フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7(最終回)

艦NEXT大和の製作記、今回が最終回です。


フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 12

艦載機は成型色のままだと結構暗い濃緑色単色なので、ここだけはフル塗装にしました。またプロペラは組立中にうっかり折ってしまったので、やむなく汎用エッチングに交換しています。

カッターも中を塗り分けましたが、指定の場所に付けると隠れてほとんど見えなくなりますので、こっちは付属のシールを貼るだけで十分でした。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 01

船体はエナメル塗料用うすめ液で派手にウォッシングしたせいで前回見事に割れてしまったので、補修がてら接着剤を使って甲板としっかり接着しました。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 13

艦首の錨はそのまま取り付けると、錨甲板上に突き出た錨幹の先端と根本の位置が微妙にずれた角度に固定されてしまいます。なので差し込み穴を棒ヤスリでこじて広げてやり、角度調整して取り付けました。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 02
フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 03

旗竿も、組立図に「折らないよう注意」と書かれてるにもかかわらず艦首・艦尾両方とも折ってしまったので、真鍮線とピアノ線で作り直しました。画像は塗装前の地金のままの状態。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 05

ガイアノーツのEXフラットクリアーでオーバーコートします。
当初は全部組んでからコートしようと思ってたのですが、艦船という突起の多い形状のため、それでは塗料がまわりにくい箇所が多く発生するので、各ブロックごと組んだ状態で行いました。

一気に吹くとウェザリングマスターが溶けて流れてしまうので、まぶすように薄く吹き重ねます。つや消しなのでつやありみたいに表面がしっとりするほどドバ吹きしません。逆に白カブリの原因になります。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 04

船体のコートは、本当は船底と合わせた状態のほうが面ごとのコートの差が出ないので良いのですが、そうなると代わりに持つところがなくなるので効率優先で別々にやりました。

ガイアノーツのEXフラットクリアーは他社製品に比べてつや消し効果が弱めで、AFVなんかのハードなつや消しが欲しい場合には不向きなのですが、縮尺率の高い艦船模型の場合にはスケールエフェクト的に過度なつや消しにならず逆に最適で、キメが細かくなめらかなので接写しても表面に粒子状の荒れが目立たないため、私には手放せないアイテムになっています。


Ex-04 Ex-フラットクリアー 50ml

そしてなにより他社製品のように白くカブッたようになりにくいのでコート前と色味の変化が少なく、つい吹きすぎてしまう人にはありがたい製品かと。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 06

スクリューも成型色のデッキタンのままではカッコ付かないので塗装。羽根部分はガイアノーツのスターブライトブラスにメタリックマスターによる希釈の組み合わせ、シャフトはクレオスのメッキシルバー2です。メタリックカラーはクリアコートすると金属的な輝きが失われてしまうので、コート後に塗装するのがセオリーです。


そして信号灯の反射鏡表現としてミラーフィニッシュを付けるのに、丸く打ち抜くポンチを2つ自作しました。既製品では1.0mm以下のものが存在しないみたいなので。

フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 07
  1. 0.5mmのほうは真鍮パイプ先端を丸棒ヤスリで薄く研いで刃を付け、ピンバイスで絞めても潰れないよう中に真鍮線を通してあります。
    0.8mmのほうは真鍮線にドリルである程度穴を開け、後は矢型のダイヤモンドビットで削って作りました。
  2. ミラーフィニッシュに押し付けて円形に打ち抜き。
  3. 0.8mm径のをヤード基部の60cm信号灯に、0.5mm径を30cm信号灯に貼りました。
  4. 煙突回りの150cm探照灯は、キットのシールをそのまま使用。スリットが印刷されているメタルシールなので、下手に塗装するより余程見栄えが良いのではと思います。




フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 08

上部構造物を甲板に取り付け。ある程度力をかけてハメ込むため、細い部品をこれ以上うっかり折ってしまわないよう、高角砲やシールド付機銃の銃身などはまだ付けていません。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 14

シールド付銃身部品は、
「俯仰スリット部をコピックモデラー黒で塗りつぶし」→「EXフラットクリアーでオーバーコート」→「その上から銃身をガンメタル塗装」→「セミグロスブラックでスミ入れ」
という面倒な工程を踏んでます。前記のとおりメタリック塗装は最後に行うのがセオリーなので。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 09

高角砲、機銃銃身を取り付けました。調整したので仰角が揃ってます。ただしシールドなし機銃は手の加えようがなかったので、微妙に角度が下がってます。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 10

主砲砲身の穴は、砲金と呼ぶ位なのでスターブライトブラスで塗ってみましたが、このスケールでも意外とオモチャぽくなく良い感じになりました。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 11

最後に艦首菊花紋章を取り付けて完成。ここはスターブライトゴールドで塗装。
この菊花紋章は、造形自体はウォーターラインのアクセサリーパーツの物よりやや劣ってますが、厚ぼったくなく薄く作られているので、薄く削ったりせずにそのまま付けても違和感ありません。良くできてます。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 15

あと置台はやはり見栄え良くしたいので、支柱だけは合わせ目処理をして塗装しました。クレオスのメッキシルバー2を下地にクリアイエローでキャンディ塗装し、最後にその上からもう一度メッキシルバー2をほんの軽くだけコートしたら多少金メッキぽくなるかな?と期待しましたが、そんなに変わりませんでしたね。^ ^;


フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その7 16

そんなわけで「どこが簡単フィニッシュやねん!」と方々からツッコまれながらフジミ1/700 艦NEXT大和完成しました(笑)。
完成品詳細画像は追って更新いたします。




1/700 艦NEXTシリーズNo.01 日本海軍戦艦 大和 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

2016 第56回 全日本模型ホビーショーの各社新製品情報

今日は今年の全日本模型ホビーショーの1カ月前という事で、各模型メーカーの新製品情報が解禁、受注開始となりましたので、それらの中で注目製品をピックアップしてまとめました。

※リンク先: ホビーサーチでじたみんAmazon


《タミヤ》

1/24 ホンダ NSX
1/48 グラマン F-14A トムキャット

タミヤ スプレーワーク パワーコンプレッサー(最大圧力0.4Mpa / エアレギュレーター標準装備)
精密ドリル刃 0.6mm (軸径1.0mm)
精密ドリル刃 0.6mm (軸径1.0mm)
ペイントリムーバー 250ml

春のホビーショーで会場発表された1/48 F-14が正式受注開始。新型コンプレッサーも気になるところ。
追記: 実車NSXが明日発表のタイミングで、タミヤからもキットの発表がありました。初代NSXの時も同時だったので狙ったのかもしれません(笑)。

《ハセガワ》


1/350 航空母艦 隼鷹
1/350 航空母艦 隼鷹 木製甲板
1/350 航空母艦 隼鷹 ディテールアップ エッチングパーツ ベーシックA
1/350 航空母艦 隼鷹 ディテールアップ エッチングパーツ ベーシックB
1/350 航空母艦 隼鷹 ディテールアップ エッチングパーツ スーパー
1/350 日本海軍 空母艦載機(後期)セット

1/700 戦艦 三笠 フルハルスペシャル(エッチング、真鍮製砲身等付属)
1/700 軽巡洋艦 天龍 スーパーディテール
1/700 軽巡洋艦 龍田 スーパーディテール


1/72 川西 H8K2 二式大型飛行艇 (ニ式大艇) 12型
1/72 二式大型飛行艇 ディテールアップ エッチングパーツ

1/48 終末のイゼッタ ユンカースJu87B-2 スツーカ
1/48 終末のイゼッタ メッサーシュミットBf109E-4
1/72 終末のイゼッタ エクセ・モラーヌ (モランソルニエ MS406ES) w/ボーナスフィギュア
1/48 エリア88 F-8E クルーセイダー 風間 真
1/48 エリア88 F-14A トムキャット ミッキー・サイモン
1/72 紫電改のマキ 三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 21型 なかよし

 
1/24 スズキ ジムニー 1995 (JA11-5型)
1/24 フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン たまごガールズ ウインターペイント
アメリカレベル 1/25 コルベット C7.R

 
1/72 マクロスΔ Sv-262Hs ドラケンIII (キース・エアロ・ウィンダミア機)
1/72 マクロスF RVF-25 スーパー メサイア (ルカ機)
1/4000 SDF-1 マクロス要塞艦 ディテールアップエッチングパーツ
メカトロ ウィーゴ No.03 れとろ 1/20スケール 彩色済みプラモデル


播州の刃物シリーズ 平ノミ 4mm
スグレモノ工具 刃物研ぎ用 砥石

1/350隼鷹と1/72ニ式大艇、1/24ジムニー、マクロスΔのドラケンIII が完全新金型で目玉商品。それと漫画アニメに登場する実在の飛行機の製品化にさらに拍車がかかっており、新シリーズの「終末のイゼッタ」というのは秋から始まるアニメの新番組です。



《アオシマ》


1/24 パガー二 ウアイラ
1/24 パガー二 ウアイラ ディテールアップパーツ
1/24 ランボルギーニ ディアブロ GT
1/24 ランボルギーニ ディアブロ GT 共通ディテールアップパーツ
1/24 ブライアンジェームストレーラーズ A4トランスポーター
1/24 ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 SV ※金型大幅追加

1/24 トヨタ ZN6 TOYOTA86 ’16 (2016マイナーチェンジ後)
1/24 トヨタ ZN6 TOYOTA86 ’16 (2016マイナーチェンジ後) カスタムホイール


1/700 WL 英国海軍航空母艦イラストリアス
1/700 WL 英国海軍航空母艦イラストリアス エッチングパーツセット
1/700 WL 軽巡洋艦 大井(重雷換装時)
1/700 WL 日本陸軍 丙型特殊船 あきつ丸


1/700 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza 霧の艦隊 総旗艦 超戦艦ヤマト
1/700 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza 霧の艦隊 総旗艦 超戦艦ムサシ
1/700 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza ムサシ/ヤマト共通ディテールアップパーツ

ロボダッチ 宝島 再販

完全新金型は、1/24ウアイラ、ディアブロ、A4トランスポーター、1/700イラストリアス、そしてワンフェス夏でも発表されたアルペジオのムサシ/ヤマト。大井とあきつ丸は先に出た艦これ版に続いて通常版となります。アオシマは艦船だけでなく自動車も随分頑張ってる感じ。早速トヨタ86の後期型も出すし。



《プラッツ》


1/24 BMW M6 GT3
AMT 1/25 2016 シェビー カマロ SS

1/35 ガールズ&パンツァー劇場版 聖グロリアーナ女学院 フィギュアセット
1/35 ガールズ&パンツァー劇場版 プラウダ高校 ニーナ&アリーナ フィギュアセット
1/35 ガールズ&パンツァー IV号駆逐戦車/70(V)ラング 黒森峰女学園 初回特典ミニマグネット付き
1/72 ガールズ&パンツァー劇場版 ティーガーII 黒森峰女学園

1/35 WORLD OF TANKS アメリカ軽戦車 チャーフィー(イタレリ)
1/35 WORLD OF TANKS ドイツ中戦車 レオパルト1(イタレリ)
1/35 WORLD OF TANKS ドイツ駆逐戦車 フェルディナント(イタレリ)

 
1/72 航空自衛隊 T-2 CCV研究機 飛行開発実験団
1/72 航空自衛隊 T-33 航空総隊司令部 飛行隊創設40周年記念塗装機
1/144 フライングカラー・セレクション F-4E ファントムII “U.S.AIR FORCE” 2機セット


ハイパーカットソー イージーモデル 0.15 SUPER
シモムラアレック 置いてヤスる シャインブレード ITASAN-COMBI(板サンコンビ)
シモムラアレック 樹脂の筒内外精密切削ツール PINWHEEL(ピンホイール)

完全新金型のBMW M6 GT3、こういうのはいつもフジミが出すんですが、プラッツが作るとどうなるのか興味ありますね。キット化するチームは後日発表との事。AMT社のカマロも完全新金型。



《ピットロード》

1/700 海上自衛隊 護衛艦 DDH-183 いずも
1/700 海上自衛隊 護衛艦 DDH-184 かが

1/350 海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき(初代)改装後
1/700 海上自衛隊 護衛艦 DDH-143 しらね
1/700 日本海軍 特設運送船 愛国丸 1944

1/700 英海軍 戦艦 ヴァリアント 1939
1/700 米海軍 重巡 ミネアポリス 1942
1/700 米海軍 戦艦 カリフォルニア 1945

ガールズ&パンツァー 38t戦車B/C型 エンディングVer.親善試合時 フィギュア付き 塗装済み完成品
ガールズ&パンツァー 38t戦車B/C型 エンディングVer.全国大会時 フィギュア付き 塗装済み完成品

1/700いずも、かがが完全新金型で、ハセガワとバッテイングとなります。ハセガワがWLなのに対してピットロードはフルハルなのと、先んじて二番艦かがも一緒に出してきたのが差別点。


《ファインモールド》


ノンスケール 天空の城ラピュタ タイガーモス(1/20 ドーラ付き)


1/35 帝国陸軍 九五式軽戦車(ハ号) ノモンハン
1/35 九五式軽戦車用エッチングパーツ
1/35 帝国陸軍 九五式小型乗用車 くろがね四起
1/35 帝国陸軍歩兵 (関東軍1939)

ファインモールドはお得意のジブリメカを目玉に持ってきました。



《ウェーブ》


1/35 装甲騎兵ボトムズ ベルゼルガ DT ST版
マシーネンクリーガー 1/20 ウインター ミュート[S.A.F.S.スノウマン,グラジエーター初期型冬季仕様&整備兵セット]


1/350 日本海軍駆逐艦 秋月 1942/1944 コンバーチブルキット

218コンプレッサー エアタンク付き
HGエアレギュレーター2
HGユニバーサルカッター (角度切りガイド付)
HGファインニッパー (先曲がりタイプ)
HGヤスリ 横スライドタイプ (半丸) 【荒目】
HGヤスリ 横スライドタイプ (半丸) 【細目】




《GSIクレオス》

プロコンBOY SQ アルミ製軽量版 スカイブルーVer.
プロコンBOY SQ アルミ製軽量版 ワインレッドVer.

Mr.ネコの手棒 両端クリップタイプ
Mr.カービングナイフ

匠の鑢 極 雲耀 単目(粗)
匠の鑢 極 雲耀 単目(細)
匠の鑢 極 玄人 油目

Mr.ウェザリングペースト マッドレッド
Mr.ウェザリングペースト マッドイエロー

Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド グリーン
Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド バイオレット
Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド イエロー
Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド ブルーグレー

Mr.カラー カラーモジュレーションセット ロシアングリーン Ver.
Mr.カラー IDF < イスラエル国防軍 > 戦車色セット

水性プレミアムトップコート < つや消し > スプレー
Mr.フィニッシングサーフェイサー1500ホワイト ビンタイプ
Mr.フィニッシングサーフェイサー1500ホワイト スプレータイプ

破竹の勢いで種類が増えていくMr.ウェザリングカラーを見ていると、先日フィルタリング用に買った専用薄め液のこともあるので、今から揃えようかなと思ったり。


追加情報が出たら随時書き足していきます。
2016 第56回 全日本模型ホビーショーは、9/23~9/25に東京ビッグサイト 西3・4ホールで開催予定。(23日は業者招待日)


《外部リンク》

全日本模型ホビーショー 公式サイト
「第56回 全日本模型ホビーショー」出展情報(10〜12月新製品) 【ハセガワ】
2016 第56回 全日本模型ホビーショー アオシマ出店情報 【アオシマ】
新製品発表のおしらせ。 【ピットロード】
11月~12月新製品情報 【ファインモールド】
全日本模型ホビーショー発表商品一覧 .pdf 【Mr.HOBBY.COM】
新製品公開! 第56回 全日本模型ホビーショー 【プラッツ】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 (上部構造物ウェザリング)

前回からしばらく間が開いてしまいましてすみません。
成型色をそのまま生かして基本ウェザリングとクリアコートのみで仕上げる艦NEXT大和の簡単フィニッシュ製作の続きです。


フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 01

私の普通の作り方としては、小さい部品もすべてランナーから切り離し、ゲート痕処理してから塗装やスミ入れしたりするのですが、簡単フィニッシュでそんな事していたのでは大変なので、小さくて細かいモールドを持つ装備は、ランナーのままスミ入れします。ゲート跡は切れ味が良い事で定評のアルティメットニッパーで切り離すとほとんど白化せず目立ちませんし、組立後につや消しコートするとさらにわからなくなります。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 02
  1. シールドなし機銃は、ほかの部品に塗料が付かないようざっくりマスキングしてガンメタルで吹付塗装。
  2. 写真ではちょっと差がわかりにくいけどスミ入れ。ガンメタルくらい暗い色につや消しブラックではほとんどわからないので、セミグロスブラックを薄めずそのまま入れています。
  3. 銃架両端にある機銃員用の座椅子をウッドブラウンで塗装。
  4. 増設機銃用機銃座は、大和ミュージアムの1/10模型のようにブルワークの縁が明るい色で塗装されている物が存在するので、見た目重視でそれを再現。すべり止めモールドは、錨甲板の時と同じ方法で強調しました。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 03
  1. 機銃射撃指揮装置や探照灯管制器は、シャッター部分にスミ入れしようとしても、ふき取るときに一緒に取れてしまいうまくいきません。なので無理にふき取ろうとせず、
  2. タミヤ・ウェザリングマスター日本海軍艦船用のグレイをハケの部分に付けて、
  3. 表面をなでてやるとシャッターの凸モールドに色が付いてキレイに塗り分けられます。
  4. ただし粉が付いてるだけなので触るとあっさり落ちてしまいます。定着させるにはクリアコート必須。後でまとめてやります。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 05

主砲や高角砲もランナーに付いたままでスミ入れ。主砲はスミが乗りにくい箇所が多いので0.2mmシャーペンで書いてます。線がくっきりしすぎる場合は、綿棒で適度にこすると多少ボケてやわらかい感じになります。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 06
  1. 主砲砲身は金型の合わせ目が上面に来るので案外目立ちます。
  2. 基部の溝部分は特に目立つので、デザインナイフの刃を立ててこそぎ落としました。
  3. それ以外の部分は曲面にフィットしやすいスポンジヤスリでサンディング。電動工具のペンサンダーを使うと超楽♪
  4. 防水キャンバス部はシールが一応付いてますが、見た目的に無理あるのでセールカラーで塗装しました。いつものクセでエアブラシ使いましたがここは筆塗りでも十分。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 04
  1. 高角砲はシールドありとなしとで仰角がこんなに違っています。なしの方はほぼ水平で見た目良くないのでこっちを修正。
  2. 俯仰部のダボを切り離し、砲身の裏側の穴に埋めて接着時の糊代にします。
  3. ダボを切り取った跡を角棒やすりで研磨して仰角を付けます。
  4. シールドなし高角砲に角度を合わせて砲身を接着。これで揃いました。


そして前回船体にウェザリングを施したので、上部構造物がピカピカではバランス悪いのでここにも施します。
ここは水面から遠いので船体より軽めに、そして上に行くにしたがってさらに軽めにするのがポイント。


船体のウェザリングでは、希釈にエナメル塗料用薄め液使ったところプラ割れに悩まされたので、予告通り今回は代わりに油彩ベースのMr.ウェザリングカラー専用うすめ液を使いました。


Mr.ウェザリングカラー専用うすめ液 110ml 【Amazon】



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 07
  1. ウェザリングマスターBのスス色を平筆に軽く付けます。
  2. それをあらかじめMr.ウェザリングカラー専用うすめ液を塗っておいた艦橋などの上部構造物に、上から下へ流すように塗りつけます。またウェザリングライナーの茶系の色も部分的に混ぜると、単調さが消えて退色感に深みが出ます。
  3. 同じように面相筆にウェザリングマスター 日本海軍艦船用のアカサビ色を少し付けて・・・
  4. 奥まった部分など海水をかぶって溜りやすい所に少しだけ挿すと、これはこれで効果的。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 10
  1. 主砲にも同様にウェザリングを施します。砲塔天蓋は叩くようにウェザリングマスターを付けて・・・
  2. 同じく叩くようにキムワイプでふき取ります。
  3. 側面は上から下に流すように。
  4. 乾燥後、エッジ部分にタミヤ・ウェザリングマスター日本海軍艦船用のグレイをハケでこすり付けて強調。



フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 11
  1. この模型の成型色はやや明るくてグレイだけではハイライトが弱いので、ウェザリングマスターBのスノーも使う事にします。
  2. スノーは他の色と違って粒子が荒く、バサバサしてるので食いつきが悪いです。けど足りないと思って使いすぎると白くカブったようになるので程度に注意。
  3. スノーは結構粉っぽくなるのでカメラ用のブロワーで吹き飛ばします。
  4. こんな感じになりました。ここも触ると落ちるので後でクリアコートです。




フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 09

そして主砲と同じように、他の上部構造物にもウェザリングマスターによるエッジの強調行いました。

残り作業を大ざっぱに言うと、各ユニットにクリアコートを施し、組み立てて完成です。
実際もうほぼ出来ているので次回分早急に更新します。



1/700 艦NEXTシリーズNo.01 日本海軍戦艦 大和 【Amazon】



あとクレオスのMr.ウェザリングカラー専用うすめ液の使用感ですが、まず最初にエナメル塗料用うすめ液の代用品にはなりませんでした。御覧のように溶けないのです。

フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 12

フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 13

この部分に関しては期待していただけに残念。
ただウェザリングライナーとタミヤのウエザリングマスターに関しては希釈可能。パステルと同じような感じで溶けます。
エナメル塗料用うすめ液と比べると、プラにやさしい分だけ溶け方がやや弱い感じ。

フジミ 1/700 艦NEXT 戦艦大和 簡単フィニッシュ その6 14

なのでこのMr.ウェザリングカラー薄め液で希釈してスミ入れをするのなら、Mr.ウェザリングカラーが必要となります。
タミヤのスミ入れ塗料全色揃えてるので、仕方ないとはいえ今からMr.ウェザリングカラーに鞍替えするのは何とももったいないですねえ。まあダボ周辺に負担のかかるスナップキットじゃなくて普通の接着剤使うキットならまず大丈夫なので、使い分ければ良いか。(;-ω-)

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

新型アクセラ15XD 試乗記

Windows10のアップグレードに失敗し元の7をクリアインストールして以来、なぜかPCの調子がずっと悪くてしばらく更新できずにいました。すみません。


さて、こないだディラーでアクセラにドライブレコーダー付けてもらったんですが、配線を外から見えないよう裏取りしてもらう筈がそうなっていないミスがありました。なので日を改めてやり直す事になったんですが、他にも出てきた不具合を見てもらうとか作業に時間がかかるので、先月中旬にマイナーチェンジしたばっかの新型アクセラを1日試乗でお借りました。


新型アクセラ1日試乗 01

ホントはまたロードスター借りる予定だったんですが、客がガードレールにぶつけて大破してしまったそうです。

でも前期型オーナーとしてはこの後期型も結構気になっていたので、これはこれで渡りに船でした。2.0リッターガソリンエンジンモデルが廃止になった代わりに投入された新グレードで、1.5リッターディーゼルターボエンジンモデルの15XD PROACTIVE。ボディカラーはディープクリスタルブルーマイカです。


見た目で変わったところをチェック!
比較用の前期モデルは、自分のクルマはエアロを付けているため素の姿と少し違ってるので、購入時にボディカラーの検討用としてディラーで撮影した当時の展示車です。内装は自分のクルマ。


新型アクセラ1日試乗 02

フロントグリルは最も変更点多いですね。前期型はアテンザ寄りの顔つきだったけど、後期型はデミオ・CX-3寄りになった感じ。やっぱり「シグネチャーウィング」とマツダが名付けたフロントグリル下側から左右ヘッドランプに繋がるラインのデザインが変わったのが大きいかと。押し出し感が前よりちょっと強くなった感じかな。



新型アクセラ1日試乗 03

リヤはバンパー下部の黒い樹脂部分が小さくなり、欧州車ぽさが減って国産車的イメージに。それと前期型ではオプションだったリアコーナーセンサーが標準装備になっています。



新型アクセラ1日試乗 04

外装の変更点で他に気付いたところは、ドアミラウインカーの発光部が前期型では側面のみだったのが、後期型では正面にまでスリット状に大きく伸びているところですね。あと写真撮り忘れましたが、フロントガラス上部にあるセンサー類も、後期型からは歩行者も検知出来るようになったので、機器が赤外線レーザーからカメラに変わって見た目がスッキリになってました。それ以外は多分同じじゃないかと。



新型アクセラ1日試乗 05

インテリアは細かいところに変更点結構ありました。まずシート地が変わってるし、ダッシュボードに横一文字に埋め込まれてるデコレーションパネルの色が、サテンシルバーからガンメタ調の色になっています。



新型アクセラ1日試乗 06

ハンドルは北米で販売してる大型SUVのCX-9用とほぼ同じデザイン。国内モデルならロードスターのが似てますね。革の素材にも変更があり、前期モデルはよくある普通のスベスベ系の触感でしたが、今回のはウレタンフォームぽいザラつきのある滑りにくい触感で(スエードほどではない)、握った感じも断面の楕円形が強くなりやや細くなったような気がします。手汗の多い人はこっちの方が使いやすいかも?個人的には見た目は後期ですが、触り心地は前期のが革らしくて好みですね。

センタータコメーターは正直安っぽくなった感じ。よく言えばシンプルになりました。



新型アクセラ1日試乗 07

ドアスイッチは化粧パネルがカーボン調からピアノブラックに変更、ドアノブまわりのはピアノブラックからデコレーションパネルと同じガンメタ調に変更。そしてペッドボトルしか入らなかった筒型ドアポケットが、雑誌やチラシでも入りそうな間口の広いものに変わってます。

カーボン調パネルはドアスイッチ以外にも、メーターバイザーやセンターコンソールなどあちこちに施されていましたが、今回から廃止になってますね。



新型アクセラ1日試乗 08

マツダコネクトもモニター筐体が黒い台形がかったデザインになり画面解像度も上がって、さらにラジオの放送局名が表示されるようになっていました。逆に今まで表示されていなかったことの方がどうかしてる話でして、いつの時代のカーステだよ!と思います。次回のソフトウェアバージョンアップで既存のマツダコネクトにも対応して欲しいですね。


そんなわけで早速試乗してみたところ、1.5リッターディーゼルターボエンジンは普通に街中を流す分には既存の同排気量ガソリンモデルと左程変わりませんが、やはり中間加速は随分違っていて速いです。体感的にはガソリン車なら大体2.5リッター並のパワー感で、余程飛ばす人以外は大抵満足出来るレベル。

またディーゼル独自のカラカラ音を減少させる装置で従来のナチュラル・サウンド・スムーザーに加え、このアクセラでは新開発のナチュラル・サウンド・周波数コントロールというのが追加されているそうで、以前CX-3借りた時に感じた「抑えられてるけどやっぱこれディーゼルの音だなー」が、今回は遂に全くわからないレベルになっていて感動です。ただそれは車内のみの効果みたいで、外に出て聞くとやっぱりディーゼルの音ですね。



新型アクセラ1日試乗 09

マツダが「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」と呼んでるHUDも一新されていました。発色が良くなりカラー化されて制限速度や一旦停止とかの道路標識が出たり、ナビ連動機能も曲がる場所までの距離が数字だけでなく棒グラフまで出るようになっていたりと情報量が増えており、うらやましい限りです。



そしてこのマイチェンアクセラには最大の特徴として「G-ベクタリング・コントロール(以下GVC)」というマツダの新技術が搭載されていまして・・・



どんなものかというと、旋回時に発生する前後左右のゆれを、エンジン出力を制御する事で緩和するものらしいです。つまりは荒っぽい運転やヘタクソ運転の乗り心地の悪さを相殺してくれる装置という事かな?



新型アクセラ1日試乗 11

それを体感しようと府道2号大阪中央環状線をクルージングしたり、万博外周道路をぐるぐる回ってみたりしましたがよく分からず。正直このトシだからもう変な運転しないもんね。


それなら!と思って以前ロードスターでも走った北摂山系の峠にやってきたところ、今度はGVC効果ものすごくよく分かりました。
それなりのスピードで右へ左へのハンドル操作が連続して続くと普通はどこかで修正舵を細かく当てるものなんですが、このクルマでは不思議な事にそれがほとんど発生せず、姿勢が安定したままスイスイとコーナーを抜けていきます。オーバーに言うと、例のマンガに出てくるコップの水をこぼさずまわすようにして走るやつが実際に出来てる感じで、自分の運転が急にうまくなった気分♪


新型アクセラ1日試乗 10

この6ATは上り坂での3速からのキックダウンがややダルい印象を受けたのですが、MTモードに切り替えてやるとトルクバンドにバッチリ乗って一変し、パワフルなエンジンなので重さを感じさせず急勾配でもガンガン加速していきます。さらにパドルシフトを使うとハンドルから手を離さくても良いので、GVCとの相乗効果で危なげなくサラリと峠を越えてしまい、全然疲れないので1時間くらいこの近辺を走り回って「おお~なるほどなあ~」と唸ってばかりいました。

ただGVC効果をここまでハッキリ体感できたのは私が前期型のオーナーだからというのがあるのかもしれず、初めて乗る人には「今のクルマは乗りやすいねえ」で気付かずに終わってしまうような気がします。日産が次期セレナに自動運転システム搭載というわかりやすい新技術を発表した同時期に、こうしたスゴイ事やってるのに地味で裏方な技術を世に出してくるあたりがマツダらしいといえばマツダらしいです(笑)。


新型アクセラ1日試乗 12


アクセラというキャラを考えるとベストバランスは2.0リッターのガソリンモデルだと私は思っていたんですが、実際は税金や燃費といった維持費の問題から苦戦していて、2.2ディーゼル、ハイブリッド、2.0、1.5の4種類のモデルの中で、1.5の売れ行きが全体の6割を超えていたと営業さんからお聞きしました。確かに一般論としてはファミリーカークラスのクルマに2リッター選ぶ人は少ないでしょうね。アクセラはファミリアの末裔ですから。

だからテコ入れ策として2.0の廃止の代わりに投入されたこの1.5ディーゼルは、2.0以上のパワー感を持ちながら低燃費で税金も一回り安いので、今後1.5ガソリンと並んでもう1本の柱になるのではと思います。



新型アクセラ1日試乗 14


あと8か月早く出してくれていれば私もこっち選んでたかも。帰り道に自分の前期型運転しながら、試乗した事を軽く後悔するほど魅力的でしたね15XD PROACTIVE。今更買い替えられるわけでもないのにカタログもらってきたし。^_^;


《関連リンク》
アクセラ - SKYACTIV TECHNOLOGY搭載車 【MAZDAウェブサイト】

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
スポンサードリンク