FC2ブログ

フジミ カブトムシ、クワガタムシ レビュー 1 パチ組み編

この夏発売されたフジミのカブトムシとクワガタムシです。

「自由研究シリーズ」と銘打った新たなプラモデルシリーズで、本来の対象は子供でしょうが、尖った部品が多いためかタテマエとしては対象年齢15歳以上となってます。プラモは少子高齢化をモロ被りな商売ですから、フジミとしても低年齢層の新規ユーザーを開拓して育てていこうと考えてるのでしょう。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 01

考えてみれば私が初めて出会ったプラモもカブトムシでした。幼児の頃祖父に買ってもらったのですが、当然ながらまだ作れませんから、超不器用な父が代わりに作ってくれました。完成したカブトムシは接着剤跡でベタベタで、ゼンマイ仕掛けも動かないヒドイ代物でしたが、それでも嬉しくてずっと遊んでいたのを覚えています。

その子供が今こうなっているわけですから、昆虫プラモというフジミの選択は結構正しいのかもしれません(笑)。


さて、そんなわけでキットレビューです。
まずはカブトムシの箱の中身から。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 02

NEXTシリーズと同じく塗装・接着剤いらずのスナップフィットキットですが、モデルになってる虫自体が単色で成り立つ物ですから、多色成形ではなく茶色がかった黒単色で、後ろ羽のみが薄いクリアブラウンになっています。


そしてこちらがクワガタムシ。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 03

基本カブトムシと同じ成型色と部品構成ですが、クワガタムシは胴の真ん中部分(正しくは「前胸背板」と言うらしい)がポリパーツになってたり、足が関節から分割されてなく一体成型なのが相違点ですかね。

どちらも2匹セットなので、これらの部品が2組入ってて定価1944円(税込)。でも低年齢層向けなら1匹入りでその半額にしてあげて欲しいのが正直なところ。それ位なら子供の小遣いでも無理なく買えるでしょうからね。


で、実際に組んでみました。
まずはパチ組み。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 12

絵面がなんか本物のカブトムシをバラバラに解剖してるみたいでヤバイ!((((( ;゚Д゚)))

そしてあっという間に完成。
見よこの本物と見まごう程の造形!

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 13

組み立て自体は特に難しいところはなくパチパチ組めます。強いて言えば、各関節のボールジョイントを差し込む時に多少固めの所もあるので、軸を折らないように注意かな?あとクワガタの触角は遊んでると外れやすいので接着推奨。


そして2つめの製作はオリジナルカラーでいきます。Twitterでおもしろ塗装が流行ってたので乗っからせていただこうかと(笑)。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 04

胴体や頭部などの合わせ目が出る個所をパテ埋め。

脚などの一体成型パーツは意外とパーティングラインが目立ちますので、スポンジやすりでサンディングして消してやります。(画像はペンサンダー使用)

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 05

時間がかかってめんどくさいけど、こういう地道な作業の積み重ねが美しい完成品につながります。

削りカスを超音波洗浄機でまとめて洗い落とし中。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 07

部品の中でマスキングテープのタグが付いてるのは脚のパーツで、部品番号を書き込んでいます。ランナーから切り離すと、どこの脚なのかわかりにくいんですよ。

そして次回は塗装編。



フジミ模型 自由研究シリーズ No.21 いきもの編 カブトムシ(2匹入り) 【Amazon】
フジミ模型 自由研究シリーズ No.22 いきもの編 クワガタムシ(2匹入り) 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

JK姪、フジミ・プラエボルタくんを作る

またJKをネタにアクセス稼ごうとして管理人汚いと言われそうですが(苦笑)、以前フジミのくまモンのプラモを一緒に作った姪(次女)と久しぶりに、今度はプラエボルタくんを作りました。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 01


エボルタくんとは、パナソニックの乾電池「エボルタ」のCMに出てくる驚異の綱渡りロボットです。



この製品はそのエボルタくんの1/1、つまり実物大のプラモデルでして、くまモン同様接着剤と塗装いらずの色プラ・スナップフィットキットとなっています。以前にプラロビを作ってプレゼントしたとき大層喜んでもらえたので、同じデザインのロボットで彼女好み。

久しぶりのプラモ製作に気合十分の姪。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 02

くまモンのときはまだ高校1年生でしたが、それが今や3年生で受験生です。
この年になると月日の流れるのがなんと早く感じる事か・・・


で、作り始めましたが、プラエボルタくんはくまモンと比べて色分け個所や可動軸が多いため部品数が多く、なかなか苦労してるご様子です。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 03

なので部品の切り取りを手伝ってあげたのですが、ほとんどの部品が完成後の見た目を優先してアンダーゲート式になっているため、ゲート痕の処理をきっちりしないと組立時にはめ込み出来なかったり隙間ができたりしやすいです。しかもスナップ式なので一旦パチンとはめるとやりなおしは素人には難しく、この辺の作りやすさと相反してる所は痛し痒しだなあと思いました。

手伝ってあげれば1時間ほどで完成するかなと思っていましたが、そんな理由で姪が帰る時間になったので本日はこれまで。


そして翌日彼女の家(つまり兄の家)まで出向いて一緒に続きを作りました。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 05

残るは手足の組み立てのみ。がんばるぞー!

ところが終盤に来てトラブル発生。
頭を首のボールジョイントにはめようとしたら、頭の中に仕込んである雌口のポリキャップが外れてしまいました。どうもポリキャップを固定してる部品の強度がボールジョイントを押し込む力に負けているようで、一旦分解して再度組み立てても同じ結果・・・。


JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 04

ここはさすがに姪には対処出来ないので手助けに入りました。先に雌口パーツにボールジョイントをはめ込んでおき、その後で頭部を組み立てました。後ハメ加工ならぬ前ハメ加工です(笑)。

そんなこんなでプラエボルタくん完成!

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 09

各関節にはポリキャップが仕込まれており、その固さ加減が絶妙で、完成後に色んなポーズで遊んだり、少々雑に扱ったりしても部品がポロポロ外れたりすることはなかったです。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 10

背中の電池の再現度がスゴイ!
てかこれ1/1だから、本物のエボルタ電池に差し替えればさらにリアルにw



顔隠してますが満面の笑みの姪です。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 07

こんな風にCMでのワイヤーを上るシーンも再現可能。
ワイヤーとの接合にもポリキャップを使用してるので、エボルタくんの自重でずり落ちるとか脱落するとかありません。
ただしワイヤーとベースの合いは案外緩いので、ここには接着剤を使いました。


プラロビと並べて記念撮影。

JK姪、フジミ・プラエボルタ君を作る 08

製作時間は2日間合わせて2時間半~3時間くらいですかね。
部品点数が若干多め、アンダーゲート処理必要、はめ込みに固い個所があるなど、初心者向けプラモとしては前作のプラロビより難易度が高くなっている印象はあります。まあでもそれは手助けに入る事で一層のコミュニケーションをはかれるとポジティブな解釈をしておきます(笑)。

子供(今回はもう大きい子だけど…)と一緒に作るプラモ楽しいですよ~♪



フジミ模型 PtimoシリーズNo.3 プラ エボルタくん Ptimo-3 色分け済み プラモデル 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

Model Galleryにフィギュアライズバスト 初音ミクを追加

ホビーショー前に製作記事を書いていたバンダイ・フイギュアライズバストの初音ミクですが、遅ればせながら完成画像を親サイトのModel Galleryにアップしました。


バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 完成画像


去年の9月製作なので、その後色々あって8か月経ち、やっと陽の目を見せる事が出来ました。
皆様にご覧頂ければ幸いです。m(_ _)m

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミクを作る。その3(完成)

バンダイのフィギュアライズバスト初音ミク製作記、後編です。
前編では髪と服の製作をしましたので、今回は残りの肌の部分となります。

肌色パーツは成型色をベースカラーとしてそのまま使います。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 14

けどパーティングラインやゲート跡が目立つので、サンディングして消しました。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 15

フィギュアの表面処理にはスポンジタイプのやすりが曲面にぴったりフィットして便利です。
少々雑な話ですが、スポンジやすりは研磨時の力の入れ具合で目の粗さを調整できますので、鏡面研磨しないのなら400番があれば7割方事足ります。


タミヤ研磨スポンジシート400 【Amazon】


そして手首なんですが、ここは金型成型の限界なのか親指部分が別パーツになっているので合わせ目消しを行います。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 16

成型色を生かすのでパテは使えませんから、ここは合わせ目に伸ばしランナーを埋め込み、流し込み接着剤で融合させます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 17

そしてサンディング。こんな具合に合わせ目が消えました。

次に肌色パーツにシャドウを入れていきます。
目の部分に色が着かないように、マスキングゾルを塗ってマスキングします。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 18

キャップに付いてるハケでは細かい精度が出せませんから、こういう箇所には面相筆を使って塗ります。筆に付いたマスキングゾルは、ブラシエイドを使えば筆を傷めずに取ることが出来ます。


そしてMr.カラーの美少女フィギュアフレッシュセットの中から、キャロットオレンジを使って影になる部分に色を入れました。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 19

非常にデリケートな作業ですが、成型色に直塗りなので失敗したら薄め液で拭き取って何度でもやり直せますから、通常のボカシ塗装より楽でした。ただし目に塗ってあるマスキングゾルは薄め液で持って行かれてしまうので、ここだけは一発勝負です。


GSIクレオス Mr.カラー 特色セット CS55 1 美少女フィギュアフレッシュセット 【Amazon】

そして最後につや消しクリアーでコートして質感を整えます。

口の中のパーツもそのままでなく影を入れて奥行きが出るように塗りました。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 20

意外と気に入った感じにならなくて何度も塗りなおしました。

よく出来てる瞳の部分は濡れた感じが欲しいのでクリアコート。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 21

今度は逆に目の周りにマスキングゾルを塗ってクリアーを吹きます。
でもこれくらいは別に筆塗りでも出来る作業で、エアブラシにした理由は何かしらあったはずですが忘れました(笑)。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 22

艶が入った事で目に潤いが出ましたね。
目頭や指と指の間とかの肌の濃い影の部分には、Mr.ウェザリングカラーのラストオレンジを流し込んで強調してます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 23

爪は髪と同じくストーングリーンで塗り、その上からクリアコートしました。つや消しによる肌の柔らかさと、光沢による爪の硬さの質感の差が表現できたと思います。

こうして全部品塗装出来たので組み立てます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 24

上着の中ですが、置き台に固定するための黒いジョイントパーツを差し込む天面が、下から覗き込むと案外目立ちますので、ここは黒く塗りつぶしておきました。腰のベルト両端にある補強支柱も同様です。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 25

ジョイントパーツをはめ込むと、こんな風に奥は暗くてわかりにくい感じになります。

最後にクリアグリーンのディスプレイベースに固定しますが、こことジョイントパーツのかみ合わせが案外ゆるいので、私は間にペーパーボンドを塗って、取り外し可能ながら固めに固定できるようにしました。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 26

そんなわけでフィギュアライズバスト・初音ミク完成です♪
成型色を生かしつつ、グラデーションを入れて光沢感を各部で変えることにより、パチ組みより深みのあるしっとしりた質感になったと思います。

けど裸のままではフィンランドに持って帰るのに壊れてしまいそうですし、海外では後々のサポートもしてあげられませんから、おまけでクリアケースを用意しました。


蝶プラ工業 コレクションケース レギュラー 18 561185 【Amazon】

探したところ、この蝶プラ工業の「コレクションケース レギュラー」という製品がベストフィット!

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 28

表面にタミヤモデリングワックスを塗っておくと、ホコリがつきにくくなります。

受け渡し式。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 27

ミクを手にしてご満悦の従姉の次女ちゃん。

フィンランドの彼女の部屋ではこんな風に他のフィギュアと共に飾ってもらってます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 29

クオリティが全然違うと驚いてました。
そりゃ量産品に負けたらお兄さんもうモデラーやめるわ。(おじさんでなくお兄さんと呼ばせてます ^_^;)

詳細な完成画像は近々Model Galleryに載せますので、もう少しお待ちください。

※追記(2018/05/19): 載せました。
そんなわけでバンダイ・フィギュアライズバスト初音ミクの製作記でした。


フィギュアライズバスト 初音ミク 色分け済みプラモデル 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミクを作る。その2

前回製品レビューしたバンダイのフィギュアライズバスト初音ミク、今回はその製作記前半です。

せっかくの色分け済みプラモなので、その成型色をベースカラーとして生かして影のタッチを入れて行き、合わせ目消しが生じた部分のみ全塗装という方向性で作っていきます。

最も大きいパーツであるツインテールは、根元と房の部分の2ピース構成で、ここはバンダイ製品にしては珍しく合わせ目の段差や隙間がそれなりにわかる仕様になっています。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 01

なのでパテ埋めで段差を消し、側面にあるパーティングラインもサンディングして消してやります。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 02

同様に後頭部や頬にかかる横髪にもパーティングラインや合わせ目があるので処理。

その他にも右腕のひじ部分が2ピース構成になっていて、合わせ目が目立ちます。あと袖部分はスライド金型で一体成型されていますが、パーティングラインやゲートカット跡がハッキリわかるのでここも処理します。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 03

ほぞ部分をマスキングしてるのは、ここにサーフェイサーや塗料が付くと塗膜の厚みでうまくハマらなくなる恐れがあるからです。もう20年以上前からバンダイ製品はこれくらいの部品精度持ってますね。

表面処理が終わったら、髪と袖パーツにサーフェイサー吹き。髪はグレーサフで、袖は黒サフを使いました。ドライブースで乾燥させます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 04

そうするとパテ埋めしたところが大抵ヒケてうっすら跡が残るので、またその部分にサンディングとサフ吹きを跡が消えるまで繰り返します。大抵は2~3度やれば消えます。

次に髪の塗装。
ベース色は、初音ミク専用カラーとまで言われてるガイアカラーのストーングリーン。これにクレオスの色の源のシアンを使ってエアブラシで影を入れました。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 05

この手のボカシ塗装は大抵1発では決まらないので、色の調子を見ながらベース色、影色を交互に重ね吹きして理想の色加減に近づけていきます。その際いちいちカップの塗料を入れ替えるのは大変なので、私はエアブラシ2本同時に使って作業しています。

谷間の深いモールドには、クレオスのMr.ウェザリングカラー・シェードブルーを流し込んで、濃い影を付けます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 06

逆に山部分にはストーングリーンをやや明るくした色を乗せ、色の階調を増やします。

上着のフリルや腰のベルトは、前回のレビューで述べたとおりシールでは不満なので、塗装で表現します。
まずはマスキング。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 07

特にベルトの段だら模様は裏表両面やったので結苦行でしたが、ここはマスパーにかなり助けられました。
フリルと段だら模様を塗装後テープをはがし、そのままではプラの質感丸出しなので半光沢クリヤーでコートします。襟の刺繍シールは先に貼って一緒にコートし、光沢感を統一させます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 08

そして上着の継ぎ目部分の凹モールドに、Mr.ウェザリングカラー・シェードブルーとマルチブラックを混ぜた色を流し込んでメリハリを付けます。

上着の裾部分には点線調のステッチがあるんですが、ここはシールに印刷されている該当部分を切り出して貼り付けました。けどシールの厚みで段差が出来て違和感アリアリ・・・

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 09

それに光沢クリアーを乗せただけでは、プラの質感は消せてもウェルドラインは消せませんので、この上着はやはり全塗装するのがベターでしたね。塗装派向けにすべての調色レシピは組立説明図に載っています。

ヘッドセットのレシーバー部分の塗りわけはシールになっています。ご覧の通りすっきり馴染んでいて意外と違和感ありません。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 10

でも個人的には赤や黄色といったビビットな色にアミがかかっているのは好みじゃないので、ここも塗装する事に。
一緒に四角い髪飾りも塗装します。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 11

赤は下地が透けるので、まず下地に白を吹いてから塗装します。今回は隠ぺい力が高いMr.カラー GXのクールホワイトとハーマンレッドを使用。髪飾りはヤスリがけで角出しをしっかり行うと、シャープになってより精悍さが増します。

乾燥後に今度は赤部分をマスクして黒を吹きます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 12

最後に黄色やガンメタルのパネル部分を筆塗装して仕上がり。手間はかかりますが、やはり塗装表現のほうが鮮やかで好みです。

袖の電光パネルの枠と、肘の格子模様とは、シールを使わずに塗装しました。こういう段差モールドに貼るシールは、大抵見栄え悪くなるので。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク 製作記 13

またこの袖部分はやはり合わせ目処理をしているので、成型色をそのまま使わずセミグロスブラックで塗装しました。


製作記後半に続きます。



フィギュアライズバスト 初音ミク 色分け済みプラモデル 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミクを作る。その1

長らく模型を作っていませんが、実はサイト休止中の去年の9月に模型リハビリとして、当時話題になった新製品のバンダイ・フィギュアライズバスト初音ミクを作っていました。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 01


従姉の次女へのプレゼント用でして、彼女はフィンランド在住でドイツ人の父親と日本人の母親(従姉)を持つハーフで、日本のポップカルチャーが好きなお嬢さんです。去年の夏に従姉と共に日本に帰省していました。

そんなわけで新しいネタもないので、今更ですが半年以上前の初音ミクの製作記です。
第一回目は簡単なキットレビューから。

部品一覧。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 02

頭部以外は、
ペールオレンジ(肌色)、グリーン(髪)、ダークグリーン(装飾品)、ブラック(服)、シルバー(服)、ピンク(口)、クリアグリーン(台座)の7色の成型色で構成されています。

で、これがこのキットの最大のウリである、印刷やシールではなく成型色のみで作られた顔。
レイヤードインジェクションという新技術が用いられており、特に目は米粒ほどのサイズの中に寸分の隙間や段差もなくいくつもの成型色がはめ込まれており、まるで伝統工芸の寄木細工です。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 03

瞳はクリアグリーンで成型されていて、よくよく見ると虹彩ぽい影まで確認出来ます。なのでドールアイのような深い奥行き感のある造形になっており、これもうバンダイ頭おかしい絶対頭おかしいw

そしてタネ明かしの裏側はこんな感じ。
これ金型に樹脂直接流し込んでこんなキッカリした区分けになるんでしょうか?なんかパートのおばちゃんが後ハメしてるんじゃないかと疑いたくなってくる超変態技術です。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 04

なお同シリーズの今までのモノは、顔の皮膚パーツに自分で目や舌を差し込むようになっていたので、組み立て中はまるで解剖してるかのようなグロさがあったのですが、この初音ミクは最初から組み込まれて完成された状態になっているのが新たな進歩となってます。

他のパーツは単色成型です。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 05

とは言ってもこんな風に一枚のランナーに数色が一緒に成型していたりと、明らかに他社ではあり得ない事が起きてます。


肌色パーツはプラモの部品とは思えないほど女体の艶かしいラインが表現されており、その裏側は胴体への差込のほぞやダボなどの骨組みで逆にごつくて無機質なのがなんとも対照的。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 07

先ほどのグリーンの髪パーツもですが、この肌パーツは人体という事でつや消しで成型されています。


黒成型のパーツ。
袖口にスライド金型を使い、完成時に合わせ目がほとんど出ない工夫がされているのがわかります。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 08


惜しいのはこのシルバー(メタリックパープル?)成型のパーツ。
金型内で樹脂同士がぶつかって出来る地層のような線「ウエルドライン」が目立ちます。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 06

黒とシルバーのパーツはどちらもレザー生地を思わせる半光沢成型がされていて、人体部分と質感の違いが表現されています。

付属のシール。
水転写式ではなく、初めてでも貼りやすい紙製粘着式の物で、主に服のフリルや髪留のラインなどが印刷されています。

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 09

実際に貼ってみるとこんな感じ。
大きさや形がそれぞれ微妙に違うフリルに寸分のズレもなくフィットしています。すげえ!

バンダイ・フィギュアライズバスト 初音ミク レビュー 10

とはいえやはりシールなので印刷のアミ点が目立ちますし、フリルの断面は下地の色が見えてますので、そういう細かい箇所の仕上がりまで求める人は塗装となります。

ぶっちゃけ言うと、瞳をあんなに凝って作らななくてもタンポ印刷で構わないので、その分のコストをこういう箇所の多色成型化にまわしてくれたほうが全体としてのクオリティバランスが取れてて良いんですが、それしちゃうとバンダイの技術力アピールという最大の商品価値がなくなるので痛し痒しですねえ。レイヤードインジェクションあってのフィギュアライズバストですから。

そんなわけで次回からは製作記です。



フィギュアライズバスト 初音ミク 色分け済みプラモデル 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】