フジミ 艦名プレート レビュー

早ければ明日26日で、大体週末には店頭に並ぶと思われるフジミの艦名プレート戦艦用のサンプルをいただきました。

フジミ 艦名プレート レビュー 01

この艦名プレートは空母用6種類が3月に発売済みで見本写真で見る分にはイイ感じだったんですが、実物を見た事なかったので一体どういう作りの物なんだろうとずっと思っておりました。アクリル製なのかプラ製なのか、それとも金属板に透明樹脂を固めたみたいな感じなのか?定価税込972円、実売価700円前後なので、専門店の金属製銘板ほどは高くないけど決して安いわけでもない。ネットを探しても購入者レビューが見当たらない・・・謎。

しかしてその正体はで今回実物を見たところ、凸型に成型された透明(わずかにスモークがかってる?)プラ製でして、裏側から図柄を印刷してその上から透け防止と発色を良くするために白引きした物でした。

フジミ 艦名プレート レビュー 02
プラ成型の厚さは1.0mmくらいあるので、印刷面を透明樹脂でコートしたような質感で美しく、裏返さなければ安っぽい感じはしません。
寸法は150mm x 25mmで、1/350スケールと1/700スケール両方で使えるように考えられたという絶妙のサイズ。という事はその中間の1/450、1/500スケールにもいけるはず。



フジミ 艦名プレート レビュー 03
平置き前提で作ったので、成型のゲート位置は正面から見えにくいよう上面にしたそうです。なかなかよく考えられており、斜めに起こして使う場合は多少視界に入りやすくなるで、気になる人は研磨処理ですな。



フジミ 艦名プレート レビュー 04
プレートの厚みは約3.0mmでした。



フジミ 艦名プレート レビュー 05
裏の凹面の深さは約2.0mm。
内側側面はわずかにテーパーがかかっていて斜めになっています。

しかし裏側が凹んでるという事は、置台などに固定する場合接着面としてそのまま使えないという事でして、どうしたものかなあと考えていたら、さらに注意書きにこのような文言が・・・

フジミ 艦名プレート レビュー 06
「性質上、印刷面は剥がれがおきたり傷がつきやすいため、鋭利なものでこすったり接着剤やテープを使用しないでください。」

接着剤もテープもNGなのか!

フジミの中の人に確認したところ、溶剤系の接着剤では印刷を溶かしてしまうのと、テストでテープをガチ圧着して勢いよく剥がしたらインク膜が持って行かれる事象が発生したため、このような案内を載せたのだそうです。

ゴム系みたいな接着面を浸食しない接着剤であれば印刷は溶けないとの話なので、もう剥がさない前提で裏側に2.0mm厚くらいのプラ板をその手の接着剤で貼って凹面を塞ぎ、そこを糊代にして置台に貼り付けるというのが無難な固定方法ですかね。モデラーならその程度楽勝だろと言われればその通りなんですが、それはそれとしてワンタッチで貼れないのは製品の仕様としてはマイナスポイントです。見た目が良いだけにもったいなく、パチンとスナップフィットでハメ込める裏蓋を付けて欲しかった。


そんなわけでどんな風に見えるか、艦NEXT1/700大和と実際に組み合わせて見ました。

フジミ 艦名プレート レビュー 07
プレートを平置きにした例です。1/700大和と比べるとこの位の大きさ。


フジミ 艦名プレート レビュー 08
プレートに少し角度を付けて起こした例。裏にねり消しを付けて仮固定しています。


次にもうちょっとゴージャスに、アドラーズネストの金属飾り脚、WAVE T・ケース (WL) と組み合わせ、さらに同社の1/50 46cm徹甲弾と三式弾を合わせて飾った例。以前にそれらの製品レビューで作ったやつです。

《関連記事》
フジミ 艦名プレート レビュー 09
平置きした例。



フジミ 艦名プレート レビュー 10
角度を付けて起こした例。


やはりあると、わかりやすいくらい見た目がグッと引き締まります。
このプレートにはフジミのロゴは入っていないので、他社製品にも違和感なく使えるようになっており、考えてみたら今までプラモデルメーカーからのこの手の商品がなかったという不思議。

今後のところではプレート付きキットもバリエーションとして発売予定になってますし、どうもフジミはこれをエッチング、木甲板シールに続くオプションアイテムの一つとして売り込んでいくつもりみたいですね。




フジミ模型 艦名プレートシリーズNo.1 日本海軍戦艦 大和 【Amazon】
艦名プレートシリーズ製品一覧 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

第56回静岡ホビーショー出展情報追加&出ないメーカーの新製品一覧

こないだ載せた来月の静岡ホビーショーの出展メーカーの新製品追加分と、参加しないメーカーからもこの時期は話題の製品がいくつかありましたので取り上げてみました。

まずは参加メーカー。

※リンク先: Amazonでじたみん


《マックスファクトリー》

 
PLAMAX MF-17 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ minimum factory 1/20 大和
PLAMAX MF-18 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ minimum factory 1/20 武蔵


PLAMAX 35-02 1/35 イスラエル国防軍タンククルーセット1
太陽の牙 ダグラム 1/72 ソルティック HT128 ビッグフット

以前から発表になっていたPLAMAXの大和と武蔵が正式に9月発売と決まって受注開始。同社1/350島風とセットだった艦娘島風と同スケールで9cmほどの大きさ。1/350駆逐艦と1/700戦艦は同じくらいの大きさなので、1/700大和・武蔵と並べて飾るとバランス的に良さそうですね。



《GSIクレオス》

  
Mr.ニッパーGX 片刃タイプ
Mr.カラーGX スーパークリアーIII UVカット 光沢
Mr.カラーGX スーパークリアーIII UVカット つや消し

クレオスの前回からの追加アイテム。
Mr.ニッパーGXはアルティメットニッパーと瓜二つ!でもニパ子の中の人が驚いてたから、コトブキヤニッパーのように共同開発ではなさそう。
そしてUVカットタイプのクリアーですが、私は一番初めのスプレータイプが昔出た時に白い粉吹き現象の不良に悩まされ、対策品が出た後も手を出してなかったのですが、あれから随分経ってるし今回GXシリーズが出るのなら、これを気にそろそろまた使ってみようかと考えてます。模型の経年劣化対策は大事ですから。



《モンモデル》

  
ワールドウォートゥーンズシリーズ ソビエト重戦車 KV-2
ワールドウォートゥーンズシリーズ ドイツ重戦車 キングタイガー ポルシェ砲塔 プラモデル MWWT003
造艦師シリーズ アメリカ海軍 空母 レキシントンCV-2 色分け済みプラモデル

 
1/35 ロシア軍 主力戦車 T-72B1
1/35 ロシア軍 戦車兵フィギュア 5体入り

デフォルメ戦車はフジミもやってますが、モンモデルのはWorld War Toonsというゲームに登場するメカ。と思ったらフネの方でも始まりまして、こっちは全長16cmでちび丸より一回り大きいです。



《マスターボックス》

  
1/24 デンジャラスカーブスシリーズ スローンちゃん 「ベガスベイビー」
1/24 デンジャラスカーブスシリーズ クレアちゃん 「捕まえてみてね!」
1/24 デンジャラスカーブスシリーズ ジャッキーちゃん 「はなさないでね!」

おもしろフィギュアばかり出してるマスターボックスの新作でカーモデル用1/24フィギュア3点。代理店のビーバーコーポレーションによる日本語訳の商品名がゆるい(笑)。プラモなので値段が安く、造形もなかなか良いです。



そしてここからは不参加勢。


《コトブキヤ》

  

フレームアームズ・ガール 充電くん
M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ05 ジョイントセットA
M.S.G モデリングサポートグッズ メカサプライ06 ジョイントセットB


1/24 ヘキサギア モーター・パニッシャー
1/24 ヘキサギア ブロックバスター
1/24 ヘキサギア ガバナー ライトアーマータイプ:ローズ


1/24 ヘキサギア ブースターパック001
ヘキサギア パーツリムーバー

アニメ放送が始まって人気のフレームアームズ・ガールからは、充電くんがアマラン上位に居座り続けて人気のようですが、折れやすいと言われてる手首パーツが入っている「ジョイントセットB 」が地味ながら注目アイテムじゃないでしょうか。これで手首難民が救われる(笑)。



《フジミ》


サーキットの狼シリーズ No.14 1/24 ポルシェ 911 カレラ RSR ターボ 2.1 早瀬左近



集める装備品シリーズ No.1 1/200 戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔
戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔 艦名プレート


1/700 戦艦 伊勢 純正エッチングパーツ
1/700 戦艦 伊勢 純正木甲板シール

艦名プレート 日本海軍戦艦 伊勢艦名プレート 日本海軍戦艦 日向
艦名プレート 日本海軍航空母艦 飛鷹
艦名プレート 日本海軍航空母艦 隼鷹

1/700 日本海軍航空母艦 隼鷹 南太平洋海戦時 艦載機48機付き
1/700 日本海軍特設給油艦 極東丸/東亜丸
1/700 日本海軍航空母艦 翔鶴ver.1.1 昭和17-19年 DX
1/700 日本海軍戦艦 武蔵 レイテ沖海戦時 DX
1/700 日本海軍 重巡洋艦 愛宕 昭和19年 DX
1/700 日本海軍航空巡洋艦 最上 昭和18年/19年 DX
1/700 日本海軍駆逐艦 雪風 昭和20年 DX

艦船模型に会社資源を集中してる今のフジミから完全新金型のカーモデルなんて、入門者向けの車NEXTを除けば久しぶりじゃないでしょうか?しかもカレラRSRターボのようなマニアックな旧車とは!
そして1/200大和主砲塔は秋の発売が夏に繰り上がったようですね。「集める装備品シリーズ」と命名されているので、ピットロードのグランドフォースシリーズみたいなのを1/200でやるんでしょうかね?



《ピットロード》

  
1/700 海上自衛隊 護衛艦 DDH-143 しらね エッチングパーツ付
1/700 海自 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう エッチングパーツ付き
1/700 日本海軍 工作艦 明石 エッチングパーツ付き

 
1/700 本海軍駆逐艦 島風 最終時 再販
1/700 日本海軍駆逐艦 島風 最終時用 エッチングパーツ 再販

しらね型護衛艦は今のタイミングで出すなら、かがに後を引き継いで退役したばかりのくらまにして欲しかったところ。そしてこんごうはハセガワからハイパーディテール版、明石はアオシマ、島風はタミヤからそれぞれ新製品が出る対抗策だと思いますが、比較するとエッチングパーツが前時代的設計なのは如何ともしがたいです。



《RPTools》

   
リーフメイカー(広葉樹/樺の木)(4サイズ)
リーフメイカー(広葉樹/ライム)(4サイズ)
リーフメイカー(広葉樹/カエデ)(4サイズ)
リーフメイカー(広葉樹/オーク)(4サイズ)

模型用の葉っぱをパンチで作る便利ツール。同じ用途の製品であるグリーンスタッフワールドのリーフパンチとは別物で、互いに葉のデザインが少し違うので混ぜて使うとより便利との解説が。



《その他》

 
福崎町観光協会 河童のガジロウ


ブリック・ワークス マシーネンクリーガー 1/20 リフレッシュガール 裸足の季節 レジンキット
ブリック・ワークス マシーネンクリーガー 1/20 S.A.F.S./ラプター内装パーツ レジンキット

ゆるいどころか超怖い町おこしキャラとして知る人ぞ知る河童の河次郎がプラモデル化。しかも発売元が福崎町観光協会で本丸の自治体なのかよ!(笑) 
そしてブリックワークスのS.A.F.S用フィギュア、あまりに美しい造形に見惚れてたら原型が林浩己氏とわかって納得。



なお、これらの参加・不参加メーカーは、静岡ホビーショー公式サイトの出展社一覧から判断しており、海外系や小さなメーカーは代理店を通してるなどの理由で記載されてない場合もありますので、間違っていたらご容赦ください。

2017 第56回 静岡ホビーショーは、5/11~5/14にツインメッセ静岡で開催予定。(11日・12日は業者招待日)

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

フジミ 艦NEXT 1/700 武蔵 DX、1/350 島風 DX 簡潔レビュー

先週12日に発売された艦NEXT 1/700 武蔵DX(デラックス)と1/350 島風DXです。既存商品のバリエーション物ですが、このブログではそのベースキットの方も取り上げた事なかったので、今回簡潔にレビューします。

艦NEXT 1/700 武蔵 DX、1/350 島風 DX レビュー
箱は通常版のと共通で、違いは側面の通常版の品番を塞ぐ形で「SPOT」の品番と「エッチングパーツ付き」と書かれたシールが貼ってあるかないかです。正直気付かない人結構いそう。もうちょっとわかりやすい意匠変更が欲しい・・・

このシールにも書かれてる通り、DX版というのはオプションのエッチングパーツが同梱されたセット商品でして、実際別々買おうとしてもお店に両方揃ってない場合が多々あるので、その煩わしさがなくて便利なのと、価格的にも少し安くなってお得なのが特徴です。


艦NEXT 1/700 武蔵 DX レビュー 01
中身。武蔵は最期の戦いとなった捷一号作戦前に船体を明るめのグレーに塗り直したと言われてますが、成型色は大和と同じ呉海軍工廠色に見えます。



艦NEXT 1/700 武蔵 DX レビュー 02
武蔵専用パーツ。
武蔵は模型的には副砲4基載せた竣工時のイメージが強いので、最終時の黒塗り甲板はインパクトあります。
このキットは例の海底調査以降に発売された物なので、既存の大和との差異点に加えて新たに見つかった信号ヤードや後部艦橋の見張所の違いやら、逆に見つからなかった墳進砲やらが付いていて、現時点において最新の考証を反映した唯一の製品です。



艦NEXT 1/700 武蔵 DX レビュー 03
それに加えてこのDXでは、特に公式アナウンスはありませんでしたがスクリューのパーツがゴールド成型に変更されていました。
左が通常版(ベージュ)で右がDX版(ゴールド)。パッと見木甲板のパーツのほうが目立ちますが、それは成型時の都合で付いてる不使用部品で、その右隣の小さい4つやつです。
これは良い変更点なので、DXだけでなく次回生産分の通常版の武蔵と大和にも取り入れて欲しいです。



艦NEXT 1/700 武蔵 DX レビュー 04
同梱のエッチングパーツ。別売されているのと同じものです。他のパーツに押されて曲がったりしないよう箱の一番底に入れられていましたが、厚紙とかの台紙なしに直接フィルムパックされているのがちょっと不安です。

艦NEXT武蔵は、定価ベースの計算でキットとエッチングをバラバラに買うと、
  • キット通常版 4,104円 (税込)
  • エッチングパーツ 1,944円 (税込)
  • 両方合わせて4,104 + 1,944 = 合計6,048円 (税込)
DX版が5,832円(税込)なので、
  • 6,048 - 5,832 = 216
バラ買いより216円安くなります。
この手の商品としてはまあ妥当な価格設定かと。



そしてこっちは1/350島風DX。

艦NEXT 1/350 島風 DX レビュー 01
フジミの島風はまず最終時が発売されて、後から竣工時が追加発売されました。そしてこのDX版は最終時のほうです。



艦NEXT 1/350 島風 DX レビュー 02
島風の同梱エッチングは、破損防止でちゃんとフィルムパック内に台紙が入っているので安心感あります。同じメーカーの製品なので規格統一して欲しいなあ。


艦NEXT 1/350 島風 DX レビュー 03
また真鍮エッチング以外にも、ステンレス製カラーエッチングの救命浮標、挽き物金属パーツの魚雷、砲身、爆雷が付いていてゴージャスです。(代わりにお値段もそれなりにしますけど・・・)


艦NEXT島風の場合でバラ買いすると、
  • キット通常版 5,184円 (税込)
  • エッチングパーツ 4,298円 (税込)
  • 両方合わせて 5,184 + 4,298 = 合計9,482円 (税込)

DX版が6,480円(税込)なので、
  • 9,482 - 6,480 = 3,002
なんとこっちは3,002円も安い!
って安すぎだろ!

なんで島風だけこんなに大盤振る舞いしてるのかについては思い当たるフシが・・・
というのはこの最終時の方は、改訂版を来月5月に出す予定になってるんですよね。


フジミ模型 1/350 艦NEXT 日本海軍駆逐艦 島風 最終時/昭和19年 【5月末発売予定 Amazon】

これにより今までのは販売終了となるので、憶測ですがこの価格設定は在庫一掃の一環なのでは?と邪推しています。


では新しい島風はどこが変わるかと言うと後部増設機銃台でして、ここは正しい形状がわかっていないため現在キットに入ってるのはフジミの独自考証による物なのですが、それに今までの通説の機銃台を新規設計して追加し、選択式にするとの事。

艦NEXT 1/350 島風 DX レビュー 04
これが現在入ってる後部機銃台で、写真を検証して悩みながらこの形を割り出した話が当時の公式ブログに書かれています。

ワンフェス1ヵ月前 【fujimi-style 2015年06月26日】


新しく追加される予定の通説版機銃台パーツというのはこれ。


画像元: Amazon

この改訂は考証至上主義者からの予防線なのか、はたまたガチバッティングしてるハセガワ対策なのか?
いずれにしてもこの新規パーツにこだわらなければ、島風DX版はかなりのお買い得という事です。


武蔵、島風DX両方ともスポット生産品なので再生産があるかどうかは不明です。欲しい人は早めに手に入れるのが賢明かと。


 
フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズSPOT No.2 日本海軍戦艦 武蔵デラックス 【Amazon】
フジミ模型 1/350 艦NEXTシリーズSPOT No.1 日本海軍駆逐艦 島風デラックス 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

カートイジャーナルにフジミ エンスージアスト・カウンタック の記事を寄稿

ミニカーやプラモデルなどのホビーアイテムを買取販売しているカートイワークスさんのウェブサイト内にある情報コンテンツ「カートイジャーナル」に、このたび寄稿させていただきました。

「モデラーさんの模型作業部屋拝見」というコーナー内に載せていただき、タイトルは「フジミ模型 1/24 エンスージアストモデル ランボルギーニ・カウンタック 製作指南」です。


カートイジャーナル
カートイジャーナル内の該当ページ http://www.car-toy-works.com/journal/19041/


エンスージアストモデルシリーズは、精密にこだわりすぎたため部品数が異常に多くて作るのが難しく、中でもポルシェ356なんかはエンジンブロック内のピストンやクランクシャフトまで再現して完成後は全く見えない(笑)という伝説を持つほどでして、カウンタックも例に漏れずイカれたした製品になっています。そんなキット雑感と作り方ガイドを書きました。

今カウンタックの模型を取り上げるなら、作りやすく見た目も良いアオシマ製だろ普通はとツッコまれるのは重々承知の上で、あえてマニアックなこっちを選びました。パラメーターの割り振りを精密のみに全振りしたその潔さ!実車を組み立ててる気分を味わえるようにしたので後は自分でなんとかしろ的な尖った設計思想に当時心を射抜かれまして、私がフジミ信者になった原点です。

よろしかったらぜひご覧ください!^^


《外部リンク》
好きを加速するカートイジャーナル
カートイワークス
1/24 エンスージアストシリーズ 【フジミ模型】

【theme : 模型・プラモデル
【genre : 趣味・実用

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
Amazonランキング プラモデル・模型
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】
自動車模型【Amazon】