月刊モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー

昨日発売のモデルグラフィックス 2018年8月号は電飾特集。
バンダイのビーグルモデル・スターデストロイヤーのクリア版の付録付き、いつもよりページ増しで1,078円お高い1,880円となっています。

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 01

市販品とは違う透明版といはいえ、これまでのモデグラの付録のように新規設計された物ではないので、今回はいつものマガジンキットとは呼称していないようです。

にしても前回のF-14のときにあんだけ叩かれたのに、なんでまたこんな付録を付ける事になったの?と思いながら特集のトップページを見るとそのいきさつが書かれていました。

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 08

より多くの人に電飾模型を楽しんでもらう方法はないだろうか、もっと具体的に電飾工作体験をしてもらえないか、と試行錯誤を重ねてきました。そんなときに「でしたら、「スターウォーズ」のプラモデルを透明にして付録に付けませんか?」と申し出てくれたのはBANDAI SPIRITSホビー事業部。その協力により、こうして「ビーグルモデル001スター・デストロイヤー」の透明版を付録できることになりました。全パーツがクリアーという、電飾に適した模型が付録していたら、「ちょっとやってみようか」と考えてくれるに違いありません。最高のエクスペリエンスの提供なのです。


なるほどー
これはまさに小学生の頃定期購読してた学研の学習・かがくのコンセプトそのものです!
電飾には興味あるのに苦手意識から二の足を踏んでる私にとって、このモデグラ編集部の試みはどストライクで、大きく共感できる物がありました。


その付録の透明版スター・デストロイヤーです。

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 03

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 04

全長たった111mmの手のひらサイズ。
小さいのにモールドが超緻密ですごい事になってるのは聞き及んでいましたが、それが透明になるとワイヤーフレームのような独特の美しさがあり、スケルトンモデルとしてそのまま組むのもアリかと。


もくじです。

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 02

巻頭特集いつもは40ページなのに、今回は48ページの拡大版です。

スターデストロイヤーの作り方は、簡単な回路による初級編と、本格的な電飾を施した上級者編の2つが解説されています。

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 05
  1. 電飾模型にするために別途必要な電子部品とかが紹介されています。昔はこういうの秋葉原や日本橋の電気街とか大手ホビーショップに行かないと手に入りませんでしたが、今はネット通販で大抵買えるようになったので、そこに関してはハードルが低くなりました。
  2. 電飾工作法初級編。2個のLEDと抵抗、USB電源だけ使った簡単な回路による作り方です。完成写真見るとこれでも相当キレイなのが出来てますね。すげー!
  3. 28個のチップLEDを仕込んで隅から隅まで光らせる上級者編。ページも初級者編の倍の4ページを割いて解説されています。完成品はまるで極小撮影用プロップのよう!



モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 06
  1. ビーグルモデルを使った海に沈むX-wingのジオラマ。海中に漂うカイバー・クリスタルやクラゲを、無線LED装置のX-BASEを使って発光させています。
  2. タイ・ファイターのハンガーデッキのジオラマ。建築物内部パネルを多数のLEDで全面発光させています。
  3. エンジンノズルや内部計器など各部を電飾したランドver.ミレニアム・ファルコン。先端のポッドもノズルが発光します。
  4. 1/12フィギュアの飾り台になってる帝国軍の室内の光る壁の作り方。縁の下の力持ち的なパーツです。
  5. 透明レジンキャストで作ったフィギュアを蛍光クリアーで塗装し、EP4のレイア姫のホログラムシーンを再現。
  6. 本誌付録のスター・デストロイヤーを使った、都市全体が赤く浮かび上がるように光るジオラマ。


特集以外の個人的注目記事です。

モデルグラフィックス 2018年8月号 レビュー 07
  1. ふじた先生の「パンツァーアナトミア」は早くも4回目、今回はルノーB1bisの劇中版再現法です。先生の信者だからこの連載に注目するのは仕方ない(笑)。
  2. 「岸川ラボ」はフジミ1/3000軍艦島のレビュー。キットは往時の姿ですが、それを鉄道模型やジオラマ素材を使って今の廃墟状態に改造しており、こんだけ手を入れたのならモノクロの小さな写真ではなく、他のライターさんの作例みたいにカラーの大きな写真で見たかったですね。
  3. ひそまそミニ特集。キャラ原案の青木俊直さんのイラスト。この方の絵は今時の萌え絵よりはややアート方向に振られた感じで、シンプルな中に独特の魅力があって好みです。
  4. 同じくひそまそミニ特集から、F-15Jのプラモを切り貼りしてまそたんに着せた作例。まそたんコンセプトデザインのコヤマシゲト氏へのインタビュー記事もあり。


今回の電飾特集は、付録を用いて実技的なコンテンツを用意してた分、その他の作例に関してはプロ技のオンパレードなところもありました。
しかし作例以外にもLED回路の基礎知識を解説したページや、そういうわずらわしいのを排除した昔の麦球感覚で配線できる電飾マテリアルの紹介、そしてスターウォーズプラモについてのバンダイへのインタビューなど良記事揃いで、時々ある無理矢理ページ埋め記事は見受けられませんでした。また電飾に興味ない人でもスターウォーズに興味あるなら、その特集としても見応えある内容と思いました。



モデルグラフィックス 2018年 08 月号 [雑誌] 【Amazon】


関連記事

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

No title

 電飾と言えば、バンダイの2199版コスモゼロを電飾しようと思って、秋葉原のイエサブでハイキューパーツの電飾部品をちまちま集めてたのですが・・・どうもイエサブさんは電飾パーツに関しては他社のシリーズに入れ替えする気配・・・
 一応ネットではまだまだ手に入るみたいですが、一歩間違うとパーツを一からそろえ直しって事にもなりかねないので、ぎゃーって気分です。パーツそのものは新しいシリーズの方がコンパクトになっている様ですが・・・。

 しかし、「ひそまそ」を最近知って思うのは、こういうミリ絡みの作品を見落としがちなのは、自分のアンテナが低くなったのか、それとも一般化して騒がれなくなったからなのか・・・。
シロバコの「第3少女飛行隊」ネタも最近まで知りませんでしたし。

No title

>Phantomさん
僕はその「第3少女飛行隊」というのがわからないです。
そもそも我々の年齢がもう今のアニメのターゲット範囲から外れ始めているので、
アンテナを張っていてもひっかかりにくくなってきたんでしょうねえ。
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
Powered by amaprop.net
模型雑誌 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】