FC2ブログ

Mazda3に乗ってきた

アクセラを4年目の法定12ヶ月点検でディーラーに持ち込みまして、その待ち時間でMazda3を1日フリー試乗させていただきました。

Mazda3に乗ってきた 01

発売されたのは5月下旬頃なので、かれこれ半年ほど経ちましたが乗るのは初めてです。試乗車はファストバックと呼ばれる5ドア・ハッチバックモデルで、アクセラスポーツを未来的にしたようなデザイン。


Mazda3に乗ってきた 02

ノーマルなのに、アクセラのオプションだったピアノブラックのエアロパーツがフル装備されている風のデザインに「ずるい!」と思ってしまいましたw


Mazda3に乗ってきた 03

最近の欧州車の流れを取り入れて、ヘッドライト外周のリングのスモールランプがそのままデイライトになってます。
ちょっと前までは国産車では、大抵フォグランプまわりやチンスポにドットタイプのが装備されてましたね。



Mazda3に乗ってきた 04

ウインカーランプも最近のトレンドのLEDによる帯状の発光部デザイン。うらやま!
流れるタイプのシーケンシャルウインカーは見送られたみたいですね。



Mazda3に乗ってきた 05

エンジンは2リッターガソリンモデル。BMアクセラの前期モデルに搭載されてたのをMazda3に合わせてチューニングしたものだそうで、新開発エンジンというわけではなくそういう意味では新鮮味は薄いかな。他に1.5Lガソリンや1.8Lディーゼルもあるけど、それはまた別の機会に。



Mazda3に乗ってきた 06

内装は外装と違ってセンターコンソール以外すっかり別物と化したデザインです。ソフトパッドの使用箇所が増えてたり各部に細かいステッチが入っていたり、スイッチ類の感触など上質感はアクセラどころかMazda6(アテンザ)より良くなっていました。



blog191130007.jpg

真ん中のメーターは液晶パネルになっていて、エンジンをかけるとまずMazda3のロゴが浮かび上がります。



blog191130008.jpg

そしてスピードメーターが現れて待機状態。これでCセグなのか…なんかすごいなあ。



Mazda3に乗ってきた 09

センターコンソールは唯一アクセラの名残があるデザインですね。パーキングブレーキが全車種電子ブレーキになったので、これで助手席に置いたカバンを取るとき引っかからずに済むようになりました(笑)。しかも作動させると連動してドアロック解除されて至れり尽くせり。



Mazda3に乗ってきた 10

平行四辺形な形になって大幅に進化した新マツダコネクト。地図グラフィック自体はほとんど同じですがヌルヌル動くようになったし、ワイド画面になった分表示される情報量が増えてました。
また地図画面で再生中の楽曲が出たり、逆に楽曲画面で次に曲がる交差点名が出たりと、市販ナビでは当たり前だった表示がようやく出来るようになっていてストレスが大幅に減りました。車の装備設定欄も格段に増えてるし。

しかもカーステの音がかなり良くなってる!
試乗車はBOSE搭載車ではなかったのですが、これ位の音がアクセラにも出てたらわざわざ大枚叩いてスピーカー交換したりアンプやサウンドプロセッサーを後付けする事はなかったでしょう。あのこもりまくりだったFMの音も見事クリアになってまして、聞くと今までのマツダコネクトは電波をアナログ受信しか出来なかったけど、今回からデジタル受信可能になったからなんだとか。



Mazda3に乗ってきた 11

360度モニター自体はマツダ車初の装備じゃないけど、ワイド画面なのでバックモニターの視野を狭くせずに見れるようになったのはMazda3が初めて。やっぱ見やすいです。



Mazda3に乗ってきた 12

マツダが「アクティブドライビングディスプレイ」と呼ぶヘッドアップディスプレイは、フロントガラス照射式になってとても見やすいだけでなく、なんとナビ使用時は曲がる交差点を日本語表示するようになってました。これには驚いた!

ただコンバイナー式に慣れてる身としては、表示が真正面すぎて気になりました。設定で調整してこれが最も下の位置です。



Mazda3に乗ってきた 13

そんなわけで今回も北摂山系の峠に行って走ってみました。
1.5リッターをぶん回して走るのに慣れてしまったせいか、2.0リッターだとSPORTモードやマニュアルモードでも余裕で静かに走るという印象ですね。

そしてリアサスがアクセラのマルチリンクからトーションビームに変わった事がネットでは随分ネガディブに叩かれたので、そこは意識して振り回してみましたが体感的には何ら同じ。G-ベクタリングコントロールが効いてるせいか、右へ左へのコーナーをすいすい切り抜けていきます。まー確かにマルチリンクのほうが聞こえは良いし所有欲満たせますけどね。




Mazda3に乗ってきた 14

大阪北部の峠族の間では有名なファミマで休憩。



Mazda3に乗ってきた 15

運転席から見るドアミラー。
これまた先鋭的なデザインでカッコ良く、うらやましくなります。


そんなわけで4時間ほどMazda3に乗りまして、当たり前と言えば当たり前なんですが外見も中身も全てがアクセラから大幅に進化しており、やはり最新の車は素晴らしいです!営業さんに諸費用込みでざっくりいくらなのか聞いてみたところ、良くなった分はしっかり値段に上乗せされてました。元々はファミリアなのにもう大衆車の値段じゃないよね。



Mazda3に乗ってきた 16

値段を聞いてしまうと、点検が終わったアクセラを改めて見ながらこれはこれで良いなあと思ったり(苦笑)・・・この車には追い金を少しばかり入れた事もあってかまだ手放すのが惜しいです。なので当分は付き合いが続きそうですね。


ちなみにガソリンスタンドで給油する時、フェールリッドオープナーの場所がわからなくてアセリました。急遽説明書を読んでみたところNDロードスターと同じでオープナーはなく、ハッチを直接押したら開く仕掛けに変わっていました。こんなんわからんわ!


《関連外部リンク》
Mazda3 ファストバック 【マツダ公式サイト】

【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 その1

艦橋、中央構造、中央構造外郭と作り続けてきたフジミの大和1/200装備品シリーズですが、ついに残りの1つの主砲塔となりました。考えたらこの1年、コトブキヤの初音ミクを間に挟んでずっとこのシリーズにかかりきりでした。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 01

今回はテストショットでなく製品版で、後から追加発売された増設機銃付きタイプです。

で、まずはどんな具合のキットなのか、3基入りですがそのうちの1基をパチ組みしてみました。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 02

甲板より上の外から見える部分に関しては、ご覧の通り文句なしの出来です!

けどそれより下の船体に埋もれてる部分に関しては、給弾室と砲弾が一体成型なので、塗り分けは死ぬほど大変そう!コストの面はわかるけど、色分け済みプラモを名乗るなら、なんでここを別パーツにしなかったのかと思います。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 03

砲塔内は白とグレーの2色成型。ここも尾栓を別パーツにしてゴールド成型してるのだから、砲尾も一緒にゴールド成型にして欲しかったですね。見た目が随分変わったと思います。


一方スナップ式の堅さとしては、1/700のように極端に小さい部品がないので大体問題なくパチンと収まります。ただ砲身のような負荷のかかる可動部品もあるので、その周辺は念のため接着剤を使った方が良さそうです。


そんなわけで仮組みも終わったので、本組みを始めます。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 04

まずはパーツをすべて切り取って、ゲート跡、パーティングラインを処理します。面倒ですが、やるとやらないとでは完成後にそれなりの差が出ます。具体的には、パッと見は変わらないけどアップに耐えられるかどうかですね。いくら丁寧に塗装しても、パーティングラインがそのままだったら興ざめしますから。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 05

砲身基部の砲鞍と測距儀裏には合わせ目が出来るので、パテ埋めして消してやります。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 06

突き出しピン跡はほとんどが上に他のパーツが被さって見えなくなる巧みな設計がされていますが、それでも中には見えるところにあるので、これもパテ埋め処理します。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 08

パテ埋めした箇所は、そのままでは塗装後に質感の差がモロにわかりますので、溶きパテを吹いた上からサンディングし、さらにその上からサーフェイサーを吹き、完全に消してやります。



フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 07

砲身は特に視点の集まる箇所なので、真円度が狂わないようスポンジヤスリで巻いて、回しながらパーティングラインを消しました。おかげで指先が真っ赤っか!><


砲鞍後部と砲尾が一体成型なので塗り分けます。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 09
  1. 全体をガイアカラーのEx-ブラックで下地塗装
  2. 上からEx-シルバーをメタリックマスターで希釈して塗装
  3. さらに上からスターブライトブラスをメタリックマスターで希釈して塗装
  4. 尾栓をマスキングして、後で白色塗装予定



こうして下地処理が終わり、下地色のジャーマングレーを全パーツに塗装しました。

フジミ1/200戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き)製作記 10

主砲3基分となると部品の多さは無論の事、内部構造が見える模型のため表裏両面に塗る部品がほとんどで、そのためこれだけで10日近く掛かりました。使った塗料はなんとMr.カラー2瓶分!


次回からようやく本塗りです。



フジミ模型 1/200 装備品シリーズ No.3 戦艦大和 九四式46センチ3連装主砲塔(増設機銃付き) 【Amazon】

【theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
【genre : 趣味・実用

アクセラのバックランプをLEDに交換

実はもう2ヶ月ほど前の話なんですが、アクセラ用LEDバックランプを消費税増税前に滑り込みで購入しました。

私は夜に運転する事も割とよくあるので、純正の電球程度の明るさでは車庫入れするとき暗くて不安だなあと前々から思っていたのです。しかもBMアクセラは小さいリヤガラスと太いCピラーのせいで後方視界がすごぶる悪くて、オプションのバックカメラは必須だと言われてる位ですから。

アクセラのバックランプをLEDに交換 11


で、調べてみるとLED灯にも明るさやデザインが色々あり、性能も価格もピンキリなのが分かりました。
そんな中で選んだのがMEGA LEDという会社の製品です。

アクセラのバックランプをLEDに交換 01

リフレクターにチップの黄色が映り込みにくいデザイン、発熱を抑えるヒートシンク付き、サムスン製チップを使っており、かなり明るいけど決して爆光ではない、そして価格的にも高すぎず安すぎずだったのが選んだ理由です。つまり無難だったんですねw


取り付けに関しては、BMアクセラのハッチバック車は簡単らしいので自分でやってみました。


アクセラのバックランプをLEDに交換 02
ハッチバック裏側にはバックランプ交換用パネルがあり、マイナスドライバーにテープや布を巻いて傷付けないようにして、これをこじ開けます。



アクセラのバックランプをLEDに交換 03
開けるとそこにはバックランプのソケットがあるのでひねって取り外します。
しかしひねるとケーブルがストッパーが干渉するので、先にコネクターを外しておきます。



アクセラのバックランプをLEDに交換 04
わかりやすくコネクターに付けてるけど、これが純正の電球。



アクセラのバックランプをLEDに交換 05
純正電球を抜き取って、LED灯を差し込みます。

LEDには極性があるので、元に戻す前にシフトレバーをリバースに入れて点灯を確認します。点灯しなければ逆向きに差し込みます。



アクセラのバックランプをLEDに交換 06
ソケットを元に戻して、表から見るとこんな感じになりました。
チップの黄色の映り込みも目立ちませんし、アルミ製なのでリフレクターの色と同化しているのが良い感じです。



アクセラのバックランプをLEDに交換 07
日中点けると、今までの暖色系から真っ白な光に変わった感じ。



アクセラのバックランプをLEDに交換 12
夜点けるとめっちゃ明るい!
無論ヘッドライトほどの明るさではありませんが、車検を通るにはこれくらいが妥当でしょう。



アクセラのバックランプをLEDに交換 10
バックカメラがこんなに見えるようになりました。超ありがたい!

光の感じも今風ですし、夜間のバックが楽になりました。
もっと早く替えるべきでしたね。^^



【theme : 自動車、バイク
【genre : 車・バイク

Google Home MiniとChromecastを使ってみた

先々月、電気料金を見直して関西電力からeo電気に鞍替えしまして、その時のキャンペーンプレゼント景品だったGoogle Home Miniが先日届きました。

Google Home Mini & Chromecast 01

Amazonと良い勝負の過剰梱包w



Google Home Mini & Chromecast 11

Google Home Min以外にも色々選べたのですが、景品選択のサイトに行くとこれがオススメに指定されていまして、実際値段を調べると一番高かったのが選んだ理由だったりします。

我ながら浅ましい(笑)。



Google Home Mini & Chromecast 02

パッケージの大きさは、ルービックキューブを一回り大きくしたようなサイズ。



Google Home Mini & Chromecast 13

デザイン優先でめっちゃ簡素な取扱説明書。



Google Home Mini & Chromecast 12

それ以外にB5版のガイドブックが同梱されていましたが、大きさ的にパッケージの中に入ってたのではありませんので、お店で買った場合でもこれが付いてくかどうかはわかりません。

でもコレ見ないと、機械に余程強くない限りセッティングまあ無理。



Google Home Mini & Chromecast 04

実際話しかけてみると、その日本語認識力の高さに驚きます。なんかSiriより頭良い気がする!
概ね的外れでない何かしらの返事が来て、これは面白くてつい色々と無駄に話しかけてしまいます。^^


でも結局は一問一答のみで、それ以上の返しはないので会話が広がるという事はないし、天気予報やニュースを聞く位しか使い道がないなら早々に飽きそう・・・スマートスピーカーと言うならもうちょっと未来を感じさせて欲しい。


と思ったので、テレビを音声操作できるようになれば多少違ってくるかなーとChromecastを買い足しました。

Google Home Mini & Chromecast 05

現行型第3世代モデルです。

まあ前から欲しいと思ってたので良い機会かと。
この機器はスマホやPCの画面をテレビに映すミラーリングが出来るので、そこに魅力を感じてたのです。どうせなら写真も動画も大画面で見たいですからね。PCに疎い高齢の両親にも色々も見せてあげる事が出来る。



Google Home Mini & Chromecast 06

これまたGoogle Home Miniに輪をかけてシンプルすぎる説明書・・・
アメリカ人こんなんでいいのか?



Google Home Mini & Chromecast 08

テレビのHDMI端子に差し込んで、あとはスマホアプリを設定するだけみたいに書かれてますが、実際はテレビ側の設定も変える必要があり、それが分からずに入力切替しても全然Chromecastを認識しないので、ネットで調べまくって解決するのに3時間程かかりました。
やっぱもうちょい詳しい説明書いるわ。


で、

「Ok Google テレビ点けて」

と言うと、ホントにテレビが点きました。

Google Home Mini & Chromecast 08

おおー!

これはちょっと感動!
しかもめっちゃキレイな壁紙付き。

と思ったのもつかの間、入力ポジがHDMI2のChromecastの時は音声で大抵電源ON/OFF出来るのですが、テレビ画面だとON/OFF認識したりしなかったり・・・うーん原因がわからん。

それにON/OFFは出来てもチャンネル切替とか他の操作は結局リモコンですから、実際の実用性は微妙かなー。



次にスマホやPCのミラーリングを試してみました。

Google Home Mini & Chromecast 15

さすが自社のコンテンツだけあって、YouTubeはスマホからでもPCからでもなめらかに動きます。
しかも今度は音量の上下や一旦停止、早送り、巻き戻しといった操作も音声で出来まして、これはなかなかの未来キター!



Google Home Mini & Chromecast 09

でもPCでそれ以外の、例えばローカルディスク内に保存した動画やAbema TVなんかは、たびたびカクカクして視聴に絶えません。PCはこないだ新調したばかりのスペックに余裕のある機種だし、むしろこっちの使い道を期待してたのでこれは困ったなあと思っていたら、それに関しては解決法が見つかりました。



Google Home Mini & Chromecast 14

Chromeブラウザ右上のキャストアイコンを右クリックして「全画面表示を最適化」を選んでやれば、PC側の動画再生が止まってテレビ側のみの再生となり、カクカクが直ります。それでも足りない場合は自動的に解像度を下げて動作を安定させようとします。

またローカディスク内の動画の場合は、動画再生ソフトを使わずにアイコンをChromeブラウザにドラッグ&ドロップして再生すれば、同じように最適化がかかります。


うむ、これなら実用に耐える。



そんなわけでGoogle Home MiniとChromecast、今のところ正直オサレ家電の域は超えていないけど、家に少しだけ未来がやって来た気分です。ガジェット好き、新しい物好きには楽しいアイテムかと。

というかそういう人はもうとっくに持ってるでしょうね。^^;



 
【25%OFF】Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク) 【楽天ブックス】
Google Chromecast チャコール 【楽天ブックス】

【theme : 電化製品
【genre : ライフ

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おまみ

Author:おまみ
模型サイト「模型の花道」の管理人です。
http://mokehana.com/

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
Twitter
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
BD/DVD/CD 【Amazon】
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
模型雑誌 【Amazon】
艦船模型 【Amazon】
自動車模型【Amazon】
飛行機模型【Amazon】
AFV模型【Amazon】