スピーカーを外しこちらはまずデッドニング作業。スピーカー穴の奥のアウターパネルに背面吸音材を貼り、さらに内側には制振材を貼り付けていきます。



アクセラ・スピーカー交換 14

次にインナーバッフルを取り付けます。純正スピーカーのネジ穴には樹脂製の受けピンが打ってあり、これを取り除いて付属のビスで止めるのですが、その取り除き作業が大変で内張り剥がしでは取れず、最後はドリルで粉砕してました。
このバッフルはMDFと言って木材の一種ですが、純正の樹脂製に比べるとかなりしっかりしてました。高級品は金属製になります。



アクセラ・スピーカー交換 15

取り付け前のスピーカー持ってみましたが、ウーファーもツイーターもまるで文鎮のように重い!背面のマグネットも超巨大で、これなら良い音出してくれそうです♪



アクセラ・スピーカー交換 16

外された純正スピーカー持ってみましたが、前後共にまるで紙のように軽い!ペラペラと言われてるのは知ってましたがホントにそんな感じで、まあコストカットを真っ先に受ける箇所の一つなのでそこは仕方ないですね。

逆にこの仕様でよくあれだけちゃんとした音を出してたなと感心しました。実際ネット上のサンプル動画程度のレベルを再生する程度なら、十分な音質出てましたから。



アクセラ・スピーカー交換 17

ウーファーを取り付けて、サウンドチューニングキットの防音材を外周に巻きます。わりとアバウトなので、余分はカットするとかもうちょっと美しく巻いて欲しかった。どうせ隠れる部分だし出る音は変わんないのかもしれないけど・・・



アクセラ・スピーカー交換 18

ダッシュボード両端にあるツイーターは、カバーを外すとこんな風に2つのネジで固定されて収まってました。BOSEの場合はスコーカーが入るので大きめスペースです。



アクセラ・スピーカー交換 19
フロントガラスに干渉しない超短いドライバーを使って交換。外した穴にスッポリ収まりました。振動板の口径が純正のよりだいぶ大きいですね。


内張りを元に戻して取り付け作業完了!ご覧のとおり見た目は交換前と全く変わらないのがトレードインスピーカーの良い所。逆に変わらなさ過ぎて寂しくもあるので、スピーカーネットに貼るcarrozzeriaエンブレムくらいは欲しい気もします。

アクセラ・スピーカー交換 20

オートバックスのピットクルー様、写真を撮るたびに丁寧に解説していただいき、そして販売員様も値段をがんばって勉強していただきましてありがとうございました。こうしてブログネタにもなりましたし(笑)。


で肝心の音ですが、それはもう結構変わりました!
こもり気味だった音質がクリアーになったのは当然ながら、カロッツエリア公式の解説にもありますが、ツイーターが受け持つ帯域が広くなっていて中音域から出ているせいか、耳の高さの前からの音が強くてBOSEに似た音の出方になっています。

アクセラ・スピーカー交換 23

リヤはあんま変わらんだろうと思ってましたが、実際に後席に座って聞いてみるとこちらも意外と変わってました。
明らかに高音域の歯切れが良くなってまして、音の変貌と値段を考えるとフロントのよりコスパ高いです。さらにフロントの音の位置が高くなった分後ろまでよく届くようになりまして、今までは足元からの音が強かったけど、それが前方定位に近くなってました。

デッドニングについてはスピーカー交換と一緒に付けたので、どの程度の効果があったのか正直わかりません。ただフロントドアの外への音漏れが随分と減ったので、音質へもそれなりに効果あるのではと思います。

そんなわけで工賃込みで総額5万円強の出費でしたが、それに見合った効果を得られたので満足してます。今はあまり遠乗り出来ない日常ですが、近所に買い物へ行った帰りでもちょっと遠回りをしたくなるくらい運転が楽しいです♪

アクセラ・スピーカー交換 24

ここ半年以上腰を据えて模型を作れない状況が続いているので、気分転換の趣味がクルマに向いてるところあるのかも。でもクルマは凝り出すと模型の比じゃないほど金がかかるので身の丈を考えて程ほどにしなければ・・・とか言いながら次はサブウーファーが欲しくなってたりして(苦笑)。


  
カロッツェリア(パイオニア) 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-C1736S 【Amazon】
カロッツェリア(パイオニア) インナーバッフル スタンダードパッケージ マツダ車用 UD-K5212 【Amazon】
カロッツェリア(パイオニア) 17cm 2ウェイスピーカー TS-F1730 【Amazon】
ケンウッド(KENWOOD) サウンドチューニングキット SKX-TK100 【Amazon】

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

第10回大阪モーターショーに行ってきました

アップが遅くなってしまいましたが、12月8日からインテックス大阪で開催されていた第10回大阪モーターショーを最終日に見に行ってきました。
自動車関連のイベントは久しぶりですが、平日にもかかわらず会場はそれなりに混んでました。

まずは入場ゲートから最も近い展示棟にあったホンダから。

大阪モーターショー 2017 02
「Urban EV Concept」いうEV車のコンセプトカー。
デザインは初代シビックをオマージュしてるそうですが、どっちかというと初代ゴルフぽいです。



大阪モーターショー 2017 03
こちらはスポーツタイプの「Sports EV Concep」。
二台ともフロントグリルがディスプレイになっていて、そこにメッセージや顔文字が表示されるようになってます。



大阪モーターショー 2017 04
佐藤琢磨インディ500優勝マシンのアンドレッティ・オートスポーツDW12。
イベント2日目にはご本人ゲスト出演していたとか。


大阪モーターショー 2017 62

大阪モーターショー 2017 05
FF世界最速を誇る新型シビック・タイプR。カッコ良かったです♪
話題のクルマだけあってやはり注目度が高く大人気で、運転席乗る順番で長蛇の列でした。



大阪モーターショー 2017 06
新型NSX。こちらは値段が値段だけに運転席に座れるサービスはなく、一段高い展示台に置かれてて触れるのも禁止でした。

隣の棟に移動して日産のブースへ。

大阪モーターショー 2017 08

大阪モーターショー 2017 09
EVコンセプトカーの「NISSAN IMx」。
完全自動運転で、内装は和の感性を取り入れてるのだそうです。



大阪モーターショー 2017 10
その隣に展示されていたリーフのNISMO仕様である「LEAF NISMO Concept」。



大阪モーターショー 2017 11
GT-R Premium edition 2017年モデル。
これもシビック・タイプR同様人気で、座る人で列が出来てました。子供がふざけてサイドシルをガンガン踏んでたのが気になりました。坊主値段わかっとんのかい。^ ^;


続いてスズキのブース。

大阪モーターショー 2017 07
「e-SURVIVOR」というコンパクトSUV。
ホイールまで電飾されていて一際鮮やかでした。スズキのコンセプトカーはこの1台だけ。


さらに展示棟を移動して今度はマツダのブース。

大阪モーターショー 2017 12

大阪モーターショー 2017 13

大阪モーターショー 2017 14
次期アクセラのプロトタイプと言われてる「魁(カイ) CONCEPT」。
ガソリンの走りの良さとディーゼルの燃費を両立した新世代エンジン「SKYACTIV-X」を載んでいるのが大きな特徴。



大阪モーターショー 2017 15

大阪モーターショー 2017 16
なるほど見た目はアクセラをCX-5、8系の顔つきに寄せてさらに未来的にした感じ。今回最も見たかったのがこのクルマでして、ターンテーブルで回ってる姿に10分くらい見惚れてました。超カッコええ♪

東京モーターショーにはもう1台「MAZDA VISION COUPE」と言うクルマも展示されてたんですが、大阪では残念ながら置いてなかったです。先日マイナーチェンジしたアテンザもありませんでした。見たかったなー(´・ω・`)


トヨタのブース。

大阪モーターショー 2017 18
人工知能(AI)と自動運転技術を組み合わせた安全装置を持つという「Concept-愛i」。
リヤの意匠が美しかったので、そちら側から撮ってみました。



大阪モーターショー 2017 17
こちらはコンパクトタイプの「Concept-愛i RIDE」。
フロントにメッセージの出るディスプレイがあったりと、なんかホンダのと似てるなあと思いました。



大阪モーターショー 2017 19
水素自動車の「FINE-Comfort Ride」。C-HRぽいというか、もうそのまま市販出来そうなデザイン。



大阪モーターショー 2017 20

大阪モーターショー 2017 21
スポーツタイプのコンセプトHV車「GR HV Sports Concept」。
若い頃に幕張のモーターショーで見た「トヨタ4500GT」に顔つきが似てましたね。こっちはほぼこのまま市販される話が出てるようです。



大阪モーターショー 2017 22
発表以来話題になっていたクラウンコンセプト。これも大人気でしたねえ。
いつかはクラウン世代高齢化のため今回は若者受けを狙ったそうですが、熱心に見てたのはやはり昭和のおじさん族でした。

次はダイハツのブース。

大阪モーターショー 2017 25
イベントブースに並ぶ二台のコンセプトカー。



大阪モーターショー 2017 26
軽トールワゴンのコンセプトカー「DN U-SPACE」。
前後スライドドアで低床設計のため、小さな子供やお年寄りでも乗り降りしやすそう。ガソリンエンジン車。



大阪モーターショー 2017 60
こっちはEV車で商用タイプの「DN Pro Cargo」。
ミゼットをイメージしてデザインされており、荷室に棚が備わってました。



大阪モーターショー 2017 28
そんなわけで比較用にミゼットも一緒に並んで展示。



大阪モーターショー 2017 29
昔ダイハツが作ってた小型乗用車「コンパーノ・ベルリーナ」と、それをイメージにしたコンセプトカーの「DNコンパーノ」。
ダイハツは地元大阪の企業のせいか、この展示会トヨタ並に気合入ってるように感じました。


三菱です。

大阪モーターショー 2017 30

大阪モーターショー 2017 31
SUVタイプのコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」。



大阪モーターショー 2017 32
エッジの効いたデザインに三菱らしさが。そしてコレも真ん中からガバッと開く。流行りなんでしょうか?


国産メーカー最後はスバル。

大阪モーターショー 2017 33

大阪モーターショー 2017 34
「VIZIV CONCEPT」というコンセプトカー。
お家芸の水平対向エンジンとAWDの組み合わせたハイパフォーマンスカーで、WRXを尖らせたようなデザインでした。


次に外車勢なんですが、コンセプトカーらしき出品はどこもなかったのが残念でした。
その中でも見た目的に最もそれっぽかったのがBMW i8。

大阪モーターショー 2017 35

大阪モーターショー 2017 36
しかもこれは「Protonic Frozen Yellow」という日本に4台しか割り当てられてない特別モデルでして、大人も子供もペタペタ触り放題で、いいのかなあと思いながら値段表見たら2,298万円と書かれていてビックリ!(゚〇゚;)



大阪モーターショー 2017 38
ロータス・エヴォーラ・スポーツ410。こちらのお値段は約1,500万円ほど。



大阪モーターショー 2017 39

大阪モーターショー 2017 40
マクラーレン・570Sスパイダー(上)と720S(下)。
値段の話ばっかになりますが、こちらはさすがに2,500万と3,300万のクルマだけあって、常時係員付きっ切りで柵もしてあり近付けなかったです。



大阪モーターショー 2017 41
先月発売になったばっかの新型シボレー・カマロ・コンバーチブル。
トランスフォーマーと一緒に展示されていました。コレも乗り込み自由で、隣で写真撮ってる女の子が乗ってる人へ「正直邪魔なんだけど~」とボヤいてまいました。^^;



大阪モーターショー 2017 42
フィアットのホットモデルであるアバルト595コンペティツィオーネ。
こんなちっこいボディに180馬力もあって、運転席座ってみたかったけど人大杉であきらめ~。


他にもいっぱい魅力的なクルマあったけど、割愛してその他番外編です。

大阪モーターショー 2017 44
以前ネットで話題になっていた実物大ミニ四駆エアロアバンテ。
横にでっかい乾電池置いてありましたが、後ろからカウルの中のぞいてみるとモーターでなくエンジンが載せてありました。



大阪モーターショー 2017 45
チョロQみたいなハコスカ。実はバイクです(笑)。



大阪モーターショー 2017 56
カスタマイズカーを並べたブースにあったケンメリGT-R。

大阪モーターショー 2017 47
羨望の眼差しで見ていると、係員が親切にボンネット開けてくれて中にはL型エンジンが載っていました。('A`)



最後にモータショーの華であるコンパニオンのお姉さん達。

大阪モーターショー 2017 48
ホンダのブース。
第1期F1を連想させるナショナルカラー。



大阪モーターショー 2017 50
トヨタのブース。
なんかコンセプトカーだけでなく制服もホンダとカブッてる気が。


大阪モーターショー 2017 49
マツダのブース。
「黒マツダ」と呼ばれるモノトーン基調の新世代店舗のイメージカラーでした。



大阪モーターショー 2017 52
スバルは青と白の清楚な制服で、お嬢さんもいかにもモデル的な雰囲気ではなく今回最もお気に入りでした。^^



大阪モーターショー 2017 57
阪神高速の働くクルマとお姉さん。
実際こんな子が乗っていればおじさん助け呼んじゃうよ。



blog171215058.jpg
「CPCボディアーマー マキシム」というコーティングのデモカーF50と一緒にいたセクシー姉さん。
あの子色んなポーズや表情くれて他の子と一味違うと、カメコ軍団が絶賛してました。



大阪モーターショー 2017 61

そんなわけで約3時間ほどかけて全体をざっと見て回りました。
インテックスは広いので、これはじっくり見ようとしたら丸1日かかる内容でしたね。疲れましたが楽しかったです♪

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

アクセラにMAZDA SPEEDのエアロパーツを全部付け

せっかくブログ再開したのに、おおさかホビーフェス以降しばらく更新放置してました。すみません。

まだしばらくは本格的に模型製作を再開できなさそうなので、当面はここ半年ほどの休止中の出来事を中心に更新していこうと思います。

なので今回は久しぶりにクルマの話を。


アクセラ、エアロパーツ他 15

我が愛車のアクセラにはMAZDA SPEEDの純正エアロパーツのうち、フロントとリヤ、サイドのアンダースカートを新車購入時から付けてるのですが、乗ってるうちにやっぱりフル装備にしたくなったので、ディーラーの1年半点検だった6月頃に残りのパーツも取り付けてもらいました。


ひとつめはリアルーフスポイラー。

アクセラ、エアロパーツ他 01

ルーフの後端は、ノーマルでもこんな感じのちっちゃいスポイラーが付いてるデザインになっているのですが・・・



アクセラ、エアロパーツ他 02

その上にボルトオンでもうひとまわり大きいのが付く形になります。
色はボディ同色か黒か選べるのですが、装着済みのエアロの色が黒のみなので、それと合わせて黒にしました。ボディカラーも白だからコントラスト的にも相性良いですし。



アクセラ、エアロパーツ他 03

下から見るとノーマルがこんな感じ。



アクセラ、エアロパーツ他 04

MAZDA SPEEDはリップタイプのように見えて、実は中央に支柱があって少し上げ底になっているウィングタイプになっています。


もうひとつはドアミラーガーニッシュ。

アクセラ、エアロパーツ他 05

つまりはドアミラーのガワ交換でして、純正のボディ同色から黒色への変更です。
ちなみにこの部品は前期モデルと後期モデルでドアミラーウインカーの形状差でデザインが微妙に違ってて、これは前期モデル用で後期より少し値段が高いです。(-"-;


あと外観の変化としては純正品ではないですが、フロントのフォグランプカバーに加飾を付けました。

アクセラ、エアロパーツ他 06

ここは元々加飾が付くようなデザインになっていて、実際デミオ(左)やアテンザ(右)には装着車があるんですが、なぜかアクセラだけ設定されてないのです。厳密にはKENSTYLEというマツダディーラー専売の他社製品にはあるんですが、デイライト内蔵型で8万円位と高すぎ!

なのでネット通販で市販品を買いました。

アクセラ、エアロパーツ他 07

これがその加飾パーツ。色んなショップから違った商品名で発売されていますが、どれも値段は大体4000円前後で見た目も酷似してるので、辿って行けば製造元は同じなのかもしれません。

ただこれは前期用なので、アクセラの後期型が出て1年以上経った今では、もう製造を終了しているのかだいぶ品薄になってきてます。


アクセラ BM BY系 フォグカバー ライン状 ガーニッシュ アイブロー 【Amazon】



アクセラ、エアロパーツ他 08

この手の市販パーツは大抵中国かどっかのアジア製だと思いますが、クロームメッキの品質はとても良いです。



アクセラ、エアロパーツ他 10

裏の取付用テープは3M製ですが、貼ってある量がしっかり止めるにはやや心許ない気もするので、別途強力両面テープ買って付け足しました。場所が場所だけに走行中に外れたりすると危険なので、100均とかの安物でなくちゃんとしたメーカー物を使った方が良いです。


3M スコッチ 車輛用 両面テープ 10mm×10m PCA-10 【Amazon】


アクセラ、エアロパーツ他 14

これが取り付け前で・・・



アクセラ、エアロパーツ他 11

これが取り付け後。

ネットのユーザーレビューによく書かれれてる微妙に密着しないというのは本当に微妙な部分で、見た目ではわからなくてグッと押し込んだら「あっわずかに隙間あるな」というのが左側のみ感じました。モデラーなので当たり前のように借り組みしてからドライヤーで温めて補正しましたが(笑)、個体差もあるでしょうし、値段考えたらこんなものかなという気がします。


見た目はこんな具合になりました。

アクセラ、エアロパーツ他 12

アクセラ、エアロパーツ他 13

MAZDA SPEEDのエアロパーツは、フル装備でもこの位の控え目な渋いデザインなので気に入ってます。ただその代わり、同じアクセラオーナーかもしくは余程クルマ好きでないと付けてるの気付かないでしょうね(苦笑)。

にしても昔はドアミラーとかエアロパーツはボディ同色がセオリーで、そこが黒色なんて廉価グレードの装備というイメージだったんですが、今は一周してむしろコレが流行りになってるんですねえ。もちろん昔のは塗装じゃなくて樹脂の地の色でしたけど。


実は内装のアクセサリーもこの1年半の間にちまちま追加してるんですが、それはまた別の機会に。

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】