FC2ブログ

第58回 全日本模型ホビーショー 新製品まとめ2 キャラモデルメーカー編

第58回全日本模型ホビーショーの新製品まとめ、続いてキャラモデルメーカー編です。

《コトブキヤ》

















































《バンダイ&バンダイスピリッツ》

























































《マックスファクトリー&グッドスマイルカンパニー》
























《WAVE》





















《ガイアノーツ》

























《その他》














関係者皆様、初日どうもお疲れ様でした。
第58回全日本模型ホビーショーは明日、明後日の29-30日は一般公開日となっています。
日曜日は台風の影響で天候の大荒れが予想されていますので、行かれる方も業者の方もどうぞお気を付けください。


《関連外部リンク》
第58回 全日本模型ホビーショー 公式サイト

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

第58回 全日本模型ホビーショー 新製品まとめ1 スケールモデルメーカー編

第58回全日本模型ホビーショーが本日から始まりまして、出展各社の新製品のツイートをまとめました。
前半はスケールモデルメーカーのブースです。


《タミヤ》





















《ハセガワ》



































《アオシマ》









































《ピットロード》



























《ファインモールド》












《プラッツ》
























《GSIクレオス》






























《ビーバーコーポレーション》



























《その他》















































まとめ2のキャラモデルメーカー編に続きます。

《関連外部リンク》
全日本模型ホビーショー公式サイト

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

ワンダーフェスティバル2018[夏] 会場発表のプラモデル新製品まとめ

本日開催されたワンダーフェスティバル2018[夏] で発表されたプラモデル新製品について、Twitterでのつぶやきをまとめました。


《フジミ》













































《アオシマ》












《ハセガワ》












《ピットロード》












《コトブキヤ》










































《バンダイ》

































《マックスファクトリー》


















《その他》

























スケールモデルに関しては、春と秋のホビーショーに出展していない分、フジミの熱量が突出してますね。特に今後は護衛艦にも進出するようで、こんごう型とても楽しみです♪

ワンフェスに参加された皆様どうもお疲れ様でした。

《参考外部リンク》

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た

一昨日22日、ドイツから舞鶴の実家に里帰りしてる従妹と彼女の長女に会いに行きがてら、この地で行われてる艦これイベント「「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」を一緒に見てきました。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 01

場所はかつて舞鶴鎮守府があり、現在は海上自衛隊の施設が集中している中舞鶴地域にある舞鶴市立中総合会館とその周辺一帯です。

舞鶴は先日の西日本豪雨で河川が氾濫し、住宅、道路の冠水や土砂崩れなどの被害が出たのでどうなるのか不安でしたが、なんとか数日前に幹線道路、鉄道共に復旧して無事開催の運びとなった様子でした。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 02

東舞鶴駅からイベント会場までの国道沿いには、道案内代わりにイベントののぼりが延々設置されていました。
しかしこの日の舞鶴は、観測史上最高の38.8℃を記録する殺人的な暑さ!まじで溶けそう・・・_:(´ཀ`」 ∠):_


展示開場に並ぶ艦これ痛車の数々。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 03

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 04

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 05

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 06

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 07

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 08

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 09

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 10

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 11

さらには協賛イベントとして、ここから自衛隊桟橋を挟んばところにある赤れんがパークでも、「痛車天国」という痛車展示イベントをやっていた模様。



「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 12

中庭には屋台が出ていて当初これを楽しみにしていたのですが、あまりの暑さと炎天下で座るところもないという状況のため食欲ダウン・・・それでも舞鶴名物の肉じゃがは美味しくいただきました。

なんか後で知ったけど、万願寺砲という万願寺唐辛子の揚げ物が美味しくて売り切れるほどだったとか・・・あー今頃食べたくなってきた。


「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 13

無水カレーのそばに立っていた八島かおり嬢(戦艦)。
艦これをヒントに考えられた舞鶴東地区の町おこしキャラなのだそうな。



「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 14

舞鶴生まれの陽炎さんもそばにいらっしゃいました。



ホール4階では同人グッズの即売会が行われていました。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 16

しかし動くことさえままならない満員電車並みの混み様・・・ここまで混んでると空調あっても意味なしで暑い~
同人誌売るってレベルじゃねーぞ!(死語)



「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 17

薄い本売ってるとこ初めて見た!ネットとかで見たまんまでしたw



「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 20

艦これに混じってアズレンの本も・・・立ち読みさせてもらったけど、ポプテ再現率すごかったです。



「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 21

本イベントのポスター描いてる漫画家先生の卓。ものすごい人だかりで横から眺めるのが精いっぱい。



「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 19

空母愛がすごいグッズの数々!


中には模型を展示してる卓もありました。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 29

飛龍の飛行甲板の精密模型。電飾まで施されていて、混み混みでなければ話を詳しく聞きたかった。


これは菊月保存会という、ソロモン諸島に沈んでる菊月の主砲砲身を舞鶴に保存する事を推し進めてる団体様の卓。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 27

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 28

会場ではその署名活動をしていたそうです。ここだけ他所様とは違う厳かな空気が流れてました。

そしてとても全部は回れなかったけど、その中では一番気に入ったアイテムはコレ。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 18

舞鶴生まれなら買ってたわw


会場にいらっしゃったコスプレな方々。

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 22

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 24

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 25

「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 26

コスプレは屋外のスペースに専用の撮影会場が設けられていたのですが、この暑さで危険なため急きょホール入口のエントランスやそのまわりの日陰でやっていた様子でした。そりゃあんな恰好でこんな記録的炎天下にいたら死亡確実ですわ。

そしてここには写ってないけど、全体的に男の女装レイヤー率超高くて意外でした!ムキムキの某戦艦とか西郷どんみたいな駆逐艦とかw 


全体としては、異常な暑さと混み具合であまりじっくり見てまわれなかったのが残念でしたが、こういうイベントは初めてだったので、見る物すべてが物珍しくて興味深かったです。次回また行くことがあるならば、その時こそ落ち着いて屋台飯を楽しみたいですね。

子供の頃から舞鶴に慣れ親しんでる私としては、ここは今や商店街がシャッター通りと化し、過疎化が進みつつある日本海側の地方都市という海上自衛隊以外残念なイメージだったんですが、そこに若者が全国からこんなにたくさん集まるエネルギッシュなイベントが毎年行われているとは驚きでした。町おこしイベントとしては成功ですね。喜ばしい事です。


「砲雷撃戦!よーい四十二戦目!舞鶴鎮守府」に行って来た 30

帰りの道中も同方向の痛車軍団とランデヴーだったしw



《参考外部リンク》
舞鶴鎮守府実行委員会~聖地課コンテンツ係~ 【Facebook】
舞鶴鎮守府実行委員会 (@maichin_kankore) | Twitter

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

大阪天保山に護衛艦かがを見に行ってきた

海上自衛隊最大の艦艇で、いずも型ヘリコプター搭載護衛艦二番艦の「かが」が、19日から大阪天保山に寄港して20日に一般公開されると聞き、この機会を逃してはならんと学生時代からの旧友を誘って見に行ってきました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 00
画像元: 自衛隊大阪地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/osaka/experience/kagaosaka.html

事前に、この手のイベントに精通してる別の友人に聞いたところ、乗艦の列は時間と共にどんどん長くなるのでなるべく早く行くに越した事ないとアドバイスをもらい、1時間前の8時到着を目指して友人のプリウスで出発しました。

休日早朝という事で道中スイスイ順調でしたが、阪神高速環状線から16号大阪港線に入った途端、「天保山出口渋滞中」とのインフォメーションが・・・

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 01

え、これまさかかがの影響なん?まだ公開開始の1時間半前なんですけど・・・

やっとの事で渋滞を脱して天保山に着くと、まだ早朝なのに首からカメラをぶらさげたそれっぽい人達がいっぱい歩いてるじゃないですか。これはもう確実にかがのせいだ。


護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 02

乗艦を待つ列はなんとかがの見えない遥か後方の海遊館の裏手の端まで続いていました。その最後尾に並んだ時点で8時前くらい。

そして公開30分前くらいになると列を前に詰めるよう誘導されてようやくかがの見えるところまで来ました。でけーよ!

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 03

最初天保山マーケットプレースの端から奥のビルの壁が見えてるのかと思ったら、なんとかがの船体の一部だったというデカさ!そしてこの時点でもうこんなに並んでる。上級者多すぎだろ!


護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 04

格納庫内部では乗員が集合して何やら朝礼やってました。



護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 05

9時になってようやく公開開始。しかし列が動くもここから乗艦まではまだまだ長い道のり・・・



護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 06

順番が近づいてくるとテントで手荷物検査を受けました。金属探知機ぽいものでスキャニングされ、カバンの中に飲み物があれば、危険物かどうかの確認でその場で飲まされます(笑)。

そしてようやく乗艦!列に並び始めてから有に1時間以上経過していました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 07

搭乗口のスロープは結構な急こう配でした。そして入口右側には電光掲示板が!最新の護衛艦にはこんな物まで付いているのか!

そして格納庫内は体育館がいくつも入るくらい超広い!
これ船体中央の搭乗ゲートから後ろを見たところなので、前のほうにもこれとほぼ同じだけの奥行きの空間が広がってるわけです。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 08

しかし意外だったのが天井の照明が蛍光灯だった事。最新の護衛艦なのでLEDかと思ってました。蛍光灯には標準の昼光色に混じって赤色もあり、やはり戦闘艦なんだなと再認識させられました。

そして右舷後方のエレベーターから甲板に上がります。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 09

これで運んでもらえるのが空母型艦艇見学の最大の楽しみのひとつで、動き出すとわあっという歓声があちこちからささやかれていました。

甲板に上がるとそこには巨大な後部艦橋がそびえ立っていました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 10

窓があるところは航空管制室で、出窓みたいに壁面から飛び出して甲板全域が見渡せるようになっているのが特徴。

艦橋前部と後部を繋いで一体化された2本の煙突。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 11

真ん中に「加賀」と漢字表記された巨大な旭日旗が掲揚されています。

前部エレベーターがある付近にやってまいりました。艦橋を斜めから。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 12

前部艦橋の窓のある部分は操舵室だそうです。

艦首付近に移動して全体を撮影。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 13

甲板広っ!!
そして端っこに艦橋がある以外見渡す限りの一枚板で揺れもないので、船の上という感覚がなくなります。

艦首右端に装備されているCIWSファランクス。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 14

銃身に消炎器みたいな器具が取り付けてあるタイプは初めて見ました。調べてみるとBlock1B BaseLine2という対空だけでなく対水上目標にも対応した最新型だそうです。

そして艦橋前に装備されているSeaRAM。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 15

ファランクスに似てますが、こっちは銃弾でなく短距離ミサイルを発射するタイプで、迎撃距離がより長くて火力も大きくなっているのが特徴。これも見るの初めてです。

展示されていた哨戒ヘリコプターSH-60K。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 16

哨戒とは、周辺に敵がいるかどうか捜査して撃退する事でして、このヘリの場合は具体的に潜水艦とか不審船ですね。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 18

SH-60Kは何機か係留展示されており、上の写真の甲板後部にあった機体では中に実際に乗れたり、ヘルメットを被って隊員さんと一緒に写真撮影出来るコーナーがあって、長蛇の列でした。

他にも制服を着て写真撮影したり、艦橋付近ではかが太鼓部による太鼓演奏や、手旗信号のデモントストレーションが広い甲板を利用して各部で行われており、見学客を飽きさせないようにする工夫が凝らされていました。

そんなこんなで甲板を一通り見学したので、艦橋前にある前部エレベーターで再び格納庫に降りました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 19

下に降りた前部エレベーターから艦橋を見上げたところ。
見学通路は、格納庫から甲板への上りが後部エレベーター、下りが前部エレベーターに振り分けられていました。

格納庫内に吊るされていた巨大な加賀のペナントです。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 21

Twitterで教えてもらったんですが、愛称にホワイトベースとあるのは、かがには名前の由来である旧加賀国石川県の白山比咩神社から分祀した艦内神社があり、白とヘリ母艦にこじつけてそう命名されたのだそうです。よく見たらこのペナントにもバックに白山連峰が描かれていますね。でもまあ本音はガンダムネタ以外の何物でもないです(笑)。

また格納庫内にはあちこちに加賀さんのPOPが!

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 20

かがのクルーにはガンオタだけでなく提督もいらっしゃるご様子です(笑)。

格納庫後部では物販コーナーが設けられていましたが、そこもまた長蛇の列でコミケ会場と化していました・・・

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 22

友人はグッズに大変興味あるようなので渋々一緒に並ぶ事に・・・まあこんだけの物を見せてもらってお金を一銭も落とさないで帰るのもはばかられますしね。
行列を40分ほど進んだところで乗員さんから注文票を渡されました。これが艦内で販売してるグッズ一式。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 29

購入の流れとしては、飾ってある現物を見ながらこれに欲しいグッズの個数を記入し、会計で伝えて商品を受け取ってくれとの事。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 27

1時間ほど並んだ末の戦利品、士官用部隊帽。
つばに飾り罫の刺繍が施されてるのが下士官用との違いでその分500円高。メッシュキャップになっていて、今の時期用の帽子持ってなかったので丁度良かったです。

他にも欲しいものがあったのですが、こんだけの人が並んでるとすでに売り切れていたグッズも結構あり、皆が並んでいたのでつい並んでしまったにもかかわらず買うものがない人は、最も安い200円のクリアファイルだけ買って帰ってたみたいでした。並ぶ前に何が売っているのか吟味できるようになっていれば良いのに・・・


こうして一通り見学路をまわってグッズも購入し下艦。
せっかくなのでかがの雄姿を艦首からも撮りたいなあと思って埠頭の先の方に移動してパシャパシャ撮影していると、何やら人ごみに混じって写り込んでる物を発見しました(黄色の矢印の所)。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 24

艦娘加賀さんのドール!

海自POP用イラストだけじゃ飽き足らずこんな物まで用意しとったんかいとあまりのオタ度に呆れてた感心してたらそうではなく、見に来られていたドール愛好家の方が好意で賑やかしに設置していたのだそうです。しかも艦首からのあおり角度で一緒に撮れるというベストアングルw

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 25

おかげで加賀さんの周辺はちょっとした囲みが出来ていて、コスプレ撮影会状態になっていました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 28

こんな感じで三脚に乗っかり、カメコ相手にポーズを決める加賀さん。後ろから見たらパンチラしてたし。(/ω\)

また埠頭では、地元伊丹駐屯地の陸自車両も応援で展示されていました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 30

87式偵察警戒車。
「戦車だー」という声があちこちから聞こえてきて、「おまっ、軍艦見たらなんでも戦艦て言ってしまう奴やろ!」とツッコんでしまいそうになりました(苦笑)。

そんな事してる間に正午をまわり、見学者の列もさらに大変な事に!次は大観覧車から空撮しようと企んでたのですが、乗り場に行くと50分待ちと言われて断念。友人も私に振り回されてお疲れだったので、そろそろおいとまする事にしました。

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 23

向かいの天保山マーケットプレースから撮影。ものすごい人ごみで、正に人がごみのようだ!
話によるとこの頃行列の最後尾は、埠頭から街中を突っ切って大阪港駅まで達しており、待ち時間は4時間で今からでは乗艦できませんというアナウンスも流れてたとかなかったとか。

友のアドバイス聞いて早めに来ておいて本当に良かった・・・

護衛艦かが、大阪天保山一般公開に行ってきた 26

帰りの朝潮橋PAで食事しながら、大観覧車とかがを絡めて撮影。
残念ながら天保山大橋の橋桁とカブッてしまってますが、甲板上にとんでもない数の人がいるのがわかります。

その後の発表によると、見学者の数2万人を超えてたのだとか。




実際関西のTwitterフォロワーさん天保山集結状態だったようで、とても落ち合えるような状態ではなかったけど、現地でメッセやリプ頂いて楽しかったです♪

そんなわけで護衛艦かがの見学、人大杉で疲れましたがそれ以上に面白く、貴重な体験でした。
こんな大きくて立派な艦を日本が持つようになるとは一昔前思いもしませんでした。昨今の近隣諸国との領土問題や災害派遣を考えると心強い限りです。

いっぱい写真撮ってきまして、細部ディテールとかは後日Photo Reportに改めて載せますので、今しばらくお待ちください。

《追記: 2018/08/05》
写真まとめました。



ハセガワ 1/700 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 かが フルハルバージョン 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

第57回静岡ホビーショー2018 第29回モデラーズクラブ合同作品展 編

昨日と本日の2日間、静岡ホビーショー会場内で開催されていた「第29回モデラーズクラブ合同作品展」のツイートの中から、素晴らしい作品をいくつかピックアップしました。






















































































































参加されたモデラー様、並びに会場からツイートを飛ばしていただいたツイッタラー皆様ありがとうございました。
今年も無事に終わられたようでなによりです。雨降りですので帰りの道中どうぞお気を付けください。m(_ _)m

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】