FC2ブログ

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 その3

フレームミュージック・ガール初音ミクの製作久しぶりの更新で、今回はひたすらマスキング塗装の連続という苦行です。( ;´Д`)

初音ミクと言えば縞パンが本体と言われるほどなので(おおーい!)、まずはそれの再現から。
ぱんつは前後に分割なので合わせ目を消し、ペーパーがけで消えた布地の折り返し部分のスジを彫りなおしました。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-01
ぱんつのスジ彫り・・・齢五十超えてこんな事してて人としていいのだろうか・・・orz


この後関節や胴をマスキングし、「サフ吹き→処理跡チェック→再度ペーパーがけ→再サフ吹き」の作業をして塗装です。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-02
全体をFM-01 ミクグリーンで塗ります。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-03
縞柄を残す部分をマスキングします。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-04
白塗装。隠ぺい力の強いガイアのアルティメットホワイトを使いました。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-05
布地の折り返しや陰影を、Mr.ウェザリングカラーのフィルタ・リキッド シェードブルーとマスチホワイトを溶いた色で描きこみます。エナメル塗料を使うより油彩ベースのMr.ウェザリングカラーのほうが、プラが脆くなるのを心配せずに済みます。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-06
縞パン再現!(・∀・)

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-07
厳密にはこの後さらにつや消しクリアーをコートする予定です。
縞パンならつい白下地を先に塗ろうと考えてしまいますが、縞の色を先に塗ったほうがマスキングが楽という話でした。


次に胴体の塗装。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-08
胸部は上乳に出来る合わせ目、腹部は左右を張り合わせた合わせ目をパテ埋めしてサフ吹き→ペーパーがけを繰り返して消します。結果胸部はサーフェイサーが厚盛りになってややボッテリしてしまいました。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-09
専用カラーのFM-04 ミクホワイトで塗装し、FM-03 ミクボディシャドウはやはり色にあまり差がないので、もう少し暗く調色してエッジにシャドウを入れました。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-10
この服はデザインが甲冑ぽくなっているので、やや金属的な質感を足してみようと、Mr.クリスタルカラーの ムーンストーンパールを軽く吹いてパールホワイト調にしてみました。写真ではわかりにくいのが残念。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-11
腹部パーツのほうはスリットに黒が入るので、白部分をマスキングして、黒の代わりにアーマー類と同じくキャンディカラーのやや青みがかった黒鉄色で塗装しました。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-12
スリットの中のパネル部分をFM-01 ミクグリーンで塗装です。こんな小さな個所もフリーハンドは苦手なので、さらに上からマスキング。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-13
マスクを剥がしてこんな感じになりました。
腹部の白い甲冑は、厚み部分とスリット部分の塗り分けを考えると、先にスリットを塗ってからマスクして白塗装のほうがキレイに仕上がりやすかったですね。ここ反省点です。
最後に半つや消しクリアーでコートして質感を整えました。


前回の続きの脚と腕です。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-14
写真ではちょっとわかりにくいですが、やや明るく調色した色を重ねてグラデーションを入れました。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-15
こちらもマスキング塗装です。すねのラインをFM-01 ミクグリーンで。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-24
腕の方はシンセサイザーを模したパネルをグロスブラックで塗り、その縁の黄色と赤のスイッチ的な装飾を塗りました。
そして最後に光沢クリアーでコート。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-25
シンセサイザーパネルのデカールは、腕側に貼るのかクリアカバー側に貼るのか明確な指示がありませんのでカバー側に貼り、めくれ保護のためここもクリアコートしました。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-17
塗り直したスカートにもグラデーションを入れます(浅葱色のフリル部分はマスキングしてます)。そしてマスキングをはがし、ここも同様にクリアコート。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-18
四角い髪飾りを塗り分けます。
まずは下地にGXクールホワイトを塗り、上からハーマンレッドを塗り重ねます。そうしないと赤は透けるので発色が悪くなるのです。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-19
断面の赤部分をマスキングし、キャンディカラーのやや青みがかった黒鉄色で塗装します。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-20
マスクを剥がして塗り分け完了。
ここもやはり下地色である黒鉄色を先に塗るより、赤を先に塗った方がマスキングが楽な個所です。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-21
アーマーやメカの赤い部分をマスキング塗装。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-22
アーマーやメカの浅葱色の部分をマスキング塗装。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-23
こんな感じで細部の塗り分け出来ました。


次回に続きます。



フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 その2

塗装編に入ります。
この初音ミクはガイアノーツから 「フレームミュージック・ガールカラー」という専用の特色が同時発売されてますので、今回それを使う事にしました。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-01

用意したのはフレームミュージック・ガールカラー全4色、
に加え、既存のフレームアームズ・ガールカラーから肌色成型色と同色であるさらにその影色である
の計6色。

またこのキットはABS樹脂のパーツが非常に多く塗料の食い付きが心配なので、下地剤として同じくガイアノーツのマルチプライマーを使います。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-02
P-01 ガイア マルチ プライマー 50ml

※上記各塗料リンク先: あみあみ


このガイアマルチプライマーは塗膜が非常に剥がれにくくなる強靭な密着性能で定評なんですが、代わりに表面にややベタ付きがあるため塗布したらさっさと上から塗料を塗らないと、そのまま放置したりその辺に転がしておくとホコリやゴミがくっついてしまう恐れがあるので、扱いがちょい厄介というシロモノです。


そんなわけでガイアマルチプライマーをエアブラシで塗布。使用法に書かれてる通り超薄く2回塗りします。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-03

ABSのパーツは具体的には肌色成型と黒成型のパーツの2種類で、半分以上がそれにあたります。スケモの事を思うと一手間増えて面倒ですが、私のようなおじさんはコトブキヤと言えばガレキメーカーのイメージが根強く、この初音ミクもそうだと思えばまあいいかーと感じられるようになりました(笑)。


そしてマルチプライマーを吹いた上から今度はサーフェイサーを吹きます。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-04

スカートなんかのABSパーツは塗装済みなのでもったいないですが、新たに塗装するパーツとの色味を合わせるため、容赦なく塗りつぶします。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-05
サフ吹きを終えたパーツ群。ドライブースを使ってしっかり乾燥。


そうしてようやく塗装です。

基本色のFM-01ミクグリーンですが、その発色はとても自力では調色出来ないくらい鮮やかで素晴らしいエメラルドグリーンです!これはパステルカラーとしてはクレオスのみるきいぱすてると良い勝負かと。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-06

しかしFM-02ミクヘアシャドウはミクグリーンとの色の差が案外弱く、塗ってみたらグラデーションのかかり方が足りないため、クレオス色ノ源のシアンとイエローを少々足してもっと暗い色に調色して使いました。


続いて肌色。
FG01プラスチックフレッシュは、塗料と成型色の質感の差はどうしても出てしまいますが、色自体は謳い文句どおりかなり近いです。艶消しクリアーをコートしてやれば双方の質感差はほぼなくなるような気がしますので、製作の終盤に試してみます。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-07

ただFG-03シャドウフレッシュはこれまたグラデーションをかけるには色味がFG-01プラスチックフレッシュとそんなに変わらず、色ノ源のマゼンダとイエローを足してより暗くして使いました。


そして手足の塗装は、可動部と合わせ目の設計上、複雑な手順になりました。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-09
先に肘や膝パーツの合わせ目を消して塗装をしてから、それを腕、太もも、ふくらはぎのパーツをは挟み込んで、隙間にパテ埋めします。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-10
スポンジヤスリでサンディングして表面をツライチ処理し、プライマー吹き→サフ吹きをして合わせ目チェックを行います。でも大抵一発では消えません。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-11
この「プライマー吹き→サフ吹き→ペーパーがけ」という作業を合わせ目が消えるまで繰り返します。今回は3度目で完全に消えました。

そして塗装。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-12
組立図のカラーレシピ通りに、ミッドナイトブルー70% : ネイビーブルー30%の比率でブレンドしたカラーで塗装。これあくまでベースカラーでして、後でここにも上からグラデーションをかける予定です。


ボディに付くアーマー類や、ドローンスピーカーといったメカ類は、金属感が出るように指定色である手足と同じブラックとは違うオリジナル色にしました。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-13
まずは下地色です。ガイアカラーのスターブライトアイアンを塗装。、メタリックマスターで希釈する事でよりきめの細かい金属色となります。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 2-15
この上からGXクリアブラックに色ノ源シアンをわずかに足してコート。キャンディカラーのやや青みがかった黒鉄色にしてみました。


ガイアノーツの専用色、ベースカラーの発色は素晴らしいけどシャドウ系はそれらとの色の差が弱めに調色されてますね。なのですっきりした作風を好む人には良いけれど、メリハリある雰囲気が欲しい人は物足りないかな?という印象でした。^ ^;

次回に続きます。



フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 その1

今年最初の模型製作は、従姉の長女ちゃんにプレゼントするため購入したコトブキヤのフレームミュージック・ガール初音ミクにします。今旬な製品ですしね。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 01

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 【2018-11-29のブログ】


さてコトブキヤ製品は海外プラモのようにパーツに離型剤が残ってるという噂が囁かれていまして、実際に触ってみたところ確かに他社製品に比べてつるつるしてるような気もしないではありません。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-01
なので事の真偽はわかりませんが不安の種はつぶしていこうという事でパーツ洗浄。中性洗剤とクレンザーを使い、歯ブラシでゴシゴシと洗いました。

パーツ乾燥後、まずは仮組です。
私はコトブキヤを始めとするこの手のアクションフィギュアプラモを組んだことがないので、その構造を知るためにもいつもより丁寧にいきます。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-02
この製品は接着剤不要のスナップ式ですが、合わせ目を消すために本組の時には接着しますし、そのために再度バラしますからダボ穴を棒ヤスリで広げてやります。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-03
さらにダボ側を短く切るいわゆる「ダボ切り」も行います。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-05
頭、胴、手、足、アクセサリーと各ブロックごとに一通り組んでみました。思いのほかABSパーツが多く、そして可動の関係で一気に合わせ目消しや塗装を行えない部位が結構あるので、これはどういう順番で作れば効率よく行くのか悩みますね。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-04
ABS部品の接着はタミヤのABS専用接着剤を使いました。使用感としてはプラ用接着剤をもっとドロドロさせた感じでしかも乾燥時間が早く、プラ用に比べて扱いにくいですね。サラサラの流し込みタイプが欲しい~


blog190112006.jpg
パーツ同士の合わせ目を、ラッカーパテや溶きパテで埋めていきます。このキット、部品同士の合いはかなり良いですが、それでも髪の毛は端の部分は、溶きパテではちょっとキツイくらいの段差があります。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-07
肌色のパーツの合わせ目消しには色の差を少しでも少なくするため、今回ホワイトタイプの溶きパテを初めて使いました。使用感としては、グレーのとは色だけでなく材質も違うみたいで少々クセがあります。

なお、瞬間接着剤タイプのパテなら肌色の製品も今は存在します。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-08
パーティングラインもペーパーがけをして丁寧に消してやります。これは全パーツ対象なので合わせ目より大変!!


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-09
髪や指など、しっかりとした溝がないけど後でスミ入れして影部を際立たせたいところに、目立てヤスリで溝を彫ります。


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-10
なおこの製品はゴッドハンドのスジ彫りヤスリという製品で、片刃になってるため普通の目立てヤスリより細い線が彫れるというスグレモノ。物差しを当てられずラインチゼルやタガネが使えないような湾曲してる面にスジを入れるのに重宝します。


スジ彫りヤスリ小・極小【ゴッドハンド楽天市場店】


コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク 製作記 1-11
パーツの表面処理が終わったら、超音波洗浄機で削りカスや汚れを落として乾燥させます。

次回から塗装です。



フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

前回の更新以降、親の介護に一層手がかかり始めたのと体調グズったのが重なりまして、しばらくブログ放置になっていました。ごめんなさい。
そんなわけでようやく調子を持ち直してきた一昨日、予約してたコトブキヤの初音ミクが届きました。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 01

んーなんだか箱がすごく上品でキレイだ!
プラモの箱と言えば光沢や半光沢で、躍動的な絵が載せられてるのが多い中、それに相反する艶消しでシンプルなこのデザイン、iPhoneの箱と共通する物を感じるのは私だけでしょうか?

今人気のこの手のメカ美少女プラモは守備範囲外だったんですが、従姉の長女ちゃんが好きでしてその影響でちょっと興味が出てきたのと、入門者にも取っ付きやすい初音ミクという事で、彼女へのプレゼントがてら作ってみようかなあと思い買ってみました。

そんなわけでまずは箱を開けてのレビューですが、私はこの分野の知識が乏しく素人目線での話となりますので、どうかご了承願います。m(_ _)m


パーツ一覧。
一枚では写しきれなかったので二枚に分けてます。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 02

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 03

成型色は、肌色、浅葱色、黒、赤、白、クリアブルー、スモークと多彩で、さらにはタンポ印刷が施されていたり、部分的に塗装済みのパーツまで存在します。ちっこいわりに結構な値段なのもなんとなく納得。
あとABS製パーツの割合が多いですね。スナップキットだけど、ちゃんと接着したい場合はABS用接着剤が別途必要。


フェイスパーツです。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 04

通常左向き、通常右向き、歌い顔の3種類。ご覧のとおりタンポ印刷は実に鮮やかでキレイです。


デカールです。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 05

オフセット印刷の水転写式。初心者にやさしいスナップキットなのに、ドライデカールが付いてないのはハードル高い気が・・・というか瞳はフェイスパーツに印刷済みでのっぺらぼうパーツもないのになんで別途付いてるのかわかりませんでして、長女ちゃんに聞いたところ自分でカスタムする用なのだとか。この界隈にはこの界隈の楽しみ方が色々あるんですねえ。


手首パーツ。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 06

マイク持ち手1、マイク持ち手2、平手1、平手2、握り手の計5種類。平手2がカブッて写ってるので6種類あるように見えてごめんなさい。この部品はPVC製なので塗料が乗りにくそう・・・でもスミ入れくらいはしたいところだ。


スカートです。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 07

8分割されていて、モビルスーツの袴みたいに動く仕組みです。超メカメカしい!
裾部分は浅葱色で塗装済みでして、表だけでなくちゃんと裏側まで均等幅で丁寧にマスキング塗装されていて感心しました。



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 09

この赤成形の小さなパーツはどこの部分なんだろうと確認したところ、ヘッドセットの耳当て部分でした。デカール処理せずにわざわざ別パーツ化したのか!



コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 10

腕と脚は可動軸を挟み込んで合わせる唐竹割りの設計なので、どうしても合わせ目が出来ます。それを消そうと思うと塗装しなければなりませんが、ここはABS樹脂なのでそうすると溶剤で部品が脆くなり、動かしてるとひびが入る可能性があります。エアブラシならともかく、筆塗りではキビシそうだ・・・。


白成型パーツ。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 11

どこの部品とか言わずもがな(笑)。


クリアパーツ。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 12

青いのはスタンドだとわかるけど、スモークのは何だろう?と思って組立図を見ると、なんと袖にあるキーボード調の液晶パネルのカバーでした。凝ってるー!


髪の毛パーツ。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 08

以前作ったフジミやバンダイの初音ミクと比べると色が随分薄いです。この辺はキャラデザインの島田フミカネ氏の淡い画風を表現したのかな?


組立図。

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 13 コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 14 コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 15

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 16 コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 17 コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 18

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー 19


全体的な感想としては、やはりアクションフィギュアのプラモだけあって部品のバラバラ度合がスケールモデルや固定ポーズフィギュアとは段違いで、部品を見ただけではどんな風に組み上がるのかイメージ出来ませんでした。ただ組立図を見ると、この手の製品の生命線である可動軸の多さと設計の工夫には舌を巻きますね。

なのであと気になるのはポーズの保持力がどれくらいなのか?ポロポロ部品が外れてしまわないか?ポキッと折れてしまわないかなどの、動かして遊んだ時の耐久性ですね。こればっかりは組み立ててみないとわかりませんので、またそのときの報告となります。

たまには門外漢のジャンルに挑戦してみるもの良い刺激になりそうで楽しみです♪



フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ カブトムシ、クワガタムシ レビュー 2 塗装編

フジミのカブトムシとクワガタムシをパチ組みした前回の続きで、今回は塗装を施します。

この模型、リアル方向に塗ると生々しいくらいリアルになり、それをやってる上手い人はいっぱいいますので、逆を張って見た目重視のキレイな彩色をしてみようと思います。といっても特殊な塗料や技法を持ち合わせてるわけではないのでわりと無難にキャンディ塗装を。

まずは下地作りから。
合わせ目消し、パーティングライン消しまでやったので、ガイアカラーのブラックサーフェイサーを吹いてそれらがキチンと消えてるかチェックします。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 08

次に光沢黒塗装。同じくガイアカラーのアルティメットブラックを使いました。ただしクワガタの胴の一部などのポリパーツは、模型用塗料の乗りが弱くて力が加わると剥がれてしまいますので、サーフェイサーの代わりにガイアマルチプライマー(ミッチャクロン)を吹いて、塗料を強力に固着させます。


さらに上からシルバーを吹きます。ガイアカラーのEXシルバーをメタリックマスターで希釈して使用。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 09

こんな風にシャドウ部分を残して吹いていきます。
この感じ、なんかメカゴジラを塗ってる気分になってきました(笑)。


私感ですが、クワガタの色はやや青みがかってるイメージがあるのでキャンディブルーにします。透過性の原色カラーであるクレオス色ノ源のシアンを吹きました。蛇腹部分は同じく色ノ源のイエローで塗装。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 10

乾燥後、さらにその上からEXクリアーをコートして、表面テロンテロンの光沢にします。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 21

蛇腹部分、カブトムシは胴体と別パーツなのですが、クワガタムシは一体になっているのでマスキングが必要となります。


一方カブトムシは赤茶けたイメージが強いので、クワガタの対でキャンディレッドにする事に。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 11

色ノ源のマゼンダとシアン1:1でブレンドした色で塗ったところ金赤ぽくなってしまったので、上からクリアレッドを薄く吹き重ねて調整したところ、イイ感じの赤になりました♪


下翅(はね)はクリアーブラウン成形なので、それを生かした方向にします。
胴体に近い根本部分にGXクリアブラウンでグラデーションを入れて、その後全体にGXクリアシルバーを吹きました。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 14

これだけではなんかメリハリが足りないので、翅脈(しみゃく)と呼ばれる血管みたいな部分を塗る事に。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 15

でもクリアパーツにこんな細い線をムラなくはみ出しなく塗る自信がないので、マスキングして翅脈部分を切り抜きました。当然ながら両面に行うので大変でした~。

そしてブラウンにシルバーをブレンドした色で塗装。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 16

うーんもうちょっと濃い色にした方が良かったかなあ・・・まあいいや。
上がクワガタムシ用で下がカブトムシ用です。

そして塗装した各パーツを組み立てて完成です。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 17

虫というより虫の形をしたアクセサリー的な雰囲気を目指しましたが、我ながらなかなか良い色に仕上がりました♪



フジミ カブトムシ&クワガタムシ 18

飛行状態。カブトムシは前翅が大きいのでヒンジへの負担が大きく、広げるときにポロッと外れやすいのがタマにキズ。ボリュームある体型なので迫力すごいです!



フジミ カブトムシ&クワガタムシ 19

対してクワガタムシは前翅が小さいため取れたりせずスムーズに開閉します。飛行状態にするとマクロスFに出てきたアレにしか見えません(笑)。



フジミ カブトムシ&クワガタムシ 20

屏風画でよくある「龍虎相搏つ」的なイメージで撮影してみました。でもどっちかというと「二大怪獣東京を襲撃」な感じですね(笑)。

さらなる詳細な画像は、HPのModel Gallery内にアップしましたので、ぜひご覧ください。

ご覧のとおり、パチ組みでも好きな色に塗っても見応えのある完成品に仕上がり、かつ組み立ても簡単なので初心者、若年者にやさしい良キットでした。幼少期以来超久しぶりにカブトムシのプラモに触れましたが楽しかったです♪



フジミ模型 自由研究シリーズ No.21 いきもの編 カブトムシ(2匹入り) 【Amazon】
フジミ模型 自由研究シリーズ No.22 いきもの編 クワガタムシ(2匹入り) 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ カブトムシ、クワガタムシ レビュー 1 パチ組み編

この夏発売されたフジミのカブトムシとクワガタムシです。

「自由研究シリーズ」と銘打った新たなプラモデルシリーズで、本来の対象は子供でしょうが、尖った部品が多いためかタテマエとしては対象年齢15歳以上となってます。プラモは少子高齢化をモロ被りな商売ですから、フジミとしても低年齢層の新規ユーザーを開拓して育てていこうと考えてるのでしょう。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 01

考えてみれば私が初めて出会ったプラモもカブトムシでした。幼児の頃祖父に買ってもらったのですが、当然ながらまだ作れませんから、超不器用な父が代わりに作ってくれました。完成したカブトムシは接着剤跡でベタベタで、ゼンマイ仕掛けも動かないヒドイ代物でしたが、それでも嬉しくてずっと遊んでいたのを覚えています。

その子供が今こうなっているわけですから、昆虫プラモというフジミの選択は結構正しいのかもしれません(笑)。


さて、そんなわけでキットレビューです。
まずはカブトムシの箱の中身から。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 02

NEXTシリーズと同じく塗装・接着剤いらずのスナップフィットキットですが、モデルになってる虫自体が単色で成り立つ物ですから、多色成形ではなく茶色がかった黒単色で、後ろ羽のみが薄いクリアブラウンになっています。


そしてこちらがクワガタムシ。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 03

基本カブトムシと同じ成型色と部品構成ですが、クワガタムシは胴の真ん中部分(正しくは「前胸背板」と言うらしい)がポリパーツになってたり、足が関節から分割されてなく一体成型なのが相違点ですかね。

どちらも2匹セットなので、これらの部品が2組入ってて定価1944円(税込)。でも低年齢層向けなら1匹入りでその半額にしてあげて欲しいのが正直なところ。それ位なら子供の小遣いでも無理なく買えるでしょうからね。


で、実際に組んでみました。
まずはパチ組み。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 12

絵面がなんか本物のカブトムシをバラバラに解剖してるみたいでヤバイ!((((( ;゚Д゚)))

そしてあっという間に完成。
見よこの本物と見まごう程の造形!

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 13

組み立て自体は特に難しいところはなくパチパチ組めます。強いて言えば、各関節のボールジョイントを差し込む時に多少固めの所もあるので、軸を折らないように注意かな?あとクワガタの触角は遊んでると外れやすいので接着推奨。


そして2つめの製作はオリジナルカラーでいきます。Twitterでおもしろ塗装が流行ってたので乗っからせていただこうかと(笑)。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 04

胴体や頭部などの合わせ目が出る個所をパテ埋め。

脚などの一体成型パーツは意外とパーティングラインが目立ちますので、スポンジやすりでサンディングして消してやります。(画像はペンサンダー使用)

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 05

時間がかかってめんどくさいけど、こういう地道な作業の積み重ねが美しい完成品につながります。

削りカスを超音波洗浄機でまとめて洗い落とし中。

フジミ カブトムシ&クワガタムシ 07

部品の中でマスキングテープのタグが付いてるのは脚のパーツで、部品番号を書き込んでいます。ランナーから切り離すと、どこの脚なのかわかりにくいんですよ。

そして次回は塗装編



フジミ模型 自由研究シリーズ No.21 いきもの編 カブトムシ(2匹入り) 【Amazon】
フジミ模型 自由研究シリーズ No.22 いきもの編 クワガタムシ(2匹入り) 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】